神様に伺う人生相談(19話目)

 

18話目の続きです。

 

 

 

前回は松井先生が実際に治されてきた難病の方々について書きました。

 

松井先生が神様と繋がれるようになってから、体のことだけでなく、目に見えない世界のことだったり、悩んでいることだったりを神様にお伺いを立てて答えられるようになっていったそうです。

 

そんな話の一例をご紹介させて頂きます。

 

 

 

松井先生がお世話になっていたIさんという方がいらっしゃいます。

 

Iさんはビルのオーナーをされているのですが、膝が悪く横座りも出来ないくらいだったそうです。

 

東京の自宅まで来て欲しいとのことで、そこで人を呼んで頂いて施術をしていたことがありました。

 

 

 

そのIさん宅での施術を辞して数年後、Iさんの長女より「母が亡くなりました。」と連絡がきます。

 

松井先生が葬儀場に付き待合室にいると、頭の上からIさんの声が聞こえてきたそうです。

 

「先生!先生!私、どこにいるの?真っ黒だ。一体どうしたの?」

 

「お母さん、お母さんは亡くなって今棺桶の中なの。」

 

「え?私、死んだの?死ぬのは嫌だ。まだまだしなければならない事が沢山ある。」

 

「でも亡くなったの、お母さん。この世でのお勤めはもう終わったの。お母さんが一番頼りにしていた弁天様を今お呼びするから連れて行ってもらいな。」

 

一生懸命説得し、弁財天様にお願いして連れて行ってもらったそうです。

 

 

そのIさんの事業を二男が継いでいたそうですが、六本木にクラブを出すと言うので、弁財天様にお伺いを立てたところ「絶対にダメ」とのこと。

 

それでも出したところ、やはり失敗。

 

次に銀座に出すと言うので、再びお伺いを立てたものの、前回同様「絶対にダメ」だと言われたそうです。

 

それでもやりたいということで出店したものの、またもや失敗。

 

膨大な借金になり、借金取りが押し掛け倒産してしまい、全財産が無くなり、失意のうちに癌で亡くなったとのことでした。

 

 

 

鎌倉でお店を経営しているKさんの奥さんの大腸癌が再発して余命三ヶ月と言われたそうですが、松井先生の施術で徐々に良くなり、18年過ぎた頃、グレてしまった娘さんと共に相談に見えられたことがあったそうです。

 

松井先生は娘さんに「あなたの人生だから好きなように生きたらいいよ。でも今の生き方ならロクな人生は送らないな。それも仕方ないな。君の人生だから。」と言ったそうです。

 

その時は一言も発せずに出て行ったそうですが、松井先生は後でご両親にこう伝えたそうです。

 

「あの子は今はあのようですが、卒業後はあなた達を助けて一生懸命働くよ。とても良い子になるよ。」

 

そしてその通りになります。

 

 

 

松井先生のことを信頼していた娘さんは、困ったことがあると相談に来たそうです。

 

30歳近くなって「赤ちゃんが出来たので結婚したいです。神様にみてもらって下さい。」と言うので、神様に伺いを立てたところ、こんな回答だったとのこと。

 

「赤ちゃんが出来たから結婚をしたくなったのだろう。定職もない男と一緒になってもすぐに離婚する。恋愛と結婚は違うのだ。子供のことを考えたら止めなさい。」

 

と言われ、子供をおろし結婚も諦めたそうです。

 

 

 

半年後、又子供が出来て相談にきたものの、神様にお伺いを立てると「暴力を振るう男だからダメだ。」とのこと。

 

一度目も二度目も、相手の男性のことを聞いてもいないのに、神様は的確に答えられたそうです。

 

松井先生は、よく考えて行動するよう助言したのですが、それから一年後、「また子供ができちゃった。どうしよう…。」と相談に来て、今度は自分から相手の男性のことを「やはりダメね。」と、自分で判断するようになりました。

 

「こんなことをしていると身体に悪いし、子供を産めない身体になるよ。」と忠告すると、「医者からもきつく言われた。」と。

 

その後、四度目の赤ちゃんが出来、今度は結婚して無事に男の子を生み幸せに暮らしているそうです。

 

 

M民宿(14話目参照)に出入りしていた女性の一人娘が中学生の時、暴走族に入り夜遊びをしだしたとのこと。

 

その時は、Mさん(15話目参照)の所に親子を連れて行って神様に拝んで頂いたそうです。

 

Mさんに神様が乗り移ると、神様は娘さんを近くに来るように呼び、Mさんの両腕で娘さんを抱き締め「○○○(娘さんの名前)、○○○。お前より先に死んでしまって悪かったが、お前だけが頼りだ。母さんを大事にして、兄さんが出来なかった分、どうかお前がしてくれ。頼んだよ。」と兄さんが降りてこられたそうです。

 

その時も、お兄さんのお話は一切していなかったらしいのですが、娘さんは大泣きして、それから立ち直り、大人になって結婚し子宝にも恵まれています。

 

 

横浜のFさんの娘さんから、松井先生の元に夜11時頃、電話が入ります。

 

「お父さんの会社が潰れてしまう。助けて下さい。明日従業員の五人が会社を辞めるらしいのです。」とのこと。

 

「よし、明朝弁財天様の所においで。Mさんに拝んでもらうから。」と言うと、ご両親と娘さんの三人で朝7時頃に飛んで来たそうです。

 

 

 

Mさんに拝んで頂くと、神様は次のようなことを告げます。

 

「五名のうち一人が皆に辞めるように焚き付けている。これから会社に行き、その男だけを別室に呼び辞めさせなさい。そうすれば四名は残り、会社は安泰だ。だが、あなたの住んでいる家の土地が悪い。昔、池だった場所の上に建っている。浄めなさい。」

 

その通りにすると、会社も無事。

 

土地は、神様の仰った通りで、昔は大きな鯉などがいた大きな池だったらしく、そのまま埋めたそうです。

 

庭の一ヶ所だけ花を植えても枯れて育たなかったそうだが、浄めた後は咲くようになり、不思議がっていたとのことでした。

 

 

 

と、そんな形で時には松井先生が答え、時にはMさんが答え…と、そんな形で相談に乗られていたそうですが、しばらく後、Mさんが亡くなります。

 

松井先生が告別式の始まる5分前に着くと人で一杯だったそうです。

 

「席が空いているのでどうぞ。」と係の人に言われ前に行くと、親族方が前で、その後ろに来賓の焼香台があり、通路をはさんで左右に席があります。

 

来賓席の前から二列目通路側に一つだけ席が空いていたので、松井先生はそこに腰かけたとのことでした。

 

 

 

読経が始まり、途中で司会者が「焼香をお願いします。」と告げると、つかつかと松井先生の所まで来て「どうぞ。」と言われたそうです。

 

どこの告別式でも焼香は一番近い身内の人から始まるのに、と松井先生も不思議に思ったそうですが、司会者にうながされ一番で焼香をさせて頂くことになります。

 

焼香を済ませると奥さんの声が聞こえてきたそうです。

 

「先生、今後とも弁財天様との繋がりを頼みます。息子の力になって下さい。色々ありがとうございました。」

 

 

 

Hさん、Mさんと続いてきた神様との繋がりですが、息子さんの方に神様が降りることはありませんでした。

 

松井先生の方には、引き続き神様が降りてきていたのですが、松井先生にはどうにも分からない疑問があったそうです。

 

 

<20話目に続く>

 

 

 

「不思議なおじいちゃんとの出会い(1話目)」
 

「鬱病に至るまでの経緯(2話目)」

 

「光の見えない暗黒時代(3話目)」

 

「大好きな祖母との別れ(4話目)」

 

「心の琴線に触れた松井先生のお話(5話目)」

 

「虹の戦士の集い(6話目)」

 

「魂の器(7話目)」

 

「神様からの言葉(8話目)」

 

「嘘みたいな本当の話(9話目)」

 

「様々な病気が改善していく小顔施術(10話目)」

 

「医療関係者にも認められる気功整体施術(11話目)」

 

「常識破りの松井式(12話目)」

 

「松井先生の誓い(13話目)」

 

「気功の力で繋がるご縁(14話目)」

 

「弁財天様と白い蛇(15話目)」

 

「神通力が付いた女性への相談(16話目)」

 

「目の前に現れた神様からの神命(17話目)」

 

「数々の難病を治すゴッドハンド(18話目)」

 

 

 

 

「仏教をもっと知りたい!」

 

と興味を持たれた方は、以下のメルマガから読まれてみて下さい。

 

<仏教心理学無料メール講座のカリキュラム>

Step1:人間として生まれてきた以上逃れられない苦しみとは?
Step2:苦悩が生まれる方程式とは?
Step3:心の病を治すための対処法とは?
Step4:誰もが幸せに歩める間違いの無い道とは?
Step5:波の世界で幸せの波に乗るために必要なこととは?

 

【仏教心理学無料メール講座】

https://www.reservestock.jp/subscribe/85764

 

 

《登録特典》

★大反響の短編小説「魔法のライト」を無料プレゼント!

何でも願いを叶えてくれる不思議なライトを手に入れた一人の男性が、様々な願いを叶えながら幸せを模索していく物語。

 

お金を得て、才能を得て、伴侶を得て…。

 

「幸せとは何か?」ということをテーマに、幸せを探す男性と言葉を話すライトとの物語!

 

過去、メルマガで大反響を起こした「魔法のライト」の物語を一つのPDFにまとめてプレゼント致します!

 

短編小説「魔法のライト」

 

 

 

★2019年1月からzoom開催決定!

【1月19日(土)おうち整体こころセラピスト入門前編講座(zoom第1期)】

https://www.reservestock.jp/events/307578

 

★人気のここセラ入門も第3期です!

【1月20日(日)おうち整体こころセラピスト入門前編講座(第3期)】

https://www.reservestock.jp/events/307576

 

★全8回の入門後編もいよいよスタート!

【1月27日(日)おうち整体こころセラピスト入門後編講座(第1期)】

https://www.reservestock.jp/events/306185

 

ペタしてね読者登録してね

数々の難病を治すゴッドハンド(18話目)

 

17話目の続きです。

 

 

 

この地に留まって重病人達を治していけと神様より言われた松井先生。

 

体のことは素人だった松井先生は、体を貸すから治してくれと伝えます。

 

その後、松井先生が治してきた方々は数えきれないくらいおりますが、その中の一例をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

この地に留まるならば、アパートを借りなければと思った松井先生。

 

お世話になったA旅館に出入りしていた不動産屋を営む方に聞いてみたところ、逗子のあたりは男の独り者には貸したがらないと言われてしまったそうです。

 

そんな時、網膜剥離を治したTさんの娘さん(14話目参照)の嫁ぎ先にも施術に行っていたそうなのですが、新築のアパートを建てたとの話を聞きます。

 

どうやら二階が空いているらしいという話だったので、恐る恐る貸して頂けないかと申し込むと、「松井さんなら貸しましょう。不動産屋が入ると家賃五ヶ月分取られるから直接契約をしましょう。それなら三ヶ月分で良いですよ。」と言われ安心したと言っておりました。

 

ところが、手持ちが二ヶ月分しか無かったので、一ヶ月分は後からお支払いするということで了承して頂いたそうです。

 

 

 

昭和63年1月4日に入居。(1話目を参照

 

今まで貸家に入ったことは無かったそうで、蒲郡より布団は持ってきたものの、新築のアパートの中はガランとして何もありません。

 

仕方なく、なけなしのお金で電気の笠とコンロを買ったそうです。

 

冬なのでコタツも…と思ったがお金も無かったとのこと。

 

その時、松井先生の娘さんが蒲郡から一緒に来ていたので「お金持ってないか?」と聞くと、「あるよ。お年玉の一万円。」との回答。

 

「後で返すから貸してもらっても良いか?」と娘にお金を借り、コタツを六千円で買ってきたそうです。

 

この話は、後で娘さんからも当時の笑い話として聞きました(笑)

 

 

 

松井先生が施術していたお金は、ほとんど実家に送金していました。

 

そのことを子供達には一切言わず、奥さんも言わなかったので、松井先生がやっていたことを子供達が知るのは、松井先生が亡くなった後になります。

 

アパートの前が粗大ゴミ置き場で二階からよく見えたので、入り用なものが捨てられていると借りてきて、壊れるとお返しに行ったこともあったそうです。

 

このアパートは松井先生が亡くなった後に取り壊され、松井先生の為に準備されたかのような形で、松井先生が神様と誓ってから亡くなるまで30年の間、多くの人を救っていく場所となります。

 

私自身もその中の一人です。

 

 

網膜剥離を治したTさんの娘さん(14話目参照)の紹介で、東京に住む女性を看ることになります。

 

軽い鬱で悩みを抱えていたそうですが、御主人がオーストラリアの大手会社社長に就き赴任することになり5年間行ったそうです。

 

現地で体調を崩し白血病になり、帰国後、松井先生の元へ施術を受けられに来たそうで、女性の色々な悩みを神様に伺って解決しながら身心共に回復させます。

 

 

 

右半身不随のYさん宅(14話目参照)は、Yさんが亡くなるまで約9年お世話になったそうです。

 

Yさんは病院で院内感染(肺炎)にかかり、「自分の命は今日で終わりだ」と言う電話を松井先生が受け、夜7時頃病院に駆けつけたそうです。

 

喉に痰が詰まり苦しそうだったので、松井先生が手をYさんの胸に置き、しばらく気を送ると大量の痰が出ます。

 

その直後、「熱い、熱い。」と言い出し、新聞や本を使ってご家族や松井先生とで扇ぎ、しばらくして熱も治まったとのこと。

 

Yさんが「もう大丈夫。帰って下さい。」と言われるので、握手して帰り、翌日早朝に御年90歳にて亡くなられたそうです。

 

 

 

そのYさんの娘さんの友達で運送会社を経営されている女性がお越しになり、足が萎え、痛くて足を床につくことも出来ない状態でした。

 

最初は友達に支えられて連れて来られていたものの、しばらく通う内に痛みもとれ、最後は自転車で通うようになったそうです。

 

当初は女性の友達の医師から手術を勧められましたが、断っていたということでした。

 

更にその女性の娘さんはリウマチを患っていたそうですが、母娘共に改善させてしまったそうです。

 

 

 

Yさんの娘さんの友達繋がりで、くも膜下出血の為、不随になり困っているという女性も看ることになりご自宅まで尋ねられたそうです。

 

車イスに乗られていて、片足が常時震え、片手でタオルを握り口からヨダレを垂らし身体を丸めて、足が痛いのか「ウーウー」と唸っている状態。

 

病院からは「治らない患者は入院させない。」と言われてしまい、手の打ちようのない程だったとのことでした。

 

松井先生が足の治療をして痛みを取り除き、何回かの治療の後、ベッドに寝かせての施術。

 

あまりの痛さに悲鳴をあげ手に握ったタオルで松井先生を打ったそうですが、打たれながらも施術をしたそうです。

 

何ヶ月か経つと、小声で話せるようになり、食事も一緒にとり、歩行訓練を始め、病院側も「ここまでよくなれば。」と、入院の許可が出たので辞したということでした。

 

 

 

ある女性は膠原病で全身が痛かったらしいのですが、特に手の腫れが酷く、駅で切符を買う時に百円玉が持てず、やっとの思いで持って銭を入れるが穴に入らず泣いていたそうです。

 

そんな大変な状態の方も施術で改善させます。

 

 

 

M民宿(14話目参照)の奥さんが猫を抱いていたそうです。

 

「今から動物病院へ連れて行くんです。脂肪の塊が出来て取ってもらいに。」と言うので、松井先生が「ちょっとかしてごらん。」と言って猫を抱き上げて施術し、「なくなったよ。」と言って猫を渡すと、脂肪の塊が無くなっていたそうです。

 

 

乳癌になり、病室が空き次第手術と言われている女性。

 

「大きすぎるので少し小さくしてから手術した方が良いよ。」と何回か施術してかなり小さくなったので、一か月後に手術をしたそうです。

 

手術も軽く済み、術後も元気だったので、同じ病室の患者から「どうしてそんなに元気なの。病気とは思えない。」と言われ、「おかげさまで体調も良いです。」と退院後御礼に見えられました。

 

 

 

M民宿に出入りする八百屋の姉さんの息子さんが、脳梗塞にかかり半身不随になり、口からヨダレが垂れ言葉も上手く話せない状態に。

 

父親におんぶして連れて来られ、週一回の施術を一ヶ月程続けたところ、M民宿までの階段を自力で登れるようになったそうです。

 

半年程経つと、自分で車を運転してくるようになり、口も閉まり、食べ物もこぼさなくなったとのこと。

 

家業をパソコンで手伝うようになり、最初は半日くらいで疲れていましたが、一年後には一日手伝えるようになったということでした。

 

 

 

M民宿に来た神戸の社長は、糖尿病が悪化し、両目が見えなくなっていました。

 

夕方到着されて、お手伝いの方が手を引いて部屋に案内したそうです。

 

松井先生は夜中の12時過ぎに着き治療して帰ります。

 

翌朝、お手伝いの方が部屋に行くと、社長が窓を開けて「ここから富士山がよく見えるのですね。」とジーっと外を見ていらしたそうです。

 

お手伝いの方が「見えるのですか!?」と問うと、「不思議ですね。今見えているのです。」と答えられたということでした。

 

 

と、ここに挙げた例は、松井先生から聞いたり、関係者から聞いたりしたもので、本当に極一部に過ぎません。

 

松井先生の人柄もそうですが、体のことを何も知らなかった松井先生が、病院でも見放されたような状態の方々を多く救ってきたのは事実で、そういうことが実際にあるということを知って頂きたくて書きました。

 

 

 

松井先生が秘伝書を読んで身に付けた気功。(12話目参照

 

そして、松井先生が神様に体を貸して行ってきた施術。(17話目参照

 

その両方を組み合わせた松井先生オリジナルの気功整体を2011年3月10日に、神様から「お前の技術や心のことを若い者達に伝えていけ。」と言われ松井式の気功整体講座を始めることになりました。(8話目参照

 

 

 

この嘘のような本当の話は、当時、私自身も半信半疑だったのですが、後から徐々に繋がっていくことになります。

 

 

<19話目に続く>

 

 

 

「不思議なおじいちゃんとの出会い(1話目)」
 

「鬱病に至るまでの経緯(2話目)」

 

「光の見えない暗黒時代(3話目)」

 

「大好きな祖母との別れ(4話目)」

 

「心の琴線に触れた松井先生のお話(5話目)」

 

「虹の戦士の集い(6話目)」

 

「魂の器(7話目)」

 

「神様からの言葉(8話目)」

 

「嘘みたいな本当の話(9話目)」

 

「様々な病気が改善していく小顔施術(10話目)」

 

「医療関係者にも認められる気功整体施術(11話目)」

 

「常識破りの松井式(12話目)」

 

「松井先生の誓い(13話目)」

 

「気功の力で繋がるご縁(14話目)」

 

「弁財天様と白い蛇(15話目)」

 

「神通力が付いた女性への相談(16話目)」

 

「目の前に現れた神様からの神命(17話目)」

 

 

 

 

「身近な人を癒せる手技を身に付けたい!」

 

と思われた方は、以下のメルマガに秘訣が書いてあります。

〜カリキュラム〜
Step1:なぜ「体のトラブル」が起こるのか?(ガンもしゃっくりも原因は同じ?!)
Step2:創設者「おじいちゃん先生」の熱い想い
Step3:体のトラブルへの対処方法はただ1つ!
Step4:本当に大切なのは「体」よりも「〇」!
Step5:子どものしゃっくりの止め方
Step6:知らないと殺される?!日本の医療の実態
Step7:医療費を減らすのはあなたです!

【あなたの手を「魔法の手」に変える無料7日間メール講座】
https://www.reservestock.jp/subscribe/75449

 

〜登録特典〜
あなたにもすぐできる!
子供のしゃっくりを止める必殺技☆のPDF&動画!(1万円相当)

 

 

 

 

 

★2019年1月からzoom開催決定!

【1月19日(土)おうち整体こころセラピスト入門前編講座(zoom第1期)】

https://www.reservestock.jp/events/307578

 

★人気のここセラ入門も第3期です!

【1月20日(日)おうち整体こころセラピスト入門前編講座(第3期)】

https://www.reservestock.jp/events/307576

 

★全8回の入門後編もいよいよスタート!

【1月27日(日)おうち整体こころセラピスト入門後編講座(第1期)】

https://www.reservestock.jp/events/306185

 

ペタしてね読者登録してね

目の前に現れた神様からの神命(17話目)

 

16話目の続きです。

 

 

 

義理の母であるHさんが長年やってきた神様との繋がり。

 

後を継ぎたくないというMさんから今までの経緯を聞いた松井先生は、Mさんにこんなことを聞きます。

 

 

 

「神様にお伺いを立てるやり方は知っているのですか?」

 

「ええ、ずっと近くで見ていたのでやり方は知っています。でも一度もやったことはありませんよ。」

 

「それなら、どうかHさんが拝まれた通り一度神様を拝んでみて下さい。あなたなら出来る筈だ。」

 

「私は修行したことも無いのですよ。私には無理です。」

 

「Hさんが次はあなたに託そうとしていたのでしょう?頭を下げますから、一度やってみて頂けませんか?」

 

 

 

Mさんは、「無理無理。」と言い張ったのですが、松井先生が何度もお願いして半ば無理矢理お祈りをして頂くことになります。

 

御神前に向かい、中央にMさん、松井先生はMさんより少し下がった左側に座ったそうです。

 

30センチもある蝋燭を新しいものに取り替え、左右2本灯りを付け、線香はMさん家では三本立てるとの事。

 

線香にも三本灯りを立て、お辞儀を三回して、拍手も三回打ち、神を呼び出す為のお経を唱え始めたMさん。

 

 

しばらくしてお経が終わると、Mさんは私の方に向き直り深々とお辞儀をします。

 

松井先生も突然のことなので驚いたものの、Mさんに合わせて深々とお辞儀をされたそうです。

 

するとMさんは、こんなことを話し始めます。

 

 

 

「この家の婆でございます。この度はありがとうございました。以前より娘に拝むように何度も言いましたが、嫌だ嫌だの繰り返しで絶対に拝もうともしませんでした。それがあなた様に言われ拝むとは、本当にありがとうございました。今後とも我が家を頼みます。」

 

 

 

とHさんが降りてこられたかのように話されたそうです。

 

松井先生が驚いていると、次は神様が降りてこられ、次のようにお話をされます。

 

 

 

「お前はもう実家には帰るな。この地に留まれ。この鎌倉・逗子・葉山は昔から因縁の深い土地で重病人が多い。その者達を治せ。」

 

 

 

それを聞いた松井先生は、こんな返答をしたそうです。

 

「神様、実は私は病気のことは何も知りません。習ったこともないし学校にも行っていません。でもどうしてもやれと言われるのならば、私の身体を差し出しますから私の身体に乗り移り、私の身体を使って皆様を治して下さい。」

 

 

 

それを聞いた神様は…。

 

「そうか。よし、その様にする。」

 

と言われます。

 

 

 

そして拝み終わった後、ふと松井先生の前にあった蝋燭を見ると、全て燃え尽きて無くなっていたそうです。

 

 

右側の蝋燭は立てたままの状態で灯っています。

 

驚いた松井先生がMさんに尋ねると、Mさんもビックリしていたそうです。

 

「今までこんなことは一度もありませんでした。神様が喜ぶと大きく炎が上がりヘビの鱗状にはなりますが、このようなほんのわずかな時間で全て燃え尽きるとは。神様が大変喜んだのね。」

 

 

 

そんなことがあるのだろうか…と、松井先生も疑ったものの、神前で感じた霊気15話目を参照のこと、燃え尽きた蝋燭のことと、何やら不思議なことが目の前で起きたことを体感した松井先生は、神様を信じこの地に留まることに決めたそうです。

 

 

 

枕元に立った武士の言う通りにして病気が治り、そこから神通力が付いて多くの人の相談に乗ってきたHさん。

 

人の為に尽くすHさんの大変な姿を幼少の頃から見ており、絶対に後なんて継ぎたくないと思っていたMさん。

 

そのMさんも松井先生とのご縁がきっかけで神様を拝むと、そこからHさんと同じように神通力が付くようになります。

 

そして、Mさんが拝んだ時に現れたHさんと神様によって、松井先生までも神通力が現れるようになっていくのです。

 

 

<18話目に続く>

 

 

 

「不思議なおじいちゃんとの出会い(1話目)」
 

「鬱病に至るまでの経緯(2話目)」

 

「光の見えない暗黒時代(3話目)」

 

「大好きな祖母との別れ(4話目)」

 

「心の琴線に触れた松井先生のお話(5話目)」

 

「虹の戦士の集い(6話目)」

 

「魂の器(7話目)」

 

「神様からの言葉(8話目)」

 

「嘘みたいな本当の話(9話目)」

 

「様々な病気が改善していく小顔施術(10話目)」

 

「医療関係者にも認められる気功整体施術(11話目)」

 

「常識破りの松井式(12話目)」

 

「松井先生の誓い(13話目)」

 

「気功の力で繋がるご縁(14話目)」

 

「弁財天様と白い蛇(15話目)」

 

「神通力が付いた女性への相談(16話目)」

 

 

 

 

「ミエナイチカラを手に入れたい!」

 

と興味を持たれた方は、以下のメルマガもオススメです。

 

<ミエナイチカラを手に入れる7つのステップ!>

【第1回】『人間にはすごい能力がある』

【第2回】『潜在意識で大切な探し物を見つける』

【第3回】『気功でひどい捻挫の痛みがなくなった』

【第4回】『気持ち悪いときは施術よりも気功で』

【第5回】『受けやすい巫女型霊媒体質を気功で解消!』

【第6回】『遠隔気功でみるみる好転!』

【第7回】『気功の見える化!サーモグラフィーで激変!』

 

【ミエナイチカラを手に入れる7つのステップ!】

https://www.reservestock.jp/subscribe/85087

 

 

《登録特典》

★ミエナイチカラを手に入れる方法を書いたPDFを無料プレゼント!

 

普段は講座でお伝えしている「気」の呼吸法をPDFに画像付きでやり方をお伝えしています。

 

今なら無料でプレゼント中なので、是非GETして実践されてみて下さいね!

 

 

 

 

★2019年1月からzoom開催決定!

【1月19日(土)おうち整体こころセラピスト入門前編講座(zoom第1期)】

https://www.reservestock.jp/events/307578

 

★人気のここセラ入門も第3期です!

【1月20日(日)おうち整体こころセラピスト入門前編講座(第3期)】

https://www.reservestock.jp/events/307576

 

★全8回の入門後編もいよいよスタート!

【1月27日(日)おうち整体こころセラピスト入門後編講座(第1期)】

https://www.reservestock.jp/events/306185

 

ペタしてね読者登録してね