歯ぎしり対策

私はかなり寝ているときの歯ぎしりがひどいようで

一緒に寝ている人が良く被害にあいます。

 

 

以前、日本のテレビで

寝ている時の問題、

いびきや寝相、歯ぎしりについての対策を

放送していたんですが、

歯ぎしりのコーナーでは

“歯ぎしりはストレスから来ています。

 解決方法はありません”

とバッサリ切られてしまいました。OTL

 

 

今はマウスピースみたいなものがあるようですが、

歯ぎしりが激しい人は

それもすぐに噛み切ってしまうんだとか。

 

 

っていうか、

枕が変わるだけでなかなか寝付けないのに

マウスピースとか、無理!

と私は最初からあきらめてしまう。

 

 

先日。

 

何かの記事でまた歯ぎしりについて書いていて、

それを読んだら

“昼間、無意識に歯を食いしばっていることが多いので

 意識をして歯を食いしばらないようにする”

というのがありました。

 

 

それを読んでから

昼間、

“あ、また、歯を食いしばっている”

と気が付き、

歯を食いしばらないように気を付けています。

 

 

ちょっとは効果があるような気がします。

 

 

もし、歯ぎしりで悩まれていらっしゃる方がいたら

参考にしてみてください。

AD

ま、よく旅行に行かれる方は

今更ながらのことなんですが、

私が最近、頻繁に利用しながら

“お、変わってる”

と思うことをいくつか挙げたいと思います。

 

 

1.預ける荷物は一つまで。

 

以前は航空会社により、

何キロまで、という制限で、

いくつ預けても大丈夫だったんですが、

最近は、15~20キロ(航空会社によって違います)で

一つ、という航空会社が増えています。

 

噂によると、

お土産をいっぱい買う中国人は

スーツケースに段ボールをガムテープでくっつけて

無理矢理一つにしている、

という話も聞きます。w

 

 

2.預ける荷物にバッテリーを入れてはいけない。

 

預ける荷物に入れてはいけないものは

色々ありますが、

よくありがちなのが、

スマフォの補助バッテリーを入れてしまうことだと思います。

 

チェックインカウンターで

スーツケースを広げている人がいたら

十中八九、これを出しているんだろうな、

と私は思っています。

 

 

3.機内持ち込みの手荷物は一つまで。

 

手荷物は一つまで、とありますが、

これはショルダーバッグなど、

携帯用バッグ以外の手荷物のことを言っています。

 

また、荷物検査の後、

免税店などで買ったものは

持ち込み禁止、ということはないので、

持てる限りは免税店で買って持ち込んでも大丈夫だと思います。

 

 

4.機内に飲料持ち込み禁止。

 

荷物検査の前に、ペットボトルなどは捨てる方が多いですが、

実は、中身が入っていなければ

持ち込むことはできます。

 

私はいつも水を携帯しているために

ペットボトルみたいなものを殻の状態で持ち込みます。

 

そして、中で給水器などを探して水を入れ、

鞄の中に入れて機内に持ち込みます。

 

もし、飲みかけで手に持っている場合、

搭乗するときに乗務員さんに止められる可能性があります。

(何度か見かけました)

 

 

5.機内で供給される水は冷水か熱湯。

 

これ、結構大事で。

 

赤ちゃん連れの方、

体調の崩れている方は

ぬるま湯、または常温水がほしいところ、

機内でもらえるのは冷水か熱湯です。

 

冷ませばいいじゃん、という感じではありますが、

水が欲しい時って

結構、切羽詰まっている時が多いので、

その時に、冷水、または熱湯を渡されても

すぐに解決できなくて困るんですよね~。

 

 

 

こんな感じですかね。

 

 

あと、この間知ったんですが、

飛行機の中は空気の入れ替えが難しいため、

機内食サービスが終わった後、

臭いを消すために、

一度、温度を下げるんだそうです。

 

なんか、寒かったり暑かったりするな、

と思ったら、

それだと思ってください。

(まあ、暑くなることってめったにないけど)

 

寒い場合、毛布を借りることができますが、

全席分ないため、

寒そうだなと思ったら、

早めにもらっておく方が良いでしょう。

AD

先日の記事に書いたように

変換プラグを買い間違えたために

結構、長い間、スマフォの充電ができなかったんです。

 

 

ところが、私が目を離したすきに

娘が、コンピューターのUSBにコードを刺して

スマフォを充電していたんですよっ。

 

 

え~、大丈夫なの?

 

 

一応、充電出来ているということでしたが、

ちょっと怖かったので、

一時中断させ、

そのあと、検索してみました。

 

 

以前にも、日本で仕事ができるように

韓国の家にあるデスクトップを

日本に持って行くか?と考えたことがあったんですが、

その時、電圧について調べたら

コンピューターはいろんな国の部品を使っているため

どんな電圧でも大丈夫、

という風に出てきたんです。

 

 

とはいえ、ちょっと不安じゃないですか。

 

 

ノートブックなどでは

アダプターが変電圧をしてくれるから

信じられるんですが

デスクトップは

特にアダプターにつながっているわけじゃないですからね。

 

 

検索をした時、

パソコン、スマフォ、充電、海外

とかやっていたと思うんですが

見つけた答えはこんな感じでした。

 

 

コンピューター内に変電圧機が搭載されていて、

コンピューターから出力する電圧は

世界中、5Vに統一されているんだとか。

 

 

なので、そこから充電するのに

問題はないんだそうです。

 

 

ということで、

買いなおした変換プラグが来るまでは

デスクトップとノートブックから充電していました。

 

 

当然ですが、どちらも電源がついている時でないと

充電できないため

充電するために電源をつける、

という、よくわからないことをやっていました。

 

 

しかも、USBで接続するため、

一つのハードウェアだとパソコンが認識して、

ちょこっと接続位置がずれるたびに

“認識しました”

といちいち、画面に出てきたのが

面倒でしたね。(音もっ)

 

 

まあ、5Vなので充電は遅いですし、

パソコンにもスマフォにも

あまりいい方法ではないので、

非常時に使うもの、

と思われていたらいいかもしれません。

AD