かんくら's ライフスタイル!!(韓国在住物語)

韓国で暮らし始めてもう二十年!韓国のことから、ハングル、そしてかんくらのライフスタイルをご紹介


テーマ:

ある日、友達と電車に乗っていたときのことです。

 

 

かなり混んでいて、友達とは少し離れてしまい、

私は手にしていた本を見ていました。

 

 

その本に興味深いことが載っていたので、

ちょっと空いてきたところで、

斜め後ろにいた友達に

“見てみて~"

と、話しかけたんです。

 

 

日本語で話しかけたからか

すぐ横に立っていた、年配の男性が私の顔を

じっと見てきたんです。

 

 

?と思っていると話しかけられました。

 

 

最初、なんて話しかけられたのか覚えてないんですが

年配の男性は私が外国人だとはわからず

話しかけてきたようでした。

 

 

なんのかんの話が続いたんですが

年配の男性は自分は35歳だと言われ、w

私はいくつなんだと聞いてきました。

 

 

自分が35歳だと言うんだから

私はそれより下だと思っているんだろうと思いつつ

“44・・・いや、45歳です"

と答えました。

(いつも歳がわからなくなる)

 

 

すると、そんなふうに見えないと言われ、

"あ~、日本人なので童顔なのかも"

というと、

最近、釜山に日本人の移住者が多いんだとか

日本人の話題に移っていきました。

 

 

男性は建設業をされているようで、

釜山に日本人用のアパートをたくさん作ったんだそうです。

 

 

昔は40坪とか作っていたけれど、

日本人はあまり広いのは好きじゃないらしく、

今は24坪ものが、日本人に人気なんだとか。

 

 

更に、なにかネットワークビジネスをされているらしく

話の具合からはACNかな?と思ったんですが、

渡された名刺は建設会社のものでした。w

 

 

お酒は入っていない感じだったので

そんなに不快な会話ではなかったんですが

一体、何が目的なのかなぁ?と

ちょっとわかりませんでした。w

 

 

ま、私のちょっと発音の悪い韓国語も

しっかり聞き取ってくださり、

話しやすかったです。^^

 

 

あ、でも、

“オッパと呼んで"

は断りました。w

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、会社の女の子の話を書きましたが、

そういってる私のほうは

韓国人化してるよなぁと

つくづく思う日々です。



この間も、

お昼の時間に、女の子たちだけすすーっと出て行ってしまって

一人残された私は

”あれ?お昼ご飯買いに行ったのかな?

 もしかして、ご飯、炊いてないとか?”

と炊飯器を見に行くと

見事に炊いてない~~。



普段は翻訳の日本人の女性が

必ずご飯を炊いてくれているのですが

今、夏休みで日本に帰っていていないので

ご飯を炊く人、がいないんです。



何か買いに行くなら買いに行くで

一言、声をかけてくれたらいいのに~、

と寂しく思っているあたり、

ちょっと韓国人化してるかなぁと思ったり。



そして、仕方なく、コンビニにお昼を買いに行こうとしたら

そのうちの一人から電話がかかってきて

"自分たちは外で食べるので、

 ご飯の準備、しなくて良いですよ~”

とのこと。



うーん、仲間はずれか?!



いやいや、たまたまだろう、

と気を取り直して、

コンビニで買い物をしてお昼を食べ

また仕事に向かおうかとしたとき、

女の子たちが帰ってきたんですが

手にケーキを持っている????



あれ?

今日、誰かの誕生日?



と思っていると、

イギリス人君の誕生日だったようなのです。



そうなんだ~と

ささやかな誕生会をして、

ケーキを分けてもらって

おいしく食べたのですが

ふと、あれ?



このケーキ代、

私、出してないけど?

と思いつきました。



普通、ケーキ代~と言って

みんなで3000~5000ウォンずつ集めるんですが

それがなかったんですよね。



あ~、あとで聞いたほうが良いかな?



でも、韓国の人って、

事前にお金を集めることはしても

事が過ぎてしまうと

”もう良いですよ~”

ってなっちゃうことが多いんですよね。



うーん、でもなぁ、

最近の若い世代は違うかもしれないし。



しかも、この話、

女の子たちの誰に話したら良いんだろう~~~????



それに、イギリス人君がいないときに

話さないといけないし~。

(なんか気まずいので)



一定額だったら

"はい、ケーキ代”

と渡せばいいんだけど、

いくらなのかわからないし~。



とぐるぐる考えてしまいます。



時には、

ま、集めなかったんだからいっか、

と思うときもあれば、

やっぱりまずいかなぁと思うときも。



とはいえ、これを思い出すのも非常に時々なので

話すタイミングがつかめない~~~。



どうしたもんだかと思っているうちに

一週間もたっちゃって、

もう、さすがに今さらだよなぁと

あきらめつつあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

うちの近くのバス停が

ある日、撤去されたんです。




あ、といっても、バス停が無くなったのではなく、

バス停に設置されていた屋根が無くなったんです。



おりしも、時は暴炎の猛暑の頃。



あまりこうかはないものの

やっぱりあるとないのとでは

暑さ加減が違うんですよね~。



まあ、でも、次の日には

新しい屋根が設置されるだろう~、

と思っていたのに

何日経ってもまったくそんな様子が無い。



周りには土袋とかもあるし、

いまにも今日、作業するぞって感じなのに

それらも放置されたまま。



いつになったら作業再起するんだろう~、

と思っていたら、

横に立っていたおばさんん声をかけられました。



“まったく、工事するならさっさとしてもらいたいと思わない?”

“そうですね”

“すぐにとりかかるつもりがなかったんなら

 前のを撤去するなって言うのよ!”

“そうですよね~”



激しく共感。



次の日。



またそのおばさんに会いました。



おばさんは今日もまた

“早く設置しろって言うのよね~”

と声を掛けてきたんですが、

私はそのとき、バスの到着時間をスマホで確認していて

10分も来そうに無かったので

“バス、10分くらい、来そうに無いですよ。

 どこどこ教会までも来てないです”

と教えてあげて、

そこまで遅いと遅刻するので

(いや、正確にはいつも遅刻しているけど

バスを待っていると大遅刻になりそうだったので)

最寄の地下鉄の駅まで歩いていこうと

通り過ぎました。



いつもバスが遅く来るときは

バス停で待っている人たち、

特に40代以上と思われる方には

教えてあげたいなぁと思いつつも

出来なかったんですよね。



前の日に声を掛けられたからか

そのおばさんには教えてあげることが出来ました。^^


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。