韓国の大統領選挙

テーマ:

韓国はいま、大統領選挙の真っ最中です。

 

 

私は永住権を持っていますが、

私には大統領の選挙権はありません。

 

 

地方選までは選挙権があるんですけどね。

 

 

ゆえに、あまりニュースにも耳を傾けていないのですが、

人から聞いた話をいくつか書いてみたいと思います。

 

 

ムンジェインさんは北朝鮮とのつながりが深い、

と言われていて、

大統領になったら北朝鮮に飛んでいくんじゃないか、

とも言われているようです。

 

 

最近、息子さんに何か問題があるらしくて、

それを競争相手がいろいろ言ってくるんだとか。

 

 

さらに、やる気があるのかないのか、

選挙資金をたくさん申請した割には

街中(仁川基準)にポスターなどもほかの候補に比べて

あまりたくさん張っておらず、

旗色の悪い地方にたくさんお金をかけているのか、

それとも選挙資金をほかに回そうとしているのか、

もやもやしている人が多く、

ムンジェイン支持者も段々離れて行っているんだそうです。

 

 

先回の大統領選挙の時、

ムンジェインさんに候補を譲ったアンチョルスさんは

ここ数年で政治的にも地盤を固めてきて、

今回は堂々と立候補しています。

 

 

とはいえ、時はすでにアンチョルスの時代は過ぎ去った、

という感じで、人気は今一つ。

 

 

そんな中でも、アンチョルスさんが掲げている

“教育方針を一新する!”

というのに、賛同している人も増えてきているようです。

 

 

今までいろんな政治家が

韓国の教育方針は間違っている!

と言いながら、

ずっと生ぬるい対処法で、

試験よりも内申、内申よりも実力で、

みたいな、

一時期、詰め込み式の教育ではなく、

塾に行かなくてもいい成績が取れるように、

といろいろやってはいたんですが、

全然効果なし。

 

 

塾熱は一方に冷めず、

塾に行かなければいい成績が取れない

(よほど、勉強が好きで、自分自身をコントロールできる子以外は

到底無理)

そういう社会構造でした。

 

 

大卒でなければ講師になれない、

という法律のおかげで

失業者、続出したり。

 

 

こう、上から目線的な方針で

結局、役に立ってない、

という法律ばかり。

 

 

これを一新しようというアンチョルスさんは

結構、信じられると思うんですよね~。

 

 

ただ、韓国の大統領って5年の任期で、

しかも、

任期中の大統領を落とそうとする不思議な社会風習があり、

さらに、大統領が変わると、前の大統領がやりかけたことを

ことごとくつぶす、無視する、ないがしろにする、

というやり方をするので

本当に社会全体が変わることができるのか、

心配でもあります。

 

 

いったい、韓国は何がやりたいんだ!

と言いたくなること、いろいろあります。

 

 

仁川市にしても、

アジアンゲームのために競技場を作る時、

ある市長はめちゃくちゃ大きく作ろうとして、

次の市長は、大きすぎると後で使い道がないからと小さくし、

それなのに、二番目の市長に

“あんなものつくってどうするんだ”

という批判が行くという~。

 

 

え?

 

 

みたいな。

 

 

アジアンゲームのために地下鉄も作っていたのに、

結局予算が取れなくて間に合わず、

アジアンゲームから数年たった今、ようやく開通とかね。

 

 

ヨーロッパでもそういうことがありましたが、

あれはあっちの人たちの気質というか、

のんびり作ったらしいんです。

 

でも、韓国の場合は、

ああだこうだ、利権争いとか

そういうことがことが進まない一番の原因になるんですよね~。

 

 

まあ、とにかく。

 

当面の問題は戦争を起こさないこと。

 

これが一番重要だと思います。

AD

週末ごとにろうそく集会が行われています。

 

 

先週は、本来は休みの日だったらしいんですが、

どこかの政治家が

“ろうそくなんて風が吹けば消える”

とか馬鹿な発言をしたために

通常よりも早めに始まって

受験が終わった受験生も加わり

更に大規模なろうそく集会になっていました。

 

 

ろうそくに油を注いじゃった政治家さんは

ほんっとに、今の状況、把握できてないですね!

 

 

そういうのを上から発言、

権力を振り回している

いま、一番問題になっている問題を

更に輪をかけて、

“政治家ってそんなもん”を

証明してくださいました。

 

 

大統領は表向き

“国民の意向を重く捉えています”

というものの、

HPには

“マスコミの誤報の問題点”

とかいう掲示を次から次へと上げている。

 

 

これまた、火に油を注いでいる状況。

 

 

あのですね。

 

国民はもう、真実なんて、

半分、どうでもいいんですよ。

 

 

もう、勢いに乗っちゃってるんで

この勢いを止められるのは

辞退しか無いんです。

 

 

とはいえ、本当のところ、

ろうそく集会に出かけている人全員に

“あなた、選挙に参加しましたか?

 いつも選挙に参加していますか?”

と聞きたいです。

 

 

ワーワー文句を言っていますが、

自分は自分の責任を放棄して

こういう時だけ正義の味方の振りして出かけるって

どういうもんなんですかね。

 

 

でももう流れは止められないので

ここで、検察が無実でしたと言ったところで

国民は誰も信じません。

 

 

大統領弾圧には6ヶ月の時間がかかるらしいんですが

それでもいいから、さっさと始めるべきですね。

 

 

大統領もどの面下げて頂上会談とか

やってるんですかね~。

 

 

自分は潔白だって、

そんなの本気で思ってるんですか?みたいな。

 

 

いや、万が一、潔白だとしてもですよ、

国民の95%が指示していない

民主主義国家の大統領ですよ。

 

 

あーりーえーなーいーし~。

 

 

面の皮、厚いな~と

本当に呆れ返るばかりです。

 

 

この人、大統領、任期まで持ったとしても

そのあと、韓国で暮らしていけるのかしら・・・。

AD

韓国はどこへ向かうのか

テーマ:

なんかもう、しっちゃかめっちゃかになってしまっていますね。

 

 

連日、大統領辞任のデモが続き

支持率も5%と、

いや、まだ5%も残ってるんだ!

みたいな感じですが。

 

 

旦那から聞いた話ですが

国務総理の人事も

与党の代表すらも知らない間に任命され、

え?大統領、誰と相談して決めたんですか?

みたいなことだったらしいですね。

 

本来、国務総理は

与党、野党合わせて60%以上の多数決が得られた時に

初めて任命できるそうなんですが、

多数決はおろか、いや、野党を無視するどころか

ご自分の陣地である与党にも何にも言わないうちに

ある日ぽっと決めてしまったっていうのが、

超びっくりなことらしく。

 

 

いや、もちろん、

大統領の権限で独自で任命もできるらしいんですが、

それでも記者会見の前に与党、野党に

“こういうことになりましたから”

通告くらいはするべきだったというのが

うちの旦那の意見です。

 

 

まあ、そんな感じで

一体この国はどんな風に動いていたんだ?!

がますます明るみに出てきているんですが。

 

 

国民も国民で。

 

怒りは分かるんですよ。

 

でも、いま、大統領を強制辞任させたら

じゃあ、韓国の代表は誰にしとくんだってことで。

 

 

ちょっと前だったらクーデーターが起こってもおかしくないですし、

実際、何十年か前にこういう状態になって

クーデターが起こって

ジョンドゥファンが大統領になったじゃないか、とかとか。

 

 

今、北朝鮮から攻められたらどうなるんだって感じですが、

不幸中の幸いなのが、停戦協定が

韓国と北朝鮮の間でされたものではないっていうところですかね。

 

 

でも、北朝鮮なら

それを無視して攻めてきておかしくないですけどね。

 

 

多くの国がそうだと思いますが、

国民の政治に対する無関心から

正しい政治をするために政治家になろうと

強い意志を持っている国民っていうのはなかなかおらず

頑張って政治家になったところで

大多数のもともといる政治家に相手にされないという

悲しい現状。

 

 

キムタクのドラマの“チェンジ”みたいなことは

やっぱり難しいって感じで。

 

 

あれだって、結局はもともと政治家の家系で

基盤があったからこそ

始められたところがありましたもんね。

 

 

そんなバックアップが無ければ

アンチョルスさんみたいに国民から願われても

やっぱり限界にぶつかって

その限界を目の当たりにしたために

彼も結局、その波に飲まれてしまったという。

 

顔つきからして昔と全然違いますよね・・・。

 

 

大体にして、韓国という国は変わっていると思いますよ。

 

韓国、韓国!と愛国を大騒ぎする割には

他の国に留学、移民する国民がすごく多い。

 

優秀な人材を育てて、

韓国内で活躍してもらうっていうのが

非常に難しい社会構造になっているんです。

 

こんなんで国が良くなるわけがない。

 

 

大統領選挙をするには

少なくとも6ヶ月の準備期間が必要らしいんですが

どうするんですかね。

 

大統領のいない期間を作っちゃうんでしょうか?

 

 

あ、なんか小説十二国記を思い出すなぁ。

 

シリーズの中に図南の翼というのがあるんですが

そこで、後に恭王になる女の子が

“王様がいるうちは良いじゃない。

 みんな一生懸命働いて富を築いて行ったら良いのよ。

 問題は王様が不在の時。

 不況に備えた準備をしなければ”

というようなセリフがあるんですが。

 

十二国記では王様は不老不死になり、

何百年と統治をすることができるんですが、

天が選んだ王様は王になる素質はあったとしても

それを100%活かし続けるということは非常に難しく、

結局、王様がいない時代、というのは必ず訪れてしまう。

 

だから王様がいない時代に

次の王様が現れるまで

(大体10年~数十年かかります。

 王様だけ倒れた場合は、王様を選ぶ麒麟が

 すぐに次の王を探すことができます)

なんとか自然災害と妖魔の襲撃に耐えられる

そういう仕組みを作っておくべきだ、

というわけです。

(王様がいないと自然災害と妖魔の襲撃が何故か始まる

 不思議な世界の仕組みになっているため)

 

 

一方、治世が500年続いている延国を訪れた奉国の元公主が

その繁栄ぶりに驚くシーンがあるんですが、

一人の王が長年治めている、というのは

一つの方針が国の隅々まで行き渡ることだと

一緒に旅をしている半獣に言われます。

 

 

まあ、そんなこともあって、盧武鉉大統領は

大統領の任期を二期できるようにしよう、

と言ったんですが、

盧武鉉大統領が二期やりたいって話じゃなくて

政権がコロコロ変わるから一つの方針が隅々まで届かないから

自分の次からそうしたらいいっていう話だったのに、

自分がやりたいんだろう!っていう大反発を受けて

結局、だめだったんですけどね。

 

まあ、ジョンドゥファン大統領みたいな野心家が

大統領になったら大変っていうことでの

反対でもあったんですが・・・。

 

でも、野心家以外に

どうやったら大統領になれるんですかね、この国。

 

経済的なバックアップがなければ選挙には参加できないし、

普段から権力者たちと手広く人脈を作らなきゃいけないし、

そういう人たちにまっさらな人たちがいるんですかね。

 

 

スーチーさんみたいな強力な指導者が現れるわけでもなく

(いや、それが一時期のアンチョルスさんだったんですが、

 彼の場合、自分の意志で始めたわけでなかったというのが

 また難しいところ)

国民は結局デモをするしかできなくて

それで、大統領を引きずり下ろしたとして、

そのあとどうすんの?みたいな。

 

 

まあ、もう、こんだけ信用なくして

大統領、やってられないでしょう。

 

国の代表として他の国に訪問なんて

ちょっと恥ずかしくてできる状況じゃないですよね。

 

国民に信頼されていない大統領なんて、

あれ?独裁でしたっけ?韓国って、みたいな。

 

 

あーーー、もう、移民でもする?!

 

 

世界中、どこでも住んでも良いっていう仕組みになったら

みんな韓国から逃げ出すよね、きっと。

 

 

みなさん、どこに行きたいですか~?

AD