ないなぁ

テーマ:

いつもいつも同じドラマをPCで見ているので

(ミセン、シグナル、ウングプナンニョなど)

たまには違うのを見ようと思い、

何が面白いのかNaverで検索してみました。

 

 

TVNのドラマが面白いので

TVNのドラマと書いて検索。

 

 

そうしたら、ある人が

1.シグナル(今でも繰り返し見ている知人がいる)

2.ミッシングナイン

3....

 

 

とおすすめを書いていて、

ふむふむ。

 

 

シグナルがおすすめというなら

ちょっと真実味があるな、と思い、

ミッシングナインを見ることにしました。

 

 

って、これ、MBCだったw

 

 

 

 

第1回は何とか見れたんですが

第2回からは不法サイトでもバシバシチェックが入っていて

削除の連続~。

 

 

さらに、あちこちクリックしているうちに

へんなプログラムまで埋め込まれ始めてしまい、

(女性のやばい写真がいきなり出てきたときは超びっくりした!)

慌ててセキュリティーソフトをインストールしてチェックしました。

 

 

 

うん、これ以上、探すのは危険だな。

 

 

そう判断して

日本語であらすじを書いているサイトを探し、

あらすじだけ読みました。w

 

 

テレビの再放送も、最近、有料になってきているし、

テレビの放送ってもともと録画できないようになっているから

(録画したければ、PCで再生して画面をキャプチャするしかない)

日本みたいに、とりあえず撮っておいて

後で見る、なんてこともできないんですよね~。

 

 

ドラマが山のようにあって、

放送時間が重なっているのもたくさんあるし、

視聴者に親切じゃないですよね~、韓国って。

 

 

有料サイトでお金払うのも嫌だしなぁ。

 

 

まあ、でも、最近、

著作権問題で

きちんと作り手にまでお金が入る仕組みになっているような

感じには見えるんですが…。

 

 

どうなのかなぁ。

 

 

デトックス相談はこちらから↓

AD

本当かなぁ。

テーマ:

韓国の番組の中に

半ドキュメンタリーの番組があるんですが、

これって本当?っていうような内容ばっかりなんですよ~。

 

 

先日、たまたま見た番組は

이것이 진실이다(これが真実だ)とかいうような番組で、

裁判ざたになった出来事を再現するドキュメンタリーでした。

 

 

内容は

旦那と血のつながった母親と

旦那を育ててくれた養母との間で

お嫁さんが義母側、

旦那さんは母親側、

というものでした。

 

 

話は結婚する前にさかのぼり。

 

 

父親のお葬式の日に

旦那さんは自分の母親が実は生きているという話を

父親の友人たちの話から聞いてしまいます。

 

 

それから旦那さんは

ずっと自分の本当の母親を探していたものの、

結局、結婚するまで見つけられませんでした。

 

 

養母はとてもいい方で

旦那さんの希望もあって、

結婚してから三人は一緒に暮らしだします。

 

 

仲良く暮らしていたんですが

本当の母親を一生懸命探している旦那の手伝いをしようと、

奥さんが新聞に捜索願を出したところ、

その女性を知っている、という人から連絡が来て、

その女性が旦那さんの1歳の時の写真を持っている、

ということだけで、本当の母親だと信じ、

涙の再会をします。

 

 

養母もその話を聞き、

一度、家に招待してごちそうしよう、と

母親を招待したんですが

母親はそのままその家に居座ってしまいます。

 

 

しかも、25年ぶりに会った息子と一緒に過ごしたいと言って

お嫁さんを部屋から追い出してしまったり。

 

 

数日は我慢していたものの、

どんどん要求がエスカレートしていき、

結婚時にお嫁さんが礼物をろくに買ってこなかったといちゃもんつけ、

お嫁さんの実家に勝手に行き、

今からでも準備しろと、高額の家具を要求します。

(しかも、今使っている家具は使えるから、お金で、と)

 

 

養母のタンスを勝手に開けて

高価そうな洋服を見つけたことで

お嫁さんに自分にも毛皮のコートを買えとか、

しまいに、お嫁さんの個人情報を使って

勝手に高額の借金をし、

それがばれると、そのくらいお前が払えと

堂々と要求します。

 

 

夫婦の仲は冷め切り、

旦那さんは母親のいうことを信じ切って、

おかしいと訴える養母とお嫁さんを憎み、

ついには離婚沙汰になってしまいます。

 

 

その離婚裁判で、

お嫁さんがこんなことになったのは

すべて再会した母親のせいだと訴え出たんです。

 

 

母親の方は

養母とお嫁さんが普段食べている食事が自分に合わないと言って

自分のことを無視していると訴え、

息子に高価なダイヤモンドの指輪を買ってもらったら

お嫁さんと養母がやってきて

自分を殴って指輪を奪っていったと主張します。

(病院の診断書もあります)

 

 

しまいに、離婚する前、

養母が元旦那と浮気をし、

自分を家から追い出したなど過去の話も出してきて、

被害者は自分の方だと訴えます。

 

 

二度目の裁判の時。

 

 

暴力沙汰があったと母親が主張する日、

養母は友達と出かけていたことがわかり、

母親がその日に、別の男性と会っていたことが

CCTVからわかりました。

 

 

その男性はぬあんと、

母親を見つけてくれた人でした。

 

 

調査をすると、届け出をしていない内縁の夫婦で

娘までいました。

 

 

さらにお嫁さんが母親の後をつけていた時、

母親の友人と思われる人が

母親のことを違う名前で呼んでいたことから

ここでようやく、DNA検査を行い、

全くの別人であることが判明します。

 

 

実は、母親を見つけてくれた男性は

本当の母親と結婚し、その後すぐに離婚。

 

 

本当の母親が置いていった荷物の中から

息子の1歳の写真を見つけ出し、

息子が医者だということを知り、

お金を奪い取ろうと工作したのだとわかりました。

 

 

この事件が2015年にあったというんですから、

信じられません~。

 

 

結局、夫婦の間を離婚の危機まで追い込んだということで

慰謝料3000万ウォンの判決。

 

 

偽母親がなんだかんだと奪っていった金品は

別件で訴えたら取り戻せるんだとか。

 

 

夫婦は一応、離婚はしないということで同意したようなのですが、

養母を裏切り、お嫁さんの話を聞かなかったことで

どれだけ亀裂が入ってしまっているか、という感じです。

 

 

三人は何も悪くないのに…。

 

 

この科学的なご時世に

こんなずぼらな計画で人をだまそうなんて、

本当に馬鹿だな、と思いつつ、

それに騙されちゃった旦那さんも

相当人がいいのか、医者だというのに慎重さが足りないというか、

なんか、ありえない話過ぎて

信じられないですよね~。><

 

 

何パーセント、フィクションなのかなぁ。

AD

テレビ番組内の間接広告

テーマ:

ま、どこまでも私の想像ですが。

 

 

一つのドラマを作るのには

結構、お金がかかると思うんですよね。

 

 

韓国は特に、ドラマだらけというか。

 

 

各民放で、朝、夕方、夜と

毎日連続ドラマ(1時間)があり、

夜、2日連続ドラマが一つ、二つあり。

 

 

そこへ、最近ケーブルテレビまでドラマを作るようになって、

日々、非常に沢山のドラマが作られています。

 

 

テレビが番組を作るとき、

何と言ってもスポンサー(提供)がいなければ行けないわけで、

今まで、どの番組も

ロゴなどを隠すのが普通でした。

 

 

が、公開オーディション番組からでしょうかね~。

 

 

審査員の前においてあるペットボトルから始まって、

ケーブルTVが作るドラマでは

ドラマの最初に

“ドラマ内に間接広告が出てきます”

とまで断るようになりました。

 

 

例えば、栄養ドリンク剤なんかが

結構使われています。

 

 

一番人気のランニングマンなんかでは

メンバーが有名スポーツ衣料の服を着るのが

当たり前になってきていますしね。

 

 

今までタブーとされていたことが

規律が変わったのか

多種多様の間接広告が増えてきています。

 

 

まあ、いかにも隠しています~っていう

テープを貼り付けたりとか無くなって

見栄えは良くなりましたよね。

 

 

テープといえば、

入れ墨は結構今でも隠しますね。

 

 

ドラマでは無理だけど(不自然すぎて)

バラエティ番組に出る場合は

首の付根とか、肩のあたりとか

不自然にぺたぺたテープが貼ってある。

 

 

いや、そこまでするならメイクで隠すとかしたらだめ?

とか思っちゃいます~。

AD