忘年会でカラオケ

テーマ:

先日、会社の忘年会があったんですが

前回、会食に参加できなかったのもあって

今回はぜひ!と前々から言われていました。

 

 

以前、勤めていた会社は

どこもあまりカラオケとか行かなかったんですが

今回の会社は会食→カラオケコースらしく、

カラオケ一緒に行きたかったのに~とか

言われていたんですよね。

 

 

そこで、

“お、私、歌、上手いですよ”

とつい自慢してしまい、

ぜひぜひぜひぜひ~と

言うことに。

 

 

あ、やばい。

 

 

前ふりしちゃったら

練習しておかなきゃじゃないね~。

 

 

この間、シナジーのアジアサミットが韓国で開催されたんですが

その際に、招待歌手でDJ.DOGが来たんです。

 

 

DJ.DOGって結構長いグループなんですが

私が韓国に来た頃はよくテレビにも出ていましたが

ほとんど、ライブ中心なのかなって感じです。

 

 

DJ.DOGのライブは飲酒OKだって

何処かで聞いたことがありました。

 

 

結構危ない歌も歌っているんじゃないかなって思って

何を歌うんだろうと思ったら

テレビに出ていた頃に流行った歌を歌ってくれて

“あ~、知ってる~”

と一緒に歌っていました。

 

 

特にDJ.DOGとダンスを、という歌は

歌詞が面白かったので覚えて歌っていたんですよね。

 

 

それを家でポソッと歌っていたら

下の娘が一緒に歌いだしました。

 

 

下の娘は無限挑戦などで

丁度、私が歌を覚えた時期の歌を結構知るようになって

知っている歌が重なるようになったんです。

 

 

で、下の娘に

“お母さん、今度、会社の忘年会で

 カラオケで歌を歌わないといけないんだよね~。

 なんにしようか~。

 DJ.DOGの歌とかどうかな~”

と言ったら、下の娘は自分は知っているにも関わらず

“古すぎて他の人はわからないんじゃないだろうか”

というんです。

 

 

でも、最近の曲は、流石に私もあまり知らないし

結構難しい歌が多いので

“じゃあ、お母さんの十八番のキムコンモの

 잘 못된 만남にしようか~”

というと

“なんで、十八番を歌うの?”

と言うんです。

 

 

そこで私が

“え、だって。

 日本人なのに、こんなに早い歌が歌えるんだ~って

 びっくりしてもらいたいから”

(ほとんど、その理由のためだけにこの歌は歌います)

というと

“お母さんは、すでにすごすぎです”

と言われました。

 

 

どこが?と聞き返すと

“こんなに韓国語ペラペラな外国人はいない”

とのことでした。

 

 

うーん。

 

 

結構いるよ~、知らないだけだよ、

と思ってしまいますが、

まあ、娘に褒めてもらうのは嬉しいです。^^

 

 

しかし娘よ。

 

“その場の雰囲気に合わせて~、

 トロット(韓国演歌)とか歌ったら?”

って、

娘にとって会社のイメージって

ミセンみたいなかたーいイメージがあるんでしょうかね~。

 

 

全然小規模なので

そういう固い雰囲気みたいな感じは

無いんですけどね。

 

 

さて、当日。

 

 

実は予定がブッキングしてしまい、

カラオケにはいけませんでした~。

 

 

っていうか、

私が抜けたあともカラオケには

行かなかったんだそうです。wwww

 

 

良かった、かえって私がいたら

みんな行きたくもないカラオケに

付き合う羽目になっていたのかも?!

 

 

せっかく練習したので

別の機会に歌ってみたいと思います。^^

AD

昔取った杵柄

テーマ:

昔取った杵柄って語源は何なんだろう?

 

と思いながら、題名に使ってみました。

 

高校生の時、漫画研究部に所属していて、

年に一回、文化祭に合わせて、

個人個人のオリジナル漫画を描くことになっていました。

 

ページ数は決まっていなくて

内容も好き勝手。

 

誰もチェックも何も入れない

本当に自分で描きたいものを描く、

という感じでした。

 

 

惜しいことながら、

その印刷本はなくしてしまったんですが、

自分が描いた原稿だけは

未だに持ち歩いているんです。w

 

 

 

 

これは高校二年の時に描いたものだったと思います。

 

この時代、まだ紙だったんで

トーンを使ったりしていましたね~。

 

このトーン、一枚一枚がまた貴重で

惜しみながら使っていました。

 

たくさん使うものは安いものを使ったりw

 

カケアミって言うんでしたっけ?

 

細い丸ペンで格子のように模様をつけていくのが私は得意で

かなりそれを使いまわしていたんですが

そのために、めっちゃ一枚に時間がかかっていました。

 

授業中とかにもしょこしょこ描いていたような思い出があります。w

 

 

この時の思い出があるので

今の仕事で自然の風景や木を描かないといけない時、

漫画のほうが(白黒)楽なのに~、と思ってしまいます。

 

 

だって、高校生が独学でそれなりに見えるものが描けたのだから

ちょっと頑張ればそれなりに描けるんじゃないかなって思うんですよね。

 

 

でも、それをアニメ業界の先輩に言ったら

“漫画(白黒)のほうが大変よ~”

と言われました。

 

 

うーん、まあ、昔のプロの漫画家さんレベルを求められたら

たしかに難しいと思うけど・・・。

(あしべゆうほさんとか)

 

 

ちなみにアニメでは未だに

自然のものをうまく描けません。

 

 

あ、そうそう。

 

上の原稿は実は普通の漫画原稿用紙の半分の大きさなんです。

 

本物の漫画原稿用紙だとでかすぎるし、

今みたいに線が書いてあるものって

簡単に手が入る時代でもなかったんですよね。

 

 

ま、学生なので経費削減のために

A1を買って、切ってもらう、というのが主流でした。

(たしか)

 

 

だから自分で色鉛筆の青で線を引いたりして。

 

 

一度悲しかったのが、

高校1年のときの一番最初の作品で

10ページ位の漫画を描いたんですが、

印刷屋さんにサイズが違うから描き直せって言われて

ぜーんぶ、描き直さなくちゃいけなかったんですよね。

 

 

絵が安定していない時期で

また描くのかぁという思いもあったからか

絵が変なふうに崩れてしまって

悲しかったです。

 

 

ちなみに私はプロットとか描けなくて

原稿に直に下絵を描いていき、

そのままペン入れをしていました。

 

それでも、なんとなく場面場面の見せ場を作れたので

真剣にやってたら、個人のWEB漫画くらいは

描けるようになっていたかも。

 

 

でも、その時、周りの友達のほうがとっても上手で

しかもとっても個性的な絵が描ける子がたくさんいて

それで自信を無くし、

小説でも書こうかとやってみたものの

小説はもっと難しかった、と。

 

 

ずっと何か書きたいという欲求を抱えていて

出会ったのがこのブログで

本当にすっごく好きなんです、ブログ。w

 

 

絵はなんの因果か今は仕事になってしまいましたが

やっぱり絵は向いてないです~。

 

AD

私のうちは、埼玉県の住宅街にあるんですが

小さい頃は、近所に畑を借りて

家で食べる野菜などをそこで育てていました。

 

 

そのせいか、野菜を育てたいなぁという思いはいつもあり、

さらに、韓国にはない日本の野菜、

さやえんどうを育ててみたかったんです~。

 

 

種を日本から持ってきて

早速プランターで育ててみました。

 

 

一回目は早く植えすぎて、

寒さにやられてしまい、

二度目は3月の温かくなった頃に

試してみたところ、

今回は収穫までできました~。

 

 

といっても、ちょこちょこっとなので

満足に食べれるほどではなかったですけどね。

 

 

IMG_20160729_163411960.jpg

 

このさやえんどうの触感が大好きなんですよ~~~。

 

混ぜ寿司の上に飾ったり、

ベーコンと一緒に塩コショウで炒めたり、

はたまたおみそ汁に入れたりと

どんな風に食べてもおいしい~。

 

 

次は枝豆を植えてみましたが

うんともすんとも芽が生えてこないです~~~。

 

 

豪雨にやられて、心なしか土が硬くなってしまった感じもして

掘り返すべきかどうか、

悩むところです~。

 

AD