被告人

テーマ:

旦那がはまっていたドラマを
ある程度、回数がたまるまで待ってから
見てみました。
 
 
私は三日くらいで全部見てしまったんですが、
旦那はぬあんと、7回くらいまでしか見てないらしい。
 
 
まあ、普段、旦那は寝ている時間にやっているので
見たいものの、体力が続かなかった模様。
 

 


 
~ここからネタバレあり~
 
 
例によって例のごとく、
飛ばし飛ばし見るので
今一つ、わからない部分もありながら
見続けていました。
 
 
第一回は途中まで
“つまらなそ~。
 見るのやめようかな”
と思ったくらい、平凡な展開でした。
 
 
その後の地獄を浮き彫りにするための演出だったんでしょうね。
 
 
 
それにしても、検察の調査がいい加減すぎますよね。
 
 
容疑者と容疑者の家族と一番親しい検事に
事件にかかわることを許してしまうだなんて。
 
 
ものの見事に自分に不利な証拠は抹消しているし。
 
 
その理由が
誰かが言った
“事件発生前後にこの家に出入りした人物が
 犯人に違いない”
という言葉に焦って、というのが
さらにさらに検察側の落ち度を認めているようなもの。
 
 
そんな単純なことで犯人特定したら駄目でしょう。
 
 
ど田舎の一軒家じゃあるまいし。
 
 
事件が起きた場所でさらに都心なら、
入れ代わり立ち代わり
人が出入りしている可能性は大きいわけで。
 
 
出入りしていた、というだけでは
決定的な証拠にはならない。
状況証拠にしかならないわけですから。
 
 
ここいら辺から、友人の検事さんは
道を誤ったというか・・・。
 
 
いつものように仕事をしながら聞いていたので
最初のころ、友人の検事さんと妻の弟の区別がつかなかった私w
 
 
妻の弟が友人の検事さんだと思っていて、
“どうして友人の子供をあんなに必死に探すのかな?
 え?もしかして自分の子?”
とかあらぬ疑いをかけてしまいました。><
 
 
ジソン演じる死刑囚が
なぜ記憶喪失になるのか、

それもくり返しに、というのも
よくわからない設定ですが。
 
 
それほどショックだったということと
物語を面白くするための設定だろうな、
とは思いつつ、
この設定は必要だったんだろうか?とも思う。
 
 
そして真犯人のミノ。
 
 
この人もよくわかりません。
 
次から次へと人を殺していきますが、
危ないなと思ったらやめとけよっみたいな。
 
絶対ばれない自信がどこから湧いてくるのか。
 
 
そして不利な証拠を持っている人物を

毎回、トラックでひき殺すって
ありえなさすぎだし・・・。
 
 
ひき逃げ、そんなに捕まらないものですか?
 
あんなに目立つトラックで?
 
 
脱獄シーンも時間取りすぎ。
 
 
これと言って物語を膨らませる要素もないからか
変なところに時間をとって作られていますよね~。
 
 
もっと、ちゃっちゃと進まないのかね。
 
 
15回くらいの映像を見ていた私に
7回までしか見ていない旦那が
“あ、娘、見つかったんだ。9回くらい?”
と言っていたくらい、
娘もさっさと見つけろよ~、みたいな。
 
 
犯人がわかっているゆえに
このもどかしさと言ったら、ないですね。
 
 
ミノも所々で自分の本名でサインしちゃったりとか
うっかりをよくしている割には
妙なところで緻密でばれなかったり。
 
 
ミノはもともといい人だったのかなぁ。
 
彼女をお兄さんに取られるまでは。
 
 
子供も自分の子らしいし、
お兄さんは堂々と浮気していたんだから
表向きはお兄さんと結婚することにして
自分たちは自分たちで会っていれば良かったのでは?
 
 
恋愛の挫折から人生狂って人を殺しまくりって
ちょっと極端すぎる設定ですよね。
 
 
彼女をとられるまでは
普通に親に認められた息子だったみたいだし。
 
 
少年時代から兄に引け目を感じていて不良だった、
というならまだわかるんですが。
 
 
奥さんもな~。
 
 
息子に会社を継がせるため、
誰が父親か黙っていた、ということで
自分の夫を殺した元恋人と並んで立っていられるっていうのは
かなりの肝っ玉ですよね。
 
 

ミノが捕まった時、

奥さん、そのまま出国しちゃったけど、
犯罪者隠匿の罪にならないんですか?普通。
 
 
ジソンが演じる検事も
かなり無茶な捜査の仕方をしていますが、
ドラマとはいえ、ちょっと強引すぎるだろ~。
(ミノの手下を捕まえて、土に埋めて尋問しちゃうとか)
 


ミノはジソンがミノとして捕まえようとしているのを知って

精神科にかかってましたが、

結局裏工作として先生を承認として使うわけでもなく、

治療を受けていたという履歴を証拠に出すわけでもなく、

一体何の伏線かと思ったら、

お父さんに足を掴まれたことへのトラウマは

本当にあったんだということでしたね。


これも何気ーに本編としてはスルーされた感じで。

何のためのネタだったんだ?と突っ込みたい。

 
兎にも角にも全体的に設定が一昔前って感じで
(賄賂とかありすぎ。最後の判事まで。
 検察庁の中で殺人とか、あり得ないし。)
いろいろ突っ込みどころ満載のドラマでした。
 
 
いや、なんにせよ、物語が引っ張りすぎ~。
 
 
牢屋の仲間たちも、仲良すぎ~。
 

AD

トッケビ~終わり~

テーマ:

そういえば、トッケビが終わりましたね。

 

 

私は最終回間近の数回を見ずに

日本に行ったのですが、

後から日本にやってきた姉が

ネタバレ、するする。

 

 

ちょっと~、私はまだ見てないんだから><

 

 

もちろん、途中で阻止しました。

 

 

~ここからネタバレあり~

 

 

14回だったかな?

 

 

トッケビが死んじゃうっていうか

消えちゃうシーンがあり、

次の日、どうなるんだろう?

と、ネット動画を探したら、

あれ?なぜかスペシャル。

 

 

ん?

 

なんか後味悪いけど、

トッケビが消えちゃって終わりだったの?

 

といろいろ検索していたら、

CGの処理が間に合わなくて

総集編を入れたんだとか。

 

 

こういうことって、私は初めて経験するんですが、

時々、あるらしいですね。

 

 

あ、俳優さんが体調崩して

ちょっとお休みっていうのは

何回か見たような気がするんですが。

 

 

撮影、編集が間に合わなくて総集編とか、

日本のテレビ番組かよ、

と思ってしまいました。^^

 

 

いや、前に上の兄が

“日本はすぐに総集編とか入れるから

 なかなか話が進まないんだよ”

って、言っていたので。

 

 

それはさておき。

 

 

スペシャルでは秘書兼代理社長のジョウジンさんが

MCをされているんですが、

この人の声、マジ、好き!

 

 

これでもうちょっとスター性があったら

めちゃくちゃ売れていたと思います~。

 

 

スペシャルの次の回も

数日してからネット動画で見たんですが、

途中まで見て、

“ほんっと、ご都合主義で作っているな、このドラマ”

と思って、見る気がしなかったんですが。

(ゆえに見ないまま日本へ)

 

 

韓国に帰って来てから

しばらく放っておいて、

でも、とりあえず、結末だけは見るか、

と、見始めました。

 

 

例によって例のごとく、

やっぱり内容がよくわからない…。

 

 

私が真剣に見ていないせいもありますが

 (仕事をしながら動画を流す)

なんでトッケビは舞い戻ってきたんですかね?

 

 

結局、罰続行?

 

 

そして記憶をなくしている彼女に

ストーカーごときのまとわりつき方><

 

 

いや、もうちょっとスマートに接近しましょうよ。

 

 

記憶を取り戻した(?)彼女が

トッケビが消えた時の後遺症で

ちょっと精神的なダメージを受けているようなシーンもあるんですが、

それについても、深く触れないまま…。

 

 

もう一回ちゃんと見るべきだよなぁと思うんですが

あまり見る気になれないという…。

 

 

まあ、めちゃくちゃ人気はありましたよね。

 

 

OSTもとっても心に染み入る感じで

どの曲も大好きです。

 

 

ろうそくを消すと、

ぱっと現れるっていうのは

なかなか新しい発想だな~と思いました。

 

 

そのパロディが結構あちこちで使われていますね。

 

 

あと、詩の文句が有名になりましたね。

 

 

날이 좋아서, 날이 좋지 않아서, 날이 적당해서.

모든 날이 좋았다

 

(日が良くて、日が良くなくて、日がそれなりで

 すべての日が良かった)

 

このあと、あちこちでこれを引用していました。^^;;

 

 

娘の卒業式でも( ´艸`)

 

 

ま、嫉妬の化身より、ずーーっとよかったので

この作家さんがまたドラマを書いたら、

“もー、ご都合主義なんだから~”

と言いながら、見てしまいそうです。

 

 

あと、主人公の女優さん、

本当に可愛かったです。

 

彼女じゃなかったら

見なかったかも。

 

 

コンユも素敵でしたが、

私はやっぱりキム秘書~~~‼!

 

 

あ、それからアルバイト先の社長、

ユインナも好きでした~。

 

ユインナさん、本当に演技がピリッとしていて、

良いですよね~。

 

 

ま、とりあえず、

ジョウジンさん、これからチェックです!(。+・`ω・´)キリッ

AD

トッケビ~謎解き~

テーマ:

ドラマ、トッケビの色々気になる部分を

“姪っ子ヘループ!”

を使いました。w

 

 

いや、上の娘もドラマを見ていることは見ているんですが

色々忙しいとか言って

私が見ている速度より遅いので

気になることがあっても

娘に聞けないんですよね~。

 

 

で、姪っ子なら見ているだろうと思って

姪っ子にカトクをしてみたら

ぬあんと、すぐさま、電話が来ました。w

 

 

~ネタバレあり~

 

 

この間、思い出せなかった気になっていた部分、

思い出しました。

 

喫茶店にトッケビとヒロインがいる時に

トッケビがある男女をわざとぶつけ合うんですが、

その理由が

“この二人に騙されているもう二人を救うため”

とは言っていたんですが、

私には喫茶店にいる二人が悪い方なのか、

それともこの二人を待っているそれぞれの恋人たちの方が

悪いのか、

わからなかったんですよ~。

 

 

姪っ子の話では

“これもわからなかったら、

 このドラマ、めちゃくちゃわからないことだらけじゃないの~?”

と言っていましたが、

ほんっとそうなのよ~~~!!!

 

 

上の二人の話は

喫茶店にいた二人の方が悪い人で

その人たちに騙されているいい人たちを救うために

悪い二人をわざとくっつけて、

いい人と別れるようにして、

さらにくっついた二人はどのみち喧嘩別れするだろう、

ということだったらしいです。

 

 

で、なんでこのドラマは

色々つじつまが合わないのかと思ったら、

作家が太陽の後裔のドラマと同じ作家らしく、

見ている人たちも

“辻褄、あわね~”

と思いつつ、

“まあ、あの作家じゃ仕方ないか”

とあきらめているんだそうです~~~。

 

 

キャラクターが個性的で

つじつまが合わないことを除いたら(ドラマ、それでいいのか⁈)

それなりに面白いドラマなので

視聴者はみんな、そのまま受け入れているんだとか。

 

 

おい~~~。

 

 

それからしばらく姪っ子と二人で

これはどうなってるんだ、

いや、そのネタも放置状態~、とか

色々二人で突っ込み合いつつ、

ま、色々気になるけど、

面白いので見続けるしかないよねT T

ということになりました。

 

 

あー、消化不良~~~~。

AD