銀河英雄伝説

テーマ:

この間デルフィニア戦記の話を書いていたら

銀河英雄伝説の話になったので

銀河英雄伝説の記事を書いてみたいと思います。

 


 

 

 

銀河英雄伝説はたぶん

私が高校生の時に流行っていたのかもしれませんが、

その時、全部をきちんと見れたわけではなかったんですよね。

 

 

アニメを全部見たのは、

最近、というか、

それでもネットが家でつかえるようになったくらいだから

10年位前になるでしょうかね。

 

 

You tubeでさがして、

ようやく全話を見ました。

 

ネットで見たので、良くわからなところとかは

検索しながら見たり、

でも難しい話はよくわからないので

大体の話の流れと登場人物たちの生い立ちとか

そういうのにちょっと興味がありました。

 

 

一番好きなのは

やっぱり何と言ってもヤン・ウェンリー。

 

 

 

このヤンっていう名前の響きも

また好きなんですよね~。

 

 

声優さんも大好きでした!!

 

 

ねずみ男もされていたと知った時は

ちょっとショックでしたが・・・。

 

 

フェザーンの存在とか、地球教とか

そこいらへんがちょっとよくわからなかったです。

 

 

宇宙的な話もよくわからなくて

回廊以外は通れないとか、

銀河を抜けたらそういうこともあるんですかね?

 

 

常勝のラインハルトに対し、

不敗のヤン・ウェンリー。

 

 

二人の性格を非常にわかりやすく表現してあるな、

と思います。

 

 

ただ、田中芳樹さんの作品って

結局、どうしようもない政治家がいて、

あんまりやる気はないけど、

自分の生活を守るためにやむを得ず政治家と対立する、

あー、まったくどうしようもない世の中だよな~っていうのが

どの作品にも現れていて、

一度くらいなら良いんですが

こう、毎回出てくると

ちょっと嫌になりますね。

 

 

そのへんはやっぱり十二国記の方が

国の特徴、王の特徴、

その国なかで起こるいざこざ、

共通的な価値観みたいな、

そういうのがすごくしっくりしていてすごいなぁと思います。

 

 

そんな感じなので

田中芳樹さんの作品は三作くらい読んだんですが

それ以上は、もう、良いかなって感じで

読もうと思えません。

 

 

登場人物や舞台は変わるかもしれないけど、

根底に流れている思想っていうか

そういうのはまた同じだろうなって思っちゃうんですよね。

 

 

物語の内容に戻りまして。

 

 

イゼルローン要塞の二度の奪回。

 

あれはすごいなぁと思いました。

 

まあ、小説家が自分で作った設定の穴を

自分で逆利用したと言うだけなんですけどね。^^;;

 

 

あと、キルヒアイスが突破したなんとかの首飾り。

 

 

その後、同盟の星を守っていた首飾りも

他の方法でだめにしましたよね。

 

 

この時はミッターマイヤーだったっけな。

 

 

ミッターマイヤーの親友、

碧眼のロイエンタールは

嵌められたとはいえ、

その余りある頭脳を使って

自分の無実を晴らしてもらいたかったなぁ。

 

 

なんでそのまま悪役に回ってしまったんだか。

 

 

最後にお酒をついで

ミッターマイヤーを迎えるところが切なかったです。

 

 

ミッターマイヤーが到着する前に果てると直感した

ロイエンタールが

“疾風のウォルフの異名がすたるぞ”

とか言って死んじゃうのがなんとも言えなかったです。

 

 

 

ヤンと帝国のこの面々が

新しい世界を作っていったらどれほど頼もしかったか。

 

 

キルヒアイスがいたら、随分違っていたんでしょうかね~。

 

 

まあ、このかっこいいロイエンタールの声優さんが

音速丸をされていたのを見た時も

ちょっとショックでしたが・・・。

 

 

 

(若松さんのいたずらアドリブ)

 

FFの何作目だったかな。

 

 

そこでも登場されて。

 

 

ゲームをやりながら

“お~~~~!!!!”

と大興奮してしまいました。w

 

 

そしてデルフィニア戦記のコメントでも書いた

イゼルローンの諸星あたること、

ポプラン。

 

 

ファンたちがつけたあだ名から

声優さんを古川さんにしたというあたりが

もう、アニメを作っている人たちの遊び心が満載で

すごいですよね。

 

 

 

これってTVシリーズじゃなくてOVAだったから

結構じっくり作れたんじゃないかなぁと思います。

 

 

声優陣も豪華で。

 

 

Wikiによると録音の日には

声優さん達の集まりがあるのかと誤解されたほどで

銀河声優伝説とかいう

超言い得て妙な伝説までできちゃったのが

すごいよなぁと思います。

 

 

今はこんなに沢山の有名声優さんを集めること自体

難しいんじゃないかなぁ。

 

 

物語自体は後世の歴史家の見解で語られるため、

ヤン・ウェンリーの功績については賛否両論。

 

彼がいなかったらラインハルトが早く銀河を統一していて

無駄な血が流れなかっただろう、とか。

 

 

ここいらへんが田中さんらしく、

英雄を英雄で終わらせてくれない。

 

 

そうでなくてもヤン・ウェンリーは生前、

敗戦をごまかすための英雄として

政治的にかなり利用されていたところがあるので

更に皮肉っているんですよね~。

 

 

私に言わせれば、そこまで皮肉る必要があるのか!

と思ってしまいます。^^;;

 

 

結局、銀河英雄伝説の物語は

ラインハルトの死で幕をとじてしまい、

その後ミッターマイヤーがどうやって行くのかとか

ユリアンがどうしたのかは全くわからない。

 

 

そういえば、ユリアン。

 

 

小説ではどう登場するのかわからないですが、

私はアニメよりも漫画のユリアンが好きです。

 

 

特に、ヤンのところに初めて引き取られた時とか。

 

 

超ばかうけしました。w

 

 

銀河英雄伝説の小説は全く読んでいないので

一度、読んでみようかなぁと思いつつ、

宇宙暦何年・・・とかいうナレーションとか

ちょっとうざったいなぁと思うので

やっぱり読まないかもなぁ。

 

 

日本にいたら、図書館っていう手もあるんですけどね。

 

AD

先日、私がメンバーに入っている

ある多文化グループから

50人位のカトクパンで

メッセージが送られてきたんです。

 

 

その多文化グループからは

初めてもらったメッセージだったんですが、

代表の人が送ってきたというのだけはわかったものの、

挨拶言葉もなく、いきなり連絡事項が書いてありました。

 

 

そうしたら、すぐに見知らぬ人の名前で返信が。

 

 

しかも、

“お前、誰だっ!”

“スパムか!”

ときて、

しまいに

“ここのメンバー、スクショして

警察に通報するぞ!”

とまで書いてきたんです。

 

 

ひ~~~。

 

 

そうしたら、メンバーのうちの誰かが

“あ、メンバーの○○さんの電話番号が

変わっているみたい”

と、

それも何故か日本語で。

(最初のメッセージと返信は韓国語でした)

 

 

ひ~~~。

 

 

更に怪しい雰囲気満載!!!

 

 

日本語で書いたメンバーは

よく知っている人だったので

個人カトクで

“あそこに日本語で書くのはまずいよっ”

と連絡し、

電話番号が変わったメンバーを何人か知っているようだったので

代表の人に個人カトクで連絡を入れてもらうようにしました。

 

 

しばらく、代表の人のフォローがあるだろうと

待っていたんですが

うんともすんともフォローがなく、

しかも、5分後に再び連絡事項のみ続投!

 

 

え~~~~!!!

 

 

今度はまた別の人が

“なんなんだよっ!誰だよっ!”(韓国語)

と書いてきたので

流石にフォローを入れました。

 

 

“申し訳ありません。

知っている番号が変わってしまったようです。

ここは多文化のグループです。

お手数をおかけいたしますが

カトクパンから外れてくだされば結構です”(韓国語)

と思いつく限りの丁寧な言葉づかいであげました。

 

 

すると、一人、二人と抜けていきました。

 

 

も~~~。

 

 

事前に確認はもちろん、

確認ができなかったら

せめてフォローをしようよぅ。

 

 

こういうの、ネットに慣れていない人って

どれだけ他人が謎のメッセージを嫌うのかとか

よく知らないんだよね~。

 

 

もともとある団体カトクパンだったら良いけど、

自分が作る団体カトクパンは

メンバー全員の了承を得て作るべきだと

私は思います~。

 

 

私も以前、あまり関係のないカトクパンに招待されて

居心地が悪くて、

代表の人に言って抜けさせてもらいました。

 

 

カトクパンって便利だけど、

嫌な人とかもいるので

お互いに気をつけたいと思います~。

AD

高校受験!

テーマ:

下の娘の高校進学が決まりました。

 

 

二週間くらい前から

各高校の学生たちが

自分たちの学校の紹介をしに中学校をまわるんですが

それを聞いて、いきなり、

“私、調理科に行く!”

と言い出したんです。

 

 

もともと、料理を作るのが好きな方なので

(ただし、後片付けはしない)

頭も良いほうじゃないし、

好きなものをやったら良いんじゃない~?と

そのまま応援していました。

 

 

最初に推薦入試みたいなものがあって、

願書を出して面接を受けたんですが、

三日後に、不合格の通知が。

 

 

合否は学校のHPで確認できるらしく

担任の先生が確認してくださり、

各学生の保護者にムンチャで連絡をくださいました。

 

 

先生なりの心遣いで

“○○高校志望生は

一人を覗いて全員不合格でした”

とお知らせをくださいました。

 

 

娘の話では

実業高校を受験したのは44人で

そのうちの22人が合格、

22人が不合格だったらしく、

中でも娘が選んだ高校は

競争率が高かったようです。

 

 

ということで、

一般受験も可能だったんですが、

同じ高校の同じ学科は難しいんじゃないかということで

同じ高校の違う学科、

ぬあんと、観光学科というのを選びました。

 

 

つまり、カジノとかの接客中心の学科で、

カクテルの作り方とか習うんだそうです。^^;;

 

 

未成年だけど、良いのか?

良いのか?

 

 

あ、でも娘の手振りはカクテル作りだったけど、

もしかしたら、サイコロの振り方だったのかな??

 

 

よくわかりませんが。

 

 

こちらを一般受験で応募したんですが、

可能性がない場合は他の学校を選ぶようにと

すぐに返事が来るそうで、

娘は一応、一次通過、

次に面接があるようです。

 

 

でも、調理科に行きたかったのに

畑違いだけど良いの?と言うと、

途中で科を変えられるかもしれないとか、

大学じゃあるまいし、そんなこと可能なのかわかりませんが、

まあ、小さい頃から現金が行き来するのが好きな子だったので

(ガソリンスタンドの前の交差点で止まると、

ガソリンスタンドでお客さんがお金を払うのを見て

これはもうかる!とか言っていたり)

カジノとか、合ってるかも。

 

 

もし、これに落ちたとしても

一般高校に振り分けられるだけなので

自主辞退しない限りは

韓国は自動的に高校に行けます。

 

 

だからこそ、大学受験が初めての受験って感じで

熾烈な戦いになっちゃうんでしょうね~。

AD