先日。

 

 

前の会社の同僚の子に

うちにある児童書を上げようと

持っていったんです。

 

 

実は前から上げようと思っていて

本当は旦那のトラックで一気に運ぶつもりではあったんですが

時間が取れず、いけないまま

旦那がトラックを貸してくれた会社を

クビになってしまったので

トラックが使えなくなってしまったんです。

 

 

ということで、人力で運ぼうと思ったんですが

ちょこちょこ持って行っても

本って重たいので

ショッピングカートに載せて

一気に50冊くらい?持って行ったんです。

 

 

韓国の本って、異様に重たくて

(ハードカバーが主流)

それだけでもかなりの重さに。

 

 

二つの大きなカバンに入れて

ショッピングカートに乗せ、

いざ出発!

 

 

エスカレーターもちょっと怖いので

なるべくエレベーターで移動しながら

元同僚の子が住んでいる最寄りの駅に到着しました。

 

 

が!

 

ぬあんと、私が下りたホームに

エスカレーターもエレベーターもなかったんです!

 

 

でも、もしかして、と

後ろの方に乗っていたので

前の方へと移動してみたんですが、

それでもない!

 

 

がーーーーん。

 

 

これで階段上れってかー!

 

 

仕方がないのでショッピングカートのゴムをとり、

二つに分けたカバンを

一つずつ、階段の中間の踊り場まで

運んでいました。

 

 

チビでいかにも力のなさそうな私が

えっちらおっちら運んでいるので

通りゆく人たちが

“重そう~”

と言いながら通っていきました。

 

 

ここで、持ってあげようか、

なんて言われた方が恥ずかしい感じがしたので

早く、階段を上がりきらなければっ

と焦りつつも

上がってくる息が半端ない!

 

 

二度ほど往復して、

今度はカートを持ってこようと降りた時、

上から

“これ、上にあげるの?”

と声をかけられました。

 

 

見上げてみると、

アジュンマかアジョシか

ちょっと性別の区別がつきにくい方が

鞄の紐をもって私の方を向いていました。

 

 

私が

“え、えっと、そうなんですけど。

 重いのでいいですよ。

 おいておいてください”

と言ったんですが

その人は

“わかったわ!”

と言って、

ぬあんと、両手に一つずつ

本の入った重たい鞄をもって

ものすごい勢いで上がっていくじゃないですか!

 

 

いや、確かに私は非力だけど、

片手に一つずつ持てるような重さじゃないよっ!

 

 

慌ててカートを持って階段を

できるだけ早いスピードで駆け上がり、

その人に追いつこうとしたんですが、

“これ、改札までもっていくわよ”

と離れていた改札までもっていってくれました。

(この時点でようやくアジュンマだとわかりました)

 

 

いやいやいや。

 

 

ここからカートに乗せればいいんですけどっ!

 

 

ものも言わせず、改札の方へ持っていかれ、

改札の外まで運んでくれました。

 

 

そして今度は

“何番出口にでるの?”

と聞かれたんです。

 

 

というのは、出口によってエレベーターがない場合があって、

幸い、私が行こうとしていた出口は

エレベーターがあるので

“あ、2番なんで、大丈夫です”

というと、

ようやく安心されて、

“2番はこっちよ”

と2番出口の方まで案内してくれました。

 

 

じーつーは。

 

 

本来、ここからまた別のところに行く予定で、

改札を出ないで本を渡そうと思っていたんですが

半強制的に改札を出てしまったため、

出口に向かうしかありませんでした。

 

 

今思えば、ここで待ち合わせているんです、

と言えばよかったかもっ?

 

 

でも、この時は

地上までの長い階段を

鞄をもって上がっちゃいそうな勢いだったので

それを止めるのに必死でした^^;;

 

 

まあね、ここまできたら、と思い、

ダンキンドーナツで待ち合わせをして

ちょっとおしゃべりができてよかったです。

 

 

元同僚の子はカートが壊れてしまったということで

スーツケースを持ってきてもらって

それに入れて持って帰りました^^

AD

知り合いなん?

先日、通勤するのにバスに乗っていた時の話です。

 

 

私の家の前に来るバスは

前にも話しましたが

仁川地下鉄2号線開通とともに

バスの本数が激減されてしまい、

30分に一台出発するという風になってしまったんです。

 

 

なので、家でバスの来る頃まで待機してから

バス停に行くんですが…。

 

 

この日も、忘れ物を一つして

一旦家に帰るかどうか、すごく迷ったんですが

これを逃したら完全に大遅刻になるので

(すでに出勤時間には少し遅れていた。

 フリーなので時間を守らなくてもいいのですが…)

そのままバスに乗り込みました。

 

 

結局バスは思ったよりもゆっくり来たので

時間的には忘れ物、取りにも行けたんですけどね・・・。

 

 

そんな小さな後悔を後に

停留所を一つ、二つ過ぎたところで

バスの運ちゃんが

“どうしてそんなところで待ってるんだ!

 バス停で待ってないとダメじゃないか”

と停留所をちょこっと過ぎたあたりで手を挙げてバスを止めた人に

ドアを開けながら怒りだしたんです。

 

 

なんだろう?

と思って入り口を見てみたら

ぬあんと知り合いの韓国人アジュンマでした。

 

 

手を挙げて挨拶をすると

私の前の空席に座られ、

“いや~、参ったよ~”

と話し始めたんです。

 

 

実はこのアジュンマ。

 

もう一つ手前の停留所から乗ることが多いので

この停留所から乗ること自体、ちょっと不思議だったんですね。

 

 

訳を聞いてみたら、

バスを待っていたんだけれどなかなか来ないから

ちょっと離れたバス停まで行って

そこに停まるほかのバスを待とうと思ったところ、

そのバスがバス停に着く前に通り過ぎてしまったんだそうです。

 

 

なので仕方なく、もともと乗るバスが停まる停留所まで

戻って来たそうなんですね。

 

 

このアジュンマとはよく通勤時間に会うので

1号線の駅に行くためにバスに乗っているのを知っていたので

バス停を行ったり来たりするくらいなら

仁川2号線の駅に行って

そこから1号線の駅に行ったらいいですよ~、

とアドバイスしたんです。

 

 

アジュンマ曰く、

仁川2号線が1号線に乗り換えできると知らなかったらしくて

乗り換えができるなら仁川2号線の方が良いよね、

という話でまとまったんです。

 

 

そんなこんな話をしていたら

バスの運ちゃんが突然話しかけてきたんです。

 

 

“え?え?

 そこの二人”

と。

 

 

?と思って

“なんですか?”

とアジュンマと一緒に聞き返したら

バスの運ちゃんが

“そこの二人、知り合いなの?”

と聞いてきたんです。

 

 

は?と思っていると

“いや~、めちゃくちゃ親しそうに話しているから。

 突然仲良くなったのかとびっくりした”

というのです。

 

 

たぶん、こういうことだと思います。

 

 

最近、バスがなかなか来ないことで

同じバス停で待っているアジュンマ、ハルモニたちによって

文句ごうごうの即席井戸端会議がよく始まるんです。

 

 

そのままの勢いでバスに乗り込み

バスの中でもバスの運ちゃんに文句を言いながら

井戸端会議が続くことがあるんですね。

 

 

今回の私たちの場合、

1.私が若く見えるため、歳の差が感じられる二人。

 (きれいだからとかではなく、年相応に見られないだけです)

 実際は10歳も離れてないと思うんですが…

2.別のバス停で乗り込んできた=ご近所さんとは考えにくいし

 即席井戸端会議が起こりにくい状況

 

なのに、バス停で待っている人たちみたいな話を

私たちが突然始めたのが

ちょ~~~不思議だったようです。

 

 

ちょっとの疑問も確認せずにはいられない運転手さん、

笑えましたw

AD

久しぶりに

久しぶりに干渉大好き韓国人に出会いました。


それは出勤途中の駅のホームでした。


急行の電車に乗っていたんですが
乗り換えの駅が鈍行の電車しか止まらないため
手前の駅で降りて
鈍行の電車を待っていたんです。


最近電車に乗っているときは
大体、フレンズポップ
というゲームをやっているのですが
この時も、鈍行の電車を待ちながら
フレンズポップをやっていたんです。


そうしたら、おもむろに初老の男性が近づいてきて、
“それ、なに?”
と聞いてこられたんです。


な、何って
“えーと、パズルゲームです”
“へ~、面白いの?”
“ええ、まあ”
“最近、それやっている人、多いよね”
“そうですね。流行ってますね”
とまあ、ここまでは良いとして、


“どこに行くの?”
“え、会社です”
“結婚した?”
“え、ええ”
“お子さんは”
“いますが・・・”
“(私が童顔で若く見えてしまうので)
 ええ!!!子供を置いて会社に行ってるの?”
“あ、えと、もう大きいので”
“旦那さんはなにしてるの?”
“え?家の近くで働いています・・・”
とまあ、久々の質問攻め。


っていうか、
初対面だってばっ!

しかも、いきあたりばったりの
二度と会わない人なのに~。


その後、電車が来たので
男性は老弱者席へ行かれ、
私はすぐに降りるのでドアのそばに立ち、
会話は終了~。


な、なんだったんだ?
AD