娘の卒業式

テーマ:

韓国の卒業式は2月で

在校生はあまり参加せず、

卒業生と先生方、保護者で卒業式を行います。

 

 

いつも書きますように、

正装で行く必要はなく、

家族も両親はもちろん、兄弟、

おじいちゃんおばあちゃん、

時には親戚の人までやってきます。

 

 

花束は必須で

今回は花屋で買おうと思ったんですが

前日に息子の卒業式に行った姉が

“校門の前で売っている花束が一番安いよ”

というので、校門で買うことにしたんです。

 

 

ところが、仕事場から抜けてくる旦那から電話があり、

仕事場近くの卸売りの花屋さんで

花束を買ってこようかと提案されました。

 

 

一応、姉の話をしたんですが

“じゃあ、花屋で同じ値段であるか聞いてみる”

と、それ以上高かったら校門で買う、

ということにしたんです。

 

 

結局、旦那は花束を買ってきたんですが

花屋さんで

“2万ウォンの花束ありますか?”

と聞いたら、

“3万ウォンのしか作っていない”

と言われたらしく、

じゃあ、いいです、と出ようとしたところ

“2万ウォンでいいよ”

と、3万ウォンのを2万ウォンで売ってくれたんだそうです。

 

 

卒業式に行ったら、

すでに始まっていました。w

 

 

卒業式は体育館で行われるんですが、

土足のまま入るので、

新しい体育館なのに、床がボロボロです。><

 

 

いつもは式順などを在校生が配ってくれているんですが

特に今回はそういうのが無いようで。

 

 

いったいどこまで進んだのかはわからなかったのですが、

卒業生と在校生によるダンスチームの発表だったので、

全二部のまだ1部目なのかな?と思っていたら、

(一部はお祭り風、二部はまじめ風というのがよくあるパターン)

全三部の2部だったようです。

 

 

 

今どきのアイドルグループの曲と、

最後にダンスチーム全員で

昔懐かしいHOTの曲を踊ってくれました。

 

 

ここまで生徒会の主導だったらしく、

生徒会長と副会長(両方とも三年生)が

司会をしていたんですが、

最後は感極まって、二人とも泣いてしまいました。

 

 

三年間の思い出、ということで

三年間の写真が紹介されたんですが

そのほとんどが3年生の時の運動会で、

“普通だったら修学旅行の写真なんだろうな。

 でも、セウォル号の事故で修学旅行が無くなって

 これしか思い出の写真がないんだなぁ”

と思いながら見ていたら、

セウォル号で亡くなった子たちのことを考えてしまい、

泣けてしまいました。T T

 

 

その後、各担任の先生からのメッセージや

こういう時に何かを教えようというのはやめようよっていう、

教育部長さんの先生の講座がちょっと長ったらしくあり、

(どんなにいいお話でも時と場所をわきまえないと入ってこないのに~)

最後にアルバムを担任の先生が渡してくれるということで

あっさり、終わってしまいました。w

 

 

学生たちの後ろに机が用意されていて、

そこで卒業証書の入ったアルバムを

先生が一人一人に渡してくれます。

 

 

このアルバムは有料で(当たり前ですが)

12月くらいに、買いますか?買いませんか?って

聞かれるんですが、

去年までは卒業証書とは別々に渡してくれてたからいいけど、

こんな風にアルバムとセットにされてしまうと、

万が一、アルバムいらないって言ってしまった子は

こういう時、困るんじゃないかなぁ?

 

 

ま、とにかく。

 

先生が一人一人にアルバムを渡して、

そのまま解散、ということだったので

突然、その周囲がごった返してしまいました。

 

 

わが子を探そうとする親と、

友達と最後の挨拶をしている子供たちとで。w

 

 

私も娘を探し出したんですが

クラスを覚えていなくて

どこにいるんだ~?と迷ってしまいました。w

 

 

いや、韓国の学校って

保護者が学校に行く機会がほとんどないものだから

何組って覚えにくいんですよっ(って私だけ?)。

 

 

とにかく、なんとか娘を見つけて花束を渡し、

一応、私たちと写真を撮った後、

友達と写真を撮っておいで~と送り出しました。

(花束を持っている状態でみんなで撮るのが恒例)

 

 

10分くらい待っていると娘がやってきて、

合流して家に帰りました。

 

 

この日は、午後から急に冷え込んできていて

ズボンをなくしてスカートで通っていた娘は

“寒い、寒い”

と言っていました。

 

 

タイツでも履けばいいのに

太っているから、おなかの部分がぎこちなくて

嫌なんですって。

 

 

帰る途中で

“一人の写真を撮りたい!”

と言い出し、

だったら校門の前で撮ればよかったのに~、と言いつつ、

近場の街角で撮りました。

 

 

 

なんか、背景、汚いけど、

娘は満足していたので、これで良し。

 

 

もう、中学の制服を着る機会もないですからね~。

 

 

この後、お祝いで食事に行きました。

 

 

それはまた、今度~。

AD

韓国の修学旅行事情

テーマ:

二年前のセウォル号事故から

韓国内の学校では修学旅行がほとんどなくなり、

最近になって、ようやく再開の目通しが出てきたかと思いきや

一番の修学旅行地である慶州に

韓国内では非常に珍しい大きな地震があり、

再び、修学旅行のキャンセルが続いているようです。

 

 

うちの娘達は中学時代、

結局、修学旅行なるものにはいけませんでした。

 

 

大体、現場学習といって

ソウルや仁川の観光地を

友達と回る、というくらい。

 

 

先日も、高校生の上の娘が

現場学習といって

なぜか映画を観に行きました。

 

 

特に教育用の映画、というわけではなく、

普通の映画を見に行くので

なんの意味があるのやら、

ちょっとわかりませんが。w

 

 

まあ、中間テストも終わったので

羽を伸ばしましょうってことなのかな?

AD

美味しくなったって

テーマ:

上の娘は高校に通っているんですが、

ヤジャという、自習の時間が放課後から夜9時まであり、

高校生は夕食まで食べてくるのが普通です。

(実業校はヤジャは無いそうです)

 

 

娘の高校は給食と夕食を業者に委託していて、

時間になると業者から配達され、

各教室で食べていたんです。

 

 

以前から、娘の通う高校の食事はまずい!

と有名だったんですが、

最初の業者の給食に

虫が混入していたため

別の業者に変わったんですが

これが、更にまずくなってしまったんだそうです。

 

 

不思議と、どこも同じなのか、

お昼より夕食のほうが手抜きらしく、

以前、釜山のクンチプに行った時に給食の話をしたら

クンチプの息子さんも

夕食は不味すぎて食べれないといって

夕食用のお弁当を持っていっていたそうです。

 

 

お昼と二食分だと大変だろうけど、

夕食のお弁当を持っていくって

なかなかすごいですよね。

 

 

そんな娘の通う高校も

夏休み中に給食室を作ると言っていて

少しはましになるだろうと期待していました。

 

 

工事の予定が10月の頭までずれ込んでしまったようですが

ようやく、給食室で作った給食を

食べれるようになったそうです。

 

 

それまで使っていた業者は

最後の日くらいは、美味しく作るだろうと思っていたそうですが

結局、最後の最後までちょ~~~まずかったんだとか。

 

 

ともあれ、給食室で給食を食べ始めた娘に

美味しくなったかどうかと聞くと、

“も、むっちゃ、おいしい!!!"

とのこと。

 

 

先生も可哀想に、一緒にまずい食事をしていたらしく、

“みんな!

 お米からしてめちゃくちゃ美味しくないかい!?”

と感動されているとか。

 

 

あ~、業者はどれほど古いお米を使っていたのか、

と思いますよね~~~。

 

 

ともあれ、給食が美味しくなったそうなので

良かったです。

 

 

先生も、今までご愁傷様でした~~~。

 

 

AD