ある日、いつものようにバスの到着時間をアプリで確認しつつ、

家を出て、バス停に向かいました。

 

 

バス停には一人のおじいちゃんが座っていて、

私がその隣のベンチに座ると

“バスが来る時間を確認して来たのかい?”

と声をかけられました。

 

 

うちの近くのバス停は

一種類しかバスが来ず、

運行時間が15分間隔から、長いと30分に一本、

ということもあるので、

大体の人が、家で確認してから出てきます。

 

 

私が、そうですよ、と答えると

おじいちゃんが

“最近、みんなそうやって確認して家を出てくるらしい。

 自分はそういうのわからないから、ずっと待っているしかない”

と寂しそうに言われました。

 

 

あ~と思って、

スマートフォンをもっていらしたら

アプリを入れて、教えてあげようかと思ったんですが、

携帯電話を出してもらったら

昔の古いフォルダーフォン。

(日本ではガラケーっていうやつですか?)

 

 

“あ~、残念ですがこれだとできないですね”

と私が言うと、

おじいちゃんが

“娘がお父さんは電話を受けて掛けるくらいなんだから

 これで十分でしょというんだ。

 通信費は娘が払っているから”

文句は言えない、という風におっしゃっていました。><

 

 

確かに、スマートフォンを使いこなすのは難しいかもしれません。

 

 

最寄りの駅にお年寄り用の安い料金設定を提供している

通信社があるんですが、

ご本人が払っているならともかく、

娘さんと言われると、そこを勧めることもできない。

 

 

若い人もそうですが、

お年寄りの方がバスの到着時間などの情報が必要だと思うので

(特に冬とか夏とか)

行政の方で、フォルダーフォンでも確認できる方法とか

おうちにいても確認できる方法とか

開発してくれるといいんですけどね。

 

 

せめて、日本みたいに時刻表があればいいんですが

バスは出発時間以外は通過地点は

込み具合と運転手のスピード次第なので

全然予測つかないんですよ・・・。

 

 

時代って切ないな…とおもった出来事でした。

AD

CASHSLIDEというアプリがあるんです。

 

 

 

スマフォの初期画面を開けるたびに出てきて、

広告を見ることでポイントがたまる、

というものなんですが

私はこれで貯めたポイントで

時々、コンビニでお菓子などを買っているんです。

 

 

ある日。

 

 

とてもおなかがすいていたので

コンビニで何か買おうと思い、

そうだ、キャッシュスライドで買おう~と

アプリを開けました。

 

 

歩くルートにあるセブンイレブンを選んで

買える商品を選びました。

 

 

 

イェガムというこのお菓子が

私は割と好きで、

このお菓子にしました。

 

 

ところが、お店にこの商品はおいてあるものの、

味が違うものしかなかったんです~。><

 

 

仕方なくほかの商品を買おうと思ったんですが

せっかくただで買えるものがあるのに

他の物を買う気にもなれず、そのお店はでました。

 

 

でも、おなかはすいているので

バス停に行くルートにまたある

別のコンビニ、GS25に入りました。

 

 

 

その時は肉まんが食べたくなって、

肉まんがないかなぁ~?と探したら

これも無い・・・。

 

 

私が乗るバスが

なかなか来ないバスなので

こんなところでお菓子を物色していて

乗れないっていうのも悲しいので

そのままお店を出てきました。

 

 

バス停に行くと、

バスの到着が10分後だったので

先ほど買い損ねたセブンイレブンが

もうちょっと行ったところにもう一軒あったので

そこに行ってきました。

 

 

そうしたら、イェガムはあったんですが

アルバの男の子がやり方がわからずに

キャッシュスライドで計算することができず、

後ろに他のお客さんも来てしまったので

仕方なく、現金で買いました。

 

 

しばらく、このことは忘れていたんですが

先日、また外出した時に

“そうだ、あの時、キャッシュスライドで買ってあるイェガムクーポン。

 早く使わないと期限切れになる”

と思い出して、

たまたま、駅にセブンイレブンがあったので

入ってみました。

 

 

私が買ったイェガムがあったので

やった!と思ったんですが、

計算台にはおじいちゃんが・・・。

 

 

うーん、今回も大丈夫だろうか?

 

 

一応、おじいちゃん。

 

 

クーポンの存在はご存じだったようなのですが、

なんどバーコード読み取り機を近づけても

キャッシャーがバーコードを読んでくれない。

 

 

スマフォの明るさも十分だし、

読み取れないわけないのですが

おじいちゃんの主張は

“画面が大きすぎる”

とのこと。

 

 

いやいや、

これ、キャッシュスライドをキャプチャーしただけだし、

大きさこのままで、いつも大丈夫だし、

と思いつつ、

画面を小さくしてみようとしたんですが

大きくはなっても小さくはならない。

 

 

仕方なく、番号を打ち込んでみてくださったんですが

それでもダメ。

 

 

うーん、私が思うに

“クーポン処理”ボタンを押していないだけでは???

 

 

ということで、今回もイェガム、購入できず。

 

 

いつになったら買えるかな~?

 

 

追記:後日、4度目?の挑戦で買えました~。

 

AD

トンネの美容院~2~

テーマ:

お待たせしました。

 

 

さて。

 

 

実はその日は出勤の日だったんですが

前日、バスに振り回されて疲れ切って寝たため

朝、出勤する気が10%もなかったんです。

 

 

こういう時、もともと怠け者、元不登校児の私は

別に出勤しなくてもいいという今の仕事事情の中で

“よし!出勤しよう”

なんて思いになるわけもなく、

上司に

“寝坊したので家で仕事します”

と訳の分からない嘘をついて自宅勤務にしました。

 

 

で。

 

 

髪がうっとうしいとなかなか気分もアップしないので

ここは髪を切りに行こう!と決意!

 

 

前に行ったことのある小学校の横の美容院は

数日前に旦那がつぶれた、と言っていたので

中学校の前にできた美容院に行くことにしてみました。

 

 

が、現金の持ち合わせが少なかったので

まず、お金を下ろしに行こうと、ATMがたくさんある企業銀行にお金を移し、

美容院が現金でなくても良いと言ったら

そのままチェックカードとして払おう、

と思って家を出発しました。

 

 

カード支払いを嫌がるお店は不法なんですが

でも、できるだけ現金で払ってあげたいですし、

お店によってはカードだと

プラス5000~1万ウォンにされてしまうんです。

(税金申告をごまかす為、

 セール品などは現金で!とかよくある)

 

 

中学校の前にある美容院を通り過ぎたら

男性が一人カットしていて、

もう一人男性がソファに座っていました。

 

 

うーん、やっぱり新しい美容院+若い女性の美容師さん

となると、おじさんたちのたまり場になるなぁ。

 

 

ほかのお店にしようかな、と

ATMを目指しつつ、その近くにある美容院を目指しました。

 

 

が、歩いているうちに嫌になり

再びUターン。

 

 

中学校の前の美容院を覗いてみると

人の気配がないではないですか。

 

 

うーん、シャンプー中かな?と思いつつ入ったら

やはり、先ほどソファにいたおじさんか、

さっきカットしていたおじさんかが髪を洗っていました。

 

 

初めて行くお店だったので

カットだけをしようと思い、

カットしたいんですけど、というと

ちょっと待っててくださいね、と言われました。

 

 

まあ、もうシャンプーしているし、

すぐに終わるだろうと思ったら

シャンプーした後の毛づくろい?に

めっちゃ時間を掛けているんですよ!

 

 

またカットをし直しているような感じで。

 

 

こんなに時間がかかるカットの仕方って

へたくそなのか

それともおじさんにお得意さんになってもらおうと

わざとやっているのか、

どちらかなんだろうけど、

私もこんなに時間がかかるんじゃ困るし、

かといって私には時間を掛けなかったらちょっと頭に来るし、

だめだこりゃ、と思って

“急いでいるんで”

とお店を出ることにしました。

 

 

そして、万が一、と思って

旦那がつぶれたと行っていたお店に行ったら

やってるじゃないですか~!

 

 

ここの人はお値段も腕もちょっと信用しているので

染めるのはいくらになるのか、

チェックカードでもいいか確認してやってもらいました。

 

 

前に来た時も言われましたが

“あんまり美容院、行かないでしょ~”

と言われつつ(メンタル傷つくから、やめて~)

“染める時はシャンプーしてきたらだめだよ”

と注意されました。

 

 

前はリンスを使っていなかったので

(シャンプーの後エッセンスだけつけてた)

リンスしてないでしょ~と突っ込まれた。

(クシが引っ掛かりやすいと)

 

 

でもさすがに、シナジーのシャンプーコンディショナーに変えて

しばらくたつので

髪の質は良くなったようで、

どこに行っても必ず言われる

“髪が痛んでますよ~”

とは言われなかったです。

 

 

お~、ちょっと初めてかも、言われなかったの。

 

 

が、今朝、シャンプーをしている時

5分くらい放っておくと

毛根の奥深くまできれいになる

ということまでやってきたので

今日はそれがあだとなってしまいました。

 

 

染める時は染める液が強いので

シャンプーをする前の状態の方が

ほこりなどで液が毛根に入りにくくて良いんだそうです。

 

 

パーマの時は髪の毛の汚れがあるとかかりにくいから

シャンプーだけしてきたらいいんだそうです。

 

 

何のかんの突っ込まれながら

小さくちくちく刺さりつつ、

それでもきれいに丁寧にやってもらえました。w

 

 

 

 

 

 

AD