キムパプを作るコツ

テーマ:
*マッソグムについて昔書いた記事のリンク追加。

http://ameblo.jp/kankokunokurashi/entry-11142345597.html

先日、子供が現場学習(いわゆる遠足)に行くので
キムパプを作ってほしいといわれ、
朝からスーパーに材料を買いに行き、
キムパプを作りました。


むかーし、キムパプの作り方を
UPしたことがあるので
作り方はこちらを参考にしていただき、
今回は、コツ、をお教えしようと思います。


前の記事と重複する部分もあるかと思いますが・・・。


まず、ご飯は少し固めが良いです。

そこに塩、マッソグム、ごま油、ゴマなどを
入れて混ぜます。


味をつけたご飯は
海苔いっぱいに広げず、
下の部分は少し、
上の部分は3/4くらいのところまで広げます。

要は、具の周りをぐるっとご飯が囲むくらいになれば
良いんです。


最後までご飯を敷き詰めてしまうと
太すぎのキムパプになってしまいます。


ご飯を広げるときは、
ご飯をつぶさないように広げるのがコツ。



具を入れて、最初の海苔の部分を内側に折ってから
ぐるりと巻きます。

この時はぎゅっぎゅっと
強く巻いてください。


切る時は、
包丁をまず研いでから
包丁を火であぶって切ると
とっても切りやすいです。


IMG_20151022_110158278.jpg 
AD

シンキムチ

テーマ:
古くなってすっぱくなってしまったキムチのことを
シンキムチと言います。


キムチ冷蔵庫のあるおうちだったら
キムチを長持ちさせることが出来るのですが、
うちみたいに貧乏だし置く場所無い、
とかなると、そういう便利なものも無く、
非常に保存に困るんです。


ちなみに私は家でキムチをつけないので
今家にあるキムチはすべてもらいもの。


私がキムチをつけないことを知っているいろんな人が
少しずつ分けてくれるのです。


シオモニがご健在だった頃は
大きなポリバケツ、
本当にとっても大きなポリバケツに一つ、
キムジャンキムチとトンチミが送られてきました。


私は食べきれないので
なるべくいろんな人に分けていたんですが、
(キムジャンキムチはあまり・・・だったので
 分けるのはトンチミだけでしたが)
ずいぶん喜ばれたものです。


で、現在もまだ沢山キムチが残っていて、
これまた、私用?ということで
少し辛さを控えめにしているものだから
余計に悪くなりやすいというか。


キムチが大量消費できる
家族に人気のキムチチゲを作ってみるものの、
もはやすっぱくなってしまったキムチは
すっぱさが消えなくて美味しくなく、
普段ならすぐになくなるキムチチゲも
全然減らない・・・。

ゆえに、また作る気にもなれない・・・。


なんとかいい方法はないかと
ネットで検索していたら
いくつか方法が書かれていました。


まず一つは、ソーダの粉を入れる方法。

このソーダの粉って昔どこかで料理に入れるのを見たことあるんですが
日本ではなんだろう、と色々調べてみたけど
探しきれませんでした。

まあ、あまり体にいいものではないので
お勧めできない方法です。


もう一つは、お砂糖を加えて煮る方法。

まず、キムチはきれいに水洗いしてしまうのは
どの方法でも基本としてですね、
キムチチゲなどを作る時に
お砂糖を入れたらいいと出てきたんです。

私も昔、やったことがありますが
美味しくないですよ~~~~。

ということで、これもお勧めできません。


そして、これは本当に意外だなと思ったのが
次の方法。

蟹の殻、もしくは貝の殻、なければ卵の殻を
一緒に入れておくと
殻に含まれる成分が
すっぱさを緩和してくれるというのです。

蟹や貝は今すぐ試すことは出来なかったので
卵を試してみました。

良く洗ったシンキムチを
油をひいた鍋で十分いためます。

そして、水を加え、
この時に良く洗った卵をそのまま一つ入れます。

その後は、いつものように煮て、
十分煮えたな、という時点で卵を取り出し、
普通に味付けします。

これは結構いけました!


あとは、調理する前のキムチに
卵を入れておく方法。

白菜一つに対し、卵二つ、
ということで入れておいたのですが
数日後、開けてみた時は
確かにすっぱい臭いが消えていました。

これはいけるかも!と
そのまま洗って、
今度は煮る時に卵を入れないでやってみたんですが
これは駄目でした・・・。


後から卵を入れてみたんですが、
卵が破裂してしまいましたね。^^;;

まあ、卵をどかして
その後食べてみましたが
卵を入れる前よりは少しマシになっていました。


ということで結論は!

キムチを煮る時に、
水を入れたら一緒に卵も入れる!
が一番効果的、ということです。


蟹や貝が手に入ったら
また試してみたいと思います。
AD
で、先日の余ったギョウザの皮なんですが、
どのくらい余ったかというと
80枚くらい?OTL


どのくらい目測誤ってるんだよ
って感じなんですが。


どうやら、私が追加を買いに行っている間に
娘が具の量を増やして行ったようです。


とりあえず、冷蔵庫にしまっておいたんですが、
何とか利用方法はないかとネットで検索してみると、
意外に同じ穴の狢に陥る人が多いのか
すぐに見つかりました。


まず一つは、
適当な太さに切って
カルククスとして食べる方法。


なるほど~。


他には、
ミニピザとしてトッピングをしてオーブンで焼いたり、
油で揚げたりとか
色々ありました。


簡単に、塩を一振りして
オーブンで焼いて
即席スナックみたいにして食べる人もいましたね。


で、一番消費が多そうなカルククスに挑戦してみました!


材料は
ジャガイモ(棒切り)
エホーバク
ニンジン(細切り少し)
煮干のだし
醤油
さとう
みりん
です。


貝なんかが入っていると本格的ですよね。


仕上げに溶き卵をかきいれ、
ねぎとのりを刻んで乗せると見た目もいいですし
さらに美味しいです。


で、問題は、ギョウザの皮なんですが
いっぺんに切ってはいけなかった・・・。

切った後、
一枚一枚はがすのが面倒でした~。


まな板がぬれていた部分や
包丁がぬれていた部分に当たっちゃったところは
もうくっついちゃってどうしようもなくて
そのまま生ごみへ~。


で、食べてみたら、
なんか、ワンタンメンのようでした。

韓国にはワンタンがないのですが、
これで皮がもう少し薄かったら
ワンタンを作ってもいいかなって感じでしたね。
AD