2013年北海道は倶知安に旅したときの日記です。

2013年倶知安(クッチャン)の旅11 北大散策



札幌で、午後の数時間は、
雪印パーラーに行くべきか迷ったが、(いまだに行ったことがない。)
結局、
札幌駅から徒歩圏内にある、
北海道大学に行ってみた。グー


敷地内に郵便ポストがあるっ!Σ(・ω・ノ)ノ!

ポスト

敷地内に車道があるっ! 歩道もあるっ!Σ(・ω・ノ)ノ!

車道


敷地内を走るエコっぽい車もあり~の。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

サステナビリティ

サステナビリティ」……って、

「持続可能性」または「持続することができる」という意味。メモ

サステナビリティへの取り組みというとき、何を“持続する”のかというと、その対象は広く社会と地球環境全般を指します。

本来は、自然と共生する持続可能な社会システムを目指す環境保護思想のキーワードで、国連の「環境と開発に関する世界委員会」が、1987年に公表した最終報告書に「Sustainable Development」(持続可能な発展)という理念を謳ったことから広く認知されるようになりました。」(「コトバンク」より引用)

と。

つまり、自然と共生できる車が走っているわけだ。
「サステナビリティ」をアピールしながら走っているわけだ。
さすが、北大!クラッカー (でも、料金、高いのかな……。ガーン


校舎も歴史を感じさせる。いい感じ。(-^□^-)

校舎

「時計台」によく似た建物もあったよ。(-^□^-)

時計台風建物


ニレの林~♪:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

楡の林

何かが住み着いていそうな木も。( ´艸`)

木の穴

ポプラ並木~♪(ここはもう通行止め):*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ポプラ並木


敷地内に川も!(この時期、ほとんど干上がっていたけれど。)Σ(・ω・ノ)ノ!

川


枝の落下にご注意ください」……って。Σ(~∀~||;)

落枝に注意

枝って、突然落下してくるもんだっけ?
さ、さすが、北大……?あせる


石碑には、「大志を 抱いて」。(・∀・)

大志を・・・

クラーク博士の言葉だと「boys」に限定されちゃうから、
ちょっとアレンジしてあるのかな?はてなマーク



人口雪誕生の地」だそうで。Σ(・ω・;|||

人口雪

人口雪って、北大が創り出したのか!
そんなことも知らずに、ザウスで人口雪を満喫していたこともあったわ……。f^_^;



池

池には水鳥も多く憩い、
人間さまも憩い、
校内にいながらにして紅葉も楽しめ、

紅葉



黄金色の銀杏並木では、
みんなが写真を撮りまくっていた。(-^□^-)

銀杏並木




観光客も、近所の人も、学生さんも、
誰でもウェルカムなようであった。ウェルカムラブラブ
(正面入り口には、インフォまであったよ!(=◇=;))


広すぎて、全部周りきれないほど。あせる

心も敷地も広い大学、北海道大学であった。ラブラブ


(マンホール)
マンホール


          2013年倶知安の旅 おしまひ


AD
2013年北海道は倶知安に旅したときの日記です。

2013年倶知安(クッチャン)の旅10 円山動物園の名歌


倶知安の旅のシメは札幌で。
(帰りは、空港に少しでも近い方が気が楽だからね。(^_^;))


円山」という地名にちとこだわり勝ちな私だが、
最終日の札幌は円山公園&北海道神宮&円山動物園に行ってみた。走る人





円山動物園に出現するらしい「マルヤマン」にはお目にかかれなかったが、( ´艸`)

マルヤマン

楽しい歌詞を発見。о(ж>▽<)y ☆

歌のタイトルや作詞家の名前は不詳だが、
素敵な詩なので、書き出しておこう。メモ

♪♪♪
ふんふ ふーん  ふんふ ふーん
カバは山盛り   ふんふ ふーん
たくさん食べてる ふんふ ふーん

うんう うーん  うんう うーん
キリンはコロコロ うんう うーん
反すうしたあと  うんう うーん

毎日出てくる     ふんふ ふーん
キレは 最高 なのさ ふんふ ふーん
二日ぶりなど ありえない
そうさ食べた先から  ふんふ ふーん

フンフン フンフ フーン
フンフン フンフ フーン
生きもの 色々 フンフ フーン
形も   色々 フンフ フーン
においが 色々 フンフ フーン

つんつ つーん つんつ つーん
トラは目にくる つんつ つーん
肉食だからね  つんつ つーん

かちか ちーん  かちか ちーん
ヘビの オシッコ かちか ちーん
フンではないのだ かちか ちーん

健康チェックは シーク・イーン
色と形は オーケー
見のがすなんて ありえない
そうさそうじ前の ふんふ ふーん
明日は明日の   ふんふ ふーん♪♪♪



ヘビはフンではなくオシッコなのか、それが「かちんかちん」なの?Σ(~∀~||;)
あぁ、トラのは目にきそうだ。((>д<))

読んでいるだけで、楽しくなる詩であった。
マルヤマンたち、
フンで動物たちの健康を一生懸命見てるんだな。



ヒツジのフンを見ても、歌えちゃう♪

ひつじのふんふふーん

ふんふ ふーん ふんふ ふーん
ヒツジはポロポロ ふんふ ふーん
コロコロポロポロ ふんふ ふーん

動物を見るたびに、適当にアレンジして歌っちゃうわ。( ´艸`)


動物たちの説明看板も、動物目線(?)で客に語りかけるように作られてあり、
微笑ましい。

とんでくるよ

カッカッカッカッカッ
ぼくたちオオワシは、日本で見られる猛禽類で最大なんだ!
」と。ほぉ!(=◇=;)

でも、
オオワシが困った顔して、
フンがとんでくるよ!」と。あせる


オオワシに何かのフンが飛んできて、オオワシが困ってる……ということ?はてなマーク
それとも、オオワシが客にフンを飛ばす……ということ?はてなマーク

どういうこと?
と、当のオオワシを見つめても、
檻の中でじーっとしていて、
曇り空のせいか、顔色も冴えず。汗

オオワシ

これじゃ、ふんの歌も歌えない……。しょぼん


檻越しに見るトリは哀しい。(ノ_・。)
マルヤマンたちにどんなに大切に扱われているとしても、
君から空を奪ってしまって、ごめんっ!。(´д`lll)
と思わずにはいられない……。
感謝しつつ哀れむ、なんたるエゴ人間……。(-""-;)


円山公園


円山公園に隣接している北海道神宮にも参拝。

北海道神宮

賽銭箱に酒瓶が何本も供えられていた。Σ(・ω・ノ)ノ!お酒

北海道神宮の賽銭箱

お賽銭代わりだろうか。北海道は賽銭もダイナミックだ。(-^□^-)



円山公園には多くの野鳥がいるようなのだが、

たくさんの野鳥

例によって例の如く、私には一羽も見つけられず。ガックリ
鳥たちがいるはずの風景のみを楽しむ。汗

野鳥の林



で、
円山公園のすぐそばにある
六花亭(ロッカテイ)の喫茶店で一休み。コーヒー

そこでしか食べられないという「雪こんチーズ」を注文。

ロッカテイにて

食べごろが、作られてから2時間以内だから、ね。時計

雪こんチーズ

うまうまうまうまうまうまーーーー!ヾ(@^(∞)^@)ノクラッカークラッカークラッカークラッカークラッカー
これで太っても悔いなしっ!o(〃^▽^〃)o



2階が喫茶店、1階はお菓子売り場になっていて、
随分お菓子の種類も増えていた。

新しいメニューもあれば、
昔ながらのお菓子もある。
レーズンバターサンドなどは、何十年も昔から味が変らないと思う。
素晴らしい!!!チョキ

六花亭、これからも頑張ってー!と応援せずにはいられないわ。(^O^)/


それにしても、
この喫茶店、私以外のほとんどのお客さんが
ピザを頼んでいた。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
ここはピザが“売り”なの? この雪こんチーズよりも美味しいピザ?
と、心がそわそわしたことであった。(//・_・//)

               つづく
AD
2013年北海道は倶知安に旅したときの日記です。

2013年倶知安(クッチャン)の旅9 センチュリー・ロイヤル・ホテル 札幌


優雅なマッカリーナでのお食事の後、
お仲間達は函館へ、私はひとり札幌へ。パー


で、
みんなでタクシーを頼んでニセコ駅へ向かい、
私は、ニセコ駅手前にあるニセコ郵便局前から「札幌駅前ターミナル行き」のバスに乗ることにした。


が、
一日に、9:58、13:48、15:08 の3本のみ!?∑(゚Д゚)

時刻表

本数、少なすぎーーーー!(ノ◇≦。)
これを逃がしたらアウトだ! とかなり焦ったことであった。あせる


地方に旅すると、徒歩旅行が基本の私は、
車社会であることに、とても不便を感じる。
もう少し、どうにかできないものかなぁ……。Y(>_<、)Y


とにかく、夕方には札幌駅に着いた。チョキ
バスターミナルはJR駅のすぐそばで、問題もなし。チョキ


えっちらホテルにチェックインすると、
空きがあるからと、部屋をグレイドアップしてもらえた。チョキ

そんなことは初めてのことだったので、貧乏人の私は、
え?部屋をグレイドアップして料金も上がるの?とビビッタ。(((゜д゜;)))あせる
でも、料金はそのままで、お部屋だけグレイド・アップだった。
わーい、ラッキー!なのであった。о(ж>▽<)y ☆


受付スタッフも丁寧だし、
いいホテルだわ。センチュリー・ロイヤル・ホテル札幌!( ´艸`)


部屋まで、プライベート廊下?があって、
外の音が全然気にならない。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

うち廊下

部屋は、1人ではもったいないほどの
広いリビングにゆったりしたベッドルーム。(=◇=;)

リビング


洗面所には、エステ(マッサージ?)用のベッドまで常備されていた。Σ(・ω・ノ)ノ!

エステベッド



冷蔵庫の中にはグラスが冷えていた!Σ(・ω・ノ)ノ!

冷えたグラス


インテリア的には、あまりお洒落とは言えないけれど、f^_^;
(趣味の相違? リゾートホテルじゃないんだから、当たり前だね)
静かさ、快適さに文句なし!合格合格合格

センチュリー・ロイヤル・ホテル 札幌……いいホテルであった。クラッカー

やはり、年をとってくると、こうしたビジネスホテルが楽だなぁ。^^;

                 つづく

         つづく
AD
2013年北海道は倶知安に旅したときの日記です。

2013年倶知安(クッチャン)の旅8 まったり、まっかり温泉、レストラン・マッカリーナ


3日目倶知安最後の日は、飲み仲間と一緒に
まっかり温泉レストラン・マッカリーナへ。

倶知安から行くには自動車がないと多分とても不便なところ。あせる
車ならひとっ走りって感じかな。チョキ


で、
「たびつむぎ」ご主人が車で送ってくださった。感謝感謝。(。-人-。)


予約した時間より随分早く着いてしまったので、
辺りを散策。走る人

羊蹄山は見る角度で色々な顔を見せてくれるね。ラブラブ

羊蹄山

広々してるな~。

まっつぐ1

どっちに向かっても、道、まっつぐ!
旅は熟女たちを少女に変える。
気がつけば、みな、思い思いにあれこれ拾ったり、覗いたり、見せ合ったり。音譜

まっつぐ2


採れたてのニンジンが道端に無造作に置いてあったりする。
北海道っぽいな~♪

にんじん

はたけ




まっかり温泉は、脱衣所はロッカー式で、
近代的に整備された綺麗な温泉だった。キラキラ

まっかり温泉

開店早々、近所の人などでなかなかの賑わい。アップ
こりゃなかなか、儲かってまんな~って感じだ。チョキ


ガラ・ルファ足湯」なるものがあった。
いわゆる「ドクターフィッシュ(ガラ・ルファ)」が
足の角質や、傷をつついて食べてくれて治してくれる
というやつだよね。

フィッシュ足湯

3分300円、5分500円……なかなかよいお値段。f^_^;

ちいさなお魚ちゃn

こんな小さなお魚たちが、い~い仕事をしてくれるんだね?(-^□^-)





温泉で気持ちよくなった後は、
お昼。ナイフとフォーク
レストラン・マッカリーナは芝生広がる広々した緑の丘陵にあった。キラキラ
店の中は、高級で落ち着いたムード。キラキラ

レストラン・マッカリーナ



地産の野菜を使って美味しいと評判のお店。チョキ

1

2

3

ワインも当たり前に美味しい。キラキラ
料理も当たり前に美味しい。キラキラ
上品に盛られているのだが、量もしっかりある。


でも、
5000円のコースにワイン1杯つけて、私としては、かなり手痛い出費ではあった。爆
美味しいとの評判のもと、出かけて行ったから、美味しくて当たり前という感があって、驚きがなかったのが残念。先入観が邪魔したかな。

まぁ、みんなで美味しいねー!と一緒に楽しめたので、十分美味しくて楽しいランチだった。音譜

(本音を言えば、
私的には、むしろ「たびつむぎ」の食事の方が感動的だったのだが……。(^^ゞ)


レストラン・マッカリーナ、
確実に美味しいものが食べられて、
優雅に、まったりと、落ち着いたランチタイムを過ごせることは、間違いない。チョキ

                 つづく
2013年北海道は倶知安に旅したときの日記です。

2013年倶知安(クッチャン)の旅7 たびつむぎ周辺


前回、倶知安に来たとき、初めて目にした
伊井億右エ門の像。

伊井翁像


この人は何者? と疑問に思い、
帰宅してググッたら“伊井オブラート”を作った人だとわかったのだった。
(→「北海道ひとり旅 7 どーぞー説明して! オブラート王の像」2012年記事」


さらに、その後、
バックパッカーの宿「たびつむぎ」の斜向かいにある工場は、
じつはその伊井オブラートの工場だったらしいことが判明!Σ(・ω・ノ)ノ!
(とっとと「たびつむぎ」ご主人に聞いてみればよかったよ。あせる

オブラート工場?


今回、見学してみたいものだと思っていたが、時間がなく断念。ガックリ
これも、またの機会のお楽しみ……。ラブラブ
(もしかして、もうオブラートは作ってないかもかも?工場見学も受け付けてないかも?と言われたが……。)



工場見学はしそびれても、
酒蔵での試飲はやるっ。チョキにひひ

ニセコ酒造

「たびつむぎ」のすぐ裏(隣)にあるニセコ酒造さん。


試飲をお願いすると、(前回もしたたか試飲させて頂いたけど。)
ずらりとお酒を出してきてくださる。(無料)

試飲2

試飲3

試飲1

またまた、ごちそうさまでした♪(。-人-。)





宿の近くのお山(旭ヶ丘スキー場)には、
ジャンプ台とジャンプ
レルヒ大佐の碑」があるというので、
今回はそこまで歩いてみた。走る人

注:レルヒ大佐……「日本で初めて本格なスキー指導をおこなった」人。メモ



お山はきつすぎず、お散歩に丁度よい。(一通りふらふら歩くには1時間半くらいは見た方がいいね)

色々な野鳥がいそうだが、残念ながら私には見つけられなかった。しょぼん
が、歩いているだけで、気持ちのよい山道。キラキラ


いいねぇ、道!(-^□^-)

道


いいねぇ、虫!( ´艸`)

虫


いいねぇ、幹!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

幹


黙々とはしゃぎながら登ると結構疲れる。(^^ゞ



ようやく
レルヒ大佐の碑のところまで登ってきたら、
なんと青いビニールに覆われていた。∑(-x-;)

レルヒ大佐碑


碑も冬支度(?)らしい。
碑は見られなかったが、
(別にあまり碑には興味ないので、全然構わないのだ)
ジャンプ台の上から眺める羊蹄山も、気持ちがいいのであった。

頂上からの羊蹄山


            つづく