2017年三島散策 15 三島大社

 

追加記事です。あせるゲラゲラ

三島大社はわざわざアップすることもないかと思っていたのだが、あせる

急遽付け足しておこう。

写真撮り飽きて、今回あまり撮ってないので、過去の写真(2009年9月)も入れます。あせる

 

JR三島駅からはバスなら5分。徒歩なら2、30分。チョキ

 

三島大社前にも鰻屋さんがあり、ここもなかなか美味しそう。ラブ

しかし、ぐっと堪えて三島大社へ。あせる

 

 


立派な山門の先に続く参道。キラキラ

左右には大きな池(神池)があり、

この道を歩くだけでもいい散歩になる。

両脇は桜だったかな? 春はさぞ美しかろう。キラキラキラキラキラキラ

 

 

 

 

 

境内はこじんまりしてはいるが、かなり広々している。キラキラキラキラキラキラ

 

創建は不詳」。びっくり

「三島」は伊豆諸島=「御島」からきているという説があるそうで。

古くは天平13年(731年)に『伊豆三島』の記載が」あるらしい。滝汗

 

拝殿

 

嘉永7年(安政元年、1854年)に発生した安政東海地震によってほとんどは倒壊したため、社殿は幕末の慶応4年(1868年)にかけて再建された。

その後は、大正12年(1923年)の関東大震災、昭和5年(1930年)の北伊豆地震による被害の修復を経て現在に至っている」(ウィキペディア)

 

というのだから、

御殿は、基本、江戸から明治に変わる年に再建されたものということかしら?びっくり

 

戦前は三島神社」と呼ばれ、「三島大社」と呼ばれるようになったのは戦後らしい。ねー

 

戦争時の“神国日本”精神の影響だろうか。

――「大社」といったら「出雲大社」であり、「神宮」といったら「伊勢神宮」のみ! という話も聞くけれど、あせる

ここら辺のことはチンプンカンプンである。とりあえず三島大社としておこう。イヒ

 

 

菊のご紋を頂いているよ。

 

桐のご紋もあるよ。

 

権力者たちに守られてきたんだなぁ。

 

 

境内の中には、「たたりの石」とか、(「タタリ」の語源が面白い)ウインク

 

源頼朝が平家追討の願掛けにきたときに、北条雅子と座った「腰掛石」とか、ニヤニヤ

 

天然記念物樹齢1200年の金木犀とか!(私が三島大社に行くのは主にこの木に会うため)ラブ

 

神馬」がいたり。ウインク

 

鹿もたくさんいて、ウインク

子供たちが柵越しにエサなどあげる様子が微笑ましい。ラブラブ

 

神社は「馬」と「鹿」を揃えているところが多いように思えるのだが……?ニヒヒ

 

 

 

あまり説明がないのでよくわからないのだけど、(宝物館に入場すればわかるかもしれない?)

創建が不詳なほど古からこの地は神社であり、キラキラキラキラキラキラ

神を感じる場だったわけだ。キラキラキラキラキラキラ

 

富士山が噴火して溶岩などを飛ばしてきたときも、叫び

江戸時代に東海大地震に襲われたときも、叫び

関東大震災のときも、叫び

ずっとずっと。キラキラキラキラキラキラキラキラ

 

そう思うと、きれいに整った境内や

近代的な宝物館の建物も仮の姿で、

しーんとした空気の余韻のようなものが感じられてきそうな気もしてくる。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

神社の磁場の力か?

そんな感じの三島大社です。ウインク

 

箱根峠を越して、やれやれ山道は終って静岡に入ってきた……って辺りに三島大社はあるのだから、

旅人は、

箱根の峠越えの無事のお礼とこれからの東海道中の無事を祈ってラブラブ

思わず三島大社に参拝したのではないかしら。(。-人-。)

 

             おしまい

 

AD

2017年三島散策 14 三島名物かも? 羊羹パンと水門

 

三島の町を歩いていると、綺麗な側溝(川?)に清水が流れて、キラキラキラキラキラキラ

住宅街の路地にも清水が流れていてキラキラキラキラキラキラ

歩いていて気持ちいいばかりなのだが、照れキラキラキラキラキラキラ

ところどころ、そんな流れに水門のようなものが設けられていて。びっくり

 

バルブ(ハンドル?)のようなもので、水量を調整するらしい。

 

流れを真剣な目で見ながら、バルブを操作されている人がいるので思いきって尋ねてみたら、

ご近所の人で、

水量を見て、調整するとのこと。びっくり

 

水量が多過ぎて家々の玄関先に並べていた植木などが水浸しになってしまうこともあるらしい。滝汗

そんなことにならないよう、水に目を光らせている住民さんたちのお蔭で、

我々観光客は、まぁ綺麗な清水だ、川だと楽しんでいられるんだね。チョキ

ありがたいことです。(。-人-。)

街を美しく保つって、本当に大変なことですね。あせる

 

三島というと、なんにしても「緩い」(=徹底してない・適当・おおらか)なところを感じるのだけど、ゲラゲラ

実は緩く見えて、見るべき所はきっちり厳しく目を光らせて努力しているからサーチ

三島の梅花藻も復活できているんだろうな。クラッカー

一度失われた貴重な美しい自然を取り戻し維持するのは

並々ならぬ努力が日々必要だろうに。ねぇ。キラキラ

 

 

 

三島、いいなぁ。いい所がたくさんあるよ。ベルベルベルベルベル

いわずもがなの、三島大社!(樹齢1200年という金木犀の大木があるキラキララブ

鰻が名物で美味しい!ラブ

なのに、地中海料理も美味い!(←贔屓なく、そう思う)ラブ

富士の伏流水豊かに湧きいずる清水の都!ラブ (そろそろ蛍も飛び交うのだろうか?)

そのため緑も滴るように麗しい!キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

清流にしか生きられない梅花藻が棲息する街!キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

桑の木に柿の茂る、小鳥の悪戯のある街!ウインク

箱根にも富士の裾野にも西伊豆にも沼津にも近い!チョキ

「スカイウォーク」など、観光の面でも色々努力しているようだし。チョキ

「大岡信ことば館」がある!!!クラッカークラッカークラッカー

文士たちの碑もずらりと並ぶ道もあったりして、それも楽しいよ。ベルベルベル

(私は司馬遼太郎の文章が苦手で仕方なかったが、この碑の文章を読んで、司馬遼太郎って、本当は文が上手いんだと考え方を改めたことよ。)

街からはどーんと富士山が見える……らしい。(いまだに私は三島の街から富士山を見れたことはないのだが……。ぐすん

人々がおしゃべり好き(or地獄耳?)。(こちらが聞かなくても、ちょっと悩んでぶつぶつ言っていたりすると気軽に声をかけてきてくださる。ゲラゲラ

 

これ以外に、今回やたら目についたのは、「三島コロッケ」の幟。音譜

三島でとれたジャガイモで作られるコロッケらしい。新しい名物か?

「コロッケ」って、やたら地方都市の名前を冠して名物化されるよね。

だもんだから、ちょっと食べてみたくもあり、ラブラブ

どうせどこも同じだろう? という偏見もあり、ねー

結局今回食べてこなかったのだが、

これは、思わず手を出してしまった。

ようかんぱん」。ウシシ

(駅の土産物屋―キヨスク? で購入)

 

パンの上に塗られているのはチョコレートではなくて羊羹!笑い泣き

真ん中にクリームが覗いていて、

中には餡子が。

つまり“羊羹が塗られたクリームアンパン”だ。

 

これもチョビさんから聞いていたのだが、

説明を聞いても、“羊羹が塗ってある”というのがうまくイメージできず、

見ても、これが羊羹なのか?と納得できず、

食べて、納得。ウインク

 

 

塗られた羊羹が、パンの上から落ちもせず、うまいこと乗っている。(丁稚羊羹のようなさっぱりした味わい。)

クリームと餡子とパンと一緒に口に含まれると、羊羹が瑞々しく感じるのだ。キラキラ

甘さがくどくない。チョキ

 

普通のアンパンを一歩和菓子に近づけたような感じ。

やはり、お茶が合うかな。ウインク

 

ここならではの味わいがあると、旅したとき、本当に楽しいよね。音譜

都市化が進んでどこに行っても同じ様相を呈している嫌いがあるけれど、

それはそれで、どこにでもある店があると安心もするけれど、あせる

そこにしかないもの! そこならでは味わい!グー

それが三島にはあるよね。クラッカークラッカークラッカー

 

 

いつまでも、この清らかな水と緑の街でいてほしい三島でありました。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

注:

三島にあるからといって、全てが美味しいお店なわけではないので要注意だ。注意

今回取り上げなかったが、「ララ」さんも「パステリア」さんも開いてなかったので、

試しに入ってみたとある喫茶店では、溜池の水か?と思うほど不味い水が出てきてびっくりした。コーヒーも特別安いわけでもないのに。トホホ ゲロー

           

                                おわり

AD

2017年三島散策 13 ララ洋菓子店と教科書検定と

 

 

これもチョビさんから教えて頂いたことなのだが、

私が敬愛する地中海料理店のすぐ隣に「ララ洋菓子店」なるお店があって、イチゴケーキchiffon cake*チョコレート

それは戦前から続いている老舗洋菓子店だそうだが、

そのお店の方が、先日の教科書検定のことから昔の出来事を記事にされて

ネットで今話題になっている、と。びっくり

 

参照:

BuzzFeed Japan News-戦時中、和菓子屋の名前に変えさせられたケーキ屋さん『本当に悔しかった』

←お店の方がアップした記事ではないけれど、当時の写真などが豊富に掲載されていてわかりやすい記事。

 

ララ洋菓子店は、三島で最初の洋菓子店。1

1932(昭和7)年創業当時、洋菓子など馴染みのない時代だったために、あせる

親しみやすく覚えやすい「ララ」と名づけたという。ベル

洋菓子を売っているのに、お客さんからは「饅頭はないのか?」と聞かれてしまうほど

まだまだ洋菓子は珍しいものだったらしいが、あせる

徐徐に洋菓子の美味しさも伝わり、街の人々から愛される店となっていった、とな。アップ

 

 

しかし、戦中、

憲兵からは『ララは敵国語であるから店の名はすぐに変えるように!』ときつく言われ『菊屋』に変えました。看板のネオンは引き抜かれました。」とな。叫びえーん

 

憲兵に睨まれたらアウトだ。(どこのどいつだ、この憲兵?パンチ!

店主のお名前が菊川で、ご実家の和菓子店が「菊屋」なので、そう変えたらしい。汗

ひどい話だ。恐ろしい話だ。ゲロー

 

名前は和菓子屋さんのように変えさせられながらも、

「ララ(R・R)」さんは和菓子屋さんになったわけではなかったようだが、

材料の入手が困難になるなど戦時下の状況で

今までどおりの洋菓子作りがままならず、ダウン

戦後は美味しいパン屋さんとしても地元の人々に愛され、アップ

現在は洋菓子店としてきれいなケーキをショーウィンドーに並べていらっしゃる。クラッカー

 

お上がいきなり勝手な“国粋主義”を掲げ、権力を振りかざして、無理を強要する。ドクロ

戦中にララ洋菓子店に振りかかった事件と、

2017年春の“道徳の教科書検定事件”と本質は同じではないの! 叫びムキー

 

参照:「毎日新聞2017年4月4日版

東京書籍(東京都北区)の小1向け教科書に載る題材『にちようびの さんぽみち』。祖父とよく散歩する主人公『けんた』がいつもと違う道を歩き、見慣れたまちの新しい魅力を見つける--という単純な内容で、この中にパン屋さんが出てくる。

 

 ところが、この題材全体に学習指導要領に示す内容(伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度を学ぶ)に照らし扱いが不適切と検定意見がついた文科省の担当者は「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つことの意義を考えさせる内容になっていない」と解説する。

 

 指摘を受けて東京書籍は悩んだ末に「パン屋」を伝統的な和菓子を扱う「お菓子屋」に変更した。検定結果公表時、東京書籍の担当者は「(指導要領を)しっかり担保しなくてはいけないと感じた」と話した。詳しい経緯や感想を聞こうと同社に改めて取材したが応じてくれなかった。」(ネットより抜粋)

 

参照:「朝日デジタル-池上彰の新聞ななめ読み」

「『パン屋』が『和菓子屋』に、『アスレチックの公園』が『和楽器店』に書き換えられた。文部科学省教科書検定の結果は衝撃でした。」(ネットより抜粋)

 

 

 

戦後70年も過ぎて、「戦後は終った」とかなんとかどなたかが仰って随分久しいが、

戦争中の軍国主義、狂信的な“和の国”精神が、大日本帝国感覚が、国家権力という暴力が、いまだに堂々とまかり通されているではないの。爆弾ゲロー

 

しかも、“出版社”という言論を守る、言論のために戦うべき砦のようなところが

“忖度”して言われるがままに自分の節を曲げる。曲げざるを得ない。ゲロー

 

国家権力が市民の自由な表現・文化を捻じ曲げる……恐ろしい事態だ。ゲッソリ 

確かに教科書の一節が「パン屋」さんから「和菓子を売る菓子屋さん」に変更させられたからといって大した改変ではないだろうが、

こうした“声を大に騒ぐレベルではない”ことからじわじわと滝汗

「国家」という名の一部権力者の横暴は根を張り国民の自由を拘束していくんだニヤ

と思えてならない。あせる

 

で、そんな昔話をアップしてくださったララ洋菓子店を是非応援せねば! とグー

今回訪れたら、定休日で。ガックリ

 

 

ララ洋菓子店は喫茶店にもなっていて、カップ1

なんと太宰治も三島滞在中はしばしばその喫茶店を訪れたらしい。Tヤマびっくり

 

定休日の翌日、今一度訪れて、無事入店。チョキ

1階でケーキを選んで、2階の喫茶店へ。音譜

 

残念ながら、太宰が訪れた頃の面影はなし。ガックリ

お店の方は素敵な笑顔で、クラッカー

と~っても感じがよくベル

ケーキも美味しかったチョキ

 

のだが、喫茶店は人手が足りてないのか?

2階に上がると、トイレの臭いが鼻にちょっとついて、えっ

内装も…………むっ

不潔ではないが、どことなく雑然として……。汗

 

しかし、この、インテリアに手をかけてない感じが

緩くて和む……といえなくもない。ウシシ

 

肝心なのは口に入るもので。

「身元のわかる原材料」に拘って、安心して食べられるものであることがポリシーのようだ。当たり前のことのようだけど、今やそれが難しい。ここがポイントだよね。ダウン

 

身体にいいケーキを研究してるって感じなのだけど……。

 

当店の商品にはすべて低脂肪クリームを使用しています。

又、動物性凝固剤は使用して居りません。」とな。びっくり

 

「動物性凝固剤」……摂取したら身体に悪いの? はてなマーク滝汗

後日調べても、「動物性凝固剤」の危険性などはよくわからなかった。あせる

植物性凝固剤は寒天や葛で、動物性凝固剤はゼラチン……って感じ?はてなマーク

あとはチーズを作る「レンネット(牛などの唾液からとれる酵素)」とか?はてなマーク

「動物性凝固剤」が何を指しているのか、わからない。あせる

 

本来洋菓子に欠かせないバターやらクリームやらはそもそも動物性なのに、

「動物性凝固剤」を使用していないことにどんな意味があるのか?はてなマーク

詳しくお聞きしてくればよかった。トホホぐすん

 

おまけに、喫茶店の壁には大きめの革(?)が飾られ(?)ていて、はてなマーク

まるで絵(?)って感じにも見えるのだが、多少彩色がほどこされているような一枚の革に見えた。

あれはいったい……? はてなマークはてなマークはてなマーク

これも何なのか、ちょっと聞いてみたかった。ぐすん

 

ともかく、三島広小路交差点そばの「ララ洋菓子店」では、(他に支店がいくつかあるよう)

素敵な笑顔で、綺麗で美味しいケーキや焼き菓子が多種販売されており、キラキラ

2階は喫茶店で、

太宰の面影は一切なく、(←当たり前か笑い泣き

私の小姑根性がむずむずしてしまうほどニヤ

ゆるーい空間でありました。照れキラキラキラキラキラキラ

 

            あとひとつ つづく

AD

2017年三島散策 12 源兵衛川と雷井戸への道

 

三島の観光案内所で頂いたパンフレット「みしまっぷ 街中がせせらぎ」には、

源兵衛川で「川の中を歩けます!」とあるので、

まぁ、素敵! ラブと、源兵衛川に沿って歩いてみることにした。

源兵衛川中流部にあたる「水の苑緑地」から北上するように(駅方面に向って)歩き始めてみた。走る人

 

みよ、この清らかな川を! 緑が輝いているよ。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

川の中に木道が設置されていて、“川の中を歩け”ました! 気持ちいーよーっ!ゲラゲラ

夏なら裸足で本当に川の中を歩けたりするのかしら?(自然破壊になっちゃうか?あせる

 

鯉もいっぱいいた。ウインク

 

カルガモ(?)ちゃんたちも、夢中でお食事中だったり。ラブ

 

で、ここからちょっと北へ戻ったあたり、源兵衛川から東に100mほどのところに

雷井戸」なる、なにやらイワクありげな名前の井戸があるらしく、

行ってみることにしたら、

これがなかなか見つからなくて!滝汗

 

大通りと源兵衛川の中間辺りにありそうなのだが、

人に尋ねても皆さんご存じなかった。あせる

地図を見せても、アッチの方だねぇ、そっちの方だねぇ?と皆さん曖昧。滝汗

 

さんざん迷って結局見つけられたのだが、

実に迷ったので、本来どう行けばよかったのかをまとめておく。パンチ!

 

角が駐車場(?)になっていて松が生えているところに標識がある。松

(源平側の東、伊豆箱根鉄道の線路を少し南に行った辺り)

 

この標識どおりの方へ足をむけると、

行き止まりで。道は左右にいくしかない。あせる

矢印どおりに右へ行って、どこかで左にはいるんだろうな~

などとのんびり構えていてはいけない。禁止

遥かを見やってはいけない。禁止

 

右に進路をとったら、すぐ左への路地があるのだが、

これだ!クラッカー

よくみると、路地の地面に矢印がっ!!!ポーン

 

どこかなぁとキョロキョロ探している私には、こんな地面の矢印なんて目に入らなかったよ。

せめて立て札なりたてておいて頂ければ迷わぬものを……っ。えーん

 

立て札が無理なら、思い切って白ペンキで地面に「雷井戸はこちら↑」などと大きく路地いっぱい使って書いておいてくれれば目についたかもしれないよ~。えーん

 

ともかく、この路地を矢印通りに進み下りていくと、雷井戸チョキ

 

井戸は今はもう使われてないらしいが、

この井戸から今も水はこんこんと湧き溢れているのであった。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

清流でしか生きられない梅花藻が元気に花をつけていた。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

水がどれほど澄んでいるかの証明だね。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

途中にあった注意書きには、

ここは住宅街のプライベートな空間です。(中略)思いやりの心を持って湧き水や梅花藻を静かに鑑賞してください。」って。注意

 

プライベートな敷地だから、まともな標識を立てることができなかったのかな?あせる

でも、ちゃんとわかりやすく表示してくれないと、

私のように迷って人のプライベートな敷地にいつのまにか入ってしまうぞ。滝汗ねー

 

それにしても、雷井戸は今もこんこんと湧き出ているのに、

他の湧き水など枯れてしまったらしい。ダウン

雷井戸も昔のように住民達への供給ができなくなってしまったらしいが、

どうして湧き水は量が減ったり枯れたりしてしまうのだろう?ショボーン

(やはり工場誘致などの影響か?)

 

さて、雷井戸も確認できたので、再び源兵衛川へ降りてみる。

 

川の中の細い木道や石道ですれ違うのは大変。あせる

でも、“川の歩道”にはところどころちゃんと待避ポイントがあって、

みなさん、道を譲り合って歩くのであった。チョキ

こういう道をいつも散歩している三島の人々は、バランス感覚がおのずと鍛えられているのではないだろうか。

 

カラーは、鉢植えでお上品に育てられるイメージがあったけれど、

源兵衛川では川沿いにわさわさ自生(?)していた。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

木道が途切れ、岩しかなくなったので、川の中から頭を出している岩を恐る恐る辿って岸に辿り着いた。楽しかった~♪(ここら辺で一旦三島広小路の交差点付近に出る。)照れベル

 

                 あと一息、つづく汗

2017年三島散策 11 でんでん定食

 

三島旅行最後の日入ったお食事どころは、

鰻専門店というのではなく、

色々な定食がメニューに載っていて、

カウンターの中で大将(?)がずっと天ぷらを揚げるその音が勢いのある、

活気あるお店であった。ベル

観光客はもちろん、地元の人に愛されているお店という感じ?の高田屋さん。

 

鰻はもちろん美味しそうだったが、チョキ

 

私が迷わず注文してしまったのは、

深海魚でんでん定食ゲラゲラ

 

丼いっぱいに広がる大きな白身のお魚さんだった。酔っ払い

揚げてあるから、元の姿はわからないが、あせる

白身魚の淡白な味わいの魚だった。チョキ

はふはふのほふほふだった。ウインク

 

「でんでん」。

「でんでん」だよ! なんて可愛らしい名前! ラブ

で、「でんでん」って、どんなん?はてなマーク

 

後日調べたら、サーチ

(ネットより拝借画像)

……ではなく。あせる

 

ほっそりした「ナガオオメハタ」なる深海魚だった。クラッカー

(ネットより拝借画像)

 

参照:「ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑」:深海魚「でんでん」 :

 

 

沼津では「でんでん」、相模湾あたりでは「シロムツ」と呼ばれているらしい。

いいねぇ!ウインク

三島まで来たから食べられた味だね。ベル

 

できれば沼津まで足を伸ばして「沼津港深海水族館」に行ってみたかったのだが、

期せずして三島で深海魚でんでんが食べられて、嬉しかった。ウインク

 

             つづく