「2001年(中高年)夫婦世界旅行―妻編」の落ち穂日記


2001年(中高年)夫婦世界旅行―妻編」が中断したまま、もう何年も経ってしまった。
日々記憶が薄れていく。

話としてまとめるほどではないなぁ……と、
旅行記を完成させてから、補足としてまとめようかなぁ……と思い、
記事からは削除していた細かいことなどを、
とりあえず、備忘録として、思い出すままに記録しておこうと思う。



4 貫禄のミスター“自由旅”


マレーシア半島縦断自由旅行”で思い出したことを、もう少し。メモ




自由旅行が初めての我々は、
移動手段と、移動先での宿探しが、
まずは大問題であった。(°Д°;≡°Д°;)
「自由旅行」の課題は、「移動と宿」。
これに尽きるといっても過言ではないのではなかろうか。あせる


長距離バスの停留所は、たいてい町の中心からちょっと離れているから、バス
到着してから、安宿が集まっているあたりに、さらに移動しなければならず。あせる

さて、どう移動できようか、はてなマーク
どこら辺に移動しようかと、はてなマーク
安くていい宿はあるだろうかと、はてなマーク
新しい町に着くたびに、悩ましいのであった。叫び
(たいていは客引きのトゥクトゥクが待機していたが。)


移動前、少なくとも到着前には、ガイドブックをチェックして、サーチ
大体の見当をつけていた。

ガイドブックに場所やら値段やらが記載されていても、
実際に宿を下見してみなければ
なんとも、わからない。

それだけでもドキドキなのに、
小さな町では、ガイドブックに宿など一軒も記載されていないこともあった。あせる

それは、単にガイドブックに記載されていないだけなのか、
それとも、その町には本当に宿そのものがないのか……?

移動直後の疲れた体で、重いバックパックを抱えて歩き回って、
結局、宿がありませんでした、日が暮れちゃいました
……では、困る。ガーン

宿探しがしっかりできるように、到着は日の高いうちに……と心掛けて移動していた。
あせる




そんな我々が、
マレーシアのランカウイ島からタイのサトゥーンに着いたときのこと。





サトゥーンは国境の町だから、宿なりなんなりあるだろうと、
我々は最初、そう思っていた。

が、ガイドブックには宿が記載されていない。∑(-x-;)
ってか、ろくな地図も説明もない。∑(-x-;)
国境の町に宿がない……なんてことがあるだろうか?


しかし、サトゥーンは何もない田舎町らしい。
旅人は、泊まるなら、船でランカウイまで行って泊まってしまうので、
サトゥーンは寂れてしまって宿がない……なんてことも?
(情報が少ないと勝手な憶測が膨らむ。それに、ランカウイ島は、当時、既に、かなりリゾート地としてメジャーになっていたはず。)
無理して宿を探して泊まるほどの価値のある町かどうか……?はてなマーク


さて、
税関チェックも終わって、
サトゥーンの町に降り立つと、
やたら警官が多い。警官∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
茶色のぴちぴちの制服に身を包み、ナイスボディを見よ!とばかりに
すっくとそこら中に立っていた。
国境の町だから、警備だけは厳重なようだ?


客引きのトゥクトゥクもいない。汗
さて、どーする?

ふと見ると、我々と一緒に下船した白人の初老の男性(推定65~70?)がいた。おじさん
声を掛けてみた。
背広でもビシっと着たら、立派なロマンスグレーだが、
短パンにヨレヨレのTシャツにシューズ。実に軽装。
“自由旅でござい”ムードを全身から放出していた。


ひとり旅をしているという。
このまま、サトゥーンに泊まるという。

「え? サトゥーンに宿があるんですか?あなたはどこに泊まるつもりですか?」 
と聞くと、
「さぁ。宿があるかどうか、僕にはわらかない。僕はこの町は初めてなんだ。でも、まぁ、なにかあるでしょ。」
と至って暢気な返答。

いつも、泊まるところなどは、その町に着いてからサクッと決めるのだそうだ。
大抵(宿は)あるよ、と言う。
宿があるかないかなんて、心配もチェックもしないようだ。

「まぁ、探してみるよ。ひとりだから、気楽なものさ。」
と言って、にっこり笑っておじさまは
小さなバックパックをひょいと担ぎ直して、
足どり軽く、通りを渡って、何かしら建物が並んでいる方へと去っていった。
飄々と。
まるでその方向に予約を入れた宿があるかのように。
いや、まるで、宿があろうがなかろうが、どうでもよいように。(=◇=;)


我々は、唖然とした。


次泊まるところの心配など、しない。
次にどんな町に着くかなんて心配など、しない。
着いたら、そこで考える。
気に入ったら、泊まると決めて、宿を探すのみ。
なんと自由だ。
なんと自由な心だ。
これぞ自由旅の真髄ではないのか!


我々は移動の心配、宿の心配、体調の心配、
人に騙されまいか、物を盗られまいか等の治安の心配……etc.。

心配ばかりして、ビクビクして、
“自由旅”をしながら、全然心は自由ではない。(((゜д゜;)))


心底「心のままに」旅をする……

素敵!ラブラブ

……とは思ったが、

いかんせん、自由旅初心者の我々にはそれはあまりに無謀と思われ。汗


驚いたねぇ、凄い人だねぇと夫と顔を見合わせて、
「何の建物だかわからないけれど、ああいう建物の中に、実は宿なんかがあったりするのかね?」
などと、再びおじさまが去っていった方を振り向いたら、
おじさまの姿は既にどこかに消えていたのであった。早っ!Σ(=°ω°=;ノ)ノ


本当の「自由旅」ってのは、
本当はおじさまのように、心解き放たれたような旅人の旅を言うのだろうな……と思う。
風のように旅する……。

でも、それだと、旅の途中で死ぬなんてことも、あるかもしれない。ドクロ
飄々と見えて、命がけでもあるよね。


我々には、とてもそんな度胸も度量もない。汗
(若い頃は、“旅に病んで夢は枯れのを駆け巡”りながら死にたいものだと思っていたけれど。f^_^;)

身の丈にあった「自由旅行」をするしかない。
基本は、とりあえず“自由旅をして、生きて帰る”だと決めた。



AD
「2001年(中高年)夫婦世界旅行―妻編」の落ち穂日記


2001年(中高年)夫婦世界旅行―妻編」が中断したまま、もう何年も経ってしまった。
日々記憶が薄れていく。

話としてまとめるほどではないなぁ……と、
旅行記を完成させてから、補足としてまとめようかなぁ……と思い、
記事からは削除していた細かいことなどを、
とりあえず、備忘録として、思い出すままに記録しておこうと思う。



3 旅行前にしたこと ②旅のための自由旅行


次は、「自由旅行」へのチャレンジ!グー
海外旅行では、我々はまだ、「自由旅行」をしたことがなかった。ヽ(;´Д`)ノ

旅行会社に取ってもらった飛行機に乗り、
旅行会社に予約してもらった“それなり”のホテルに泊まり、
予定の日に予定の飛行機で帰ってくる……という
格安パック旅行しか、したことがなかったのだ。
陸路での国境越えも、未経験。┐( ̄ヘ ̄)┌
海外の安宿も未経験。┐( ̄ヘ ̄)┌


で、
試しに、
マレー半島縦断自由旅行”をしてみようじゃないか!ひらめき電球
ということになった。


で、
一番最初の到着地でのホテルだけ日本で予約して、
バックパック背負って、旅に出た。走る人


成田からシンガポール
シンガポールから陸路、長距離バスに乗って移動。
国境を越えて、マレーシアのジョホールバルへ。
その後、マラッカ(ムラカ?)。
マラッカからは長距離バスでバタワースへ。
バタワースから船に乗って、ペナン島ランカウイ島と旅し、
サトゥーンからタイに入国。
さらに北上を続け、
ハジャイ(ハートヤイ?)、スラータニー(スラートターニー?)、ホアヒン(フワヒン?)、
そして、バンコクをゴールとして、
日本へ帰国した。走る人


約1ヶ月ほどの旅。
行く先々でインフォや、食堂や宿の旅ノートをチェックして、情報収集しては、
次はどこに行くか、ここにはいつまでいるか、
移動はバスにするか列車にするか、
どこで降りるか、どこに泊まるか、
その日その日、出会うもの、気づくもの、気分や体調次第で
自由に移動したり泊まったりの日々。

……というと、聞こえはよいかもしれないが、

自由旅が初めての我々には、
それらもいちいちドキドキで。(°Д°;≡°Д°;)


第一、「自由」と言っても、そうそう思い通りにはならず、
丁度いい移動手段がなかったり、宿を探すのに1日がかりだったり、あせる
多くの不自由を抱え込んでいるのが自由旅なのだと知る。(=◇=;)
(旅行会社が決めてくれてる旅程って、楽なんだなぁ~。汗

でも、

旅行会社におんぶに抱っこの、決められた行程をなぞる安心な旅ではなく、
すべて自分達の責任で旅することの自由さ!クラッカー
旅をしているのは、この俺だ!的な主体感とでもいうのだろうか。
楽しくて仕方がない。о(ж>▽<)y ☆

もちろん、何が起ころうと、すべてが、自分の責任でもあり、
自分で処理しなければならない。
全て自己責任だという覚悟はあるが、
そうはいっても、一個人の力では処理できないことも出てくるかもしれない。
そのときはどうする……?という不安も感じる。(((( ;°Д°))))



マラッカでは、旧日本帝国陸軍製造(?)の正露丸を薬局のショーウィンドーに見ながら、独特な古い町の情緒にどっぷりと浸った。
ホテルの向かい側の道端で、
何時間もの間、3分と休むことなく、なにやら美味しそうなものを焼いては売り続ける屋台のお爺さんの、無駄のない見事な動きを、
じーっと観察し続けられたのも、自由旅ならではの自由だ。
(その屋台には、後から後からお客が来て、客が途絶えたとしても、3分以内には次の客がくるのだった。)


バタワースのバスターミナルでは、
バス停のベンチにバスがバックしながら突っ込んできて轢かれそうになったり。ドクロ
(これは以前アップした。→「バタワースのバスに轢かれます。。。。」


ペナン島の安宿で夫のバックパックが壊れ、
ちょっとしたネジなどは、そんじょそこらに売っていないという文化の違いを感じたり。えっ


でも、宿のおじさんが秘蔵(?)しているネジを分けてくれて、
なんとかバックパックを修理できたので、
「ない」ところには、「ない」なりの工夫と知恵があるものだと納得したり。




ランカウイ島の安ホテルでは、みなさん(イスラム教系)、
靴を部屋の廊下に並べているのに驚いたり、
ホテルの朝食が激不味いのに、みなさん、文句も言わずもりもり食べていて驚いたり。


とにかく当時のマレーシアってのは、
お茶だろうが、ジュースだろうが、激甘くて、砂糖の摂取量が半端なく、
「砂糖を抜いて!」とお願いしても、「砂糖を抜いた」と言われて出てきたものさえ、震えがくるほど激甘だったり。おえっ!


タイに入って、やっと砂糖入り激甘飲み物から解放されると喜び、
うっかりマクドナルドでアイスコーヒーを飲んだら、
やはり激甘だったり。おえっ!


ホアヒンの浜辺を延々と歩いて、砂浜に、
小さな穴を中心にして、見事にまぁるい砂玉が放射線状に綺麗に並べられているのをたくさん発見したり、(-^□^-)

夕暮れ時の引き潮時には、みなさん、遠浅になる浜辺に貝を拾いに現れ、それは今夜のおかずになるのね……と、
ほのぼのとした夕餉が目に浮んだり。( ´艸`)

ホアヒンの浜辺で放射線状に砂玉を作り出していた奴が、
何とか言う小蟹の仕業であることを、バンコクの本屋さんの図鑑で見つけ(タイ語と英語だったので意味不明)、納得したり。かに座

ホアヒンの砂浜を茶店を求めてずっと歩いていたら、
やっと、砂浜から直接歩いて入れる階段があり、
上がっていくと、
おしゃれな広々したカフェのようなプールサイドがあって、クラッカー
ここでお茶しよう~♪とチェアに座り込んで、ほっと一息つこうと思ったら、
そこにいた先客が困ったような妙な顔をしてこちらをじろじろ見るので、
何やの? じろじろ見て、いやん……と思っていたら、むっ
そこはその人のお家の庭=私有地だってんで、
我々は勝手によそ様の庭に入り込んだ不審者だったわけで、叫び
こっちこそがお呼びでない存在だったとわかり、
それでも、お金持ちなのだろうその家の人は、「いいから休んでいきなさい」と親切に言ってくれたり、
そんな! とんでもございませんーと、慌てて退散したり。あせる


やっと見つけた小さな食堂に入ってみれば、
出っ歯で歯欠けの面妖なおじさんがにっこり迎えてくれたはいいが、
他に客一人いない小汚い店で、
出てきた水を飲もうと手にすると、コップの底に虫がぺったんこにつぶれて張り付いていたり、叫び
それなのに、注文した魚肉入りスープは滅茶苦茶美味しかったり。Σ(=°ω°=;ノ)ノ




ボラレるんじゃないか? とビクビクしながら会計していたのに、全然問題のない精算で、
なんだ……まともないい店じゃん、いい人だったじゃん……と、
はなから人を疑ってかかる自分に嫌気がさしてきたり、がくり

そうかと思うと、
大きなちょっとお高いお店だからと安心していたら、
隣のテーブルで食事している大家族の伝票を請求されていることに気づき、
文句言ったり。パンチ!あせる

旅行会社が連れて行ってくれるレストランでは味わえないスリルと美味さのお店は
こうして見つけるのだ……と覚悟ができたり。汗


途中、感じのよい日本人カップルに出会い、
ちょっと話をしてそのまま別れたのだが、
後で、
日本人カップルを装って、日本人旅行者を騙したり物を取ったりする
けしからぬ日本人2人組みがいる

という情報を知り、Σ(~∀~||;)
もしや彼らか? と疑ったり、ガックリ
愛想がいいから、日本人だから、旅人だからといって、いい人間とは限らない!注意
と肝に銘じたり……。


「自由」な旅の「自由」とはなんたるかを、
あれこれ、体に刻み付けられた旅であったのだった。(^_^;)
AD
「2001年(中高年)夫婦世界旅行―妻編」の落ち穂日記

2001年(中高年)夫婦世界旅行―妻編」が中断したまま、もう何年も経ってしまった。
日々記憶が薄れていく。

話としてまとめるほどではないなぁ……と、
旅行記を完成させてから、補足としてまとめようかなぁ……と思い、
記事からは削除していた細かいことなどを、
とりあえず、備忘録として、思い出すままに記録しておこうと思う。






2 旅行前にしたこと ①旅のための1人旅




いい年(アラフォー)をした夫婦が、仕事も辞めて1年間旅行に出る
……ということは、
かなり思い切りのいることではあった。ラブラブ


私はバイトを辞め、夫も会社を辞めた。
夫の方は、失業手当が出るので、それを受け取ってから、旅行に出ることにした。お金


で、その失業期間、“旅慣れる”ために、
まず夫に一人旅をしてもらった。1


結婚してから、
ハワイだ、香港だ、タイだ、オーストラリア、タヒチだ、ニューカレドニアだと、
いわゆるパック旅行は二人で何度か行き、
海外旅行にはそれなりに慣れている自信はあったが、
夫はまだ一度も、一人旅をしたことがなかったのだ。Σ(~∀~||;)


もともと、私ほど“旅好き”というわけではなかった夫。
どこかに誰かと一緒に旅行するのは好き(できれば、南の海)……というくらいで、
“旅そのものが好き”かというと、どうもそうではないようだった。むっ



ここは一番、ひとり旅に出てもらって、
旅そのものを見つめて頂かなければ……と密かに私は思った。| 壁 |д・)



世界一周旅行前のウォーミングアップとしてひとり旅を勧めてみたら、
夫はすんなり乗り気になって、チョキ
とりあえずは、旅行会社の“パック旅行”なれど、
フリープランのものを選び、
ひとり、タイのプーケットへと旅立ったのだった。走る人


そして、1週間ほどすると、
夫は目をキラキラさせて帰ってきた。キラキラ
私の予想以上にひとり旅を満喫したようだった。


……といっても大したことは何もしなかったらしく、
観光などもせず、
ただ気に入った海へ毎日ぷらぷら散歩しては、
マクドナルドのソフトアイスクリームが大層美味しいことに気づき、
そのうち、マクドで毎日のように居合わせた
同じようなひとり旅の若者と言葉を交わすようになり、
片言の英語であれこれ、旅人同士で話をするなど、
ひとり旅の醍醐味を味わったようだった。チョキ



よしっ!チョキ
AD
「2001年(中高年)夫婦世界旅行―妻編」の落ち穂日記


2001年(中高年)夫婦世界旅行―妻編」が中断したまま、
もう何年も経ってしまった。ガックリ
日々記憶が薄れていく。叫び

話としてまとめるほどではないなぁ……と、あせる
旅行記を完成させてから、補足としてまとめようかなぁ……と思い、あせる
記事からは削除していた細かいことなどを、
とりあえず、備忘録として、思い出すままに記録しておこうと思う。あせる





1 帰国直後の第一印象

1年間の世界旅行から帰ってきて、
よく「浦島太郎のような気分じゃない?」と聞かれた。
1年間日本を離れて、すんなり日本の生活に馴染めないのではないか? と。

2001年、小泉政権に変わって、日本にも新しい風が吹くか?的なムードに盛り上がっていた日本。
一方、小学校でいきなり数人の小学生たちが殺されるなどという凶暴な事件なども起こっていて、9月11日には例の“セプテンバーイレブン”が起こった年であった。


しかし、
帰国して、隔世の感は、まったくなかったのだ。

一晩眠って、
“1年間の世界旅行”という長い愉快な夢を見て、
いつものように目覚めた翌朝の気分。
なんの違和感もなく、昨日の続きのように、普通の生活を始めていた。
我々の周りの状況は、近所の商店街の店がひとつふたつ様変わりしただけで、
平安な日常に何にも変わりはなかった。
(我々が無職状態であるという問題点を除いては、だが。)


だが、
前々から感じていたことではあったが、
帰国して、はっきりと、
心底ぞっとしたことが1つあった。ガーン

それは、TVに映る日本人の曖昧な笑顔だった。にひひ



アンフェアな目に遭って怒っているはずなのに、
にやにや笑って、「困っちゃいますよね~」ニヤニヤ

呆れる犯罪に対して、
にやにや笑って、「許せないですよね~」ニヤニヤ

笑っている場合じゃないのに、
どーして、にやにや笑っているの? 
と、ぞっとした。(((゜д゜;)))

自然災害に遭った方々が、もう笑うっきゃない状態で、
苦笑まじりにコメントを言うのは、わかる。

しかし、それ以外について、
悲惨な事故や卑劣な事件に対して、
にやにや笑っている日本人……こんな民族、他にはいないだろっ!
と思ったことであった。( ̄□ ̄;)!!


1年間日本以外の国にいて、
こんなににやにや笑う人は、大抵は悪い奴だった。
愛想笑いさえない国の方が多かった。
日本人のこの曖昧な笑い、にやにや笑いは
外人からしたら、とても不気味に映るだろうと思われた。


憤慨していてさえニヤニヤ笑う日本人……ニヤニヤ

そして、その印象は、10年以上経った今も続いている。
……というより、「印象」ではなく、
明らかに”にやにや笑い“って多いよね。
なんなんだろう、あれは……。


竹中直人の「笑いながら怒る人」という芸が以前あって、
見事に日本人を揶揄しているなぁ!と感服したことだったが、
それはいまだに変らない。
あれは、まだ「笑い」顔が明確で面白かったが、
実際、TVなどで見られる「笑い」は、“にやにや”としたもので、
薄気味悪い。

にやにや笑う……って、すっごく感じ悪っ!!!((>д<))


でも、日本人って、シャイだから、
街頭でいきなり番組クルーにマイク向けられたり、意見求められたりすると、
恥ずかしさを誤魔化そうとして、無意識に“にやにや”笑っちゃうのだろうか?はてなマーク

相手を批判するような内容のときは、特に、「和」を保とうと、
無意識に“にやにや笑顔”を作ってしまうのだろうか。はてなマークドキドキ(ノ^^)八(^^ )ノ

“にやにや笑い”は、日本人の遺伝子のなせる業なのだろうか。はてなマーク


私も、もしいきなりマイクを突きつけられて、マイク
「消費税アップをどう思われますか?」なんて聞かれたら、
「え~? うふふ~。いや~、まず無駄遣いをやめるなど、
すべきことをしてからにしてほしいですよね~? どへへへへ。にやにや 」
と、にやにや笑いながら答えてしまうのだろうか……
と、ちょっと怖い。ガーン