2016年2月中旬、下田桜祭りと吊るし雛の旅
(老母と姉との3人でのプチ旅行の備忘録です。)



伊豆稲取の矢沢ヨロシク


今回の旅で最も印象深かったのは、
河津の次に、伊豆稲取で途中下車したときのことだ。クラッカー

伊豆稲取は“吊るし雛”も有名らしく、
初孫の女の子に吊るし雛を買ってあげたい姉に付き合って、
吊るし雛を物色した。走る人

町では折りしも“吊るし雛祭り”が開催されていて、クラッカー
会場が幾つかに分かれているようで、
老母と一緒では回りきれないので、あせる
端からそれは諦め、
吊るし雛のお店(……なのだか?何でも屋さんに見えたが。)で、吊るし雛を購入して、
さぁ、ちょっと遅いお昼を食べて帰ろうと、適当な店を探した。ナイフとフォーク


お目当ての店は、昼時を随分過ぎたというのに行列なので諦め、時計
他にもお店はあろうと探す。サーチ

もう歩くのは嫌だという老母を励まし励まし、(…って、駅から15分ほどしか歩いてないのだが)あせる
観光パンフレットに載っている近くのおすし屋さんに入ってみた。DASH!


暖簾も玄関ドアも綺麗な感じだけど、なんとなく静まり返ったムードのお寿司屋さん。キラキラ
営業してるよね? と恐る恐るドアを開け、汗| 壁 |д・)
店の中に一歩入った途端に、一瞬妙な空気。はてなマーク

中に客は1人もおらず、
昼の一仕事を終えたところなのか、
店主らしき若い男性が店の隅に備え付けられている小さなTV画面に見入りつつ
テーブルなどを拭いているところだった。Σ(・ω・;|||

テレビ画面から目を離さない店主……?(=◇=;)
テレビ画面はテレビ番組ではなく、なにやら音楽コンサートの模様。
ま、まぁ、お客が引いたときくらいは、アリかな?あせる


感じはいい。
と見ると、店主は矢沢の永ちゃんだった!Σ(・ω・ノ)ノ!

若き永ちゃん
(ネットより拝借画像)

もとい、
昔の永ちゃんのような? リーゼントの大将?∑(-x-;)

大将
(写真アップの許可を頂いたが、念のため、ちょっと目隠しさせて頂きます。得意げ

よく見ると、“YAZAWA”のペンダントを
寿司職人ウェアからイナセに覗かせている。о(ж>▽<)y ☆

驚きつつ、ついカウンターに座っちゃった。(≧▽≦)
カウンターに座ったら、目が点になった。(゚Ω゚;)

カウンター1

カウンター2

カウンターのガラスケースに並んでいたのは、
新鮮なマグロでもイカでもエビでも卵焼きでもなく、
永ちゃんグッズ!Σ(=°ω°=;ノ)ノ
端から端まで、永ちゃんグッズ!Σ(~∀~||;)


「えっと、お寿司、何があるのかな?あせる」と
大抵は壁に張り出されているメニューを探すと、
壁から食器棚から、店中、YAZAWAだ!∑(゚Д゚)
TV画面も永ちゃんのコンサートのDVDのようだ。
カレンダーには永ちゃんのコンサートの予定が書き込まれている。

店中


とりあえず、お任せで頼んでみた。あせる
どうやって寿司を握るのか? と返って興味津々。( ´艸`)

すると、ちょっとしゃごんでカウンターの下に冷蔵庫があるらしく、
ネタを出しては握ってくれるのであった。(-^□^-)


最初にオレンジがかったピンク色のタネが出た。
「これは、何ですか?はてなマークあせる」と聞くと、

「マグロだよ」と永ちゃん風に。о(ж>▽<)y ☆(「YAZAWAだよ」って感じ。)
恐る恐る食べると、これが、とろりとして美味しい。(°∀°)b
確かにマグロの味だ!脂が乗っていて、美味。


次から次へと出てくる寿司が、どれもちゃんとしたお寿司で、о(ж>▽<)y ☆
店のあり得ないインテリア(?)とまともなお寿司とのアンバランスに
キツネにつままれたような気分になりながら、あせる
やっぱり寿司は美味しかったのだった。チョキ

しかも、老母の食べる速度に合わせて握ってくれているようで、
細やかな心配りも感じさせる。ドキドキ


店中に飾られた永ちゃんを見ると、
永ちゃんに現を抜かしているんじゃないか?と不安になるが、
これが意外にも、仕事が丁寧。丁寧なお寿司。キラキラアップ


永ちゃんについて語るその嬉しそうな笑顔は
実に優しく、お寿司も不思議なのだが、優しいお味なのだった。ラブラブチョキ

ここ、永ちゃん好きにはたまらない寿司屋さんかもしれない。о(ж>▽<)y ☆
永ちゃん好きでなくとも、普通に美味しい。( ´艸`)
お値段も良心的。お薦めです。合格
(でも、私としては、ガラスケースにはお寿司のタネを並べておいてほしいが。べーっだ!

 
金寿司さんhttp://r.gnavi.co.jp/9mc9a3gw0000/


で、あれこれ楽しく永ちゃんの話など聞いているうちに、
吊るし雛祭りの話になり、
祭り会場にも足を伸ばすことを勧められた。
その寿司屋さんから歩いて10分ほどだという。


が、老母がその10分も歩くのがしんどいのだという話をしていたら、
「じゃ、車で送ってあげるから。」(永ちゃん風に。о(ж>▽<)y ☆「YAZAWAだから。」って感じで。)

ええ? だって、そりゃ、ありがたいけれど、
お店は?あせる

と、逆にうろたえる我々に、“永ちゃん大将”は、
「大丈夫。閉めてくから。」と。にひひ(やはり永ちゃん風に。)

まじ? と驚いていると、
いつの間にか店の前には
“永ちゃん号”が!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

YAZAWA号


YAZAWAバリバリ!キラキラ
車のナンバーもYAZAWAバリバリ!チョキ
徹底している。о(ж>▽<)y ☆
心底永ちゃんがお好きなんですね。(-^□^-)


ロックな運転かと思いきや、実に安全運転で、
車で会場まで送ってくれた後は、
会場から出てる駅までのシャトルバスのことなどを教えてくれて、
最後の最後まで親切で優しい稲取のYAZAWA大将なのであった。ラブラブ

しかも、もうお腹一杯になってきた老母の様子を見てか、
海苔巻き(梅干だったか)をカウンターに出さず、お土産に包んでくれた。
ひと手間を厭わないその心配りも嬉しかった。ラブラブ


永ちゃんのファンは、永ちゃんの生き方にも共感しているのだから、
自分の仕事にプライドを持って、頑張っている人が多いのかもしれないね。ドキドキ


大将の永ちゃん好きっぷりに驚き楽しめたお寿司屋さんだった。クラッカー
矢沢永吉さん、食べにいってあげてほしいなぁ。( ´艸`)

余計なお世話だけど、最近の永ちゃんのヘアスタイルを真似た方が、寿司屋としては、いいんじゃないかな? よろしくっ。

最近の永ちゃん
(ネットより拝借画像)



大将のお蔭で訪れることができた“吊るし雛祭り”会場では、
古い吊るし雛や巨大吊るし雛なども見られ、なかなか見応えがあった。

巨大吊るし雛

巨大お雛様



伊豆稲取は、江戸城築城のための石を掘り出したところでもあったらしく、
歴史探訪をしても楽しかったかもしれない。

石運び

稲取駅前



3度ともカメラを向けるとそっぽを向いたにゃんこ。(;´Д`)ノ

にゃんこ



                 おしまひ







AD

河津川の鳥見

2016年2月中旬、下田桜祭りと吊るし雛の旅
(老母と姉との3人でのプチ旅行の備忘録です。)

河津川の鳥見


河津

南伊豆を後にし、下田からちょっと北上し、河津にも寄ってみた。アップ

河津桜も満開。桜人もわんさか。@w@あせる
南伊豆で河津桜並木を満喫してしまった私には、
もはや河津の人ごみには耐え難いものがあった。叫び
屋台も多く並んでいるから、余計“賑わい感”がさらにあるのかな。
その賑わいも楽しみたいなら、河津は楽しいかもしれない。
やはり屋台が並んでいると、ムードも盛り上がるものね。クラッカー


メジロちゃんは河津の方が多い気がする。
一枚も写真に撮れなかったけれど……。スバシッコイ

河津桜

コガモ?

コガモ


イソシギ?(クサシギ?)

イソシギ


セグロセキレイ?

セグロセキレイ

オオバン?

オオバン

これもオオバン?

黒オオバン


どれひとつとして、はっきり鳥の名前がいまだに言えない私でありました。ナサケナシ(/ω\)

それでも、
桜並木より川の鳥たちを楽しんだのでありました。(=⌒▽⌒=)音譜





AD
2016年2月中旬、下田桜祭りと吊るし雛の旅
(老母と姉との3人でのプチ旅行の備忘録です。)

青野川沿いの鳥見とガマ地蔵と葱の小鉢


南伊豆、下賀茂温泉には青野川二条川が東西に流れていて、
朝は霧だか靄だか温泉の煙だか?温泉
もやって美しい。キラキラ

朝の桜


カルガモ?

カルガモ?


ホオジロ?

ホオジロ?


ガマ地蔵」なんて看板を見つけたら、寄らずにいられません。о(ж>▽<)y ☆

ガマ地蔵説明板

境内に入っていくと、人気もなく、
手入れもあまりされていないみたい?オバケ
まるで廃墟になったばかりのような簡素さ。(=◇=;)
慈雲寺(ジウンジ)」なるお寺だった。

慈雲寺本堂


境内には蛙の置物がぽつぽつ置かれているが、お地蔵さんは見当たらず。あせる
一番大きなこのガマがお地蔵さんなのかな?はてなマーク

巨大ガマ


昔、慈雲寺の池に大きなガマ蛙が住んでいて、みんなに愛されていたが、ラブラブ
青野川が氾濫したとき流されてしまった。あせるカエル
和尚さんは毎日ガマの無事を祈った。(。-人-。)

ガマは流れ着いた先で、人間に姿を変えて生きていたのだった。チョキ
で、まぁ、そんなこんなで、ある時、和尚さんは大きな袈裟をある男からプレゼントされる。プレゼント(この男がガマちゃんだというわけね。(-_☆))

それは「ガマの袈裟」として、今も寺の宝として本堂に飾られているベル

とな!Σ(=°ω°=;ノ)ノ


それ、見てみたい!ラブラブ
と思ったが、朝早いせいか、本堂は閉じられたまま。汗
勝手に開けて覗き見るわけにもいかず。ガックリ


いつの間にどこから現れたか、
にゃんこが、「勝手なこと、するにゃよ~」と
私をじーっと見張っているのであった。Σ(・ω・;|||

見張りにゃんこ


結局、ガマ地蔵さんはどれだかわからなかったな~とお寺を後にしようとしたら、

ガマ地蔵

入口の説明板の前にあった! これぞガマ地蔵!ビックリマーク

看板の「ガマ地蔵」という言葉に見入ってしまって、
すぐ横にあった肝心の“御本尊”を見逃していたとは、我ながら呆れる。(/ω\)
私は物より物語の方が好きなのかもしれない。(ってか、視野狭過ぎ。ガックリ





宿の朝食では、「黒い蕎麦」が出た。
「黒船」をイメージしてるんだろうね。船

葱の小鉢


あれもこれもとテーブルに並んで、朝っぱらからご馳走だった。あせる
色々趣向を凝らしたおかずを盛った小鉢が並び、
あっちには味噌汁、こっちには温泉玉子、そっちにはご飯……と
わっと並べられると、どれから食べてよいものやら、困っちゃう。ヽ(;´Д`)ノ


とりあえず、せっせせっせと手当たり次第に手にとって食べていたとき、あせる
蕎麦の前にお新香の小鉢と葱の小鉢が並んでいて、Σ(・ω・ノ)ノ!
特に葱の小鉢に目を奪われた。ラブラブ!

葱の白さがとても美しかったの。キラキラ
あぁ、葱だ。美しいね。綺麗に切れらているね~と、
惹き付けられるままに黙々をその小鉢の葱をシャクシャク食べた。ドキドキキラキラ
ワサビが添えられていて、
このワサビがまた美味で、葱の辛味と甘味を引き立てること!アップOKラブラブ音譜

隣のお新香の小鉢は後でいいや、
次に手近にある蕎麦に……と蕎麦を食べ始めたとき、
何か物足りないことに気づく。えっ

蕎麦の薬味の葱がない、ワサビもない……。はてなマーク

あちゃ? 先に平らげちゃった“葱のワサビ添え小鉢”は、蕎麦用だったんだ?!∑(-x-;)


蕎麦の薬味としての葱とワサビを、ちゃんとした一品料理として食べるアフォは私だけ?ガックリ


馬鹿ね~と姉に笑われ、見ればわかるじゃない、と呆れられた。
こんなにごちゃっと置かれたら、わからないよー!と私は思うのだが、
普通はわかるらしい?汗

ま、一品と思えるほど美味しい葱とワサビだったのは、確かどす。( ´艸`)



AD
2016年2月中旬、下田桜祭りと吊るし雛の旅
(老母と姉との3人でのプチ旅行の備忘録です。)

南伊豆の菜の花と桜祭り


南伊豆を味わおうと、
下田からお宿の送迎バスに揺られて、30分ほど。電車
(「送」の時は、なんとたったの10分ほどだった道のり)


下賀茂温泉と称される地域には、
すぐそばに「南伊豆の桜祭り」の会場があり、
河津桜(?)並木が青野川沿いにずらーっと咲いているのであった。桜
(桜並木、急いで回れば、一周30~60分ほどかも。)

静かな並木


時折、近所にお住まいらしき人が1人、2人、通りかかるくらいで、
至って人気がない。オバケ
静かに、桜満喫できる穴場だ!クラッカー
背の低い、濃いピンクの桜は、“河津桜”のように思われる。

川と桜並木


菜の花畑はもうちょっと離れたところにあるので、行かなかったけど、あせる
この桜並木の土手にもいっぱい咲いていた。チョキ
桜と菜の花って、よく合うね~。クラッカー
あ~、川に桜に菜の花。鳥の声。気持ちいい。音譜

どうしてみんな、あんなに人でごった返している河津に押しかけるのかしら?はてなマーク
ちょっと南伊豆まで足を伸ばしたら、こんなにゆっくり静かに桜が見られるのに?はてなマーク

……と、甚だ疑問だった。(自分もかつて何度か押しかけた口だが。(●´ω`●)ゞ)

敢えて言えば、河津とは“満開感”が違う……?はてなマーク
なんだろう? と首をかしげていたのだが、

どうやら木と木の間隔の取り方が違うのかな?ひらめき電球
河津の有名な桜並木は、もっとびっしりと隙間なく植えられているイメージ。桜桜桜
それでむせ返るような“満開感”が盛り上がるのかな?アップ

南伊豆の桜並木は、むせ返るほどの満開感は味わえないが、桜 桜 桜
間隔が空いている分、ゆったりとしたちょっと淋しいような静かな感じが、キラキラ
これはこれでとてもいい。クラッカー

月と桜。

月と桜

カラス。(ハシブト?)

カラス
「え~月じゃ~、え~桜じゃ~。川の水もええのぉ」
2016年2月中旬、下田桜祭りと吊るし雛の旅
(老母と姉との3人でのプチ旅行の備忘録です。)



寝姿山の見張り所の復元と当時の大砲

幕末、1853年、黒船が来てから、日本はテンヤワンヤだったわけで、DASH!
1854年、即時開港させられた下田はなおさらテンヤワンヤだったわけで、(((゜д゜;)))
おまけに1854年、
なんと「安政の大地震」(ウィキ)が起こった!Σ(=°ω°=;ノ)ノ
南海トラフ巨大地震」ですと!ヽ((◎д◎ ))ゝ

それは、「日本各地で連発した大地震」だったそうで、ドクロ
1854年だけでなく、1855年も、続々と
安政東海地震および安政南海地震も含める場合もあり、さらに飛越地震、安政八戸沖地震、その他伊賀上野地震

……と日本列島が揺れまくったらしい。(((゜д゜;)))メラメラ


政治的にも地震的にも揺れまくった1854~55年だったわけだ。あせる
さぞ怖かったろう。


下田も相当被害を受けたようだが、あせる
それでも、黒船を見張るために、急遽下田の寝姿山に
見張り所」を作りなどしたらしい。グー

穏やかな湾の中に黒船を見たら、びびったろうね~。

下田港

大砲は、「その頃、米国船に搭載してあったもの」とのこと。
随分小さい。方角を測る機器かと思っちゃった。べーっだ!

大砲



ウミ
今は静かで穏やかな下田からの海である。キラキラ


オマケ情報:

寝姿山の上には、「日本最初の商業写真家、下岡蓮杖 シモオカ レンジョウ記念館」があるのだが、


土曜・日曜・祝日のみ開館」……。ズゴンガックリ