弱り目に祟り目に黒いダウンの天使

 

2月に入ってから、突然立って歩けなくなった老母の介護に、

実家と家との往復の日々。あせる

ひかも、JRがしょっちゅう「人身事故」だの「線路内点検」だの何だのと

止まる止まる。ゲッソリ

片道3時間なんて日もある。ショボーン

 

一番大変なのが、同居している兄で、

母のトイレにつきそうために、夜中もろくに熟睡できない。叫び

姉と私は相談して都合をつけあって介護に通っている。(1週間のうち5日)あせる

 

 

大好きな太極拳へも行けず。えーん

自分の家の家事は手付かずのまま溜まるので、

フリーの日に一挙にあれこれ片付ける。あせる

 

で、先日、

自分の家のキッチンを掃除し、

ゴミ袋を交換しようとしたとき、

新しいビニール袋がはらりと手元から落ちた。

おっと!

ビニールが床に落ちる前に蹴り上げて取り直そうと

私はひょいと片足を振った

その時、

ビニールを蹴る前にキッチンの足元の棚の出っ張りをしたたか蹴りつけてしまった。

ぐぎっ!ゲロー

 

見ると、右足小指が外側に30度ほど曲がっている?滝汗

慌てて真っ直ぐになるよう小指を引っ張った瞬間あせる

ボキポキパキって音がするじゃないww。笑い泣きいやーん。

 

以前足の親指の上に電気ポットを落して骨にヒビが入ったことがあったが、ドクロ

あれより痛い……。ダウン

 

昔、滑りこむように転んで、右手小指が外側に90度曲がったことがあるが、ドクロ

それと同じ位痛い……。ダウン

 

骨折だった。ゲッソリ

 

このクソ忙しいのに、骨折とは……。

痛いし、不便で仕方なし。汗ガックリ

 

なにより満員電車が怖い。あせる

ちょっと触れられただけで痛いんだもの。

ラッシュアワーは避けたいけれど、

母が早く来てくれとSOSが鳴り止まないので、

意を決して満員電車に乗らざるをえない。あせる

 

とにかく牛歩で前進はできるので、時間をかければ移動は出来る。チョキ

しかし、どやどやと通勤の殺気だった人の波の中では

なんともお邪魔な存在ではある。あせる

 

埼玉県エリア、東京エリアでは、後ろからぶつかってくる人が多い。ぐすん

横浜エリアではぶつかっては来ないが、やたらじろじろ見られる。アセアセ

なかなか辛い電車通いである。汗

 

が、

先日、満員の電車に乗ったとき、(埼玉エリア)

私の次に乗り込んできた女性は、

普通は背中を向けて前の人を電車の奥へ押し込むように乗ってくるのだが、背中

その人は、

私の方を向いて乗ってきて、にこ

彼女の背後から乗り込んでくる人々を背中で受け止めるように私の前に立った。仁王立ち

そして、発車し始めた電車の揺れに踏ん張りかねてちょっと横に倒れかけた私の肩に

彼女はそっと手を掛けてくれた。パー

無言のまま、「大丈夫?」とその目は言っていた。えっ

見ると、電車の揺れに合わせてのしかかってくる男性たちの重みを彼女はその背でがしっと受け止めて、私の方に掛らないようにしてくれているではないか。びっくり

私と彼女の間にはささやかながらも空間が出来るようにして、私の骨折した足を周りの他の人がうっかり踏まないように空間を作ってくれていたのであった。ドキドキ

 

最初、変わった立ち方をするな?と思ったのだが、

それは彼女の心配りだったのだ。

なんとありがたいことか!笑い泣き

なんと優しい人なんだろう!笑い泣き

これ見よがしに背後から荷物や体をぶつけて追い抜いていく人が多い中で、

彼女は天使だった。ドキドキ天使

顔はむしろちょっとむっとしたような怖い表情だったが、あせる

それは華奢な体ながら満員電車の圧迫をその背で受け止めて押し負かされないように力いっぱい踏ん張っていてくれたからなのだった。グーあせる

 

元気でもしんどい満員電車で、

朝っぱらから余計な力を使わせてしまって

申し訳ないやらありがたいやら。(つД`)ノ

ありがとう! 黒いダウンジャケットのあなた。ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

あなたに素敵なことが、ハッピーなことがたくさんありますように!!!!!(。-人-。)

 

で、私はというと、

骨折からほぼ1週間経たんとするとき、

料理中に盛り付けていた皿が落ちそうになり、えっ

またもうっかり右足が出て、右足

――落ちるものは何でもつい右足で受け止めようとするのね。あせる(///∇//)

一ヶ月、風呂にも入っちゃいかん!動かしちゃいかん!

と言われていた右足の小指をまたもグギ! とやってしまった。ドクロ

ズキンズキンチリチリ痛いのが治まらなくなっちゃったぞぃ。えーん

 

キッチンが狭いからいかんのか。ダウン

私の右足がお転婆すぎるのか。ダウン

京浜東北線の天使天使に報いるためにも

早く治さねば!と思う。グーあせる

 

しかし、1ヶ月も足を洗わない……って、したことがないのだけど、

耐えられるだろうか……。あせるあせるあせる

私、どんなに臭い人間になっちゃうのか…………と心配なり。叫びハエさん

(でも、結局ギプスを嵌められたわけではないので、多少洗ってもいいかな?ひらめき電球

AD
今日は米騒動の日―鈴木商店焼き討ち事件
扇動的マスコミ報道の功罪


お米はいつも何キロのやつを買う?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう




お米は何キロのやつを買う?

基本2kg。チョキ
冷蔵庫に保存するのに、2kgが精一杯。あせる
だけど、寒い時期は、廊下に出しておいてもいいかなと、
5kgを買う時もあり。DASH!


ブログネタ「今日は米騒動の日」で、
以前から書きたいと思っていて、
結局そのままになっていたことを思い出した。ひらめき電球


城山三郎著『鼠 鈴木商店焼き討ち事件』を読んで、
マスコミに対し、腹の底から不快に思い、不信感も深まったこと。



鈴木商店は、

日本の財閥、商社。
樟脳、砂糖貿易商として世界的な拠点網を確立するとともに、
製糖・製粉・製鋼・タバコ・ビールなどの事業を展開。
さらに保険・海運・造船などの分野にも進出し、
ロンドン・バルティック取引所で日本企業として2番目のメンバーとなる。
鈴木商店の子会社の1つ、日本商業会社は岩井産業と合併し日商岩井へ、
更にニチメンと合併し現在の双日のルーツの一つでもある
。」(ウィキ)


「鈴木商店」なんて、名前がほのぼのしているけれど、チューリップ紫
日本が世界を相手に真っ当に闘い出した近代的な商社の走りと言えるのではなかろうか。


米騒動は、1918年(大正7年)日本で発生した、米の価格急騰に伴う暴動事件」。

その際、神戸の鈴木商店は矢面に立たされ、怒れる民衆から(本当に民衆だけだったのか?)焼打ちにあったのだ。メラメラ


城山三郎の『鼠ー 鈴木商店焼打ち事件』は、本

大正年間、大財閥と並び称された鈴木商店は、
米価急騰の黒幕とされ米騒動の焼打ちになった。
だが本当に鈴木は買占めを行ったのか?
丁寧な取材を経て浮かび上がる、
一代で成長を遂げつつも、近代的ビジネスとの間で揺れながら
世界恐慌の荒波に消えた企業の姿。
そして大番頭・金子直吉の生涯。
」(文庫カバーに記載された文面より)

をまとめたもの。



本では、城山氏が

鈴木商店は、「米買占め、米価つりあげの奸商として、鈴木商店が焼打ちにあったことは、通説として定着している」(澤地久枝の解説より)ことに違和感を感じ、!?

鈴木商店はいかなる企業だったのか、具体的にどんな「悪」をやったのかと、
取材して回り、あせる

神戸の鈴木商店焼打ちの背景には、『大阪朝日新聞』記事によるセンセーショナルな鈴木商店攻撃があった」(解説より)と追求していく。



当時の『朝日』の論客、つまり当事者の一人というべき長谷川如是閑が、九十歳の高齢で現存していた。訪ねた城山さんは求めた答えを得られない。だが、言論人の『仕事のあり方』を教えられる。」(解説より)


長谷川如是閑といったら、当時有名な論説の人という感じ。キラキラ
その人が、鈴木商店は米買占めして、米価を釣り上げてる~ってなことを新聞に書いたのだ。

鈴木商店米買占めの「事実」について、城山が如是閑に訪ねる。
如是閑の答えは、

『世間では皆言っていることだったな』だ。

山城城山は戸惑う。
世間では朝日が言っているといい、朝日は世間が言っているという。



そして、50年前の記事についての質問なので、老境に暮らす如是閑が思いだせないのも無理なしと、城山は追求を諦めている。ガックリ

しかし、私は唖然とした。

皆が言ってるからという理由で、「事実」であるかのように新聞に書きまくっていいわけがなかろうに!パンチ!

その後、山城城山は長谷川如是閑のジャーナリスト人生訓的な話を拝聴して、静かに帰ってくる。

その件を、解説者澤地久枝は

この面談の文章は、幾度読み返しても静かな感動をよびおこされる」としている。
……私にはわけがわかない。(-"-;A

この件は確かに、さまざまな思いに満ちた美しい一章であるのだが、キラキラ
如是閑のなんと無責任な説明であることか!パンチ!
折角訪ねていって、そんなクソ返答で追求を断念し、
逆に老言説人に対する敬意の念を深く抱く山城城山氏にも理解不能だ。┐( ̄ヘ ̄)┌


「事実」をしっかり確認することもなく、世の評判、噂と憶測で記事を書いていいわけないのに。爆弾


山城城山氏の取材は大したもので、よくぞここまでまとめられた!
と敬意を覚えずにはおれないが、クラッカー
長谷川如是閑(および当時の大阪朝日新聞)に対しては
あまりに追求がされていない感がある。汗


かつて、大阪朝日は右翼に襲われ殺された記者もいた。
それにも屈せずに頑張ってるジャーナリズムの一翼だと若い頃思っていた私は、
自分の認識の甘さに愕然としたのだった。ガーン


そんなおり、朝日新聞による“「吉田証言」誤報”問題(2014年)やら、
吉田調書」の誤報問題(2014年)が相次いだ。爆弾爆弾Σ(~∀~||;)


あれこれあるからごちゃごちゃしたけれど、あせる

「吉田証言」は、戦中慰安婦を強制連行したという吉田清治氏の証言を鵜呑みにして報じてしまい、後日“誤報”として謝罪したもの。
「吉田調書」は2011年3月の福島第一原発職員が、吉田所長の命令に背いて現場を撤退したなどと事実に反する報道をして、謝罪したもの。


どちらも、事実を確認さえせず報道した……という事実。呆れる。ガーン


鈴木商店を米買占め、米価釣り上げをしている奸商としてイメージ付け、
日々の困窮に喘ぐ人々を扇動した大阪朝日新聞……。

もちろん、朝日新聞だけが鈴木商店を焼打ちにした原因ではないだろう。
明言できないコモゴモの思惑や事情が複雑に絡んで、
マスコミ対策など歯牙にもかけなかった鈴木商店番頭金子直吉の甘さにも責めを負う部分はあったのだろうとも思う。

真面目に誠実に商売していればいつか信じてもらえる―なんていう
いい意味の“愚直”など通用しない状況ってあるよね。

また実際番頭さんひとりで巨大商社へのし上がったからには、
表だけではわからない駆け引きもあったのかもしれない。


想像の域を出ないけれど、


新聞を信用する方が甘いんだという人もいるけど、あせる
それは確かにそうかもしれないけど、あせる
少なくとも、まともなジャーナリズムがない国に
自ら考え決断し行動する市民は育たない

と私は思ふんだ。DASH!


この日記は同じく鈴木商店の女将のことを小説化した『お家さん』も読んでからにしようとのびのびにしていたのだけど、
米騒動の日……ってブログネタで、
やっと少し書けた。f^_^;

『お家さん』はいまだに積読状態なれど…。(/ω\)





AD
パンの耳(クルトンもどき)のピクルス



先日サンドイッチを作った折、
残ったパンの耳を冷凍しておいた。氷

で、後日、
そのパンの耳を、
オリーブオイルとバターで炒めてみた。フライパン
細かく切って炒めれば(あるいは油で揚げれば)クルトンとなるのだろうが、
ご飯代わりに長い耳のまま、炒めたった。べーっだ!あせる


したらば、また余っちゃった。ガーン汗


早く平らげなくちゃなぁ……あせる(残飯処理班は、常に私。グー
(面倒くさがらず、しっかり揚げて、クルトンにして、保存すりゃよかった。(・_・;))


冷凍して解凍して炒めて~冷蔵庫に放ってあるパンの耳炒め……クズ
悪者にさんざん痛めつけられて、倉庫に放り込まれた被害者のようだわ。死体(ドラマの見すぎ?)


まだ黴は生えていないが、
風味もなく、中まで固くなってきた。ドクロ
酸化がひどくなる前に食べなくちゃなぁ……あせる


とは思うものの、古ぼけたパンの耳の再利用の成れの果てを見ていると
どうも食べる気が動かないでいた。汗


ど~したもんじゃろのぉ~と思いながら、
大好きなピクルスを食す。音譜
茗荷と鶉の玉子のピクルスはあっという間に平らげちゃう。ラブラブ!

で、具がなくなったピクルス液の中に、
どりゃ?ひらめき電球
とパンの耳の成れの果てを放り込んでみた。ポイッ
30分もしないうちにちょっとパンが溶けてきた感じ?アップ


どりゃ?
と食べてみたら、
あ~ら、美味しい!?о(ж>▽<)y ☆
バターとオリーブオイルの風味が生き返ったように
甘酢とグッドマッチ。チョキ

あっという間にパンの耳の成れの果て(タッパウェア半分ほど)が
なくなったのでした。
めでたし、めでたし。クラッカー

こうなりゃ、何でも残ったものはピクルスにしたろか。にひひ
酢の物にクルトンを投入して少しふやかしたら、美味しいんじゃないかな?ひらめき電球



これって、“悪食”でせうか?(●´ω`●)ゞ



ついでに、パンの耳の残骸の半分は黒酢生姜(生姜黒酢?)に浸して食べてみたのだが、
黒酢生姜が辛過ぎて、美味しくなかった。┐( ̄ヘ ̄)┌
黒酢生姜はもっとべたべた脂っこいものの方が合う気がする。むっ



AD
上野で無実を訴える人々


上野の駅前でビラを配っている人がいた。


判決もないままに独房に16年! こんな人権侵害許せますか
私たちは無実だ!
迎賓館・横田裁判 
権力によるデッチあげ許すな!
」Σ(・ω・ノ)ノ!


冤罪は聞き捨てならない。パンチ!
しかし、「迎賓館・横田裁判」って、なに? な私。(°д°;)

思わず足を止め、ビラを読むと、




1986年、中曽根政権当時、
東京サミット開催「直前の4月15日に米軍横田基地に向け、
5月4日にはサミット歓迎式典が開かれていた迎賓館に向けて、
飛翔弾が発射され
」たという事件だという。(=◇=;)


両事件とも中核派によるゲリラ事件で、サミット粉砕とともに強い反戦・反基地の意志が込められたたたかいでした。

とビラの文章は続く。


むむ? まるで、その事件が「反戦・反基地」といった市民の声を代弁した正しい行いのような言い振りではないか?むっ
反戦・反基地を叫ぶために、爆弾(?)を発射する必要はないでしょ?| 壁 |д・)



「飛翔弾」って、何かと、後日調べたら、サーチ

飛翔弾=「迫撃弾」とも言うらしく、(参照:「迫撃弾」)

精度は全く期待できないためピンポイントで目標を狙う事は不可能であり、また射程も短い

標的を大きく外れて見当違いの場所に着弾することが多かったせいか、実際に人的被害の報告はなく、嫌がらせ目的が主であったと思われる。

産経新聞の報道によると、迎賓館ロケット弾事件で中核派に使用された榴弾の爆発は、道路に直径20cm、深さ5cmの穴を開けたという。」

ですと。この「迎賓館ロケット弾事件」が、ビラの話なのね。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



ビラは続く。

政府が何が何でも犯人を上げようとし、
87年に「須賀武敏・十亀弘史・板垣宏氏を、93年には福嶋昌男氏をデッチあげ逮捕・起訴しました。


しかし、4氏は両事件に一切関与していません。一貫して無実を訴え、デッチあげを弾劾して、不屈非妥協で裁判をたたかってきました。


こうしたたたかいに対し、裁判所は拷問でも加えるかのように3氏に16年、福嶋氏に12年にも及ぶ未決勾留を強制しました
」 と。メモ



「未決勾留」って、なに?と、これまたウィキらねばわからない。あせる

未決勾留(みけつこうりゅう)とは、日本の刑事手続において、犯罪容疑で逮捕されて判決が確定するまで刑事施設に勾留されている状態のことである。」(ウィキ)とな。(=◇=;)


ビラを配っていたのは、その「冤罪」で16年間「未決勾留」されていたご当人であった。

そして、保釈された後、一旦は無実が認められて、やっと出てきたのに、
検察側が控訴し、それを裁判長がちゃんと「事実審理」もせず、無罪判決を「破棄・差し戻し」にしたという。ヽ((◎д◎ ))ゝ

*「審理」=「裁判の対象になる事実関係および法律関係を裁判所が取り調べて明らかにすること。」(コトバンクより引用)


で、「上告」したけれど、「最高裁が棄却」。NG
で、現在、こうしてビラを配って署名を集めているとのことだった。

このままでは、私はまた無実の罪で勾留されてしまうと仰る。あせる


「無実」ならば、とんでもない話である。パンチ!
が、目の前の人が本当に無実なのかどうか、はてなマーク
私には俄かに判断ができない。(@_@)


こういうとき、自分なりに事の判断を下すことができないもどかしさ、恐ろしさを感じた。
目の前に冤罪です!と訴える人がいるのに。
その人がもしかしたら、「冤罪だ」と嘘をついている可能性だって捨てきれないのだ。


「無実」を訴え署名を求める男性を前にして、
そのまま立ち去ることもできず、
「冤罪はいかん!」、「審理もせず棄却」っておかしい!」、「無実を訴え続けている」ならば信じようと、
私は迷いながらも、つい署名をしてしまった。メモ


しかし……と、自分が深く納得もしていないのに署名してしまったことに
今、大いに反省中。叫び


冤罪は断固晴らされるべきと思う。パンチ!
無実を訴える限り、調べ直すべきだと思う。パンチ!
それをちゃんと「審理」もしない裁判というのは納得いかない。パンチ!


「迎賓館・横田裁判」があまりに一方的らしいのはなんとなく察せられるが

しかし、
“いやがらせ”にしても、精度を欠いてどこに落ちるかわからない飛翔弾などを飛ばした犯人を私は軽蔑する。パンチ!


なので、
「迎賓館ロケット弾事件」や「横田基地ロケット弾事件?」を
「反戦・反基地」の運動のように讃えているように受取れるビラには、賛同できない。NG


やはり、私は署名するべきではなかった……と思うのであった。ガーン


しかし、裁判所が当てにならないと「無実」を訴える人がいる以上、
どこかの報道番組がこの事件と経過をまとめて、彼が訴える「冤罪」を明白にしてみてほしいものだと思う。




参照:迎賓館ロケット弾事件

迎賓館ロケット弾事件(げいひんかんロケットだんじけん)とは、1986年(昭和61年)5月4日に東京都で発生したテロ事件。迎賓館迫撃弾事件とも呼ばれる。

日本の新左翼の中核派が起こした事件である
。」

87年に須賀武敏・十亀弘史・板垣宏氏が、93年には福嶋昌男氏が逮捕されたが、
当時、証拠としては弱い「メモ」を証拠として、彼らは犯人とされたみたい。

2004年3月に東京地方裁判所はメモ類には事件に直接触れた記載はないことを理由に3人を無罪としたが、

検察が控訴。二審の東京高等裁判所は2006年5月に『審理不十分』を理由に地裁に差し戻し、

2007年10月に最高裁判所も被告側の上告を棄却したため、一審からやり直すことになった。

2010年6月に須賀に懲役11年、十亀と板垣に懲役8年を言い渡した。この判決の中で裁判長は『適正な防御権の行使の範囲を明らかに超えた、被告側の不当な訴訟活動が審理を長期化させた』と述べた。

3人の被告が控訴したが、2013年6月27日、東京高等裁判所は控訴棄却

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%8E%E8%B3%93%E9%A4%A8%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E5%BC%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6



……って、ネットをちょっと検索しただけでは、やっぱり、わけがわからない。あせる



ウィキペディアにある「被告側の不当な訴訟活動が審理を長期化させた」という件もよくわからない。冤罪ならば、そりゃ必死で訴えるだろうが、いったいどんな「不当な」ことをしたというのだろう?はてなマーク

国家権力をもってすれば、冤罪なんて簡単に作られてしまう。(((゜д゜;)))
冤罪だと訴える人がいる以上、ニュートラルな立場で冤罪かどうかを追求する組織があればいいのに……。グー