本願寺で探せ!

2015年晩秋の京都旅行です

本願寺で探せ!


西本願寺には、色々なものが潜んでいるらしい。(-_☆)
……ってんで、探しにいってみた。音譜


西本願寺


本願寺の見どころ 縁側と廊下の埋め木

木材の補強・修復や再利用をするために、亀裂や穴を木片で繕うことを「埋め木」と言います。(中略)
単なる補強ではなく、できるだけ工夫を凝らした当時の大工さんの遊び心が伺えます
。」  


大工さんの遊び心……是非拝見したい!ラブラブ
さぁ、探そう! と、お祈りもそこそこに埋め木探し。サーチ

富士山(しかも、静岡側からの?)≧(´▽`)≦

静岡富士

富士山(しかも、山梨側からの?)(´0ノ`*)

山梨富士

象さん?マンモス

象

帆掛け舟?帆船

船

鳥(ハトか鷹か?)鷹

ハト

瓢箪(あるいは座禅するお坊様?)ヒョウタン

瓢箪


ハート?(あるいは菩提樹の葉?)ドキドキ

ハート

壺(もしくは、徳利?)ツボ

壺

大根?(あるいは、唐辛子?)だいこん

大根?

洋梨?洋梨

洋梨

軍配軍配

軍配



昔の大工さんたちの遊び心が、現代の我々を楽しませてくれる。о(ж>▽<)y ☆
(でも、100年くらい後の人々が見たら、何の形か分からないかもしれない?汗


柱の亀裂も、こうして見てくると、意匠を凝らしたラインに見えてくる。(=◇=;)

柱


なかなか見つけられなかったのは、渡り廊下にいるという龍。(°Д°;≡°Д°;)あせる辰

廊下


あぁ、気持ちよい廊下!キラキラ
日本建築のこうした廊下の板張りって、素晴らしいね~。合格



結局ギブアップしてお寺の方に龍の居所を教えていただいちゃった。(/ω\)

いた、いた! たくさん、いたわ。クラッカー目あせる(龍は「埋め木」じゃないのね。)

龍1

ひとつひとつ顔がちゃんと違う。

龍2


「見つける」とは、「気づく」ことに他ならない。

……言ってみると、なんだか哲学的に聞こえるフレーズ。にひひ


獅子

    
鶴


螺鈿色獅子


縁側や廊下以外にも、手の込んだ装飾には、手がけた人々の意匠が察せられて
楽しゅうございました。( ´艸`)音譜


 2015年晩秋の京都の旅 おしまひ    m(_ _ )m
AD

マイ匂い袋

2015年晩秋の京都旅行です

マイ匂い袋


いつぞやタクシーに乗ったら、ほのかにいい香り。キラキラ
何かと聞いたら、
なんとタクシーの中に匂い袋がこっそり吊るされていたのだった。w川・o・川w
随分前のお客さんの忘れ物らしい。


わかるかわからないかくらいの、ほのかな香り。キラキラ
(実際、その時一緒に乗っていた他の2人は、香りに気づかなかった。)
ほのかで、かすかで、しかし、ほんのりと確かにいい香り!キラキラ
匂い袋の威力にびっくりした。

それまで、匂い袋って、さほど好きじゃなかったのだが、
俄然、匂い袋を見直した。アップ
いいよねー、ほのかなかほり。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:ラブラブ


もともとお香は大好きで、
京都へ行くと、ついつい京都ならではのお香を買ってしまう。
が、今回は匂い袋を手に入れん! と探した。グー


……と、堀川通り沿いに
“匂い袋を作る”体験ができるお香屋さんがあることを発見!クラッカー

薫玉堂

お城のような要塞のような、えらく立派な店構えのお香屋さん!Σ(=°ω°=;ノ)ノ
入口から、もういい香りが漂う。
薫玉堂」さん

500円で、マイ匂い袋が作れちゃう!(所要時間は、ものの10分もあれば出来ちゃう。)クラッカー

ワンコインで


空いていたせいか、予約もしていないけれど、
いきなり入っていって、挑戦できた。チョキ

100cc程?の小さな紙コップに、
用意されたお香を、自分の好みに合わせてブレンドしていく。音譜

お香の素


丁子(チョウジ)、大茴香(ダイウイキョウ)、龍脳(リュウノウ)、桂皮(ケイヒ)、香り香、白檀(ビャクダン)。
6種類のお香の素をどう組み合わせるか?(-_☆)


そんなの知らんがな。ガックリ


まずは、適当に一通り入れていってみる。あせる
私は桂皮白檀がとりわけ好きなのだが、ラブラブ!
この時の白檀はいまひとつ香りが飛んでしまっているように感じた。汗


そして、タイムリーにというべきか、
去年、たまたま、「龍脳」という言葉を初めて知る機会があって、
龍脳について色々調べて感動したところだったので、ラブラブ
ついつい、「おおおお! 龍脳だわっ!ラブラブ!」と
思わぬところで出会った嬉しさに、
龍脳をわんさか追加投入してしまった。あせる


「龍脳」は「樟脳」と似たようなもので、匂いも似ている。
防虫効果があるのだ。
香りは樟脳よりマイルド。チョキ

とはいっても、やはり「龍脳」。
なかなかの防虫香!ガーン



「龍脳は少しにしておいた方がよい」とアドバイスを頂いたにも関わらず、あせる
でも、私は龍脳が好き♡ とかなんとか言いながら、
わんさか! ドクロ

♪白檀よりっ、ふつうにっ、リュウノウがっ、すっきー!←(この“お笑い”、嫌いな人、多いよね? 私は案外嵌ってます。(///∇//))




最後に
好きな色の袋と紐を選んで、その中にブレンドした香りの素を詰めて頂いて、
出来上がり。クラッカー



あれもこれも入れて、さらに龍脳たっぷりの私の匂い袋は
はち切れんばかりに、パンパンになってしまった。あせる
貧乏性の匂い袋じゃ。(/ω\)

まい匂い袋


そして、
ブレンドした結果だけの香りの

つまり、
防虫効果の高そうな匂い袋となりましたとさ。ドクロ
ヨハマンゾクジャ。あせる


念のため、ちゃんとプロがブレンドした匂い袋も買った。DASH!
何をどうブレンドしてるのか、ちょっと甘めの、濃厚なプロの香り。キラキラ
(材料が違うんじゃないかなぁ。)


マイ匂い袋を嗅いでは、口直しならぬ鼻直しに、プロの匂い袋を嗅ぐのであった。(●´ω`●)ゞ


あれから7ヶ月経っても、匂い袋はまだまだかなり匂っている……。キラキラ

早く“ほのか”になってくれー。f^_^;



AD
2015年晩秋の京都旅行です


左の女の牛の井戸?

最終日。堀川通りをうろうろしていたら、走る人

――「うろうろ」と言っても、修験者のような姉と一緒に歩いていたので、
私は息を切らせて小走り状態なのではあったが――あせる


西本願寺のちょっと北側の堀川通り沿いに、
左女牛井之跡」なる石碑が。Σ(・ω・ノ)ノ!

左女牛井


左の女の牛の井戸?はてなマーク
ナニコレ!? と思ったが、(=◇=;)
姉はスタタタ~と歩いていってしまうので、走る人
慌てて写真に収め、姉の後を追ったのであった。ダッシュ




で、後日落ち着いて調べたらば、サーチ

「左女牛井」は「さめがい」と読むのだった。Σ(・ω・;|||



平安時代からの名水」が、かつてここにあった井戸から汲まれていたらしい。∑(゚Д゚)

この辺りは、「源氏六条堀川館」なる源氏の館が建っており、館
義家、為義、義朝、義経」がここを拠点として活躍していたらしい。∑(゚Д゚)


立て札の説明を読むと、井戸の辺りこそが「源氏六条堀川館」なのかと思えるのだが、
とあるサイトの地図を見ると

地図
(ネットより拝借画像「源氏六条堀川邸跡周辺」)


源氏六条堀川邸は西本願寺と東本願寺の間辺りにあったようだ?(-_☆)
左女牛井の井戸からはちょっと遠い。あせる
しかし、この地図を信じるならば、ここら全体「源氏六条堀川館」の敷地だったのかもしれない?はてなマーク
義経の邸は別にもあったようだし……?| 壁 |д・)
源氏の館の敷地の広さがただ事ではない。あせる

いずれにしても、源氏……相当な力を見せ付けていたってことか。グー



しかし、源氏六条堀川館は、
義経が「京都を逃れたあと焼き払われ、敷地内にあった左女牛井だけが残った」とな。メラメラΣ(=°ω°=;ノ)ノ

その後、この左女牛井は、
南都の僧村田珠光」や利休などの茶人たちに愛されたらしい。ラブラブ
江戸初期には織田有楽斎によって改修されたとな!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


それでも、
結局、名水「左女牛井」の井戸は、天明の大火で埋もれてしまったらしい。メラメラしょぼん


現在、「四条堀川から少し東へ歩いた醒ヶ井通の角」にある「亀屋良長本店」(カメヤヨシナガ ホンテン)なる和菓子屋さんが、お団子

平成3年に社屋を新築したおり、昭和37年の阪急地下鉄工事の影響で枯れていた井戸を掘り直し、『醒ヶ井』と名付けて再び菓子づくりに用いるようになったそうです。」

とな。Σ(・ω・ノ)ノ!


地下80mから汲み上げているそうな。アップΣ(・ω・;|||


地図を見ると六条の左女牛井の石碑から四条の亀屋良長本店までは距離にして1kmほど離れているように見えるが、サーチ
「左女牛井」が「醒ヶ井」と表記も変わってしまっているが、あせる

地下80mでは、かつての「左女牛井」から汲まれていたのと同じ水が汲み取れているということか。キラキラ



この井戸をきちんと知っていたら、和菓子屋さんにも寄ってみたのになぁ。((>д<))
立て看板の説明に、おまけ説明として、書いておいてくれればいいのに~。ヽ(;´Д`)ノハートブレイク


京都盆地の地下には琵琶湖の水量に匹敵する211億tもの地下水が貯えられてい」るらしい。(=◇=;)
京都のあちこちで、平安の頃から今に至るまで、
「京都の名水」が汲み上げられ続けているって、素晴らしいことだ。(-^□^-)



ところで、「左女牛井」……
なんで、こんな変わった名前なのか、はてなマーク
それはちょっと調べただけではわからなかった。(→o←)ゞ

今も、「六条通が堀川通と接する北側に、左女牛井町という町名が残っています」って。∑(゚Д゚)
「左女牛井」って、地名ありきだったのかな?はてなマーク

“この通りを左側から女が牛を引いてやってきた”という物語でもあるのかしら? 謎です。はてなマーク




追記:

看板に書かれている「南都の僧村田珠光」って、誰?
……だったので、これも調べる。あせる

なんと、一休さんと同時代に生きていた人だった。ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

能阿弥により整備された会所の茶から能や連歌の影響を受け
一休宗純との関わりから禅を学び、
能や連歌の精神的な深みと茶禅一味の精神を追求しわび茶の精神をつくった
。」
(ウィキペディア)

村田珠光(ムラタ ジュコウ orシュコウ)……一休さんに禅を学んだお方だった。ラブラブ



京都についてあれこれ調べていると、色々なところで色々なことが繋がってきて
面白し。( ´艸`)

鉢植え


参照:
左女牛井之跡


京都検定合格を目指す京都案内」



AD

竹の寺 地蔵院

2015年晩秋の京都旅行です

竹の寺 地蔵院


一休禅師が幼少の頃修養された寺
というのに惹かれて、ラブラブ!
西芳寺前でバスを待つ間、
すぐそばにある地蔵院へと、急ぎ足で参拝してみた。ダッシュ

jizouin


お~!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
♪竹竹竹竹竹っ竹~♪一っ休さん~♪音譜

一休さんって、好き。ドキドキ
何が好きって、彼の骸骨の絵!ドクロ

一休骸骨
(ネットより拝借:一休骸骨)

あぁ、本当に誰だって、いつか骸骨になるんだよなぁとつくづく思い知らされた印象的な絵。(私の骸骨好きはここから始まった。グー



地蔵院は、こんな絵を描いた一休さんが、幼少期の6歳までを過ごした寺らしい。ゆかし!( ´艸`)

しかし、特に一休さんにまつわるものは見当らず。ガーンあせる





境内は、なかなかの“竹っぷり”である。

竹竹

墓

木

古木も古い墓もあり、
この寺の古さが竹林と相まって、
侘び寂びた静けさに満ちていた。キラキラ

この寺はもともと貴族の山荘だったものを、
南北朝時代に、細川頼之が伽藍を建立し、開山したらしい。
応仁の乱によってここも灰燼となったらしいが、メラメラ
またも「細川家の援助等によりほぼ旧に復し」たそうで。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
細川氏ゆかりの寺でもあるのだった。



そのため、
細川頼之公の墓もあれば、元首相の細川護熙氏による襖絵もある。チョキ
(細川護熙さん、首相としては情けない限りだったけれど、
文人として彼の作品は、焼き物の書も襖絵もなかなかのものだと思う。チョキ

……どうせなら一休さんのことをもっと知りたかったなぁ。ボソ汗
実はお宝として秘蔵されているのだろうか?




お庭鑑賞

お庭を椅子に座って眺めることができる。チョキ
お寺の心遣いが嬉しい。ラブラブ
(……でも、“畳に椅子”の風景って、どこかあまり美しくないなぁとも思う。(^_^;))



いっきゅうさん
(ネットより拝借:一休さん)

アニメに見られるような
あどけなさの残る可愛い幼い一休さんが坊主
早足で歩き回ったであろうように走る
我々も早足でざっと参拝して、地蔵院を後にしたのであった。急ぐ



バスまであと20分くらい……というので、
私ひとり、バス停そばの茶店で甘酒を。( ´艸`)ラブラブ

甘酒



甘過ぎず、薄過ぎず、生姜の風味が利いていて
おいひ~♡ラブラブ! 
甘酒って、ついつい飲まずにいられない~♪о(ж>▽<)y ☆




おまけ

ひとり旅だと、食事はとても質素な私。グー
なれど、お婆もお姉も一緒なので、ちょこっとお付き合いして奮発する。あせる

……といっても、なかなか竹内栖鳳宅跡地にあるレストランなどにはとても入れず、あせる
駅中?の京料理店へ。




とっても美味しゅうございました。

汲み出し

湯葉


湯葉最高~♡ 生麩も意匠が凝らしてあって、なおかつ美味し!

店







2015年晩秋の京都旅行です


苔の中で写経体験


十輪寺の後は、西山を降りて、西芳寺(苔寺)へ。

ここには予約しないと入れないということで、
姉が予約しておいてくれた。(。-人-。)
時間に間に合うように、少々早めに出向く。あせる


お寺での初めての、写経体験!アップ
撮影禁止! チェシラー

ずらりと文机が並んだ広々したお堂のキラキラ
半分には、既に写経に勤しんでいらっしゃる方々が。えっ
もう半分はこれからの人のための空席が並んでいた。

うっ、膝が痛くて正座がまだ心もとないのに、大丈夫かしら……と少々ビビル。ガーン
(なんとか、正座できたけれど。チョキあせる


苔寺で、苔の空気に浸りながらの写経かと思ったら、ニコニコ
お堂の中央に向って文机は設置されているので、外の風景が目に入ることもなく。ガックリ
旅館の大広間での団体の食事のように、なんだか身の置き所がないような、落ち着かない心持ちになるのであった。ガーン



この日のために般若心経を暗記し、意味も読み込み、お家で筆をとって写経の練習までしていたのに、グー
(写経の際、お手本はあるだろうとは思ったけれど、難しい漢字を何度も見直して書いたり、書き間違えたりするは、みっともないと思ったのよさ。(/ω\))

文机の上には、般若心経が書かれた紙が置いてあって、えっ
その上に半紙を重ねて、写し取ればよいのだった。Σ(~∀~||;)
……暗記など必要なかった。アフォ ガックリ



しかも、残念なことに、その写し取る漢字の書体(?)が
私にはあまり気に入らず、むっ
写し取るという作業に、段々苛々してきてしまって、(-""-;)
最後は殴り書き。ヾ(。`Д´。)ノ写経しながら心乱してどーする!なんだけど……。ガックリ


それでも、なんとか写し終え、あせる
祭壇の前へ納め、退出。ふぅ。DASH!
写経は周りに人がいない方がいいな。ラブラブ
ひとりで自分なりの字で、写したいなと思ったことであった。ラブラブ


写経でぐったり疲れた気持ちを、庭の苔たちが癒してくれる。キラキラ

庭への道

200種類以上の苔が生えているとか。(=◇=;)

苔いちめん

このモコモコ!( ´艸`)ドキドキ

mokomoko2


池

mokomoko1


季節柄だろうか、苔は部分部分しか青々しておらず、あせる
むしろ苔のない部分も多く見られたので、
苔の部分ばかり焦点を当てて、苔だらけに写そうとしてしまった。(-_☆)あせる

土手苔

もみじ

さくら?





西芳寺の脇に流れる川(側溝?)も、苔むしていた。
苔って、いいねぇ。

川


あ~のくたらさんみゃくさんぼーだいっ!
ぎゃーてぃぎゃーてぃ はらぎゃーていっ!
(私の好きなフレーズ。勢い能く口にすると、ちょっと元気が出てくる気がする。о(ж>▽<)y ☆)