名古屋一人旅 30

テーマ:
名古屋一人旅 30



(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)



とりあえず無事に兄の引越しも終わり、ひつまぶしにレッツゴーだ。(≡^∇^≡)


名古屋の繁華街へタクシーで向う。車
夕闇迫った名古屋の繁華街は、
ビルが林立し、賑わい、見るからに活気がある。UFO
その街中のビルの側面に張り付くように小さな(といってもビルと同じくらいの大きさの)観覧車が回っていたりする。Σ(・ω・ノ)ノ!


あんなところで観覧車に乗っても、向かいのビルが見えるだけではないのだろうか?ガーン
と思うが……。
名古屋人、やることが意表をついている! とも言える。にひひベル


兄とタクシーの運転手さんとの会話を聞いていると、名古屋はまだまだ新しい近代的巨大ビルが建つようで、発展著しい可能性に溢れた街のようだ。フムフム。ロケット



タクシーを降りた後、
名古屋に来たばかりの兄も店の場所がよくわからないらしく、しばし迷う。ヽ((◎д◎ ))ゝ

店の名前はわかっていた。「蓬莱軒」だという。
その店は名古屋駅前の松坂屋ではなく、繁華街の中にある松坂屋(名古屋店)に入っていることまではわかっていた。OK


しかし、松坂屋名古屋店は本館や南館や北館があり、
こっちか、あっちか、どの館か?ヽ((◎д◎ ))ゝ
今いるのはどこの館だ?あせる

「よくわからねぇんだな、これがやぎ座」と兄。
涼しい顔して迷っている。
ご本人はこれから住む新しい街の散策気分だったのだろう。ショック!


痺れを切らした私はとっととデパートのインフォメーションカウンターに聞きに走る。パー
目指す店は南館に入っているとわかり、クラッカー
南館へ移動。あし


デパートの入り口にデカデカと南館!と書いておいてくれればいいのに、そんな野暮なことはしないらしく、教えてもらった通りに辿り着いたその館が南館であるのか、しばし案内板を見て確認。メガネ
店の名前も見つけた。ベル


やれやれ、やっと蓬莱軒に辿り着ける?あせる
エレベーターに乗り込み、10Fで降りると
すぐに「蓬莱軒」という看板が目に入った。目


ご馳走を前に迷い疲れていた私は、思わず指差し叫んだ。チョキ
あった! 蓬莱軒!」ヾ(@^▽^@)ノ

で、看板をよく見ると、なんと看板にも「あった 蓬莱軒」と書いてあるではないか!Σ(・ω・ノ)ノ!


あはははは。
みんな迷ってようやくここを見つけるんだ?!
で、思わず「あった!」と叫んじゃうんだ?( ´艸`)
で、それに倣って看板も、「あった 蓬莱軒」!о(ж>▽<)y ☆



アハアハ受けていたら、
兄が「蓬莱軒は熱田が本店だからなやぎ座」と、ぼそっと一言。



この兄は美味いものを食べさせる所に妙に通じていて、有名な店の本店はどこかなどを実によく知っている。そして、いったいいつ足を運ぶのか、そうした名店の本店を訪れていたりしている。
蓬莱軒の本店がどこにあるのかもご存知のようだ。えっ


本店は熱田……。
ってことは、この看板は、
本来熱田にある老舗が、名古屋の松坂屋南館などにもあるので、“意外な所に懐かしい店を見つけた喜び”を表しているのだろうか?(-^□^-)






蓬莱軒は本店が熱田(あつた)……。




………………………



あっ!!ひらめき電球




つまり、看板は「あった! 蓬莱軒!」ではなく、
あつた(熱田)蓬莱軒」と書いてあるのだね!えっ


発見の快哉”を叫んだ看板ではなく、
本家本元の地名を冠した、“元祖ひつまぶしの店でござい”という看板だったのだね。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


ガクッしょぼん
ハハ、ソリャソーカ。ソリャソーダ。(/ω\)


兄よ。私のオバカを笑わずに、ぼそっと悟らせるなんて……。
どうせなら笑い飛ばしてほしかったぞい……。ガーン





気を取り直して、いざひつまぶし

ひつまぶしは、お櫃に入って出てくるウナギの蒲焼を4回に分けて色々な食べ方で楽しむもの。メモ
ひつまぶしのお召し上がり方」なんてものも用意されている。

召し上がり方

ひつまぶし」の名の通り、お櫃が運ばれてきた。

蓬莱軒ひつまぶし


ひつまぶし初心者としては、「お召し上がり方」に倣って頂いてみよう。割り箸


お櫃の蓋を開けると、テラテラ艶やかなウナギの蒲焼が、こってりしたタレに絡んで、キラキラ
7mm(?)ほどの細切りにされてぎっしり並び、ご飯を隠していた。ホホォ!(=◇=;)


おひつのごはんを十文字にすじを入れて一こまづつにします。」
ってんで、まずお櫃の中から4分の1ほどを茶碗に盛って……アップ


1膳目、「そのまま」食す。グー

ウナギが甘ーい! 香ばしーい!ラブラブ!
ひつまぶしのウナギは関東のように蒸しておらず、ただ焼いただけなのだそうだ。メラメラ
表面がややカリカリッとしているのも美味しい。ラブラブ!
こんなウナギは初めてだ。
ん~、ご飯も美味しいっ!ラブラブ!


2膳目、「上に薬味(のり、あさつき、わさび)を入れてまぜ」食す。グー

ううん! んまいっ!ロケット
早くも甘さにだれてきた舌をワサビの爽やかな辛さがツンと引き締める。かに座

ワサビとウナギ、この組み合わせが絶妙だ!ラブラブ
ワサビそのものも美味しく感じる。o(〃^▽^〃)o

ウナギには粉山椒だと固く信じていた私には、目から鱗だった。目
アナゴには“ワサビもあり”だったが、ウナギにワサビとは……!ビックリマーク


3膳目、「薬味とおだしをかけてうな茶づけとして」食す。グー

お茶でなく出汁をかけるのね。なのに「茶づけ」と言うのね。メガネ
なんとなく、その言い回しが腑に落ちないけれど、細かいことは言うまい。
細かいのはウナギだけで充分だ。にひひ
これまた、さっぱりさらさらとして、いいね!アップ


4膳目、「最後は一番お好きな方法でお召し上がりください。」グー

ここで、う~ん、どれにしようかな? と悩む楽しみがあるわけだ。にひひ
私は迷わず2膳目の「薬味+ワサビ乗せ」に決定!(^O^)/


薬味わさび乗せ
(↑ 薬味、ワサビ乗せひつまぶし)

私は茶碗に盛るそばから食らいついてしまい、写真を撮ることを思い出す時には“食べかけの汚い絵”になってしまうのだったが、(-"-;A

兄はちゃっかり“写真に撮られる”とうことを見越して、自分の茶碗をきれいに盛り付けて待っていてくれたえっ

意外な所がしっかりものである。(こんな兄ですが、今だ独身。花嫁募集中なり。ベル





大満足で完食。
ふぅぅ。DASH!

しかし、どうしてこんなにウナギを細切りにするんだろう?はてなマーク
どうしていわゆる「鰻丼」をわざわざ4つに分けて、食べ分けるのだろう?ガーン
ウナギは大きな一匹(或いは半分にしたもの)をドーンをふっくら食べたらどうだ?恋の矢
ちまちまよそい分けて、ちょこちょこ食べ分けるのって、なんだかセコクナイ?むっ

という気がしなくもないが、



ウナギの細切りは、お櫃のどこをよそっても同じくらいの量のウナギが盛れて、ご飯だけ残ってしまうことがないし、ベル

色々な味わい方ができるのは、面白いし、ニコニコ

うん、やっぱりいいね。合格





前日の名古屋名物「味噌煮込み饂飩」が期待はずれだったため、「ひつまぶし」もただの“暇つぶし”になりはしないかとやや不安であったが、大満足の「名物」であった。ドキドキ


関東人の私には、ちょ~~~~っと味付けが濃過ぎるというか、甘過ぎるというか、蒸してから焼いて欲しいというか、そんな気持ちがチョッピリ残るものの、(^^ゞ
また是非食べたい! と思える美味しいものであった。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:






腹いっぱいになって大通りに出たら、兄は「じゃぁなやぎ座」って顔をしている。えっ
おいおい、「ここで解散?」
後は勝手に帰れってこと?ガーン
名古屋駅はどこさ? ここから歩いて行ける?叫び

「いや、そりゃ、ちょっと遠いんじゃないかぁ? 地下鉄で行けるんじゃないかぁ?やぎ座

……ったって、地下鉄の駅がどこにあるのかもわからないよ。どっち?ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ


しかし、
そんなこと、兄に聞いても、兄もまだ知りやしないのだ。ドクロ
多分こっちだろうと地下鉄の駅まで送ってもらうことになったが、


私が方位磁石を読み間違えたため、ヽ((◎д◎ ))ゝ
(my方位磁石は水平な所に置かないと正確な方位を示さないのだったダウン
またもや道に迷ってしまった。(@_@)


で、面倒くさくなった兄に、結局タクシーで駅まで送ってもらい、車
無事に帰りの新幹線に乗り込んで帰ってきましたとさ。新幹線(ノ´▽`)ノ

 
                   おしまい
            (29へ)


追記:

後日、さほど日をおかず、再び「ひつまぶし」を、全然別の店で食べる機会があった。合格

そこでは「お櫃」に入ってこないものの、見た目は基本的に同じ。
だが、味は蓬莱軒の方がずっと上だと思った。アップ

一歩間違えればべったりと甘くなり過ぎるひつまぶし。蓬莱軒はぎりぎりのところで押さえ、香ばしさが立って、とても美味しいひつまぶしであると思う。ラブラブ





メモやっと名古屋1泊一人旅日記、終了です。
ここまで読んでくださった方、長~い日記にお付き合い、ありがとうございました。♪(*^ ・^)ノ⌒☆
AD

名古屋一人旅 29

テーマ:
名古屋一人旅 29



(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)



兄とは当初名古屋駅で待ち合わせの予定だったが、名古屋城の方が兄の新しいマンションに近いということで、名古屋城の傍で兄の車に拾ってもらうことになった。チョキ




携帯で、「今どこにいるんだ?やぎ座」と言われても、名古屋城正門から出てしまったとは気づかないまま、道に迷ったことに気づいた私はアタフタアタフタ。(°Д°;≡°Д°;)


名古屋になど今日初めて越してきたという兄も、土地鑑がないから、「???」モード。やぎ座
私が目印になりそうな通り名など挙げても、
「ん~、よくわからねぇんだな、これがやぎ座」と来る。ヽ(;´Д`)ノ


うまく落ち会えるのだろうか? と不安が募るが、
とにかく地下鉄市役所駅あたりの大きな交差点に行こうと、ひらめき電球
重いバッグを引っさげてオッタオッタ小走った。DASH!

――たった1泊と言えど、年を重ねると、女の荷物は色々と重くなるのだ叫び

おまけに、兄への手土産も結構かさばるのだった。パンチ!
(ちなみに、私の手土産は、1泊したホテルからガメてきたトイレットペーパ1ロール。べーっだ!
だって、引っ越したばかりでトイレットペーパーがないと困るでしょ。にひひ





名古屋城の敷地の一遍はとても長い。ダウン
走っても走っても見覚えのある通りに出ない。ガーン
見学しているときは、名古屋城って広々していいなぁ~♪と思ったが、合格
今となってはその広さが憎らしい。ガーン


くぅ~、一体どれだけ広いんだ、名古屋城! と焦りながらも、あせる
道端の植木に名前の分からなかったトゲトゲバリケード(→名古屋一人旅21)らしき植え込みと名札を発見。えっ
これは撮っておかなくては! とパチリ。カメラ
カメラをしまい、再びワタワタと小走る。DASH!



なんとか現在地が掴めてきた頃、大きな交差点に出た。ヾ(@^(∞)^@)ノ
兄の携帯に、「交差点」にたどり着いた旨告げると、携帯


「その交差点のそばの○○前で待ってて。やぎ座
「OK。ニコニコ」 
○○とはどれだ? と探し、あれかな? とそちらに向けて歩き出すと、あし
すぐにまた、携帯が鳴って、携帯
「交差点を渡って! 今!やぎ座」と兄。


え? え? 渡るの? 今? Σ(・ω・;|||
振り向くと信号が青だ!信号機
慌てて交差点まで戻る。DASH!
こんな広い交差点、向こう岸まで渡りきれるかしら? ∑(-x-;)
途中で赤になってしまうんじゃないか?(=◇=;)
と、やや不安になるが、
渡るっきゃない。パンチ!
ダーッシュッ!DASH!


ダーッシュッ! と心の中で叫んでも、実際は全然ダッシュになっていない。(/ω\)
重い荷物にバランスを失いながら、ユッサワッサ、ドスコイドスコイ。DASH!



携帯を耳に当てたまま、交差点を渡りかけると、
数メートル走ったところで、
「ストップ! 戻って!やぎ座」と。


「へ? 渡らないの? 戻るの?」(@Д@;
慌てて回れ右して交差点を戻ると、DASH!
「あ、戻るな!やぎ座」と。


へ?Σ(~∀~||;)


「ここっ!やぎ座」と。携帯


ここってどこ?サーチ
目が鳴門のようになりながら辺りを見ると、ヽ((◎д◎ ))ゝ
横断歩道の前で停車している車列の中に兄の車を発見!ベル


信号は歩行者信号が赤に変わり、車発進の青が灯った。信号機
あわわ。いまさら交差点に入っていいものか? と迷ったが、
ダーッシュッ! と交差点に入り込み、ヒーコラヘーコラ、DASH!
2車線目に停車していた兄の車になんとか無事乗り込めたのであった。車(*´Д`)=з







この後、仕事に戻った兄に代わって、兄の新しいマンションでお留守番+引越しの荷物の受け取り柔道


ただ部屋にいて荷物の搬入に立ち合ってくれればいいからやぎ座」と言われたものの、



引越し屋さんが来て、荷物はどこに置きますか?と言われ、
「あ~、そこら辺に適当に置いちゃってください」と言ったものの、オバケ



いざ次々に運ばれてくる荷物の箱を見ると、
最初に運ばれた箱はどんどん奥に入り込んで取りにくくなるね。むっ
掃除機はすぐ取り出せた方がいいだろう。ラブラブ


台所用品らしいのはすぐにしまえるように、キッチンのあたりに置いとこうね。ラブラブ

とりあえず部屋の隅に置いてもらった“ベランダ用物入れ”は、
ちょっと持ってみたらずっしりと重い。
やはり、最初からベランダに出しておいてください。
と、ちまちま心配してしまうのだった。叫び



が、
そんな風に気を利かせたつもりで荷物搬入が終り、
さて、掃除機くらいかけておいて進ぜようかと、
すぐに荷解きできるように手前に置いてもらった掃除機の箱を開けると、


中には服やら本やら何やらがぎっしり入っていて、
掃除機の影も形もない。∑(-x-;)
(前の部屋に置いてきたんだって。ガーン



こりゃ、箱のネーミングと中身が違うぞい!
下手に手が出せないね。

ってんで、
ひたすら兄の戻りを待つ。時計

日当たり良好

いかにも“デザイナーズマンション”って感じのワンルームは、広々して日当たり良好。晴れ
棚もいっぱいあるのがいいね。OK


ゆったりバスタブ

お風呂場には窓もあり、バスタブも広々してぐー。チョキ




やがて兄が帰ってきて、荷解きを手伝っていると、
ベランダ用物入れは、ベランダ用には使っていないということで、部屋に戻しいれねばならなかった。えっ
(気を利かせたつもりで余計な手間を掛けさせてしまった。ガーン


ベランダ用物入れの中には服だの何だのベランダに出してはおけないものばかりが詰まっていた。Σ(~∀~||;)


大きな洗濯機の箱からは、やや小ぶりの別の箱が、後から後から、出てくる出てくる!Σ(・ω・ノ)ノ!
マジシャンか、あんたは? ってくらい。プレゼントプレゼントプレゼント

で、肝腎な洗濯機は影も形もない。∑(-x-;)
前の部屋に置いてきたんだって。ガーン
箱は欲しがっている人がいるから持ってきたんだって。
ガーン


ところで、冷蔵庫もないけど?
電子レンジも持ってたんじゃないの?


……みんな前の部屋に置いてきたんだって!ガーン





ポイントの高い家電は前の部屋に置いてきちゃって……。ガーン
後に引っ越してくる人のためだって……。┐( ̄ヘ ̄)┌
自分が困るだろうが……。パンチ!



じゃ、一体何を持ってきたの?はてなマーク


と見ると、


大きな荷物といったら折り畳みベッドディレクターズチェアくらい。
使い込んだ小さなオーブントースターの他、家電らしきものはなし。┐( ̄ヘ ̄)┌
(兄いわく、オーブントースターがあれば、電子レンジは要らないとのこと。やぎ座


重い箱の中は酒だったり、酒だったり、酒だったりするえっ
さほど重くない箱は、干し椎茸だったり、乾麺だったり、出汁昆布だったりするえっ


別の箱を開けると、タオル類が詰まっていた。
これならそのまま洗面所の棚に置けばいいねとひょいひょいタオルを引き出したら、アップ
コロン、カチャン!ダウン

タオルの束の隙間から小皿が転げ出て割れてしまった。Σ(・ω・ノ)ノ!
あらら。
思わぬところに伏兵がいるものだ。
食器は食器としてまとめて梱包した方がええぞい!( ・д・)/--=≡(((卍


そんなこんなで、私はあまり役には立たなかったが、(^^ゞ
とりあえず背広やシャツだけでもクローゼットに仕舞い、
明日からすぐ着られるように並べて、キラキラ
後は兄が一人でボチボチやるというので、
作業終了。クラッカー


ハンガーだけは、前の部屋に置いてくればよかったんでないの?ってくらいたっぷりあった。ハンガーが服の数の3倍ほどもあったのは、謎だ。にひひ



で、お手伝いのお礼に名古屋名物ひつまぶしを奢ってもらうことになった。クラッカーヾ(@^(∞)^@)ノ


                 (28へ)  つづく  (30へ)
AD

名古屋一人旅 28

テーマ:
名古屋一人旅 28



(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)



名古屋城の周りの庭は広々としていて、整然と庭木が植えられており、花をつけずとも枝を伸ばした木々はまるでバックダンサーのようであった。音譜

木々たち1

木々たち2


天守閣の裏側は配管(雨樋?)が這っていて、あまり美しくない。ガーン

無粋な配管



もちの木

もちの木
モチノキは常緑樹。樹皮からトリモチができるらしい。えっ
昔はこの樹皮を使ってトリを捕まえて食べたのだろうか?(°∀°)b ひらめき電球
(トリモチは、現在は「禁止猟法」であるらしい。禁止



次の私のお目当てはクルミ林だった。ラブラブ!
私はいまだにクルミの木を見たことがないのだ。しょぼん
それが林になっているのか!とワクワクしていたのに、ラブラブ
どこから近づこうとしても、なにやら工事中で、クルミ林への道は行き止まりだった。注意

クルミ林の向こうには「南蛮たたぎ鉄砲狭間」なるものがあるらしく、それは何かと是非とも見たく思ったが、クルミ林の手前でうろうろしているうちに、兄から連絡が入り、慌てて城を出なくてはならなくなったのであった。ダウン


慌てて目に入った「出口」印の付いていた門から出たが、それが朝入城するときに通った東門ではなかったことは、門を出てしばらく歩いてからわかったのであった。ガッチョンガーン

正門だったのだ。ガーン私が出ようと思っていた門の丁度反対側から出てしまったのだった。(方向音痴発揮。しょぼん




名古屋城正門

名古屋城正門
こちらは雪柳の道もなく、大通りに面していて、つまらなかった。( ・д・)/--=≡(((卍


名古屋城の正門だというのに、これは、「明治43年に旧江戸城内の蓮池御門が移築」され、「第二次世界大戦により焼失」し、その後「再建」されたものですと。本

名古屋城に江戸城の門……なんだかちぐはぐに思われたが、“徳川繋がり”で、いいのか。手裏剣



27へ)  つづく  (29へ)
AD

名古屋一人旅 27

テーマ:
名古屋一人旅 27



(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)

お願い:
私は歴史に疎いので、以下にアップした内容に間違いがあるかもしれません。ネットや本で軽く確認しただけの内容を私なりにざっとまとめた部分は特に要注意。(><;)
間違いに気がつかれたら、ご指摘くだされば、幸甚です。(^^ゞ




さて、次のお目当ては樹齢600年以上という榧(カヤ)の木ドキドキ

地図で見ると城の内堀の南西の角あたりにあるように見えるのだが、メガネ
一帯、ひろびろと木々が植えられて、ちょっと迷ってしまった。あし

で、地図よりは西に行った辺りに、ようやく榧の木、発見!ヾ(@^(∞)^@)ノ

榧の木1

榧の木は、以前、鎌倉で一度見たことがあるだけ。
しかも、それは枯れ果てた古い切り株だった。ショック!
そんな古い切り株に、わざわざ「」と立て札が添えられていた。えっ

餅つきの臼のような切り株だった。にひひ
なので、榧はきっと臼を作るのに遣われる特別貴重な木だったに違いない……と推察していた。ひらめき電球 

今回ようやく生きた榧の木が見られた!クラッカー

榧の木2

樹齢600年というわりには小柄な木だね。∑(-x-;)
四方八方に枝別れして、わしゃわしゃと葉を茂らせている。アップ
600歳以上なのに、こんなに青々と葉を茂らせているというのはキラキラ
やはり凄いことだね。(*^o^*)

榧の木3 葉

榧の木 天然記念物


高さ16メートル、幹回り8メートルで、築城以前から自生し、樹齢600年以上といわれている。名古屋市内で唯一の国指定の天然記念物である。空襲によって被災したが、幸いにして樹勢を取り戻した。初代藩主、徳側義直大坂へ出陣のとき、この実を膳に盛り、のち正月の祝膳にも盛ったといわれる。」メモ


英語版の説明には、
Torreya Nut Tree (Torreya Nucifera)とある。えっ
きっと木の実が特徴的な木なのだね。ベル
榧の実…・・・どんなお味なのだろう?はてなマーク
どう食べるのだろう?ナイフとフォーク
木の実だから、美味しいに違いない!ラブラブ!

あるいは、榧の実って、縁起ものなのだろうか?ひらめき電球
あるいは、当時は食糧難で、城の中の榧の実を食事に取り入れたということなのだろうか?えっ


とにもかくにも、
城の中には
食料になったり、になったり、になったりする植物が植えられていることであるよ。(*^o^*)


築城以前から名古屋台地に自生していたというこの木。アップ
築城の際はまだ若々しい木だったろう。(といっても、既に樹齢約200年。)キラキラ
よくぞ切り倒されずにここまで生きてきたものだ。ラブラブ
やはり木はそうそう切り倒さないで欲しいものだ。(。-人-。)ドキドキ




榧の木4 幹回り

高さ16メートル、幹回り8メートル」と説明されているけれど、私にはもう少し小さいように思われた。| 壁 |д・)

でも、生きた榧が見られて、満足、満足!(≧▽≦)
これで榧の実を使った饅頭か餅かなにか、お土産で食べられたら言うことなかったなぁ。にひひ



追記:

大坂へ出陣」って何? と調べてみた。サーチ(私は歴史に超疎い(//・_・//))


私は1600年関が原の戦いで戦国時代は終わって、戦のない江戸時代に突入したのかと思っていたが、全然違った。゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o


徳川家康1603年に征夷大将軍に任官され、江戸幕府を開くも、大坂の豊臣軍を平定しなければならなかった。本


で、大坂の陣(1614~1615年-冬の陣、夏の陣、コミで)でやっと大坂城を落とし、豊臣を滅ぼしたわけだね。本(=◇=;)



徳川義直徳川家康の9男で、名古屋城はなんと、徳川家康が義直のために作ったのだという。Σ(・ω・ノ)ノ!
東海道の要所となる名古屋城を己が息子に託そうというわけだったのだ。グー


1609年に築城を決めて、1610年に天下普請して、1612年には天守閣が完成したという。アップ

つまり、家康は大坂城を攻めつつ、ドリル
一方では名古屋城を作らせて、諸侯の力を吐き出させたのだ。叫び
あの大きなたっぷりの石垣は、諸侯を弱らせようという家康の狙いがあったのだね。Σ(・ω・;|||



家康の9男義直は1600年生まれ本
1603年には甲府藩主1607年には清洲藩主1610年名古屋藩主となっている。
年端も行かぬ頃から「藩主」!?ヽ((◎д◎ ))ゝ
メチャクチャヤ。┐( ̄ヘ ̄)┌


大坂の陣のとき」と言ったら、義直が14~15歳のときということになるでないの?むっ
そのときに、誰かに命じてこの榧の実を調理させて、膳に盛って食べたわけか?お団子


愛知県人はケチ」と言われるムキがあるが、これは「義直の気風が生きている」(?)という説もあるらしい。本

しかし、図書館の走りのようなものを作って、それを門外不出にせず、広く人々に公開するようにしたという話もあるし、何を以ってして彼が「ケチ」と称されるのか、私にはわからない。( ゜∋゜)



幼くして「藩主」になり、世を牛耳る父からは天下要の名古屋城をプレゼントされ、あどけなさの残る若さで榧の実食べて戦場へ赴き……。DASH!

徳川義直、いったいどんな人物だったのだろう。
榧の木は彼に直接会ったことがあるのだ。ラブラブ
あぁ、木と話せたら面白い話がいっぱい聞けるだろうに……。にひひ


          (26へ)  つづく  (28へ)

名古屋一人旅 26

テーマ:
名古屋一人旅 26



(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)


 
名古屋城天守閣は一通り満喫した。(‐^▽^‐)
後は時間の許す限り、城内を散策しよう。あし


天守閣を見上げるのに丁度いいスポットで、
親子が写生をしていた。アート
優しい木陰を提供しているのは
モッコクの木だ。合格

モッコクの木

モッコクは関東にも多く見かける。チョキ

「暖地の海岸近くに生える常緑高木。
樹形が整うので、庭園や公園などに植えられます。」
と説明書きがあった。メモ


樹形が整う」って、どういうことだろう?えっ
剪定しやすいということかな?はてなマーク
放っておいてもいい形に枝を張ってくれて、見栄えがするということかな?はてなマーク

庭園や公園に向いている木、向かない木ってあるんだ?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
ほぉぉぉ。ラブラブ


木そのものに対してもだが、
“木を見る人間”の経験や知恵には頭が下がる。叫び




さて、次のお目当ては東二之門付近にある「清正石」。グー
「キヨマサ石」?
人の名前の付いた石って、どんなもんだろう? (?_?)

これだ!サーチ

清正石
(右側の大きい方が清盛石らしい)


でか!∑(-x-;)
雨だれが染みついたような色合いの、ダウン
特にきれいでもない一枚のこの巨石は、
横は5mちょっと、縦は2m弱くらい?サーチ


追記:他のサイトを探したら、「横6メートル、縦2.53メートル、10畳敷き」と明記されていた。私の目にはやや実物より小さく見えたようだ。えっ
参照:名古屋なんでも情報」http://white.ap.teacup.com/syumoku/155.html



石垣には防備を誇示するために大きな石を組み入れた」そうだ。メモ

たしかに大きい! 
石というより、岩でないかい?
よくもこんな巨石をマッタイラに掘り出して、
ここまで運んで、
嵌め込められたもんだ。DASH!
どこから採石してきたのだろう?( ̄□ ̄;)



パンフレットには、
「天守閣の石塁の構築を命じられた加藤清正は、巨石の運搬に際し、自ら音頭をとって、木遣(キヤリ)を歌わせ民衆の老若を問わず綱をとって運んだと伝えられていますが、この石塁の施行大名は黒田長政なので単なる説話と思われます。」メモΣ(・ω・;|||

なんだ~。清正が運んできたから「清正石」ってか~。┐( ̄ヘ ̄)┌
しかも、それは説話(=事実ではなさそう)、か~。Σ\( ̄ー ̄;)


石垣の構築は分担されていて、それぞれ担当大名が決まっていたんだね。ソリャソウカ。(=◇=;)
では、なんで加藤清正の石と思われちゃったんだろうね?はてなマーク
そこのところの説明はない。┐( ̄ヘ ̄)┌


すぐ横に清正ほどではないが、かなり大きな石がもう一つ組み込まれていたが、
そちらについての説明もない。┐( ̄ヘ ̄)┌


名古屋城の石垣で、ここにだけ巨石を組み込んでも、
(ここ以外に不統一に巨石が組み込まれているような石垣はないようだった。)
なんだか、ここだけ浮き上がって
防備を誇示する」というより、ツギハギみたいに見えるのは私だけだろうか……。f^_^;




それにしても、
名古屋城は石垣がたっぷり造られている。アップ
当時の大名たちの努力の結晶だ。パンチ!


城内の石垣の石には一つ一つ、「刻紋」といってそれぞれその石を運んだ大名の記号が入っているらしい。


石垣の構築を命じられた諸大名が、自分の運んだ石を他大名の石と区別するために刻んだ「目じるし」なのだそうだ。キスマーク
(この刻紋の入った石が見られるはずの「不明門」のところに行ったのだが、私には発見できなかった。ショック!


石に印をつける……?えっ
厳しいノルマが与えられていたのだろうか?はてなマーク
自分たちの仕事をアピールするためだったのだろうか?はてなマーク
どれだけ石を運んだかで、その後の出世に響いたのだろうか?!?
誰が運んだ石かどうかで、揉め事があったりしたのだろうか。!?


石垣の石など誰が運ぼうがどうせ同じだと思うのは現代の感覚で、
当時は大名たちには明暗を分ける一大事だったのかもしれない。(((( ;°Д°))))



後日、TVを見るとはなしに見ていたら、テレビ
名古屋の町なかに落ちている石、公園やら道端に無造作に置かれている石には印がついていて、
それは名古屋城の石垣の石として運んでいる際、
途中で落としてしまった石の印だと紹介されていた。Σ(・ω・ノ)ノ!


折角名古屋の町中まで運んできたのに、
落としてしまったら“アウト”だったのだろうか?NG
運搬者は、さぞがっくりと力が抜けたことだろう……。。(´д`lll)


しかし、落ちた石は使わず、慎重に運び込まれた石だけが使われて築かれた名古屋城の石垣。キラキラ
各大名たちの印の刻まれた石でできた石垣。ナゾの人
なんとも人々の必死の思いと汗が沁みこんだ石垣であるのだね。(TωT)




しかし、それなら、なおのこと、
いわゆる「清正石」にも、加藤清正の印か黒田長政の印が入っていそうなものだが……? むっ
真相はいかに? 私ニャ、ドーデモイイケド。゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○


           (25へ)  つづく  (27へ)