秩父神社

テーマ:
2016年6月 秩父の蛍旅行

秩父神社



ホテルの部屋は谷川に面していて、

渓流



川のせせらぎにずっと耳を澄ませていられる幸せ♡ 贅沢な時間だ。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

窓のすぐそばの木に鳥が来てくれれば……と待っていたら、ラブラブ
来た! と思うと、ヒヨドリとかシジュウカラ。汗
それだけ。ガックリ
彼らは私がカメラを構えると、あっという間に飛立ってしまうのであった。ジャンプ
白鷺があっという間に横切って、視界から消える。(°Д°;≡°Д°;)


向こうの茂みの方では、キョロロロロ(?)と、
もしやアカショウビンでは?と思われる声も聞こえるのだが、姿は見えず。ガックリ
(私の勘違いだろうか。)
ホキョッ! と、もう鳴くのもだるいと言わんばかりのウグイス(?)の声なども聞こえるのだが、姿は見えず。ガックリ
バードウォッチングならぬ、バードリスニングだ。それも仕方なし。それで十分。
耳福、耳福。耳耳


秩父線の秩父駅から徒歩で5分ほどの走る人
秩父神社へ参拝してみた。


落ち着いた佇まい。ご社殿のお屋根がいい感じ。キラキラ
天正20年(1592年)、徳川家康が「大旦那」となって、
当時の代官(成瀬吉衛門)に命じて再建させた
ものらしい。(=◇=;)

秩父神社



が、神社自体は、「二千有余年の歴史を持つ関東屈指の古社」だそうで。
秩父市の中央、「柞の森に鎮座」しているのであった。(=◇=;)


」って、何?!?


と、後日ググッたら、サーチ

イスノキ」とも、「ハハソ(=コナラの別名)」とも読むようで。∑(-x-;)

どっちの木なのか、わからん~。┐( ̄ヘ ̄)┌

どうして別の木を同じ漢字で表わすままにしているのだろうか?はてなマークパンチ!


参照:
(ネットより拝借:イスノキ)

イスノキ1


イスノキ2




(ネットより拝借:ハハソ=コナラ)

ハハソ=コナラ1


ハハソ2






社殿の周りにはカラフルな彫刻で飾られていた。音譜

左甚五郎によると伝えられている「つなぎの龍

つなぎ龍1



その昔、夜な夜な近くの池に現れたために鎖で繋ぎ止められたという伝説」の龍らしい。( ´艸`)

本物の鎖が彫刻の龍にも!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

つなぎ龍2鎖



夜な夜な池に現れたからって、なぜに繋ぎ止められちゃったのかしら。はてなマーク
龍って、神様の遣いじゃないのか……?はてなマーク




「つなぎの龍」以外も左甚五郎によるものなのかどうか、よくわからなかったが、
どれもひとつひとつ物語性があって、面白かった。(・∀・)


子育てしている子宝の虎。「子宝・子育ての虎」。
子虎のヤンチャで甘えん坊さんな様が、可愛らしい。

子育て虎



日光の「見ざる・言わざる・聞かざる」に対抗してか、
こちらの三猿は、「よく見て・よく聞いて・よく話す」の元気な
お元気三猿」ですと。

元気三猿



北辰の梟

北辰フクロウ



フクロウが見つめている真北側は「柞の森」?はてなマーク

その他、
大熱唱してるかのごとき、鳳凰。

鳳凰



一角獣? 空を飛ぶ……というより、海の中を行くように見え、
背中に見えるは、羽というより甲羅に見えるのだが……?はてなマーク

一角獣





キメラのような鳥も。

キメラ





どの彫刻も青が印象的で、表情がしっかりあって、楽しい。音譜

見応えのある彫刻に飾られた神社だからか、
絵馬も立体的で、そんじょそこらにある絵馬ではない!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

絵馬




境内に大きな銀杏が何本かあったのだが、

なにやらコブが垂れたような銀杏が!Σ(・ω・;|||

乳銀杏



乳銀杏」(チチイチョウ)  とな!おっぱい

私なら、「タラチネ銀杏」と名づけるが……。ボソ(´0ノ`*)


銀杏は原始的な植物のためか、『乳銀杏』のほか、『お葉付き銀杏』(葉の上に種子ができる)など、変わった性情のものが表れることがあります」……とな!

珍しい銀杏の木に出会えて、満足なのであった。ラブラブ



しかし、この銀杏、「秩父宮両殿下」の「お手植え」のうち、
奥様が植えた方の銀杏ですと。
秩父神社はどうやら皇族の方々と関係が深いのか、
やたら宮様たちが植えた木だの、なんだのがあった。あせる

昭和天皇の弟の秩父宮の名前に取られるほど、
秩父と天皇家との間には、どんな縁があるのやら?はてなマーク

――だいたい、「秩父宮雍仁(チチブノミヤヤスヒト)親王」が秩父神社の「ご祭神」として祭られている!汗


境内には、
皇紀二千六百年記念」と刻まれた石柱が。( ̄□ ̄;)

皇紀2600年記念碑


皇紀二千六百年」って、1940年(昭和15年)
日本の初代天皇である神武天皇の即位から、2600年目ってことね。あせる

なんでこんな石柱が? と後日ググッたら、

西暦1940年(昭和15年)が神武天皇の即位から2600年目に当たるとされたことから、
日本政府は1935年(昭和10年)に『紀元二千六百年祝典準備委員会』を発足させ、橿原神宮や陵墓の整備などの記念行事を計画・推進した。

1937年(昭和12年)7月7日には官民一体の恩賜財団紀元二千六百年奉祝会(総裁・秩父宮雍仁親王、副総裁・近衛文麿、会長・徳川家達)を創設。

『神国日本』の国体観念を徹底させようという動きが時節により強められていたため、これらの行事は押し並べて神道色の強いものであった。
」(ウィキ)



政府の仕業かっ!(当時は高橋是清が総理大臣。細川護熙のおじいちゃんね。)| 壁 |д・)



ここ秩父神社にも、お達しが来たことだろう。
でもって、この石柱が建てられたのだろう。
つまり、見方を変えれば、
この石柱は、
天皇を中心として、日本は神の国だぞ! 強いぞ! 神風が吹くぞ!ってなイメージを日本中に根付かせようとした証の柱であるのだ。汗


皇紀2600年……下2桁の「00」に因んで、ゼロ戦が作られた年。ゼロ戦汗

さらなる戦争へと日本がズンズン進んでいっていた頃であるよね。ドクロ

…………。(-"-;A

狛犬

なんなんだっ。

                おしまひ

















AD

酒造りの森

テーマ:
2016年6月 秩父の蛍旅行

酒造りの森


西武秩父駅から循環バスが走っており、電車
駅の西側の山(現地の人に山の名前を尋ねたら、彼らは「ミューズパーク」としか呼ばないとのことえっ
の中腹くらいにある「酒造りの森」に行ってみることにした。チョキ


この循環バスも本数が少なく、ひとたび降りると、帰りのバスの時間が問題になる。汗
秩父は徒歩旅行ではかなり計画的に動かなければ動きようがないと思われる。しょぼん

「酒造りの森」は、駅から循環バスで20分ほど。
(この循環バスも左回り右回りかで、時刻も所要時間も変わるし、料金も変わるから、わかりにくい。あせる


わかりにくくて交通の便が不便な秩父だが、
人はみな温和で親切♡ ドキドキドキドキドキドキ
(例のやる気のない蕎麦屋さんの女将さんだって、悪い人には見えなかった。)


実に親切なバスの運転手さんに、バスを降りてからの道を丁寧に教えていただき、すんなり辿り着く。チョキ(「酒造りの森」下車、徒歩1~2分ほど。)


「酒造りの森」。

酒造りの森

この時点で、帰りのバスの時間まで1時間弱。あせる

ここは升屋という酒蔵さんで、お酒

日本酒、焼酎、梅酒やワインを造っておられ、
秩父の酒の“資料館”(入場料200円)などもあるのだったが、チョキ

帰りのバスの時間を気にしなければならない我々には、ゆっくり見学している時間はなさそう。あせる

升屋

とりあえず、土産物館で、試飲だけ。(好きなだけ飲めるのが、徒歩旅行のいいところだ♪)音譜

試飲1


試飲2


日本酒、うまし♪ すっきりまろやか。合格クラッカー(-^□^-)

秩父の美味しいお水を使っているから♪ とのこと。ドキドキ


スタッフさんもみなさん感じよく、ドキドキ
快く試飲させて頂いた。(。-人-。)

試飲無料
“特別大吟醸”だけは有料で、お猪口1杯100円なり。¥
――有料なだけあって、さすがにこれが一番おいしかった。(///∇//)

水はただでは飲めないので、店内で市販されている水を買うか、
持参しなければならない……。汗


団体さんが到着したので、“冷やし甘酒”の試飲も始まった。ラッキー
ここの酒粕で作られた冷やし甘酒も美味しい♡ラブラブ


ただ、
ワインは……。叫び

ワイン試飲


どこぞのワインを無理やり展示販売させられているのか?と思い
どこのワインかと聞いてみたら、
この酒蔵で造っておられるとのこと。∑(-x-;)


美味しい日本酒造っているのに、
どうしてこんなワインを造るのかな?
ってか、どうしてこんな“ワインもどき”をワインとして売るのかな?
私としては、理解不能。
もしかして、作った方々は、この世に存在する他のワインを飲んだことがないのだろうか……?
ガックリ



ショボン……。
ショボン

折角、今年初のツバメ(?)に会えたというのに、心はブルーになってしまったのであった。DASH!


ここは秩父……。私はなぜ秩父を選んだんだっけ? と、初日から自問してしまった。汗


AD

「西武秩父」駅前

テーマ:
2016年6月 秩父の蛍旅行

「西武秩父」駅前


秩父(チチブ)…南は東京、北は山梨って感じの埼玉の西の外れの方。
電車では、秩父線が止まる「秩父駅」と、
西武線が止まる「西武秩父駅」とがあって、
これらは乗り入れておらず、徒歩で15分ほど離れている。∑(-x-;)
途中、「花園駅」なんて駅まである。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
同じような名前の駅が離れて存在していると、方向音痴の私は混乱しやすいのだ。(@_@)


わが町から行くと乗り換えも多く、
どう乗り換えるかで、交通費も1000円以下から2500円以上まで¥
所要時間も1時間ほどと2時間半以上と、随分変わってくる。時計
悩ましい。ガーン

とりあえず、焦る旅でもないので、一番時間はかかるが一番安いコースで
西武秩父駅に辿り着いた。チョキ

目的の蛍以外には、三峰神社(ミツミネジンジャ)などを訪れてみたかったが、ラブラブ
電車の時刻表をみると、平日、「19時17分」のみ!?Σ(=°ω°=;ノ)ノ
誰が利用できるというのだろう? この1本。汗

電車


駅前から三峰神社行きの「急行バス」もあったが、
その時刻表も、本数が少なく……。しょぼん


翌日、ホテルの送迎バスは朝10時ホテル発。電車
西武秩父駅には10時10分頃着くはず。DASH!
それなのに、三峰神社行きの急行バスは10時10分! 
間に合わんがな!(;´Д`)ノ
それを逃がすと12時台まで、ない。ガックリ

バス


どーしてわざわざ、
ホテルから駅へ送られてくる客を数分差で置いていくようなスケジュールなんだろうか?ガックリ
観光客を神社に来させまいという陰謀だろうか?| 壁 |д・)


♪どうしてぇ? どうしてぇ? どーして地方は足(交通機関)がな~い?♪はてなマーク
と歌いたくなった。しょぼん

参照:「本能寺の変 エグスプローション」


タクシーを使え……ということなんだろうか。はてなマーク
マイカーで来い……ということなんだろうか。はてなマーク
しょぼん貧乏旅行者は来るんじゃねぇ!……ということなんだろうか。
駅からの交通手段、もっと便利にすることはできないんだろうか……。汗




不思議な石?

駅前には記念碑があり、
記念碑より台座石が凄かった!にひひ


なんとこの台座石、「ところどころに約3億年前のウミユリ化石も見られます」、となΣ(・ω・ノ)ノ!
(*ウミユリ=「ヒトデやウニの仲間で古生代に繁栄しました」)。

記念碑の台石

岩って凄いなぁ。岩には歴史が凝縮されているんだね~。(-^□^-)



駅前はバスロータリーになっていて、
タクシーもたくさん待機していて、
観光案内所もある。チョキ
(観光案内所では、自転車のレンタルもしていた!パー

駅横に土産物屋さんや食堂のブースもあるようだが、只今工事中なり。NG
なので、まともに食べられるところがない。汗


とりあえず、食事しながら午後のプランを考えようと、
駅前に並んでいたしょぼくれた蕎麦屋に入った。あせる

駅前

似たような蕎麦屋が二軒並んでいたが、
1軒目は暖簾がボロボロ……。
もう一軒の暖簾がまともな方へ……。あせる



かつて、こんなに“やる気のない蕎麦屋”に入ったことがあっただろうか。
いや、ない。ドクロ



私の中で秩父という地は思いっきり印象が悪くなったのであった。ガックリ


この後、三々五々、西武秩父駅に現れた観光客で、何か食べようと駅前を見回す人々は、
同じく、うっかり私が入った店へと入ってしまうのだった。| 壁 |д・)
(だって、まず大抵目につくから。汗
あぁ~、ご愁傷様。チーン(。-人-。)






AD
2016年6月 秩父の蛍旅行

蛍ふぅわり、ちっかちか


野生の蛍が見たかった。ドキドキ

昔、父が藤沢に遊びに行き、蛍を捕まえてきてくれたことがあったが、
夜遅くの帰宅だったので、その晩私は蛍が光るところを見ず、ぐぅぐぅ
翌朝には、虫かごから放っても、弱りきった蛍たちはもうへろへろで、Σ(=°ω°=;ノ)ノ
光もせず(午前中だから当たり前か)汗
間もなく死んでしまった。オバケ

蛍は捕まえてはいけないのだ……と、その時思った。しょぼん
蛍を見たかったら、蛍が生きているところまで行かねばなるまい、と。グーあせる


マレーシアのボルネオ島では、川沿いの木々にクリスマスツリーのネオンライトのように
チカチカチカチカ、慌しいほどに点滅する蛍の光りを見た。(-^□^-)
嬉しかったが、……なんか自分が求めているものとは違うと思った。あせる


そして、
今年の“自分の誕生日プレゼント”は、日本の蛍を見るべく、グー
そして、折角埼玉に住んでいるのだから、埼玉の蛍を見るべく、グー
秩父にプチ旅行してみた。走る人


埼玉北西部では蛍を誘い文句にしている宿がいくつかあったのだ。チョキ
ホテルに“蛍ツアー”がセットされているプランならば、
よしんば雨で蛍が見られなくとも、少なくとも蛍の出る場所が掴める。


梅雨の季節、あいにく天気に恵まれず、小雨降る薄ら寒い日となってしまった。雨しょぼん
蛍は蒸し暑い晴れた夜にたくさん飛ぶらしい。
残念!(ノω・、)


しかし、
連れて行ってもらった山間の細道や田圃沿いで
光りながら、ふわ~、ふわ~と夢のように飛ぶ源氏蛍に会うことができた!クラッカー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

足元の叢には、じっとしながらチッカチカ点滅する平家蛍。キラキラ
時折、遠くにふわりと光ったと思うと、こちらの方までふ~わりふわ~……っと源氏。キラキラ


蛍を子供の頃たくさん見たという人によれば、
昔、蛍は家の庭先に現れ、
うまくすれば、玄関を開けたら、目の前が光りの海のごとく蛍だらけになることだってあったという。Σ(=°ω°=;ノ)ノ
手を伸ばせばもう蛍の光りの海だったそうだ。パー
ひょいと手を握れば蛍が捕まえられたという。ほぇ~!(=◇=;)


残念ながら今回、私の目の前は、遠近感もよくわからないほぼ闇。星空
かすかに1匹2匹と数えられるくらいの蛍が、遠くにぽわん、ふわ~と光りの筋を描いては消える
はかないものではあった。星空あせる

ガイドさん(現地で蛍の保護に携わっている方々?)曰く、
餌がなければ蛍は来ない。
蛍の餌はタニシ。シジミ
タニシを増やした人がいて、そのお蔭で蛍が復活したらしい。クラッカー


じゃ、タニシの餌は? と聞くと、
米ぬからしい。米
米ぬかの団子を作ってタニシを育てたらしい。(=◇=;)


米を作る→米ぬかが落ちる(現在は米ぬか団子を敢えて仕込む)→タニシが育つ→蛍が育つ
という循環を取り戻して、昔の風景が戻ってきたというわけか。

水が綺麗になるだけではダメなのだね。
住まいと食事が整わないと。ナイフとフォーク家

蛍が昔ほど見られなくなったということは
蛍の餌のタニシが減ったということで、
タニシが減ったということは、
タニシの餌の米ヌカが減ったということだったんだろうか?はてなマーク

……米ぬか云々より、農薬のせいではないのだろうか?はてなマーク
そこのところはあえて尋ねてこなかったが。あせる


ともかく、
世界は循環しているんだ。リサイクル
循環しなければ、風景も変わってしまうんだ。


でも、蛍は死んだらどうなるのだろう?はてなマーク

蛍がたくさん見られる話は最近よく耳にするようになったが、
光りの海ほど蛍を見たという人に聞いても、
山ほど出たであろう蛍の死骸を見た覚えはないという。┐( ̄ヘ ̄)┌
蚊やら蝿やら蛾やら、小虫のたくさんの死骸は案外目に止まるけれど、
蛍の死骸がぼとぼと落ちているのを見たことはない。そんな話も聞いたことはない。

蛍は死ぬとき、わざわざ人目に付かないところまで行って死ぬのだろうか。はてなマーク
人知れず土に返るのだろうか。
それとも蛍はまた何か別の生き物たちの餌になるのだろうか?はてなマーク


わからないことだらけだが、あせる

源氏蛍の、優しく儚い光りの飛行が描く世界は、
やはり実際にその場で目にしないと味わえないものだ。キラキラ

生きてて、会えて、よかった。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:キラキラ

いつか群れ飛ぶ蛍の光の海に手を差し入れてみたいものだ。ドキドキ