奈良の酒、久保本家酒造再び&クラブハリエ巡り
11 アテルイ・モレの碑!


(すっかり中断していたけれど、
2012年1月末の奈良・滋賀・京都旅行日記の続きです。f^_^;)



       
京都、清水寺を訪れたとき、
いまさらながら境内に発見したものがあった。
それはアテルイとモレの顕彰碑!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

夫婦世界旅行-妻編-アテルイ・モレの碑


なに? なぜに清水寺にアテルイ?
いままで全然気がつかなかった!Σ(~∀~||;)

碑文を読むと、

夫婦世界旅行-妻編-顕彰碑文

夫婦世界旅行-妻編-顕彰する会

1994年に既に建てられていたんだ? 気づかなかったよ~。(=◇=;)
アテルイを顕彰する会」なんてものが存在しているんだ?!(=◇=;)


田村麻呂開基の清水寺」なの?Σ(=°ω°=;ノ)ノ




…って改めてググッたら、


「清水寺」の開基は「延鎮(エンチン)」
(生没年不詳、平安時代前期の法相宗の僧)
と、されていたけれど、サーチ


「延鎮」は、坂上田村麻呂に招かれ、
坂上田村麻呂が延鎮をして清水寺を創建したようだ。Σ(=°ω°=;ノ)ノ

つまり、清水寺のプロデューサーが坂上田村麻呂で、
ディレクターが延鎮?はてなマーク
そーだったんだ……?はてなマーク

参照:ウィキペディア「延鎮




坂上田村麻呂は投降してきたアテルイとモレを京都に引き連れてきて、
お上に彼らの命乞いをしたらしいけれど、

自分の意見が通るとでも思っていたのかしら。ヾ(▼ヘ▼;)
自分に説得する自信がどれほどあったというのかしら。( ・д・)/--=≡(((卍


殺してはならぬ人たちを
死へと引き連れてきてしまった坂上田村麻呂……
こちらにもちょっと興味が湧いてきた。ラブラブ





夫婦世界旅行-妻編-道はただひとつ

「道はただ一つ」……

目の前には色々な岐路が見える気がするけれど、
どの道を選んでも選ばなくとも、
自分の後に残る道は1本なんだよねぇ。

        


              またもや つづく


AD
奈良の酒、久保本家酒造再び&クラブハリエ巡り
10 カードの時代

(2012年1月末の旅行日記の続きです。)
       

旅行3日目は京都散策と決め込んだ。
友のお目当ては清水寺、私のお目当ては六波羅密寺。
まずは、六波羅密寺を目指し、京都駅から北東方向へと向かう。走る人



途中、妙な町並み発見!Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-妙に遠近法?


真正面から見てるのに、建物が斜めに見えるように作られている?////Σ(・ω・;|||

どういうこと?はてなマーク 
と友と2人眼を凝らしても、
何がどうなっているのか、わからなかった。(°Д°;≡°Д°;)



さらに途中、
市比賣(イチヒメ)神社」なる看板を路地の入り口に見つけ、
ついでに寄ってみた。
「比賣」とつくからには、女性のための神社っぽいじゃん?(-^□^-)音譜



一見、神社を装ったビルディング?って感じの四角い建物の、中を
思い切って入っていくと、
中庭がぽんと開けた境内……という感じで。∑(-x-;)

夫婦世界旅行-妻編-境内

本日、何かの催し日なのか、
振袖姿の若い女性が所狭しとお参りしていた。DASH!



夫婦世界旅行-妻編-市比賣神社

商売の繁盛を加護し、子供の成育と女性を守護する当社は、
女性だけの厄除けの神を祀る京都の古くからの女人厄除け祈祷所として、全国の女性の信仰を集めている。


だから、女性で賑わっているのか。
それにしても、随分な人気である。( ̄□ ̄;)



桓武天皇が平安京遷都に伴い、(中略)延暦14年(795)に創建したものと伝えられる。


……って、かなり古い神社なのであった。
「お食べ初め」発祥の神社でもあるらしい。お団子∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



のだが、
古色蒼然とした面影など一切なく、
カード塚あり!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

夫婦世界旅行-妻編-カード塚

ご使用済みのカードをお納めください」とある。
ほぇ~。(=◇=;)
「塚」と言いながら、実にモダンなオブジェではないか。


で、
お守り売り場(?)を覗いたら、
お守りまでカードになってた!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚
は~、時代は変わったね~。(=◇=;)


そのうち神社プリペイドカードなども作られて、
おみくじやお賽銭はカードを挿入して……なんて時代になるのかしら?
と、ちょっと空恐ろしくなったのであった。ガーン


「厄除け」やら「おみくじ」やら「お守り」やら、
前時代的なものは
実にスマートなカードに姿を変えて、
キャピキャピと純和風な着物に身を包んだ女子たちを
飲み込んでは吐き出していく
鉄筋コンクリートのビルディング……。汗


時代とともある……ということは、
確かに大切なことだ
……とは、思う。汗



が、


華やかな現代女子たちや、白装束に身を包んだ神官たちが
かしこみかしこみ、物申し上げる神は、


マジヤヴァクネ? そんなお願い、聞いてらんねっちゅーの。めがみ


なんて言ってるんではなかろうか。(^_^;)




我々が訪れたときが、たまたま何か催し物の集合時間とかち合ったのかどうかは定かではないが、
この神社、繁盛している!
って感じ。

さすが、「商売繁盛の加護」をする神社。
神社そのものも「商売繁盛」の最先端を行っているのかも?






ところで、カード塚。
このカード塚はどうみてもシュレッダーにはなっていないよね。

このモダンオブジェ風の「塚」の中に
カードが貯まったら、どこかの取り出し口から回収して廃棄するのだろう。

その際、何かのうっかりミスなどで、
捨てられたカード情報が漏れる……なんてことが起こりはしないか?

……と心配なのは、私だけ?。(;°皿°)


参照:市比賣神社
AD
奈良の酒、久保本家酒造再び&クラブハリエ巡り
8 気合の入った木説明


(2012年1月末の旅行日記の続きです。)



新薬師寺の築地塀はところどころ、もろもろと崩れていた。
これもまた一興と言うべきか。(・∀・)

夫婦世界旅行-妻編-土塀


夫婦世界旅行-妻編-香薬師堂
↑ 
香薬師堂

香薬師堂手前に広がる池の水が
不気味にくすみ淀んでいて、Σ(~∀~||;)
この池を越えていくのが躊躇われ、あせる
ビビッて、このお堂はスルーしてしまった。オバケ


勇猛果敢なマッチョ、バサラ像を見た後でも、筋肉マッチョ
私自身は相変わらず小心者であるよ。あせる





古いお寺にはいい木があるもので。キラキラ

夫婦世界旅行-妻編-クスノキ


新薬師寺は、木についての説明がすこぶる振るっていた。クラッカー

夫婦世界旅行-妻編-クスノキの説明

和名:クスノキ(樟)
科名:クスノキ科 クスノキ属

漢字は樟で、楠はタブノキである。


まずは世間一般に定着してしまっている誤解を指摘している。グー



あーたら、「クスノキ」というと「楠」を思い浮かべるでしょが。
クスノキといったら、本来あっしなんすよ! It's me!
わたしがクスノキ!
タブ野郎と混同しないでおくんなさいよ。

「樟」といったら「樟脳」の「樟」としか思ってないでしょ。
これで「クスノキ」って読むんすよ!
樟脳がとれる木がクスノキなんすっ!
まず、そこんとこ、よろしく!夜露死苦!イップク フーっ!

というクスノキの声が聞こえてくるようだ。( ´艸`)





名前の由来は、奇(くすしき)から転訛して、クスノキという名がついたという説があります。」

名前の由来から教示してくれるとこがありがたい。ラブラブ
「奇(くす)し」とは「神秘的だ。霊妙だ。不思議だ。理解できない。とっつきにくい。」などの意。
ここではもちろん、“不思議な力を持つ、神秘的で霊妙な木とされてきた”ということだろう。ラブラブ

樟脳などの効果を考えると、「薬師(くすし)=医者」の意もあったかもしれないよね?(-^□^-)



かつて、樟脳は衣服の防虫剤として広く用いられ、箪笥の臭いの主でした。
近年の防虫剤は合成化学製品です。
縁日で小さなセルロイド製の舟を売っていたことがありますが、その後部に小さな樟脳のかけらをつけて水に浮かすと生き物のように小さな舟が動いたのを記憶している人がいるのではないでしょうか
。」

樟脳が昔、いかに我々の生活に密着していたかを、具体的に説明してくれている。チョキ
筆者が子供の頃の感動と衝撃が伝わってくるね。( ´艸`)

近年の防虫剤は豪勢化学製品だから、昔ならがらの樟脳の臭いがないんだね。
「箪笥の主」の座を「合成化学製品」にとって変わられてしまったクスノキの栄枯盛衰を、
敢えてしのごの言わないところに、余計筆者の無念な気持ちを感じる。しょぼん



昔は衣替えの直後は衣服から樟脳の臭いが立ち上がって、嫌だった。むっ
お洒落でないなぁ……と思ったものだった。

私のこうした甘っちょろい感性が、樟脳を、とどのつまりはクスノキを、日陰者(?)にしてしまったのかしら。あせる

そういえば、
ぼっとんトイレに網に入れられぶら下げられていた白い塊も、樟脳の塊だったのかしら?はてなマーク
あの白くざらっとしてキラキラとした塊……。キラキラ
あぁ、今となってはなつかしい。о(ж>▽<)y ☆


しかし、“トイレにはあの白いざらざらの玉ではなく、ラベンダーを干したものなどを置いておくと香りもよく虫除け効果もある”と知った時は嬉しかったなぁ。f^_^;
やはり、香りとしては樟脳よりラベンダーの方が断然いいよね。べーっだ!



植物全体に特異な芳香(葉を揉むと樟脳の臭いがします)がある精油分を含んでいて、この成分が害虫などに対して抵抗力があるために、多くが巨木に生長します。」

木全体が樟脳の臭いがするとは知らなかった!Σ(・ω・ノ)ノ! 
機会があったら是非、葉っぱを揉んでみたいものだ。
「樟脳」もある意味、「アロマ」と言えるのかしら。(^_^;)



己の幼児体験も踏まえての説明は説得力があった。合格
こういう説明文って、いままで見たことがなかったので、実に新鮮。ヾ(@^▽^@)ノ
(大抵は、木の名前と大木さ、樹齢くらいしか書かれていない。)
薬師(くすし)の寺だから、“くすし木”に特に注目してほしかったのか。
とにかく、さすが新薬師寺! クラッカー


しかし、
クスノキは「樟脳」の木であって、
「楠」はクスノキではない……これはちょっとショックであった。ガーン


「楠」とあったら、まず「クスノキ・クス」と読むよね。
「タブノキ」がなぜ「クスノキ」と呼ばれるようになったんだろう?はてなマーク



後日、
タブノキをググッたら、


タブノキ

椨(たぶ)、犬楠(いぬぐす)

霊が宿る木とされていたことから、
「霊(たま)の木」と呼ばれ、
それがしだいに
「たまのき」→「たぶのき」に変化して
いったとのこと。
椨の木の樹皮の粉から、線香が作られる。
メモ




タブノキ

朝鮮語で丸木舟をtong-baiといい、転化してタブになり、丸木舟を作る木の意味から
タブノキとなった。
メモ


ううむ。
「霊の宿る木」と「丸木舟を作る木」とでは、随分その神性度が違うが、
どちらも巨木であって人々を畏怖させたことは想像に難くない。
タブノキは線香も作れ、丸木舟も作れ、ありがたい木なのだ。キラキラ
城の中にしばしば見受けられるのも、そんな有益な木だからなのだろうね。(°∀°)b


しかし、
どちらを読んでも、
なぜ「タブノキ」が「クス」と発音されるようになったのか
まではわからない。
なぜなんでしょ……?┐( ̄ヘ ̄)┌


夫婦世界旅行-妻編-クスノキ(ネットより)
↑クスノキ(樟) ネットより拝借


夫婦世界旅行-妻編-タブノキ
↑タブノキ(椨・楠)






新薬師寺境内の植物説明板に戻る。

夫婦世界旅行-妻編-オガタマノキ説明

オガタマノキ

科名:モクレン科 オガタマノキ属
分布:関東以南の四国、九州、沖縄など温暖な山地。
宮崎では神話の里・高千穂地方に多く自生し、高千穂町の木にも指定されている。


■花はサクラの咲く頃に開き、モクレンを小さくしたような形をしている。小さな天女が舞い降りてきたかのように美しく、かぐわしい香りを放つ。

■果実は12月に熟し、この形が神楽を舞う巫女さんの持つ鈴に似ている。というよりこの鈴はこのオガタマノキの形を真似たものだともいわれている。


■和名のオガタマノキは招霊(おきたま)から転じた。この木の枝を神前に供え、神霊を招いたことによる。

■古事記によると、スサノオノミコトが姉のアマテラスオオミカミに悪さした。大神は怒って天の岩戸に隠れた。太陽の神が隠れて世界中が真っ暗になり、悪神が横行した。そこで八百万(やおよろず)の神々が知恵を絞り、アメノウズメノミコトがおけを伏せた台の上で踊ることになった。


■そのときオガタマノキの小枝を持って舞った。騒ぎに驚いた大神がそっと岩戸を開いたとき、タヂカラオノミコトが岩戸を開いて大神を外に連れ出し、地上は元のように明るくなった。




説明文の最後には、
作成者の住所と名前(鳥居繁夫)まで表示されている。Σ(・ω・ノ)ノ!

これまた、なんとも名調子である。
小さな天女が舞い降りてきたかのように」なんて、どれほど美しくかぐわしい香りなのだろうかと、うっとりさせられる。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

かぐわしい香りを放つオガタマノキ……
「放つ」という言い回しに、筆者のオガタマノキに対する畏敬と親愛の情が伝わってくるね。ラブラブ

オガタマノキは、そこに「ある」というより「いる」というか、
人々を惹き付ける偉大なひとつの命、
意志を持つかと思える厳然たる存在として受け止められているのだろうね。ラブラブ


古事記の頃からすでに美しく神性な木として人々に愛されていた木。
アメノウズメノミコトがその小枝を手に踊った……と思うと、
急に古代の重要な登場人物にさえ思える木だ。( ´艸`)




素晴らしい説明なれど、
目の前のオガタマノキは、花が咲いた折には天女が舞い降りてくるのかと思われるような気配は微塵も感じられないカラカラに乾いた古木にしか見えなかった……。ガーン

新薬師寺……春に訪れたら、その天女舞い降りる芳香を放つオガタマノキに出会えるのであろうか。ドキドキキラキラ



夫婦世界旅行-妻編-オガタマノキ
↑ネットより拝借 オガタマノキ

夫婦世界旅行-妻編-オガタマノキの花
↑ネットより拝借 オガタマノキの花




追記:

クスノキ(樟)をウィキったら、

全体に特異な芳香を持つことから、「臭し(くすし)」が「クス」の語源となった。「薬(樟脳)の木」が語源とする説もある。またそのことや防虫効果から元来虫除け(魔除け:アジア圏では古来から虫(蟲)は寄生虫や病原菌などの病魔を媒介すると考えられていた)に使われたくす玉(楠玉)の語源であるという説もある。材や根を水蒸気蒸留し樟脳を得る。そのため古くからクスノキ葉や煙は防虫剤、鎮痛剤として用いられ、作業の際にクスノキを携帯していたという記録もある。また、防虫効果があり、巨材が得られるという長所から家具や飛鳥時代の仏像にも使われていた。(byウィキペディア)


「クサイ(臭し)から「クスノキ」なんて説もあった!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
「薬の木」という説も既にあった!∑(-x-;)
知れば知るほどに、ありがたい木である。(。-人-。)


                 続く…カモ
AD
奈良の酒、久保本家酒造再び&クラブハリエ巡り
7 新薬師寺 いばさらバサラでないと言われても…… 


(2012年1月末の旅行日記の続きです。あせる

*以下貼り付けた画像はすべてネットより拝借したものです。




さて、坂を上りきった辺りで、新薬師寺に到着。ヾ(@°▽°@)ノ
(去年は大通り沿いに新薬師寺を見かけたので、今回は違う入り口から入ったようだ?)


大体「新」と付くと、何かの二番煎じ的イカガワシサを感じ、
つい去年は敬遠してしまったのだが、
新薬師寺は、「新」が付いても、相当古い由緒正しきお寺なのだった。アップ


ペコラさんが、ブログで新薬師寺を紹介されていて、えっ
遅ればせにその素晴らしさを教えられ、:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
バサラ(伐折羅)像に一目惚れ!ラブラブ!
あぁ、バサラさまさま、ペコラさまさまである。(。-人-。)ナームー



新薬師寺とは、
天平19(747)年3月、光明(コウミョウ)皇后が聖武(ショウム)天皇の病気平癒を祈って」「造立した」もの
……だそうだ。メモ

妻が夫の病気平癒を祈って建てた寺。
だから、ご本尊は病気を癒す神様、「薬師如来」。医者

聖武天皇といえば、東大寺を建てたお方だね。
天災やら戦やらが絶えず、世が乱れていたので、
東大寺、奈良の大仏を建てたそのご本人は、
病に冒されてヘロヘロだったのね……。(ノ_-。)


この時代の「治療」というのは、すなわち「祈祷」であったのでしょ?(。-人-。)
「祈り」こそが「治癒」への道!(。-人-。)
頼るは「医術」より「神」!(。-人-。)



夫婦世界旅行-妻編-七仏薬師

薬壷を左手にした薬師如来さまは、
「あ~、どれどれ?診せてごらん。大丈夫だぁ~」と言ってるように見える。( ´艸`)
瑠璃色ビーム!スペシウム光線

全体燃える炎のような形をしている金色の背景(光背)には、
大振りの草葉や花が浮き上がっている。黄色い花葉っぱ

宝相華(ホウソウゲ)」という、空想上のめでたい唐草チックな植物らしい。Σ(・ω・ノ)ノ!
ちょっと葡萄の葉っぱのようにも見える。


参照:「着物倶楽部
夫婦世界旅行-妻編-宝相華ホウソウゲ
(↑ 宝相華模様)


こういう光背って珍しくないかな?はてなマーク
「薬師」だけに、“薬草”をイメージして、
独特の植物をアレンジしてあるのだろうかね?(°∀°)b



そして、その宝相華(ホウソウゲ)の大きな葉の上には小さな仏様が乗っている。Σ(・ω・ノ)ノ!
薬師如来を取り巻くように左右に3体ずつ。
ご本尊の薬師如来と合わせて7体となり、「七仏薬師(シチブツヤクシ)」となるみたい。 
男の子男の子男の子嵐 リーダー男の子男の子男の子




それって、
「ワイルドセブン」みたいな感じ? ( ´艸`)
主人公飛葉大陸(ヒバダイロク)が、仲間6人と一緒に「ワイルドセブン」として活躍するのと同じように。

あるいは「荒野の七人」みたいな感じ?( ´艸`)
リーダー格のクリス・アダムズが皆をまとめつつ、力を合わせて悪をやっつけるのと同じ感じ?

(「ワイルドセブン」も「荒野の七人」もよく見てないけれど。(^^ゞ)


薬師如来が6体の薬師仏をまとめ、一緒になって病気をやっつけ、活躍する……
そんなイメージかな?('-^*)/ 浄瑠璃界の結界なき医師団?( ´艸`)


というより、「ワイルドセブン」も「荒野の七人」も、
源流は薬師如来をリーダーとした「七仏薬師」にあったのでは?ひらめき電球 ナワケナイカ?f^_^;


とにかく、6体の小仏を背景に従えながら、
薬師如来はさらに
左右に「日光菩薩」と「月光菩薩」を従え、
さらに
ぐるりと360度、十二神将像に囲まれ守られている。キラキラ

夫婦世界旅行-妻編-本堂内


激しい怒りを表わしたほぼ等身大の立像で、
我が国、最大最古の十二神将像


これら十二神将は、
薬師如来を信仰する人を守る、夜叉の大将」ですと。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
(「夜叉」とは、「インド神話で森林に住む精霊」)
            by 新薬師寺のパンフの説明より


精霊夜叉の大将たちがズラリ!キラキラ
――この中に
私の惚れちまったバサラがいる。(正面から右、一体目ラブラブ

夫婦世界旅行-妻編-バサラ(左から)
(バサラ 左から♪)ラブラブ!


夫婦世界旅行-妻編-バサラ(右から)
(バサラ 右から♪)ラブラブ!

夫婦世界旅行-妻編-バサラ(全身)
(バサラ全身)アアン、ステキ―!ラブラブ!


左手は垂下して拳を開き、右手に剣を持つ」。
いいポーズだ。キラキラ

バサラ(伐折羅)……
カッッッッッッ!と、
怒りの力で邪悪なものを瞬時に爆破する勢い。
この「怒り」の姿に見るものはビビビと来るのかもしれない。


他の神将たちも、それぞれ迫力があって、
ポーズも生き生きしていて、
カッコイーのだ!
(よく見ると、なんだか滑稽なポーズもあるのだが。汗





それにしても、
「バサラ」という名前もいい! アップ
カッコいい名前だなぁ♪
怒れる表情と実によくマッチしているなぁ♪


……と思っていた。







が、


後日調べたら、サーチ

十二神将像の各名称が、国指定と新薬師寺指定とでは異なっている
ですって!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

新薬師寺HP


新薬師寺でバサラ(伐折羅)とされている大将は、
国はメキラ(迷企羅)と指定しているって?Σ(~∀~||;)
なんじゃ、そりゃ! である。あせる


憧れの君の名前が、実は違う!?(((゜д゜;)))
プチショック。ガックリ


バサラがメキラなら、
じゃ、メキラは? と調べていくと、あせる

バサラはメキラ(迷企羅)
メキラはインダラ(因達羅)、
インダラはハイラ(波夷羅)、
ハイラはクビラ(宮毘羅)、
クビラはショウトラ(招杜羅)……
切がないわ。ガーンイヤ、アルケド。

夫婦世界旅行-妻編-バサラ(右から)

“これぞバサラ”と思っていたのに、国はメキラという……(?)はてなマーク


ううむ……。
これはメキラというよりバサラであって欲しい……気がする。汗
いばさらバサラでないと言われても……。(´_`。)


国がバサラと指定しているものは、アンテラ(安底羅)だった。あせる

夫婦世界旅行-妻編-アンテラ
↑アンテラ(新薬師寺)=バサラ(国指定)


ううむ。「両手に払子(ホッス)を持つ」大将、アンテラが、
実はバサラ?ガーン

参考:払子(ホッス)=「仏教の法要の際に僧が威儀を示すために用いる法具である。」(byウィキペディア)
夫婦世界旅行-妻編-払子ホッス
(↑払子)

ううむ。やはり「バサラ」はカッと怒りの炎を吐き出しているような表情に、
左手は垂下して拳を開き、右手に剣を持つ」姿であってほしい。
法要の道具のフサフサ(?)など両手で持っていて欲しくない……と思うのは、私だけ?(/ω\)






その他の神将像も見てみると……

夫婦世界旅行-妻編-メキラ
↑ メキラ(新薬師寺)=インダラ(国指定)



夫婦世界旅行-妻編-インダラ
↑ インダラ(新薬師寺)=ハイラ(国指定)



夫婦世界旅行-妻編-ハイラ
↑ ハイラ(新薬師寺)=クビラ(国指定)



夫婦世界旅行-妻編-クビラ
↑ クビラ(新薬師寺)=ショウトラ(国指定)


うーん。他のは別にどの名前でもいいわ……。^^;







最初に「バサラ」と、深く心に刻みついちゃったから、恋の矢
バサラはバサラでないと落ち着かないのかもしれない。



それにしても、新薬師寺がそれと決めてある名前と、
国指定のとが食い違うって、どういうことなのだろう?はてなマークはてなマークはてなマーク
ワケワカラン。┐( ̄ヘ ̄)┌

双方それぞれ、何を根拠に神将像と名前を合致させたのだろう?はてなマーク
パンフレットには何の説明もない。むっ




でも、
新薬師寺の十二神将像にはそれぞれ十二支が振り当てられており、
方角を表わしている……というのだが、
その配置は全然あっていない。(=◇=;)
十二支がバラバラに配置されているのだ。


バサラは(戌 イヌ)とされているから、北北西にあるはずなのに、
置かれているのは南南東。(=◇=;)

こうなると、十二神将像の名前も、案外どこか順番が狂って付けられてしまっているのでは……? 
などと疑いたくもなる。ウーン、ドーナンデショ?



ま、「国指定」の根拠が明確にされていないし、
(私が検索した限りではよくわからなかった)、
新薬師寺がバサラと言ったらバサラでいいではないか。ね。(´0ノ`*)


          2月ももう終わりだが まだつづく
奈良の酒、久保本家酒造再び&クラブハリエ巡り
6 奈良散策 テンプルバラード


(2012年1月末の旅行日記です。日記はつづくよ、どこまでも。
だらだらだ~、ら・だらだらだ~、ら・だら・だら・だーらー、だっ・らっ・ら~♪線路






久保本家酒造の酒蔵見学&試飲会を終えた後は、
ほろ酔いのまま、新薬師寺を目指した。ラブラブ!

夫婦世界旅行-妻編-山辺の道

去年は白毫寺(びゃくごうじ)を訪れたのだが、
すぐそばに新薬師寺があったのに、うっかりスルー!オバケ
今年こそ、新薬師寺!グー




近鉄奈良駅前からバスも出ているが、
本数もさほど多くないので、
ほろほろ歩いていくことに。走る人

薬師寺を求め歩く道々、
小さな神社がぽこぽこ点在していた。えっ


夫婦世界旅行-妻編-赤穂神社

赤穂神社(アコウジンジャ)――

天武天皇6年(678年)に十市皇女(トオチノヒメミコ)を、
天武天皇10年(682年)に氷上(ヒカミ)ノ夫人(←ウィキペディアでは「氷上娘」とされている)を、
「赤穂」の地に葬る……



と、日本書紀に書かれているらしく、メモ
“その赤穂とはこのあたりだろう”と看板に記されている。(=◇=;)



十市皇女(トオチノヒメミコ)とは、
天武天皇弟を父、額田王を母として生まれた天武天皇の第一皇女。
大友皇子(弘文天皇)の正妃。(・∀・)


大友皇子(第39代、弘文天皇)は、
天智天皇兄を父、伊賀采女宅子娘(いがのうねめ・やかこのいらつめ)を母として生まれた天智天皇の第一皇子。(・∀・)


天智天皇兄と天武天皇弟は兄弟なのだから、十市皇女と大友皇子は従兄弟同士。(=◇=;)
そして、
大友皇子は「壬申の乱において叔父・大海人皇子に敗北し自殺する(byウィキペディア)」。血

大海人皇子(天武天皇)は、長女の夫でもある甥を自殺に追い込んだわけだ。∑(゚Д゚)
十市皇女はそんな中でどんな最期を遂げたのだろう?汗
父と夫が滅ぼし合うなんて、身を裂かれる思いだったろうに……。ハートブレイク


氷上ノ夫人は、
「 藤原鎌足の子。大原大刀自の姉。天武天皇の夫人で、但馬皇女の母。日本書紀には「氷上娘」「氷上夫人」として見える(byウィキペディア)。」と。(=◇=;)


なんとまぁ藤原鎌足と言ったら、中大兄皇子(天智天皇)と一緒に「大化の改新」なるクーデターを謀った御仁。
その娘でありながら、天武天皇の夫人となった。
もう誰が味方で誰が敵なのか、よぉわからんし、ヽ((◎д◎ ))ゝ
調べれば調べるほど、
当時のスターたちがぼこぼこ芋づる式に引っ張り出されてきて、imohori☆☆
収拾が着かない。(((( ;°Д°))))
古代の底なし沼や~。ドクロ


夫婦世界旅行-妻編-天智天皇
(天智天皇 ネットより拝借)



夫婦世界旅行-妻編-天武天皇
(天武天皇 ネットより拝借)




夫婦世界旅行-妻編-大友皇子
(大友皇子 ネットより拝借)



(十市皇女は選択しかねたので、2つネットより拝借)

夫婦世界旅行-妻編-十市皇女アニメ

夫婦世界旅行-妻編-十市皇女2




とにかく、
天武天皇の長女の「十市皇女」と、
天武天皇の奥さんのうちの一人である「氷上ノ夫人」が
ここら辺に葬られたらしい(?)。DASH!

夫婦世界旅行-妻編-塀の隙間から

明治維新以後辺り一帯荒れて、禰宜さんたちも離散。(*^o^*)/~
築地塀のみ残るという寂しい状態だったのを、
有志によってここまで再建(?)したらしい。アップ


道路に沿って新しく作られたであろう塀が、
昔ながらの表札(?)を隠すまいとばかりに、
涙ぐましい造りになっていた。Σ(~∀~||;)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E7%A9%82%E7%A5%9E%E7%A4%BE



新薬師寺の直前に現れたのは、「鏡神社」。えっ

夫婦世界旅行-妻編-鏡神社鳥居

坂を上りきったあたりということもあって、
奥がちょっとこんもりしている。



夫婦世界旅行-妻編-十市皇女祭

鏡神社摂社 比売神社(ヒメガミシャ) (旧比売塚ヒメヅカ) 
御祭神 十市皇女   脇座 市寸嶋比売(イキキシマヒメ)



ここは十市皇女を祀っている。
先ほどの赤穂神社は十市皇女の葬られた所で、
ここはお祭りしてある所なのか~
……と思って通り過ぎたのだが、( ̄□ ̄;)



後日調べたら、どうやら違うみたい!Σ(・ω・ノ)ノ!


比売神社(ヒメガミシャ)とは」、「比売塚と呼ばれる小さな古墳の上に建てられている。鏡神社の摂社である。」(byウィキペディア)

だって。

春日大社本殿の「第三殿」を移築したものらしい?Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-春日大社であった鏡神社



つまり、

ちょっとこんもりしたこの小山が「古墳」であり、
ここにこそ十市皇女が葬られてあり、
そこに、春日大社の本殿の一部の鏡神社を移築し、
「鏡神社」として十市皇女を祭っている……

ってことか?はてなマーク




つまり、
さきほどの赤穂神社は、伝承で“十市皇女たちが葬られたのは、ここら辺らしい”として神社が建てられてあった……というだけのことか?はてなマーク


よくわからーん!ヽ(;´Д`)ノあせる



鏡神社の脇には、
神像石(カムカタイシ)」なる岩が祭られてあり、意味あり気だったが、
柵越しにしか覗けないのでよく見えない。(((( ;°Д°))))



夫婦世界旅行-妻編-神像石

説明板には、
大友皇子(弘文天皇)の曽孫である淡海三船(オウミノミフネ)が、
四面楚歌の中にありながら、曽祖父なる弘文天皇(大友皇太子)いませし日を顕彰せられ、孝養を賛え四代にわたる御姿石を勧請し……」
とある。∑ヾ( ̄0 ̄;ノはてなマーク


天皇家に詳しくない私はチンプンカンプンである。┐( ̄ヘ ̄)┌



後日調べたら、本

社殿の正面向かって左側に、男女がむつまじく肩を寄せあっている像が彫られた高さ1.5mぐらいの石があり、その左に「神像石(かむかたいし)」という、大友皇子・十市皇女から淡海三船までの4代とそれぞれの妃を祀った石が置かれている。
(byウィキペディア)

のだそうだ。



石が4つもあったのか……。見エンヨ。┐( ̄ヘ ̄)┌
垣根と柵に阻まれて、いったいいくつの石が置かれているのかもわからなかったぞ。あせる

夫婦世界旅行-妻編-柵越し



で、

なんなんだ?はてなマーク
どうして自分達の姿を石に託す必要があったのだ?はてなマーク
石庭でもあるまいに。

姿を現した石を残したからなんだってーの?はてなマーク
……って気がするのだが。




いや、自分たちを石に託してみるのは、
案外自然な発想かも?ひらめき電球

最近でも、TVドラマ「家政婦のみた」で、
幼い女の子が石に自分の家庭のメンバーをなぞらえていたではないか。
「これは、お父さん石、これはお母さん石……」というように、
「家族の石」を作っていたではないか。( ´艸`)石石石


姿石”とは、
自分たちがここにあるという、なにか自分たちの存在を確固としたものとさせたいような、
そんな願いを込めた性質のものかもしれない。ドキドキ


「四代にわたる御姿石」とは、
曽祖父から曽孫まで。
おそらく、
弘文天皇(大友皇子)-葛野王―池辺王―淡海三船”ということなのだろう。



現代に生きる私には、「葛野王」も「池辺王」も全く聞いたこともない名前であったが、
天武天皇のパワー全開の時代にあって、
“天下取り”に負けた天智天皇系の大友皇子~三船らの人生は、
壬申の乱以降、日の当たらない辛いものだったのかもしれない(?)。ダウン
「四面楚歌の中」とはそういう意味かな? ヨーワカランガ。f^_^;




夫婦世界旅行-妻編-淡海三船
(ネットより拝借 淡海三船)




曾おじいさんの大友皇子(弘文天皇)は、
天皇になるべき立場にいたのに天皇になれず、
(「弘文天皇」とは後に付けられた名前で、即位したという事実はなさそう。)
無念の最期を遂げた。しょぼん

しかるべき墓もなし。(はっきりこれ!と絞りきれないらしい。)
曾お婆さんの十市皇女さえ赤穂辺りにひっそりと埋葬された。
曾おじいさん以降、どんなに頑張ろうにも、冴えなかった。
自分もこのまま、やがて虚しく跡形もなく消えていくだろう。
人々の記憶にも残るまい。しょぼん


しかし、曾おじいさんもおじいさんも父も私も
その時代を一生懸命生きたのだ。アップ
権力争いに敗れただけで、
人として立派に生きたことに変わりはない。
世が世なら、天皇たる一族の我々なのだ……パンチ!

なんて思いを、石を並べながら思ったのだろうか。




でも、三船は日本初の漢詩集『懐風藻』を編集した人なんだから、
大仕事を任せられた超優秀な人として認められていた
……ってことかも???はてなマークむっ



おまけ:

大友王子は実は自害しておらず、チョキ
首実検には違う首が出され、
ご本人と十市皇女は実は千葉まで逃げ延びて、走るにっげろー
千葉で暮らし、千葉で亡くなった……という大友皇子伝説もあるらしい。Σ(・ω・ノ)ノ!
千葉に墓もあるらしい。


「番外編 大友皇子伝説」


となると、
私が見てきた「赤穂神社」や「鏡神社」はなんなんなん~?ヽ((◎д◎ ))ゝはてなマークはてなマークはてなマーク


神社も伝説も
てんでんばらばらばらばらばらーど♪
ふみふみ歩くそれもまたよし。走る人

                つづく