2017年5月下旬の箱根 3 仙石原付近とポーラ美術館

 

ホテルは清潔で快適であった。チョキ

敷地内に大きな池があって、

池の中央辺りには踊り場のようなところが設けられていて。ラブ

 

1匹蛙の大きな声が始まると、あちらこちらから、まるで輪唱するように他の蛙の小さな声が池の周りから続くのだった。びっくり

“蛙の歌”で輪唱するのって、蛙に倣っているのだったか! ビックリマーク

 

そして、面白いことに、

蛙の一声が響くと、

しずしずとおもむろに1匹の鴨が踊り場の辺りまで出てきて、マガモ

ここが舞台とばかりに毛づくろいをし、

蛙の声が収まると

しずしずとまたどこぞの岸だか木の陰かに姿を消すのであった。鴨

 

 

 

 

 

(憤怒の形相の馬頭観音)

 

(ほっこり顔の道祖神)

 

箱根2日目はしっかり雨降りだったので、ポーラ美術館へ。

丁度「ピカソとシャガール展」開催中だった。

 

ポーラ美術館の収集力って、半端ない。滝汗

日本屈指の美術館じゃないかな。ベル

 

その他に、化粧品の展覧会も開催されていて、

歴代の美人さんや化粧品などが見られて面白かった。ウインク

 

 

ポーラ美術館の芸術作品のあの素晴らしい収集力は、化粧品を売って上げた業績のお蔭なのかもしれないよね。お金

つまり、ご婦人方の美しくなりたいという古今東西不滅普遍の欲求というか幻想というか、そんな切なる出費によって支えられてきたポーラ美術館といえるかもしれない。お金ねー

(私はポーラ化粧品って使ったことがないけれど、宿でポーラのシャンプーなどを使った際は、いつも使い心地がとてもよいと思うわ。チョキ

 

 

帰りしな、バス通りにあるお家の玄関先においてある生ゴミ袋を噛み切り漁っている動物がいて。びっくり

 

あらら。ひどい荒しっぷり。

犬? 猫?

 

 …………猪だっっっ!ポーン

まだ子供だろう。中型犬ほどの大きさ。

 

箱根登山鉄道も、その車体に猪の絵が!

 

可愛らしい猪だけど、

猪の被害はかなりなものだろう。あせる

もっとうまく住み分けができればいいのになぁ。ショボーン

 

 

箱根に行ったら、特に仙石に行ったら、行ってみたい蕎麦屋があった。

滅茶苦茶美味しいと評判なのだが、

“店員の愛想が悪過ぎる、30分は待たされる、追加注文しようとしても無視される”などの口コミを一応覚悟してほしいと伝えたら、

姉はそういうのが許せないタイプで。ムカムカNGぐすん

 

諦め、小田原で蕎麦。

 

これはこれで美味しゅうございましたが、あせる

仙石原の蕎麦屋……食べてみたいなぁ。ラブラブ

              おしまい

AD

2017年5月下旬の箱根 2 箱根湿生花園(ハコネ シッセイ カエン)

 

箱根仙石辺りにある「箱根湿生花園」は以前から気になっていた。音譜

青い芥子」に会える!ラブ

 

……はずなのだが、今年はダメだって! ガビーンガックリ

(去年の秋、北海道を襲った台風のため、青い芥子が壊滅的被害を受けたらしい。……ということは、北海道に青い芥子があるのか?ビックリマーク

 

専属ガイドさんによる90分ほどの園内散策もあるらしいのだが、

10時からと13時からのみ。時計

時間が合わず、仕方なく勝手に散策した。汗

 

園内には低地から高山まで、日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、

草原や林、高山植物 1100種が集められ、

その他、珍しい外国の山草も含め、約1700種の植物が四季折々に花を咲かせて います。

園路は低地から高山へ初期の湿原から発達した湿原へと順に植物を見てまわるようになっています。チョキ

 

箱根ならではの植物が集まっているのかと思ったら、

箱根に限らず、日本各地のみならず、世界の山野草まで集められているのだった。びっくり

 

ブロ友さんのブログでしか見たことのない山野草がいっぱい。おーっ!

 

キバナイカリソウ

 

ヤブレガサ

 

ヒトリシズカ

 

フタリシズカ

 

キツネノカミソリ

 

どれも名前が面白い。ゆかしい。爆  笑

でも、説明板の周りには色々な草が生えていて、

どれがその草なのか、実はよくわからなかったりする。アセアセ

 

 

 

クリンソウ

 

タニウツギ

 

アサザ(これはブロ友さんのところで先日お勉強したばかりの花チョキ

 

チョウジソウ(花が丁子に似てるというのだから、「丁子」とは別物ということだよね?)

 

ニッコウキスゲ

 

躑躅も辛うじて綺麗に咲いていた。

 

見分け方を説明されると嬉しい。ラブラブ

 

クサレダマ……こういう身も蓋もないネーミングはお茶目な牧野富太郎氏によるものじゃないかなぁと邪推してしまうわ。 ウシシ

(後日調べたら、「草連玉」……「クサ+レダマ」らしい。となると、特に面白くもないから牧野氏命名ではないかも?ハートブレイク

 

箱根にはない」というアズマギク

 

いつか山に登って出会ってみたいと思っていた

コマクサラブ

 

こんなところで出会ってしまった……。あせる

ここら辺から、どうも、箱根にいながらにして

本来そこに生きていないはずの草花に会うことが

どうも居心地悪く感じられてきた。汗

 

プロポーズはここで♪ ……と期待していたところではないところでプロポーズされちゃったような、そんな感じ?ゲラゲラ

 

エゾルリソウ

 

クロユリラブ……以前、北海道でひとあし違いで見そびれた黒百合。いつか咲いているところを見たいと思っていたが、箱根で見れちゃった……ということに、一抹の味気なさを感じる。汗

 

それでも、やはり、普段簡単には見られない山野草を一箇所でいっぺんに見られるということは、ありがたいことではある。ドキドキ

動物園に各国の動物が集められているのと同じ……と言えば同じか。あせる

ここに各国の植物が集められて大切に育てられている。

お蔭で我々はその姿を生で見ることができるんだ。あせる

 

 

ハクサンタイゲキ  

 

ハンゲショウ

 

「湿生花園」というだけあって、湿地の植物も多く。

 

 

オオバギボウシ

 

ミズバショウ……え? こんなにデカイ葉っぱ?おーっ!

 

白く可憐な花(?)の時期は終ったとはいえ、

ミズバショウって

こんな感じ。あせる

(ネットより拝借画像)

 

なので、葉だけになったからといって、こんなにワサワサと“ドデカ”なのか?滝汗

 

ミズバショウではナイデショウと少し混乱。ゲッソリ

通りかかったスタッフさんにお聞きしたら、ミズバショウだそうで。びっくり

一枚50cmくらいあったかなぁ。ドデカイ葉っぱ。

 

♪ミズバショウの花が咲いている♪

♪夢見て咲いている水のほとり~♪ 

ってくらい可憐な清楚なイメージのミズバショウのキラキラキラキラキラキラ

ドデカ葉っぱたちが見る夢は、かなりワイルドな気がする。汗

 

この他にも実に多くの草花が植えられていた。

 

 

 

 

 

 

神代杉……神代の頃の杉? といっても杉の姿はなし。びっくり

神代の杉が水の中から発掘されたらしい。ビックリマーク

 

今もこの水中(沼?)の中に850年前の杉の根が保存されているらしい。びっくり

覗き込むと、その切り株(?)らしきものが見える。サーチ

これこそ、箱根湿生花園ならではのものかも?ベル

 

仙石原一帯には木々が埋れているらしい。びっくり

それって、もっともっと年月が経てば、琥珀の地層(?)になったりしないんだろうか?はてなマーク

 

「展示室」に展示してある一株は、なんと2900年前の神代杉ですって!(見そびれたわ。)アセアセ

 

ちょっとしたお土産コーナーもある。チョキ

 

 

複雑な気持ちに襲われながらも、たっぷり満喫、楽しい湿生花園でございました。音譜

お手軽に山野植物に会える……という点では、やはりとてもありがたい湿生花園ではある。

また行きたい♡

 

(でも、できれば、本来咲くべきところで咲いている彼らに会いたひ。ラブラブ

 

              つづく

AD

2017年5月下旬の箱根 1 ガラスの森美術館

 

実家の老母がなんとか杖を使って家の中はひとりで歩けるようにもなり、チョキ

それでもお出かけはまだ無理そうなので、

姉に誘われ、姉妹2人で(婆抜き)

ツバメ飛び交う5月下旬に箱根を少々散策できた。ウインク

 

躑躅の花は終わり、茶色くしなだれたものが多かった。ぐすん

かといって、紫陽花にはまだちょっと早かったのだった。汗

(6月の今頃はもう紫陽花盛りだろうね。チョキ

しかし、緑は綺麗だった。キラキラキラキラキラキラ緑の木々の見せ所といった感じ。ラブラブ

 

花ももちろん美しいが、私は花よりむしろ新しい葉っぱを見る方が好きかもベル……なので、

5月下旬の箱根はこの上なく気持ちのよいものであった。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

あいにくの小雨のぱらつく1日だったが、汗

仙石泊まりの予定だったので、

宿から徒歩圏内の「ガラスの森美術館」へ。走る人

 

道を歩いていれば大抵表示があるのだが、

「ガラスの森美術館」に関しては表示が極端に少なかった。あせる

出かけるときは道順をしっかりチェックしてから行った方がよいね。(反省)

 

姉は「あなたって、本っ当―に方向音痴ね。信じられない~。叫び」と言うけれど、

おねえたま、実はあなたもかなりな方向音痴だってご存知? ボソえーん

 

ちょっと遠回りしちゃったけれど、無事到着。チョキ

向こうの大涌谷からは噴煙がもくもく立ち上がっていた。アップ

 

箱根ならではのエレガント&勇壮な眺めだ。チョキ

 

ガラスの森美術館は、太陽の出ていないときは、寂しい。爆ニヤニヤ

 

園内に立っているガラスの木が、光を受けなければ輝かないということを、改めて知った。オバケ

ときおり薄日が差すと、キラキラ

枝枝がまるで音を立てるようにキラキラキラキラ淡いピンクのガラスの花(葉?)が煌く。キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

それはそれは見事なものではあった。ラブ

 

が、その分、日が翳ってしまったときの残念感は大きい。ゲラゲラ

光の滝となるであろうところも、曇りの時には、ただのガラス玉すだれ状態。残念。ニヤニヤ

 

芝生で憩う鴨も残念そうだ。ねー

 

しかし、雨でも曇りでも、ガラスの展示は見応えがある。チョキ

 

美しいガラスを使って、なぜ蛸を作ったのだ?ゲラゲラ

この形をガラスで作ってみせるところに“技術への挑戦”があったのだろうか?滝汗

 

これもまた、唸らされる作品である。ウシシ

 

寝起きのパーマヘアーか? とも言いたくなるが、ゲラゲラ

ガラス製と思うと、大したタマゲタ。ベル

 

園内のお土産物屋さんでは、ガラス作品を飾る“鏡の台(敷物?)”がリーズナブルな値段で売られていた。(他ではなかなか売られてないよね。)ベル

我が家では仕方なく安い手鏡などを敷き台に応用していたけれど、

ちゃんとした鏡の台(板? 敷物?)は、やはり輝きが違う。安定感が違う。チョキ

 

 

 

ランチを園内のレストランで取った。

カンツォーネの生ライブが売りのお店らしい。音譜

 

 

お店の人の対応は丁寧で愛想がよく、感じはよいのだが、

料理はなかなか出てこず、汗

料理もあまり私好みの味付けではなかったし、(姉は美味しいと言っていた。)

食事中に生歌を聴くって、私はあまり好まないのだが、ショボーン

この男性歌手さんの歌声は素晴らしかった!!!びっくり

めちゃ心地よい声!ラブ

一見、プロレスラーか?と見えるが、ウシシ

素晴らしい美声の持ち主だった。照れ照れ照れ

あの歌声込みと思えばランチ代は決して高くないかも。チョキ

 

個々のテーブルを歌いながら回るサービスまであった。

我々のいるテラス席の方まで出てきてくれて、

ひとつひとつ丁寧に笑顔で歌ってくれる。ラブ

 

写真をお願いしても嫌な顔せず歌いながら応じてくださった。ベル

私なんて握手してもらっちゃった♡ ウキャラブ

 

大涌谷の噴煙を眺めながら

緑濃いしっとりとした空気の中で、キラキラキラキラキラキラ

心地よいカンツォーネ(イタリア語で「歌」の意?)に酔いしれる……音譜

これもまた箱根の醍醐味かも。照れ

 

               つづく

 

               つづく

AD