2014年4月京都の春 2婆の旅

2014年、4月に、2婆(姉・私)で、京都に花見旅行に行ったときの覚書です。





25 二条陣屋(ニジョウジンヤ)は「本陣」



カラクリを凝らして守りを固めた邸、二条陣屋は、
“大名たちの宿泊所”だったというのだから、
名称は「二条陣屋」というけれど、
その邸の機能は、「本陣」だったということね。



いまさらだけど、「陣屋」と「本陣」との違いを調べた。(//・_・//)


陣屋とは・・・主に3万石以下の大名の屋敷。
        つまり、お城のような役目をしています。

本陣とは・・・参勤交代で他藩の大名が宿泊する施設。

(「okwave」

とな。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ





他にも、

「陣屋」は、

江戸時代の幕藩体制における、大名領(藩)の藩庁が置かれた屋敷、
また徳川幕府直轄領の代官の住居および役所が置かれた建物のこと
」で、

一般的に3万石以下の城を持たない大名が陣屋を持った、
また上級旗本も知行地に陣屋を構えた。
さらに大藩の家老の所領地である知行所の政庁が置かれた屋敷も含まれる。
飛地を所領に持つ大名が、
現地の出張所として陣屋を設置することもあった
。」(「ウィキペディア」)

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


ザックリ言えば、

「陣屋」は、“小さいながらも一国一城”の主たるお殿様(大名)の城(もどき)。家
あるいは、大きな大名などの出張所兼別宅。

「本陣」は、大名たちのホテル。ホテル

……というわけね。\(゜□゜)/




ガイドさんに、「京都には陣屋がなかったから」
……と説明された気がしていて、あせる
本当にそうなの? と調べたら、
京都に「陣屋」はあった!

Shane旅日記 日本全国陣屋巡りの旅

陣屋は江戸時代に3万石以下の
無城大名が藩庁を置いたところや
徳川幕府の直轄領の役所の総称です
。」


園部陣屋
(ネットより拝借)

園部陣屋(ソノベジンヤ) 京都市の西に。(上図の黄色部分)
丹波山家陣屋(タンバヤマガジンヤ) 園部のさらに北西に。
綾部陣屋(アヤベジンヤ) 山家陣屋から、さらに西に。
峰山陣屋(ミネヤマジンヤ) 京都市から北西、丹後半島の方に。



どれも、京都の中心部からはかなり離れているが、
とにかく、「陣屋」は4つあった。4
(中には、江戸時代に入ってから造られたものもある。)

京都になかったのは、「陣屋」ではなく、
大名のためのホテル、「本陣」なのだ。(=◇=;)


きっとガイドさんは、「本陣がなかった」とおっしゃったのだろう。
でも、私の聞き間違いで、
ぼんやりとして分かっていなかった「陣屋」と「本陣」の違いがわかったので、
よしとしよう♪(●´ω`●)ゞ


しかし、
「本陣」代わりとして機能していたのなら、
なぜ「二条本陣」と名づけなかったのだろうか?はてなマーク
なぜ「二条陣屋」と呼ぶのだろうか?はてなマーク


                  つづく
AD
2014年4月京都の春 2婆の旅

2014年、4月に、2婆(姉・私)で、京都に花見旅行に行ったときの覚書です。



7 平安神宮が造られた理由④


お詫びと訂正 あきまへんな~(●´ω`●)ゞ
一部、京都弁を訂正させて頂きました^^;テヘ ご指摘、ありがとうございます!ラブラブ
京都の方々、失礼しました。笑って許して。(///∇//)
これからも、妙な方言を見様見真似、聞き様聞き真似で書いちゃうので、
お気づきの方は、正しい方言をご教授くださいませ。願






平安神宮の南神苑を散策していたら、走る人
美しい桜には不似合いなほど薄汚れて、
苑の隅にまるで放置するように置かれていた電車一両。∑(-x-;)

日本最古の電車」ですって!

日本最古のチンチン電車


説明板

この電車は、明治28年1月31日に日本最初の交通輸送業電車として、
京都電気鉄道が運行したものである。


とな。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

くどいようだけど、平安神宮が建てられたのも、明治28(1895)年!(^o^;)


時勢の推移」で昭和36年には廃線となったものの、(/_;)/~~
平安神宮創建とも深い関係があることから京都市より払い下げを受け、
記念として保存している
。」

とな。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



あれれ? 日本初の電車開通って、新橋-横浜間じゃないの?←オバカ丸出しあせる



ってんで、後日ぐぐったら、サーチ


明治5(1872)年に、
日本初の鉄道”とされる「新橋―横浜間」を走ったのは、
(蒸気)機関車」だった。(/ω\)
「電車」じゃなかった!



で、

平安神宮に展示されていたのは、「電気鉄道」の「電車」、
すなわち、「電気」で動く「電車(「電気機関車」ってゆーのかしら?)」。

蒸気機関車はすでに走っていたけれど、
「電気」を使った「電車」という点で、日本初だったわけね。(*^o^*)




その背景については、こちら。

京都に日本初の電車が開業した背景には、
国内に先駆けて(世界でも2番目ともいう)水力発電が行われたことが挙げられる。

京都は東京奠都に伴って天皇の膝下という地位を失い、

市民の間で衰退が懸念されたことから、

その挽回策として政府からの下賜金をもとに

琵琶湖疏水が計画された。



(中略)水力が発電に使えると知った設計者田辺朔郎は、


田部朔郎
(ネットより拝借画像:田部朔郎)

(中略)蹴上に水力発電所を建設した。」

……蹴上(ケアゲ)って地下鉄の駅が南禅寺の南の辺りにあるわ。(-^□^-)




だが、電力を得ても当時はまだ電灯の使用が見込めず、
産業用動力としてもなじみがなかったため、
結果的に路面電車が電力の唯一の使い道となった
。」
(ウィキペディア「京都市電」)




まだ電気もガスも水道も全然整っていなかった近代黎明期の明治の日本。
どないかして京都を盛り上げていかんとどすなあきまへんなー
京都市民は燃えた!メラメラ

「世界でも2番目の水力発電」って、凄いね!(=◇=;)



その電力あってこその「電車」なのだ!チョキ

日本全国に先駆けて「京都電気鉄道が運行」した電車は
路面電車だったみたい。
(説明板にもはっきり書いてないので、ちょっと自信はないが、
どうやら路面電車だったのではないかと思う。あせる





欧米列強が、弱いアジアを食い物にしようと虎視眈々と狙っていた明治という時代。

政治の中心は江戸時代に江戸へ移っていたとはいえ、
ほぼ1000年もの間、帝のおはします都、京都どすえ。グー

それなのに、
“最高看板”(?)の天皇が東京へと移ってしまうし、
攘夷だ尊王だと京都の町は荒らされ放題だったわけだし、ダウン

明治維新が成った後の京都は、
台風一過のようだったのではなかろうか。ぐるぐる


平安時代の頃からの“歴史”は残ってはいるものの、
さて、これからどないしはる?
「文明開化」に乗り遅れてはあきまへん!パンチ!あせる



京都市民は、
明治天皇の影を慕いて(……か、どうか知らないが?)、
富国強兵ムードの激動日本の中、
雅な古都の部分を保持しながらも、
近代へと必死で取り組み、グー

近代以前の天皇をも大切に祀り上げ、
水力発電を作り、電気を作り、電車を走らせ、
匠たちには、日本に芸術ありき! 京に匠ありき!と思わせる名品を作り、
菓子職人たちは、日本に文化ありき!京に美味いものありき!と思わせる菓子を世界の舞台で発表続け……

京都の近代化の努力は並大抵ではなかったんだねー。(=◇=;)




ってなことを考えていたら、


ブロ友、ゆず茶さんから、びっくりな情報を頂いた。クラッカー

京都では天皇が東京に行かれた後、
京都を何とかしようという思いから商人の人たちが
日本で初めて小学校を作ったということ、、
それが必要だと思った政府が日本各地に広げていった


とな!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



「電車」だけでなく、「水力発電」だけでなく、
「小学校」まで“京都が日本初”!?(((゜д゜;)))



で、

さらにググったら、
京都が日本初! というものがいっぱいあった!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

参照:「京都発日本初

・明治2(1869)年 近代小学校
・明治13(1880)年 画家の卵を育てる画学校設立」
・明治24(1891)年「疏水(そすい)計画に追加された水力発電所の完成」
・明治28(1895)年「チンチン電車、出発!」←やはり、初の「電車」は路面電車だったのね。(-^□^-)
・明治30(1897)年「映画上映」
……などなど。

京都は、他に先駆けて様々な文化を発信していたのだった!(((゜д゜;)))






そういえば、
去年、京都を訪れ、人力車で円山公園裏あたりを回ったとき、
人力車のお兄さんに、
タバコ長者の邸だと教えてもらった館があった。


明治に入って紙巻タバコを作って売って大儲け。お金
当時の国家予算の半分だか3分の1だかの財力を築いていたので、
会社ごとゴッソリ明治政府に取り上げられた……というような話を聞いた。叫び




なぜにタバコ長者が京都円山公園の裏に? と不思議に思ったのだが、

タバコの歴史を紐解くと、




江戸時代、「彦根藩の下級武士の土田安五郎」さんが、
内職としてタバコの葉を刻んでいたが、あせる
明治になって、彼は「紙巻タバコの製造」を始めた。
      ……もう藩士じゃないしね。自分で稼がなきゃね。あせる

土田安五郎
(ネットより拝借画像)

タバコ産業は、「殖産興業の担い手として大いに期待されていた」と。




で、

明治中頃になると、タバコ産業もいよいよマニュファクチャの時代」となり、

京都の村井兄弟商会と東京の岩谷商会」が、
タバコ産業の二大担い手だったらしい。(=◇=;)

村井吉兵衛
(ネットより拝借村井吉兵衛)

明治33年、「村井兄弟商会」は、
京都に「日本初の製造工場」を建築したとのこと。
      (また京都発日本初!Σ(=°ω°=;ノ)ノ)


円山公園内になる「長楽館」も氏の私設迎賓館なのだった!
(明治42(1909)年、「タバコ王、村井吉兵衛により建設されたものですって!」)

参照:「京都市東山区




京都って、本当に頑張っていたんだねー。( ̄□ ̄;)!!


しかし、
順調に儲けるタバコ産業に目をつけた明治政府は、
明治9年には早くも『煙草税則』を定め」、
その後もなんやかや、名目をつけちゃ~増税、増税。ドクロドクロドクロ

しまいにゃ、

明治37(1904)年7月、「煙草専売法」を施行し、
原料葉たばこの買い上げから製造販売まで国の一括管理(製造専売)
としたらしい。ドクロ

……明治37年って、日露戦争が始まる年だよね。爆弾
……ちなみに、明治37年1月、大阪朝日新聞で
「天声人語」がスタートしたって!Σ(=°ω°=;ノ)ノ




尻に火がついてる明治政府は、
一般ピーポーには、頑張れ~!産業殖やせ~!外国に負けるな~!グー
と煽りに煽り、
その儲けは、限りなく頂きまっせ!的な。お金


なんか、今の政府とまったくやり方が同じじゃない?| 壁 |д・)
文明は開化されても、
政治はほとんど変わってなくない?(-_☆)

         

八重枝垂れ桜が見事ね~♪とふらふら散策してきた平安神宮だったが、

なんだか、明治時代の
新時代を生き抜く京都(市民)の必死な努力と
天皇を祀り上げるきな臭さと、
現代と変わらず市民からボッタクルような明治政府のあり方までも
見えてきた平安神宮なのであった。!(´Д`;)

       旅はまだつづく
AD
2014年 京都・奈良プチ旅行&久保本家酒造見学の旅


2月末、奈良の酒蔵を見学するために、ついでに京都、奈良をちょっと散策した時の日記です。


16 お茶の流れの復習と辻利まで!



花びら餅作りを無事終了して、次は……どする?(*^o^*)/~

しらさぎ

川に憩う鳥たちを眺めつつ、
(京都にも色々な野鳥さんがいるはずなのに、
私が見つけられるのは、
雀かシラサギかカラスかユリカモメばかりなり。ガックリ


カラス


なにやら特別公開中!
伊藤若冲の絵も特別展示してるみたい?
というので、建仁寺を目指した。

建仁寺

建仁寺を開いたお坊さん、「栄西」は、
日本にお茶を齎して、広めた人なんだよ~♪
と茶道に詳しい友が説明してくれた。∑(゚Д゚)


私は、以前、
京の西の方のお山、栂尾(トガノオ)にある高山寺(コウザンジ)を訪れた際、
(2009年「秋の京都旅行3 栂尾(高山寺)」)

境内に「日本最古の茶園」があり、

「明恵上人が中国産の茶の種を播いて、育てた茶の木が、やがて宇治へと伝播したらしい。有名な“宇治茶”の大元はここなのだ。(°∀°)b
しかし、明恵上人が茶の栽培に成功するまでは、
日本にはお茶がなかったわけだ。」


などと、早合点していたので アライヤン(/ω\)あせる


建仁寺の栄西こそがお茶を広めたと聞いて、
びっくり!Σ(=°ω°=;ノ)ノ




で、後日ぐぐると、あせるサーチ

参照:「お茶でつながる高山寺と建仁寺


8世紀ごろ(平安時代)、
最澄が最初に中国(唐)からお茶を持ち帰り、
茶の実を比叡山山ろくに植えた。
これが多分日本初のお茶!1

都にも茶園が造られたが、
遣唐使廃止で、茶の栽培は一時中断。注意


で、
12世紀ごろ(鎌倉時代)、栄西が中国(宋)からお茶を持ち帰り、
建仁寺を開き、
その頃、高山寺の明恵上人が栄西から茶の種を譲り受け、高山寺でお茶の栽培を始める。グー

高山寺のお茶の木が、やがて宇治にも移植されるなどして、全国へ広がっていく。ラブラブ

そのため、高山寺は、日本のお茶の発祥の地とされ」ているようだ。





明恵上人の以前にも、お茶は齎されていた!
けれど、続かなかったのだ。
で、
今にも続くお茶の木を栽培したのは、高山寺の茶園のようだが、
そのお茶を日本にもって帰ってきたのは、栄西だったのね。
栄西こそが「茶祖」と呼ばれているようだ。(=◇=;)

(建仁寺の境内は、茶の育成に適さなかったのかな?はてなマーク






私ってば、お寺を参拝するたびに、
勘違いしたり、知識が片手落ちだったりして、
後から後から驚くことが多いわ……。トホホ汗


とにかく、建仁寺を訪れたことにより、
お茶の正しき(?)流れ(建仁寺(栄西)→高山寺(明恵上人)→宇治など)がザックリつかめて、
よかった、よかった。クラッカー




で、
建仁寺の中を、ゆるゆる行くと、
桑の碑」あり。Σ(・ω・;|||

桑の碑


栄西は『喫茶養生記』で、桑の効能を説いているらしく、
桑樹が諸病に効く……とのこと。Σ(=°ω°=;ノ)ノ

栄西は、“桑の木は「諸仏菩薩の樹」だ”と説いたらしい。
それに因んで、ここ建仁寺に「三尊石」を建てた、と。

三尊石




「三尊石(サンゾンセキ)」って何? (=◇=;)はてなマーク

……な私は、またしても、後日ググらねばならなかった。あせるサーチ



三尊石とは、

日本庭園の石組の基本パターン」。
仏像の三尊仏のように、中央に大きな石を、その左右に小ぶりの石を組む方法

ですと。

参照:「三尊石(さんぞんせき ) - Naverまとめ」



お茶の祖は栄西で、
彼のお寺は建仁寺で、
彼はお茶の他に、桑の重要性も説いており、

……までは、理解できるが、
それに因んでなぜに「三尊石」……?はてなマーク


説明の文は、読むものに、質問を許さない。NG
もしかして、寺のあれこれについて、
疑念を持つこと事態が、
不遜で不信心なこととされるのかもしれない?((>д<))




建仁寺の境内は広く、
あちこちに建物が分かれて建てられているので、
我々の目指す若冲の絵や、雲龍がどこで見られるのか、
迷った。あせる

迷った挙句、
我々のお目当ての「特別公開」は、
日程的にまだ! であったのだった……。ガックリ

特別公開


(結局、この日、建仁寺をゆっくり拝観できなかったけれど、
後日、上野の博物館で、じっくり「建仁寺と栄西」展を見られたのであった。
その寺を訪れるより、都内の博物館に行った方が、特別に見られるという皮肉。(*_*))





この日、最高に美味しかったのは、
辻利の抹茶パフェクラッカー

辻利抹茶パフェ

京都にはいくつか有名な喫茶店があり、
人気の抹茶パフェがあるようだが、
私は辻利に一番感動したことであった。
ラブラブ!
辻利は、一味違う♪


美味しい抹茶パフェが今食べられるのも、
栄西さんが中国からお茶を持ち帰り、茶文化を築き、
明恵上人さんが茶の木をしっかり育て、
みんなが茶を愛してきたからよねー。
ありがたや、ありがたや。
(。-人-。)ラブラブ



プチ情報:あせる:←お役に立つかどうか……?

坂本竜馬が愛したという鶏専門店、「鳥しん」さんは、
要予約である。

鶏シン

オフシーズンなのに、
いきなり行っても「予約でいっぱい」であった。ガックリ

結局、通りを練り歩いていたウドンのゆるきゃらに惹かれて、
入ってみた「うどん博物館」。

うどん博物館


うどんちゃん?

「1800円90分間」で、「ご当地うどん食べ放題!」
「幼稚園以下は無料」と良心的だ。

修学旅行生だか、若者達がいっぱい!
色々な土地のうどんが食べられるって、
楽しそうで、受けているのかな。f^_^;


どれも、普通に美味しい。

ううむ。
私的には、もっと(特にトイレが)落ち着いた店で食べたかった。

これって、年のせいかも?(^_^;)

              おしまひ





ご当地うどん
AD
2014年 京都・奈良プチ旅行&久保本家酒造見学の旅


2月末、奈良の酒蔵を見学するために、ついでに京都、奈良をちょっと散策した時の日記です。




15 悲しい八ツ橋と楽しい花びら餅②


八ツ橋の老舗「西尾」の「八つ橋庵とししゅうやかた」を訪れて、
花びら餅作りは、予想以上に楽しいものだったが、
ヾ(@^(∞)^@)ノアップ
「八ツ橋」誕生には、悲しい物語があったことをダウン
今回、初めて知った。ヽ(゚◇゚ )ノ


やかたの1階は土産物屋になっていて、
(色々な味の八橋が試食できるのも楽しい。)音譜
お世話になったので、
西尾の八ツ橋」を購入。

その箱の中に、
八ツ橋誕生物語」なる漫画冊子が入っていたのだ。ヽ(゚◇゚ )ノ


京菓子の八橋は、今や色々なメーカーさんのものがあるが、
どうやら、最初に「八ツ橋」を創作したのは、西尾だったらしい。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ




漫画冊子によると……
本

昔むかし、三河国(ミカワノクニ)に、
若くして夫を亡くし、女手一つで二人の幼子を育てる母親がいて、
朝早くから夜遅くまで一生懸命働いていた。

「お母ちゃんに会いたい……」と寂しがって泣く幼い弟と兄は、
働きに出た母のところまで行こうとして、
橋のない川を渡ろうとし、
足をすべらせ川で溺死。しょぼん


「橋さえあれば、子供らが溺れずに済んだのに……ガックリ
悲しみ出家した母の夢枕に、1人の坊さんが現れ、
明日の朝、入り江に行って、そこに浮いている材木を使って橋を作りなさいと言われる。
で、母は夢のお告げどおり、入り江で材木を集め、
それを互い違いに組み合わせて、川に橋を架けた。
その数が8つだったので、「八ツ橋」と名づけられた……とさ。
Σ(・ω・ノ)ノ!


この話を知って、
このままでは、いかん! 
夫を失った寡婦世帯の生活保護制度を作らねば!パンチ!

……なんていう政治家は出てこなかった日本。

その代わり、
この話を広く知らせよう!グー
と、燃えた男がいた。


元禄2(1689)年、当時の西尾家のご先祖さまが、
この八橋の話に感動して、

子を思う親心は何にもまして尊いものどすなぁ
わしは決めましたで。
この話をより多くの人に 知ってもらうんや
」(漫画冊子より引用)

と、
橋の形に似せた米粉のセンベイ菓子を作り、
「八ツ橋」と名づけたのが、
和菓子「八ツ橋」の誕生……とな。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



う~む。私は生八橋は、京都に旅行したときは必ずお土産にするけれど、
八ツ橋の誕生物語も、三河の悲しい八つ橋物語も、知らなかった。
(今まで西尾の八ツ橋を購入したことがなかった……ということかしら。f^_^;)




しかし、橋を互い違いに8つ架けた……というのは、
どういうことかしら……?はてなマーク
細かいところは謎。汗






で、
後日、「三河八橋」でぐぐってみたら、サーチ
謎がやや解明された。

三河八橋


(母は夢のお告げどおり、材木を集めたものの、)
実は、

川の流れが幾筋にも分かれていたので、
1本の材木で1つの橋をかけることは無理でした。
向こう岸までわたることができるように、
八つの橋を互い違いにかけました。
八つの橋によりなんとか向こう岸に届くことができました
。」


「1本の木材で1つの橋をかけること」が無理なのは
当たり前な気がするが、(^_^;)
一体、実際、どんな地形にどんな橋を架けたというのだろうか……?はてなマーク





そもそも、三河八橋というところは、『伊勢物語』で有名。

『伊勢物語』の中に、地名の由来が書いてあった。チョキ


三河八橋の辺りには、平安時代から、「カキツバタ」が美しく咲いていたらしく、花

旅の途中に、そこでドライライス(旅の携帯食)を食べて休んでいた在原業平(アリワラノナリヒラ)さんが、
「か・き・つ・ば・た」を歌に折り込んで詠むくだりに、
三河八橋の地名の由来が説明されていた。


そこを八橋と言ひけるは、 水ゆく河の蜘蛛手なれば、
橋を八つ渡せるによりてなむ


とな。チョキ




「三河」というくらいだから、河が多い国だったのかしら?
「蜘蛛手」というけれど、
橋が8つ必要だったということは、河が8本流れていた……
ということからしら?はてなマーク


こんな感じ?

葛飾北斎 八橋
(ネットより拝借 葛飾北斎「三河八橋古図」)

あるいは、こんな感じ?

尾形光琳 八橋
(ネットより拝借 尾形光琳の「八橋図」 )


川が放射線状に入り組んでいて、
そこに1本1本橋を架けていったとしたら、
こんなんじゃない?( ´艸`)

八橋と7つの蜘蛛手河?



とにかく、
在原業平が訪れたときには、既に八つの橋が架かっていたんだ。8

彼は、母を慕って溺れてしまった幼子の事件を知っていただろうか。
幼子を失った母が子を思い架けた橋だというお話を知っていただろうか。

橋がなかった頃も、
立派な橋がある今も、毎年、どこかで、
水の事故で子供の命が失われている。
しょぼん川を渡る時は重々注意してほしいものだ。(。-人-。)





ついでながら、
三河八橋には、もうひとつ悲しい伝説があるようで。ハートブレイク

参照:「かきつばた姫の塚

かきつばた姫
(ネットより拝借画像)


本当に愛しているのなら、
世間を敵に回しても、
追ってきた女と一緒に生きるくらいの気概を持って欲しいものだ。しょぼん

(まぁ、「あなたの幸せを願って」などと言いつつ、
結局、彼女に、都に帰って幸せに暮らせと別れを言っているのだから、
在原業平は彼女と一緒になる気はなかったんだね。(σ・∀・)σ)

幼子の命も、一途な女の恋も失われた、
悲しい伝説の残るハートブレイク八橋なのであった。

              つづく
2014年 京都・奈良プチ旅行&久保本家酒造見学の旅


2月末、奈良の酒蔵を見学するために、ついでに京都、奈良をちょっと散策した時の日記です。




14 悲しい八つ橋と楽しい花びら餅①


酒蔵見学の翌日には、もう気が抜けて、オバケ
是非ともしたいこと、是非とも行きたいところもなく、
残り半日の時間、京都で、
観光パンフレットで見つけた“お菓子なカルチャー体験”、
すなわち、“和菓子造り”を楽しんでみることにした。(-^□^-)



京で一番古い八ツ橋やさん」と謳っている「本家 西尾」の
八つ橋庵とししゅうやかた」へ。走る人


お迎えサービス」なる送迎バスもあるが、
その乗降場所が微妙~に遠い所にあるので、我々には使い物にならず、ガーン
結局、自分たちで地下鉄と徒歩で、走る人
西京極あたりにある、その館を訪れたのであった。
(どこでどう降りても、徒歩15~20分ほど掛かりそう。)

八橋庵とししゅうやかた


「ししゅうやかた」と言うだけあって、
刺繍もできるらしいのだが、
我々のお目当ては、和菓子だけ。
1000円(だったか?)ほど払って、お金
いざ、和菓子作り!グー


毎月、作る和菓子は季節によって決められていて、
我々が訪れたときは、
花びら餅(葩餅)」であった。

白味噌餡と甘く煮たゴボウを包んだ、
淡いピンク色が透けて見える花びらを思わせる餅菓子だ。ラブラブ

お手本
(ネットより拝借画像)


私はこれは桜の花見の頃に食べるものかと思っていたら、
正月に欠かせない伝統の餅菓子」だそうで。

……そういえば、この花びら餅を買うときって、
いつも初詣の帰り道だったりする。
正月の期間限定の和菓子だったのかぁ……。f^_^;


観光客がどっと入れそうな
広い和菓子作りの部屋に入ると、
我々たった二人分の
テーブルに、既に分量が測られた材料や
鍋や蒸し器などの道具がセットされていた。合格

準備万端

粉で汚れるといけないと、紙エプロンをつける。
(でも、こんな小さなエプロンじゃ、あまり効果ない気がするけど。f^_^;)

紙エプロン



奥の深い和菓子。
観光客が遊び半分で作れる訳もなく、
どうせ、子供だましなんだろうなぁ~と思いつつも、
この時点で、ワクワク♪ウキウキ♪アップ




お姉さんの指導で、
作業開始。

言われるがままに、
用意されている粉などを混ぜ合わせ、

混ぜる

蒸し器に流しいれて、蒸す。

蒸す


白餡と白味噌を混ぜ、

餡を混ぜる

ここで、頂いたレシピには書かれていない
秘密の液体を投入。ヒミツ

秘密の水

だから、和菓子は美味しいのか!と驚きのエキスであった。( ´艸`)
(エキスの正体が知りたい人は、館へgoです!クラッカー



餡を程よい固さまで煮詰めたら、火を止め、冷ましておく。

餡を煮る

蒸した餅生地を、3分の1と3分の2に分け、
3分の2の方を伸ばし、
直径9cmの円形に型抜き。

で、
3分の1には食紅を加え、濃い目に色付けし、
これまた、
伸ばし、
白よりは小さな直径6cmの円形に型抜きする。

餅生地白と赤

伸ばす(赤)

型抜き



微妙な具合がわからないときは、
お姉さんに聞けば、にっこり教えてくれる。OK

白い餅とピンクの餅を重ね合わせ~の、
味噌餡を乗せ~の。

重ねて餡乗せ



既に美味しく煮られて、程よい長さに切り分けられているゴボウさん
の出番。

ゴボウさん

ゴボウさんは、円のど真ん中ではなく、
ちょっとずらして置くのがポイント!チョキ

で、餅を折って、できあがり♪

折って完成


薄い透明感のある求肥餅に包まれた赤いお餅が
うっすらとピンクの花びらのように透けてみえ
」る……はずだけど、f^_^;


ち……ちょっと、手粉をつけすぎて
あせる(だって、すぐにベトベトってくっついてくるからー)
私作の花びら餅は、かなり透け感が乏しいものだった。ヽ(;´ω`)ノ



ともあれ、
プラスチックの小さなケースに3つ詰めて、
和菓子作り終了。チョキ

その場で、お茶と一緒に食べる……ということは、できないのであった。汗


でも、
楽しゅうございました。音譜
作業は、1時間もかからなかったのではないかしら。


帰宅して、
お茶を入れて食べた花びら餅は、
見た目はまぁ、……ナンだが、あせる
お味はおいしゅうございました♪(´0ノ`*)
柔らかかった~。

         つづく