奈良の酒、久保本家酒造再び&クラブハリエ巡り
9 ハイオク


(2012年1月末の旅行日記の続きです。あせる
       




新薬師寺
の狛犬は、ちょっと変わっていた。

子持ち狛犬!( ´艸`)
↓                 
夫婦世界旅行-妻編-子持ち狛犬


向かって左、“吽”像の手にじゃれつく子狛犬。
狛犬も子供はかわいい。(

“阿”像が手にしているのは、玉。
夫婦世界旅行-妻編-玉持ち狛犬

両方の狛犬ともが何かを手にしているのは、珍しいかも。(・∀・)





バサラを見るだけでも十分満足できる新薬師寺を後にし、:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
奈良駅まで帰る途中、走る人

ところどころに
かつての蔵を再利用したらしいジャズの流れる喫茶店があり、コーヒー音譜
ちょっと趣向を凝らした“芸術的”喫茶店あり、ART
あ~っ?と、
訳のわからないアート?あり。(;´▽`A``

夫婦世界旅行-妻編-あーと?



芸術家が多く住む界隈なのかしら?
と思っていたら、
普通のお宅のすぐ横に
ぴったりくっついた廃墟も出てきた。Σ(~∀~||;)

夫婦世界旅行-妻編-廃屋



塀による仕切りもなく
ぴったり接している隣家が廃墟……って、叫び
気持ち悪くないだろうか。
怖いよね。ガーン



ここに限らず、
日本の地方の山間部などには、
打ち捨てられた家屋が随分あるようだ。ダウン

こうした廃墟をもっと友好に有効に再生できないものだろうか。ひらめき電球


家がなくて困っている人もたくさんいる。
そういう人々に廃屋を生き返らしてもらえるような取り組みができればいいのになぁ。ラブラブ



もちろん、近隣の人々の承認も必要だけど、
廃屋を建て直して、ちゃんとそこに住んで生活したいという人と、
その地域の人々とがうまく行けば、ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
地方の活性化にも繋がるんじゃなかろうか。クラッカー


廃屋を拝借する……拝屋制度なんてあったらよくない?(o^-')b

そして、10年以上うまく住み続けたら、持ち家として譲渡されるとか。ひらめき電球
それなら、一生懸命拝屋の手入れもするだろうし、その地で働くだろうし。グー
(世の中そんなうまく行かない?あせる


廃屋を拝屋に!
……いい考えだと思うんだが……。むっ







などとつらつら考えていたら、
ガソリンのハイオクって、そういえば何の略かしら?えっ
と、はたと「ハイオク」が何なのか知らないことに気がついた。
ので、
ちょっとググる。本

参照:ウィキペディア「ハイオク」:
「高オクタン価ガソリン(こうオクタンかガソリン)とは、レギュラーガソリンより高いオクタン価を持つガソリンのことである。」(=◇=;)




参照:ウィキペディア「オクタン価
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%B3%E4%BE%A1

「オクタン価(オクタンか)とは、ガソリンのエンジン内でのノッキングの起こりにくさ(耐ノック性・アンチノック性)を示す数値である。オクタン価が高いほどノッキングが起こりにくい。」(=◇=;)
AD
奈良 酒造見学の旅⑰ 橿原神宮(カシハラジングウ)―神武天皇の心


神の子としてみな平等、差別なしドキドキドキドキだとして、
みんな米作って幸せになろ~ドキドキ
というのが、神武天皇の「東(北)開発」なる「東征ドキドキ」の精神だったようだが、


当然のことながら、古事記や日本書紀を拾い読みしていると、
勝手な言い分に苦笑を免れ得ない私である。にひひ




橿原神宮を調べている途中、ちょっと気になる記事を見つけた。むっ



橿原神宮が建てられる明治時代まで、
その地は、「跡地」とは知られていたが、
宮も社も何もなかった。



で、
神宮を創建しようという話になって、
周辺に住んでいた「被差別部落」の人びとは、
聖なる土地にいては畏れ多いとか申し訳ないとかなんとか言って、
自ら転居していった……
とされているようだが、
なんだか引っかかる。むっ




と、
こんなサイトも見つけた。

洞(ほら)部落フィールドワーク報告



2600年以上前から日本という統一国家が存在し、その支配者として天皇が存在したという作り話のために、畝傍(うねび)山のふもとに暮らしていた人々が、“聖域”に被差別部落が隣接しているとののしられた挙げ句、追い出されてしまいました。その差別の理不尽さ、天皇陵において今なお身分差別が残っているおかしさ、そして、厳しい差別の中でもそれに対して抗ってきた人々の営みを知ることができました。
 
現在、畝傍山の北東部のふもとから中腹にかけて広がる「洞部落」の跡地は「神武陵」も含めて宮内庁の管轄地とされ、事前に許可を得なければ一般の人が立ち入ることができません。畝傍山の南東部にある橿原神宮方面から何も知らずに迷い込んできた観光客が、見回りの宮内庁の役人に見つかると大目玉を食らったりもします。かつてそこに人の住まいが存在したとことを一般の人の眼から遠ざけようとする宮内庁の姿勢は、何を物語っているのでしょうか?」




「洞部落の跡地を見学した後、私たちは移転先のある「おおくぼまちづくり館」で、展示やDVDを見たり、さらに詳しい話を聞いたりしました。

  ここでは、洞部落の移転が単に強いられたものとしてではなく、部落内のかなりのインテリが政府との交渉に当たって移転をとりまとめ、これを機会に被差別部落の改善を図ろうとした面もあったということが述べられました。以前は被害の面だけが強調されていましたが、単に「かわいそうな部落」というだけでは天皇制と闘えないという案内の方の言葉が印象的でした。」





わぁ、気持ちのいい神宮だね~音譜と、ほげーっと散策して帰ってきた1観光客の私、
「神武天皇」がいかなる天皇か、「建国記念の日」がいかなるもので、なぜ2月11日なのかさえ知らなかった私は、
橿原神宮創建に当たっての、こうした経緯もあったことを知って、
びっくりなのであった。(°Д°;≡°Д°;)


神社、神宮は天皇や国が管轄しているようだが、
神宮、神社を建てるとき、
その候補地はどう決められていくのか…………。!?


寺と国鉄の密接な(癒着)関係同様、神社、神宮にも背後に何かしらあるのだろうなぁ。


「神の子としてみな平等、差別なし」……と言って、
抵抗勢力を「敵」と見なし、
「成敗」のために東に向かった人びとがいた――

このことは、どちらの立場から見ても、
事実だと言えよう。






日本において「神」とはなんぞや……???

もしかして、
己の「上」に立つもの、
己を支配するものを
「神」としたんじゃないかいな。

切がないので、奈良の酒蔵見学旅行記はここら辺で打ち止め。






おまけ:奈良の街中で見かけた、足を止める風景。

今時のハンコ屋さんは、アピールが上手い?
思わず、立ち止まって読んでしまうわ。( ´艸`)

夫婦世界旅行-妻編-ハンコ屋

「日本人は、サインの
代わりに契約書に
ハンコを押すのだ
……。」
「メールでは困る」(byゴルゴ13)

「ハンコはあなたの大切な道具です。
『自分の証明 決意の証』



今時の三笠屋さんはアピールが上手い?
思わず立ち止まってしまうわ。o(^▽^)o

夫婦世界旅行-妻編-三笠屋

これって、椅子だよね?
座れないのが、残念。


近鉄奈良駅前の噴水(?)の中央に立ち尽くす
行基さん。(‐^▽^‐)

夫婦世界旅行-妻編-行基噴水

今回、行基さんにユカリのところには全然行かなかったけれど……。

       おしまい
AD
神社、神宮に興味のある方、詳しい方がいらっしゃって、
前回のコメント欄に色々わかりやすい解説をいれてくださいました。感謝感謝。(。-人-。)キスマーク
興味のある方はそちらもご覧くださいませ。
^^


でもって、ずぼらな私はというと、書き直すのお面倒なので、あせる
ずぼら日記を訂正もなくアップしちゃいます。にひひ


奈良 酒造見学の旅⑯ 橿原神宮(カシハラジングウ)―古事記と日本書紀


とりあえず、橿原神宮で売られていた本を、目に付いたものだけ2冊買ったのだが、
よく見たら、両方とも「神武天皇」というタイトル!Σ(・ω・ノ)ノ!
あり? ここって、「神武天皇」を祭っているの?えっ
あらま。
神武天皇って、名前はよく聞くけど、
……どなた?
って感じの私。f^_^;


で、旅から帰ってきて、その本を読んだり、ネットで調べたりしたら……メモ

またも、私は自分の国のことを
な~~~んにもわかってなかった!!!
ということが発覚したっ!爆弾




以下、ざっと本を中心にまとめてみると、(^o^;)





神武天皇とは初めて天皇の地位についた神様。
つまり、初代天皇

……今の平成天皇は125代目ってことになるみたい。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
何代目かって、すぐにわからなくて計算してやっとわかったよ。どうして日本は天皇に対して何代目という数字を事あるごとに名言しないのだろう?むっ


宮崎の日向あたりに生まれ育った神武さんは、
東の方で悪い奴らが権威を振るって人々を苦しめているらしいことと、パンチ!
「米作りを世に広めて人々を幸せにしなさ~い!天使
という、お婆ちゃん天照大神(アマテラスオオミカミ)の意志を受けて
米作りを広めるためとで、グー

都をもっと東に移そう!右矢印東方神起

と、兄と一緒に東へと旅に出たのであった。
走る人走る人

……本は、神武さんの「東征」を、ありがたい高等技術、「米作り」を普及させるという「東北開発」と受け止めている。むっ 


旅は、いく先々で、歓迎されたり、殺されかけたり、困難の多い旅であった。
途中、兄が敵にやられた傷が元で亡くなったり、味方となる“お供”を増やししながら、
八咫烏に導かれて、奈良の橿原に辿り付き、
即位したのが「辛酉(シンユウ)の年正月朔日(ツイタチ)」。
太陽暦で2月11日。
これがいまだに我が国の「建国記念の日」なんだっっっ!!!!
Σ(~∀~||;)



そして、この年を紀元の始まりとして日本の歴史は始まった?
「建国記念の日」はもともと「紀元節」と呼ばれていた。
神武天皇が即位してから数えている記念日っちゅーわけだ!(=◇=;)
我々は、神武天皇が即位して日本国が出来た日だよ、嬉しいね~!めでたいね~!
と祝っているわけだ。(=◇=;)
……そんなこと、一度たりとも考えたことも、感じたこともないけれど。パンチ!


現在平成23年(2011年)は、紀元2671年という計算になる。
「日本(大和)」は今から2600~2700年ほど前に誕生したっちゅーこと?Σ(・ω・;|||
つまり、紀元前600~700年頃?
(旧暦の太陰暦も長い目でみれば、ほぼ太陽暦と同じ位みたいなので。f^_^;)



どこまでが神話でどこまでが実話か判然としないので、
曖昧模糊としているが、(→o←)ゞ
とにかく、
今から2000年以上昔、
奈良の橿原に、後に神武天皇とされる人物が
周囲の敵を平定し、
自分を天皇として即位したということになっているらしい
ということははっきりした。チョキ

   
以上、参考にした本は
『こころの文庫 神武天皇』 作:保田 与重郎(ヤスダ ヨジュウロウ)絵:柳井愛子
『教科書が教えない 神武天皇』 作:出雲井晶(イズモイ アキ)





で、さらに私がいまさらながらびっくりしたのは、
「古事記」と「日本書紀」の違いである!!(=◇=;)

私が参考にしたこれらの本は、「古事記」や「日本書紀」を参考にしていた。本
「古事記」は年代が書いてないが、「人びとが伝えてきた物語のままに記述し」たもので、
「日本書紀」は古事記の伝承に基づき、思想的に著述されていて、年代も記されているものだということ。
そして、日本書紀の編纂者の一人、舎人親王天武天皇(大海人皇子)の息子だという事実!Σ(・ω・ノ)ノ!ソーダッタノ?




私はいままで、「古事記」「日本書紀」というと、

奈良時代に編纂された書物。

一度聞いたことは忘れないという稗田阿礼が語った神話太安万侶が筆録して、712年完成したものが「古事記」。メモ

舎人親王らが歴史書として720年完成したのが「日本書紀」。メモ

と、学生時代、上っ面だけ覚えたわけだが、(/ω\)





稗田阿礼が「天武天皇に舎人として仕えていた」なんて!!!(-_☆)
で、「日本書紀」が編纂されるときには、稗田阿礼の名は全然出てこないらしい。
妙だよね。(-_☆)
天武天皇の息子=皇太子候補が「舎人」なんて名前なのも、妙だよね?(-_☆)

もしかして、稗田阿礼って、舎人親王と同一人物でないの?
なんて単純な妄想が膨らんだが、


ネット検索してたら、
稗田阿礼は実は女性だったかも!なんて説も出てきて、Σ(・ω・ノ)ノ!



もうワヤクチャである。ヽ((◎д◎ ))ゝ




参照:「稗田阿礼
日本書紀
古事記







も~、何が何だか?
である。((>д<))




とにかく、
「古事記」も「日本書紀」も、
神武天皇が東へと向かう途中で、
亀の背に乗って釣りしてる人(神?)に出合ったり、
光る尾っぽの生えている人(神?)に出合ったり、
卑怯な手を使う敵に怒るくせに、
自らも相当敵を油断させる汚い手を使う闘いっぷり。
つっこみどころ満載である。о(ж>▽<)y ☆



どちらも天武天皇の息が掛かっているのだから、
日本の歴史は天武天皇(631~686)(第40代天皇)のときにツクラレ始めたっちゅーことかしら。はてなマーク

……初代が紀元前600~700年として、その後40代まで、
一体どーゆー流れになっておるのだろう? 
1代平均在位30年以上なんてあっただろうか?
卑弥呼の時代は、天皇はどうしていたのだろう?
あれやこれやが、年数が合わなくないか……?

天皇制を掲げている日本にあって、どうしてこうしたことが判然とされていないのか、
納得できない私である。(@Д@;






それはそうと、
橿原神宮は、御祭神・神武天皇が畝傍山の東南・橿原の地に宮を建てられ即位の礼を行われた宮址に、明治23年に創建された。」( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚


参照:「橿原神宮




つまり、「橿原宮跡」とだけ知られていて、今のような神宮の社殿が建てられたのは、
明治になってからだという。∑(゚Д゚)


明治23年、あと数年で日露戦争が起こるご時勢。
文明開化で脱亜入欧が唱えられたご時勢。
その中で、「民意」で「橿原神宮」を建てたいという運動が起こり、天皇の勅許を得て神宮は創建されたとのこと。


白玉砂利も清清しく、心洗われる思いでお参りしてきた橿原神宮が、
あれこれ考え合わせると、
非常に血生臭いというか、
人びとの思惑が獣臭いというか、
フクザツな思いになる私であった。むっ




参照:旧暦:
旧暦は月の満ち欠けに合わせて、1年354日(11日少ない)としたが、
すると、不都合がでてくるので、
閏年(3年に一度1年を13月とした)を作り、
1年は普通353~355日、
閏年の1年は384~385日となった。

               つづく
AD
ざっとまとめようとしたけれど、まとまらないーーー!
書いていても疲れたので、
読む人はもっと疲れると思います。あせる
なので、
写真だけでも眺めてお帰りくだされば……と思います。(^^ゞ
ご訪問、ありがとうございました。ラブラブ

奈良 酒造見学の旅⑮ 橿原神宮(カシハラジングウ)―神宮と神社





奈良酒造見学の旅、最後の立ち寄りどころは、
橿原神宮(カシハラジングウキラキラ

「大社」とか「神宮」とか「神社」とか、
どれがどう違うのか、全然わからない私だけれど、(°Д°;≡°Д°;)
あればとりあえず、どれどれ?……と立ち寄りたくなる。にひひ



近鉄橿原(カシハラ)駅の駅舎の屋根も神宮仕立て。

夫婦世界旅行-妻編-橿原駅



夫婦世界旅行-妻編-橿原神宮1

こんもりと大きな木々に取り囲まれている。
橿」って「カシ」と読むんだ。(^o^;)
橿=樫かしら? 
とにかく、「橿」の木が昔はいっぱい生えていたんだろうなぁ。はてなマーク


境内(?)は一面、白い玉砂利が敷き詰められていて
清清しい。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

夫婦世界旅行-妻編-橿原神宮2

静かである。キラキラ
静かさゆえに、ここだけ時が止まっているような感覚にふと襲われる。
しかし、独特な空気(風)が、絶えずこの広場を通り過ぎていく感じがする。


この広さは何のためだろう……と神宮に行くといつも思う。
もちろん、広々して気持ちがよいのだけど、
神宮には大抵中庭的なこうした空間が、木々に守られてあるよね。
神官たちが何か行事があるときは、ここにずらりと並ぶのだろうか……。




位置的にいって、背後に見えるのが畝傍山(ウネビヤマ)かも?サーチ

夫婦世界旅行-妻編-橿原神宮3


奥の社殿に、なんだか妙な巨大なものが掛けられている。
なんとも巨大な絵馬であった!Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-橿原神宮4


夫婦世界旅行-妻編-橿原神宮5

夫婦世界旅行-妻編-橿原神宮6


こんもり茂って、木も気持ちよさそう。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


夫婦世界旅行-妻編-橿原神宮7



神宮の中を歩いているときって、
静かで、
大きな木々があって、
陽だまりがさらさらとした感じで、キラキラ
好き。ドキドキ



しかし、
「好き」というわりに、
私は「神宮」の何たるかを知らない。(((( ;°Д°))))
そういえば、
「神宮」と「神社」の違いもわからない。!(´Д`;)

「神宮」って、天皇を祭っているもの?
「神道」の社だとは思うけれど、
仏教とはちゃうやろ~! とは分かるけど、
実はよく知らない。
「神社」は「神宮」より規模が小さいもの……というイメージがある。
改めて考えると、イメージばかりで、よくわからん。
知らないことばかり!(><;)*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆




ざっと調べてみた。本
参照:「Yahoo知恵袋
によると……

神宮と「正式に」呼べるのは実は、「伊勢神宮」だけだった。えっ

江戸時代には「伊勢・香取・鹿島」の3社だけだったえっ

・「明治以降、天皇、皇室の祖先神や大和平定に功績のある特定の神を祭神とする神社の一部が、社号を『神社』から『神宮』に改めたが、第二次世界大戦終戦までは『神宮』の社号を名乗るためには勅許が必要でした。戦後、神社の国家管理は廃止されています。」

と。


どうも「神宮」と「神社」の違いがわからない。はてなマーク(°Д°;≡°Д°;)
神宮……「神」の「宮」って、いったい何なんだろう?はてなマーク
神社……「神」の「社」って、いったい……?はてなマーク



「皇祖神・天皇を祀る鵜戸神宮・橿原神宮・平安神宮、また古来特別由緒があり香取神宮・鹿島神宮などのように『神宮号』を称する神社がありますが、
『○○神宮』を単に『神宮』と略すのは誤用であり、正式に『神宮』とされるのは伊勢だけで、それ以外はすべて神社です。」(上記と同サイトより引用)

と説明されているけれど、∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



橿原神宮で本を二冊購入(?)したら、
包んでくれた袋には、はっきりと
橿原神宮」と記されていた。
「誤用」と言われても、当の「神社?」が「神宮」と名乗っているのである。
我々としては、どーすりゃいいの?って感じである。(@_@)

         


神宮と神社、どう違うの?はてなマーク

参照:ウィキペディア「神宮」


なるほど~。(=◇=;)
しかし、この情報の真偽はこれだけではわからない。
今度、神宮や神社を訪れる機会があって、禰宜さんとでもお話できる機会があったら、
当事者達はどう定義しているのか、どう考えているのか、
是非拝聴してみたいものだ。



それにしても、
自分は、
わけがわからないままに
ただ漠然とイメージで捉えて納得して、
受け入れていることが
なんと多いことか……。(-"-;A

               つづく
奈良 酒造見学の旅⑭ 「蔵元豊祝」と「西ノ京みやげ処きとら」



私が特筆したいのは、まず、奈良駅構内にあった立ち飲み屋さん、
蔵元豊祝(クラモト ホウシュク)。

夫婦世界旅行-妻編-蔵元豊祝


酒造見学に参加した人から教えていただいた飲み屋さんである。
美味しい日本酒と素朴で美味しいおつまみがお手ごろな値段で頂ける。チョキ

酒造見学して昼から飲んで、夜は夜でこうして飲んで、
奈良の夜は更けたのであった。お酒(^^ゞ



夫婦世界旅行-妻編-せんと君1

ところどころで見かける「せんと君」。
初めて見た時は、「なんじゃ、こりゃ?」と不気味だったが、ガーン
今は妙に好き。( ´艸`)
ゆるキャラの多い中で、ちょっと異彩を放っているよね。





さて、
翌日最終日は、朝から散策。走る人


奈良の陽射って、朝も昼も夕も、いつもどこか特別なものを感じる。キラキラ

夫婦世界旅行-妻編-朝陽の道

夫婦世界旅行-妻編-薬師寺と唐招提寺

あれあれ、薬師寺と唐招提寺って、こんなに近かったのね。えっ
今回は唐招提寺へ。次項

下極楽橋」を渡る。
川を見ると、旅をしてるなぁ……と思う。キラキラ
川って、いいなぁ。:*:・( ̄∀ ̄)・:*橋モイイケド。

夫婦世界旅行-妻編-川


夫婦世界旅行-妻編-川の鳥

鳥だっ! 鴨だっ!オペラグラス
でも、小さすぎてよくわからない。(TωT)


さて、唐招提寺の手前に、
西ノ京みやげ処きとら」がある。

夫婦世界旅行-妻編-きとら前のせんと君

酒、奈良漬、お菓子、小物雑貨など、
いろいろなお土産物が並ぶ。

夫婦世界旅行-妻編-メニュー色々


ファーストフードも色々。
寧楽華麗(ナラカレー)」がいかなるものか、気になったが、
朝食後だったので、さすがに食べられず。(>_<)



ここ「きとら」で仕入れた(タブン)乾燥柿スライスが一番美味しかった!
石井物産株式会社」の「柿日和(カキビヨリ)」ラブラブ!

夫婦世界旅行-妻編-これぞ柿日和
↑左側が「柿日和」。

他の柿スライスに比べて、肉厚でソフトで美味しい。ドキドキ
(他のメーカーの物も美味しかったけれど。)

注:
友の情報によると、品川駅にある高級スーパーマーケット「○城○井」にも、似た商品が売られていたらしい。
が、奈良で手に入れたこれらとは全然別物だったらしい……。ダウン
むむむ。なぜに石井物産の「柿日和」を取り扱わないのだ?(-_-メ






さて、唐招提寺
○十年前、東山魁夷の襖絵を見に来た時以来である。
あの時は、襖絵を堪能するだけで目いっぱいで、
他の記憶は全然ない。(・_・;)


今回は……
う~む。こんなに境内が広かったのか~。(^O^)
小鳥の声がたくさん聞こえるが、姿は見えない。オペラグラス
が、小鳥の声に耳を傾ける朝のひと時。音譜キラキラ
気持ちよいのである。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

夫婦世界旅行-妻編-唐招提寺1


暖簾(?)の色合いと絵柄がいい♪(-^□^-)

夫婦世界旅行-妻編-唐招提寺2




と、まぁ、今回もこんな感じで終了。




後で知ったことだが、境内に鑑真和上の墓があったのね。Σ(~∀~||;)
拝んでくればよかった……。ガックリ
鑑真和上さまには、頭が下がる。
偉い人って、こういう人をいうんだろうなと思う。(。-人-。)





でもって、ご当地ポストも好き。( ´艸`)

夫婦世界旅行-妻編-唐招提寺風ポスト





私ってば、どーしてもっと丹念に一つ一つの寺社を味わわないのだろう?ガックリ
(寒かったからでもあるが……。)

どーして何も知らないまま、うっかり帰ってきてしまうんだろう……。ガックリ
(ちゃんと下調べして行かないからだが……。)

“変わりポスト”に感動している場合ではないのではなかろうか……。(-"-;A

              つづく