「彩どり師の仕業」今様の巫女的生き方の心得指南いたします

JR川崎駅 徒歩三分のサロン「オフィス関みゆ紀」です。






彩どり師”は、あなたの第六感を開き、人生を彩るお手伝いをいたします。


メニュー、お申し込みは、ホームページ
をどうぞ。


無料メールマガジン「彩どり師の仕業便り」ご登録はコチラ
から



お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。






昨晩の公開六感開華塾へご参加くださった皆様、

誠にありがとうございました。

次回は、この予定です。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。




六感開華塾は随時募集しております。

☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ




6月6日の満月から、6月21日の新月に掛けて、

敏感に色んなものをキャッチされていた方が

多くおられたように思います。

私も、謎のメッセージを受け取ったりしているのですが、

ブログの続きを書くことを止められておりまして、

(全く書く氣が起きないということなのですが)

その流れに素直に従って楽しんでおります。












雨と太陽はワンセットです。

太陽ばかり照っていたら、

干上がっていくんですね。

雨ばかり降っていると、

ぐちゃぐちゃになっていくんですね。

雨が降るのと太陽が出るのと、

絶妙なバランスで自然は出来上がっています。

そういう意味でワンセットです。

太陽だけでもダメだし、

雨だけでもダメ。

太陽があるから、雨の有難味が分かり、

雨があるから、太陽の有難味が分かります。

どちらか一方だと、有難味は分からないんですね。

どちらか一方だけでは、成り立たない。



人生も同じです。

太陽も雨もあるから、人は成長します。

どちらもあるなら、どちらも味わって楽しんだ方がお得です。

~しなければならない、~べきに行ってるなぁって氣が付いていくことが、

真ん中に戻る秘訣です。



氣が付いて、分かったら(分類)

悟ります(差取る=一つになる)



分けると、差が取れて、一つになります。

ドンドン分かっちゃうと、これでいいのだ!に繋がるので、

統合されていきます。



ワケは後から分かるから、身を委ねれば大丈夫です。



雨が降ったら、虹が出るかも知れないよ~。





🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。



画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。




昨日、六感開華塾の塾生さん向けにアメンバー記事をアップしました。

春分を迎えた時に、なるべく、

オープンにできる記事は開示することにしたので、

あまり塾生さん向けにはアップしていないのですが、

去年からの流れの話なので、今回はクローズの記事にしました。

それに関連したことをオープン記事で出します。



昨日、これからへ向けて、

自分の内側の要らないものを手放し

それと同時に、重点的に何をするかに絞りました。

これでオッケーと思って、夕飯を作っていたら、

いきなり左腕が上がらなくなりました。

あれ?いつの間にかどこか捻ったのかと思ったのですが、

何もした覚えがない。

粗方、料理は終っていたので、

インターバルを置こうと、

外に出て、パン屋に行ったのですが、

ますます、酷くなる。

やっぱり、氣のせいでもなく、

物理的に捻ったものでもない。

この痛みは、去年義父が亡くなった時に、

葬儀を進めるに当たり、

左腕を捻り上げられた時と同じ状態でした。

私がやるべきこと、言うべきことを言わないと、

この捻り上げが繰り広げられていたわけです。



結論を言うと、私の去年亡くなった叔母からのアプローチに

どう対処するかの課題が来ていたのですが、

その対処方法ができるかどうかのテストでした。

ドンピシャの回答をすると、すぐに外れます。

感情に揺さぶられるのではなく、

理性を持った精神で対処できるかのテストでした。



このような私の見えない世界からのアプローチによる怒涛の生活は、

本格的には、2017年1月1日から始まったのですが、

それ以前にも、ああ、そういうことかというのがありました。

私の担当じゃないわ~をずっとやってたから、

最後に追い込み掛けられたワケですよね。

2020年が、本当の本番突入だったから。



今朝の普天間さんとの会話です。













原因不明の病は、「魂」「体」「心」

この三つが一致していない為に起こっていることが多いと思います。







思いと行動と言葉の三つが一致していなくても同じです。







どうして体調悪いんだろうという方は、

巫病とか神ダーリかも知れません。

わかりやすく書いてくださっている方がおられるので、

氣になる方は、このサイトを。



巫病あるいはカミダーリを考える



巫女さん氣質のある方って、受動体なんですよね。

だから、感情を受信するワケです。

それで同情する。



かわいそうってなる。

この場合は、被害者をつくる。

許せないってなる。

この場合は、加害者をつくる。



感情に揺さぶられてる。

涙目で物を観る。

事実を観てない。

真ん中からズレる。

これを起こしやすいのです。



感情はとっても大切です。

これが元で争いごとは起きるから。



でも、理性は中庸なんですよ。

感情は大いに感じてオッケーです。

持っているものだから。

必要だから持たされている。

揺さぶられたら、一呼吸置きましょう。

事実が観えてきます。



🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。



続き




WAW・アフターサービスー6「十六菊花紋」の中でも書いたけど、

あやちゃんは、こんなことを受け取っていました。







WAW・アフターサービスー5「縄文エネルギー」に掲載した

普天間さんとのやり取りについて、

まきちゃんがこんなことを伝えてくれました。










見える世界と見えない世界の結び直しなんですよ。

それは、ご先祖も絡んでいるだろうし、

自分の過去世も絡んでいるでしょう。



だから、なぜ、自分がここの担当に('Д')?

ということが当然起きてくるわけですよね。



昨日、
自分には第六感は無いと思う。」という言葉を耳にしました。

ああ、そうか。特別なこと
だと思っているんだなと。

第六感は誰にでもあります。

普段自然に捉えているので、それが第六感だと思っていないだけ。

また、条件やセオリーで動くと、制限が掛かるので、

作動していることには氣が付けない。

~ねばならない、~すべき、~が当たり前の中にいると、

その縛りや括り、その条件に捉われる「地縛人」になるので、

そこから出られない。

地縛が、自縛していることに氣が付いて、

自爆して枠を外すことが大切です。

その枠から一旦外れてみて、ボーっとする時間を取ることです。

今の鎖国期間中は、身動きが出来なくなった代わりに、

ある意味、今までの枠を外れている状態なので、

五感を超えた第六感が磨かれる人が、いっぱい出てきます。



第六感とは、五感の先のものです。

耳を澄ます、風を感じる、触感を味わう、雨の匂いを嗅ぐ、空を見る、

 

 

それを一つ一つ丁寧にやってみると、


いつもと違う、なんかおかしい、という「違和感」が出てきます。

その違和感が第六感の入り口です。

今は、わからなくても、その違和感を覚えておいてください。

それが、

ケはからかる」=WAW

に繋がっています。



シンクロ率70%が魂のタイムラインー2のその後の話です。



六感開華塾三期生の一葉さんから再び報告がありました。











小動(こゆるぎ)は、一期生のまっきーが訪れた場所です。









こういうシンクロは
第六感の成せる業です。

ん?!って氣になって見たら「亀」がいた。



「 あれ?」とか、「ん?」に、素直に従ってみることをお勧めします。



龍口明神社と龍口寺の脳内誤作動・脳内勘違いも、

知り合いに出会う為のものかも知れないからね。

投げ掛けたものに対する最善が、いつも今に流れている。



一期生のまっきー、三期生の一葉さん、

お二人は会ったことはありません。

でも、六感開華塾という場を通して繋がっています。

そして、共通点もあったりする。

まっきーは、フラの踊り手で、ドラムも叩ける。

一葉さんはチェロの音楽家。

二人とも、「耳」を遣っている。



これは現実世界だから、観える(認識できる)繋がりです。

では、観えない繋がりがあるとしたら?

ご先祖様や、はたまた、過去世、

結び直しをしているとしたら?







いずれにせよ、

こういうシンクロを私に提示してくれているということは、

まっきーも一葉さんも、

相模の國の担当を担っていることに、

間違いないようです。



続く。



🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。



WAW・アフターサービスー11「大の字」続き





私とまきちゃんは、この幻のツアーの中で☟☟☟



☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。




宇宙の為の39.05に出てきた
所神社を取り囲む、

ケ所の神社を廻る所巡りをいたしました。



これは、私たちが回った行程に数字を振ったものです。







毎年5月5日に行われている「国府祭(こうのまち)」という祭りが、

今年は開催することができない。

その代わりに私たちが繋ぐことが重要なことのようでした。



そのうちの一つが、比々多神社です。

5月の半ばにまきちゃんとこんな会話をしていました。














現地に着いて、看板の比々多
神社という文字を見た時に、







「ということは
二つに分かれてるということだな。」

と思いました。

こんなイメージが浮かんだから。






私たちは、ここしか訪れませんでしたが、







近くに比々多神社の「元宮」があったらしく、

後に、まきちゃんが単独で、その元宮へ訪れています。



また、私たちは、

また、R2龍神と乙姫様「玉依姫編」4でも

玉前神社の「元宮」を訪れていました。



六感開華塾の真の役割が始まりましたー3「意図の糸を繋ぐ」で、

六感開華塾・三期生の一葉さんにも「元宮」へ出向いてもらっていました。

八幡宮の元宮の
由比若宮 へ行ってもらったのです。



以前、
自分の内側にハレを取り戻す2にも詳しく書いたのですが、

若宮ってターンすることなんですよね。







ターンして新宮になってくれってことなんですよ。







破壊
再生なんです。



だから、六感開華塾を経て、

4月から新しい生き方にスライドすることを決意した一葉さんが、

そこへ行く必要がありました。



元宮とは、原点回帰。

元宮があるということは、

元々一つだったものが、二つに分かれたということ。

その結び直しをやっていることに氣が付きました。



「国府祭」と「こうのまち」と読むお祭りは、

神揃山(かみそりやま)の頂上で執り行われる

相模国府祭を代表する神事です。

大化の改新以前、相模の国は、

相武(さがむ)師長(しなが)という国に分かれており、

この二つが合併して相模国が成立したそうです。



相武の最も大きな神社が寒川神社、

師長の最も大きな神社が川匂神社

両国の合併にあたりどちらが

相模国で一番大きな神社であるか揉めました。

そこで比々多神社の宮司が前鳥神社と八幡宮の宮司と相談し、

仲裁に入ることで円満に解決したそうです。



という経緯を「座問答」という形式にして、

「俺が一番!」「いやいや、俺こそが一番!」

「まあまあ、落ち着いて、落ち着いて」みたいな儀式を、

1000年もやってきたのですよ。



その「座問答」をお開きにする最後のセリフを任されているのが

比々多神社の宮司さんです。



そのセリフがこれ。



「いずれ明年(みょうねん)まで」



なんか、ほわっと終わらせてる(笑)

でも、今年はできなかったのです。

明年の約束ができなかった。



このサイトを読んでいただけると分かるけど、

相模国府祭で1000年続く神事「座問答」を体感せよ!

六ケ所の神社の氏子さんたちが集まってくるわけだから、

法被(はっぴ)なども衣装も六通りでカラフルです。

バラバラだけど調和している世界、

多様性の世界の具現化みたいな感じ。



こちらは、逆に、バラバラだったものを一つにする、


に統べる行程だったことに氣が付きました。



1000年、人を動かすことによって、

人と土地の意識を繋いでいた祭りだったということです。



しかしながら、

この国府祭(こうのまち)だけでなく、

全国でお祭りが開催されるのは難しそうな状況。



御祭りとは「ハレ」です。

日常は「ケ」です。

日常が続くと、「ケガレ=氣枯れ=穢れ」て行きます。

木(氣)が枯れたら、水を与えれば、復活します。

でも、日本中が祭りがし辛い状況になってしまいました。

街が、都市が、カッサカサになっていきます。

それに伴い、心までカッサカサになったらもう後の祭りです。

だから、水の存在である女性が「ハレ」となって、

一人祭りすることが大切なんですよ。







自分の近所の神輿ルートを廻ってみてください。

従来の御祭りという形式でない、結び直しです。

あなたの糸(意図)で、纏り(祭り)縫いすることが大切なのです。

あなたが、水の女神です。







天と繋がった自分の人生を生きる決意

自分こそが女神であることを自覚する事

その一人一人の意識の糸(意図)が、

日本中に蜘蛛の巣のように拡がって、

光のアンテナが立つこと。

それが大切なのです。



WAW・アフターサービスー13「第六感が結ぶ」へ続く。



🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。



WAW・アフターサービスー10「白への固執」続き





違和感が、見える世界と見えない世界を
繋げる鍵となっています。

常識と固定観念と既成概念が

見える世界と見えない世界を分けています。



WAW・アフターサービスー7「巫女大結集」で、



神宮」の地名が、神宮」にしか見えないと書きました。

もう、何度見ても、それにしか見えなかったのです。







見間違いが正解だったということなの。

錯覚は、ただの錯覚ではないということです。

何かに繋がっている可能性がある。

脳内で変換された、一見間違いだったと思える
神宮」が、



これに繋がっていて、







これに繋がっていたから。







大の字って、人間のことなんですよね。







犬という文字の成り立ちは、

「耳をたてた犬」の象形から、「いぬ」を意味する「犬」

という漢字が成り立ちました。



耳って、センサーです。

アンテナです。

霊的なことをキャッチするセンサーは、

実際に三半規管にあります。(脳にもあります。)



っていう文字は、大の字に
チョンが付いています。

大の字になった人間アンテナを立てた形になる。







神宮という言葉は、人間こそが生宮ですよ。

と、私が書いていることに繋がっている。







進化は神化なんですよ、ということです。



このことを強く伝える為に、

猫という文字が三つではなく、

犬という文字が三つである必要がありました。



4月9日に書いた

生命を信頼すれば何があろうとも生命はゆらがない

で紹介しているこの本は、







第三の犬の存在について書いてあります。

この第三の犬は、まさにスーパードッグです。(是非、ご一読を)



第三の犬☞

犬三つへ繋がっていました。




ここまでシンクロすると凄くないですか?



これが見えない世界の見えないチームの計らいなのだとしたら、

今更ジタバタしてどうなりますか?

お手上げじゃないですか。



見えないチームが、

私が必ずそれをキャッチすることに信頼を置いて仕掛けてくる。

その信頼関係が私は嬉しい。

だって、2年前に、

これから私は、呼ばれた場所で、呼ばれた時期に、

謎解き、謎解きをしていくということを

忘れないでくださいと言われていたから。

ああ、このことだったのかと思っています。

こんな面白いクエスト、こんな面白いゲームはありません。

楽しむしかないじゃありませんか?



だったら、見えないチームと手を組んだ方が得策です。

お手上げで生きた方が宇宙と魂のタイムラインに乗るということです。



だからこそ、思いと行動と言葉を一致させ、

素直に生きるとアンテナが立つ。



違和感をキャッチして逆らわなければ、

犬神宮になるということです。







犬石神社は、

犬の意志☞神の意志

だったんですよ。



私がこんな面倒くさいことを書いているのは、

こんなやり方がありますよ、と提示しているだけです。

後は、あなたのクエスト、あなたのゲームを、

あなたのアンテナでキャッチして進めていくだけです。



それが、日本中に蜘蛛の巣のように拡がって、

光のアンテナが立つこと。

それが大切なのです。








WAW・アフターサービスー12「ヒビ多し」へ続く。



🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。


☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

☆★ZOOM巫女ンサルテーション
申込・詳細⇒コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。



WAW・アフターサービスー9「三つ巴」続き





見える世界と見えない世界を繋ぐとはどういうことか。

自分の意識って見えてます?

目には見えていないですよね。

それこそが、見えない世界で、6の世界の入り口です。

そこに本音や本心があるんですよ。

そこに真実があるんです。






私がストップ掛けられていた時に集まって来た情報を掘り下げながら、

どこから伝えていったらいいのか考えていました。

まず、そこから繋がっていくことなんです。



自分の内側にしか答えってないのです。

親の所為(せい)、パートナーの所為、

子供の所為、家族の所為、

友達の所為、仲間の所為、

学校の所為、仕事の所為、

誰かや何かの所為だと思っていても、

結局は自分の内側の中に解決の糸口はあります。







外側の1%の世界は、

自分の内側の99%の世界にある

思い込みと勘違いが元で

展開していくから。



自分の目の前の世界を変えたいと思うなら、

この世界の展開を望んでいるなら、

自らの99%の無意識を、

意識化して掘り下げて行くしかありません。



自分の顔って、自分の肉眼で見たことはありません。

鏡に映った自分しか知りません。

だから、自分の顔ってある意味、誰かに認識してもらう為にあるし、

自分の名前も、誰かに呼んでもらう為のものです。



現実世界の鏡で映っている私の顔、

写真に映っている私の顔、

それは、二次元の平らな世界の自分で、

三次元の私の顔を、三次元の私の肉眼で見たものではないんですね。

でも、そんな自分の顔が本当の自分だと思っている。







でも、99%の見えない世界と連結している鏡に映した顔は、

こんな顔かも知れないんです。







この顔を恥じて隠そうとしても、

これも本当の自分なんですよ。

しかも、周りにこの顔がバレてたりするのに、

バレてないと思い込んで、必死に隠そうとするんですね。



他人が考える白の自分で生きたい



カオスはここから生まれます。



自分が考える白の自分で生きてないから



魂と心と体にズレが生まれます。







恐るべし、他人軸の世界です。

正しい~らしく、

良い~らしくの、

その型に嵌めて生きることが人生の目標になります。



お~い!自分どこ行った?



他人が考える白の自分は、

白が絶対なので

自分の中にある黒を見付ける

罪悪感を覚えます。



また、この罪悪感こそが、

自分の思い込みと勘違いの世界から生み出したものです。



自分が考える白の自分で生きる世界は、カラフルです。

そこには黒も赤も青もあり、

自分の責任において、
土壌です。



~の為に生きることが当たり前。

ハイ。

これ、「偽」です。

自分の問題から目を逸らしたくて、

問題の論点や責任の所在を変えているだけです。

本当は、自分の為なんですよ。

誰かの為に生きていると言えば、自立しなくて済むから。







別に自分の為に生きていいのです。

また逆に誰かの為に生きてもいいのです。

その方がよりパワーが出るのは間違いない。



但し、在り方は、自分に嘘を付かないことです。

思いと行動と言葉を一致させていくと自分が納得するから、

矛盾が生まれないので、満足感と幸福感が素直に八方に拡がる。







結果的にその周波数が周りに拡がる。

それが四の安定を生む。







自己犠牲で生きると、周りの人間に重い枷を背負わせることになる。

私が我慢したから、あなたも我慢するの当たり前よね?

それ、本当に当たり前なんだろうか。

これが封建的エネルギーです。







自己犠牲じゃないんですよ。

分かち合いと共同創造なんです。

それ、夫婦の間でもそうだし、親子の間でもそうなの。



どうして、生まれ変わるのかの理由の一つに、

繰り返しのパターンに氣が付いて、魂が磨かれていくことにあります。

自分の思い癖とか行動パターンとか、

それに氣が付いていくことなんですよ。

別に直すとか直さないとかは後の問題。

それに氣が付いて、で?どうする?なんですよ。



この、で?どうするが無いと、

知性とか霊性(メンタル体)って磨かれないんです。

クレクレ星人の自分を放置すると、メンタル体が鍛えられない。

これは、見えない体の話です。

探求心とか事実を認識する力とかそういうのがメンタル体。

敵と思っているものに対して、

どうしてそうなのか理解しようとする姿勢のことです。

それが事実を確認することだから。

例え、カッとなっても、事実を観る力を鍛えることです。

そこが作動していないと、揺れまくる。

真ん中からズレまくる。

感情(アストラル体)のみが揺さぶられて、

動物とか幼児などに近い感じになります。



それじゃ、進化が神化にならないんですよ。

螺旋で上昇していかないんです。

停滞するのみです。

三歩進んだら、二歩下がってもいいから、進みましょうよ。

それでも一歩進んでる。

丁寧に一歩進めばいい。

その丁寧にということが、氣が付いていくこと、です。



他人に押し付けられたイメージでどうして生きなくちゃならないの?

もう、そろそろ、そこの繰り返しのパターンやめてもいいんじゃないかな。

他人に押し付けられているということ自体も自分の思い込みと勘違い。

自分が選択している世界なのです。

自分が過去世から引き継いだ課題とは、

負のスパイラルをしていることに氣が付くこと。

この世はもう安心して生きていいんだよ、ということに氣が付くこと。



そこの部分が、なぜ、犬が三つなのかに繋がっています。







WAW・アフターサービスー11「大の字」へ続く。



🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。


☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

☆★ZOOM巫女ンサルテーション
申込・詳細⇒コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。



WAW・アフターサービスー8「宇宙と魂のタイムライン」続き





なぜ、人は、宇宙と魂のタイムラインに乗っかる秘訣を忘れてしまったのか。

自身の中の三つ巴の回転がうまくいっていないから。

それが、ここのところずっと書いている、

5と6が分離しているから、

鶴と亀に千年と万年の開きがあるから、

なのです。

見える世界と見えない世界の分離です。

それって、天地人が繋がることなんですよ。







宇宙と地球と人間が黄金比で繋がってるよってことです。



でもね、天地人が繋がる前に、

個人個人の内側が、分離、分裂、分断していることを伝えないと、

土台がグラグラな沼地に柱を建てて、

新築の家を建てようとしてるみたいなものなのです。

それが、なぜ止められていたかの理由、

土台を固めないで進めようとしていたからです。



自分自身の中が繋がっていないのに、

宇宙と地球と繋がっていく話をしても、


だからね。



人間は、人で生まれてきて、本の足で大地を踏み締めます。







人は、YesかNoか、快か不快か、好きか嫌いか、男か女か性別を、極を自覚していきます。







人間は、魂・体・心のつで構成されています。







思いと行動と言葉のつが一致すると素直に生きられます。







三つ巴の回転がうまく行くとの安定が訪れます。







人間の五って、五の前の四の安心・安定・安全がとても大切なのです。



四が
土台だから。



六感開華塾の真の役割が始まりましたー1「祈りから意乗り」で訪れた地元の八幡神社ですが、



本殿の奥を
つの木(氣)で固めていました。







真上から見るとこんな感じ。







ここのところ震度
の地震が多いですよね。



自分の内側と向き合うということは、

三つ巴の回転の調整をしていることに繋がっています。

この鎖国期間中は、自己に向き合わざるを得ない期間だったので、

地球もシンクロして、安定の四の調整をしているのかも知れません。



WAW・アフターサービスー10「白への固執」へ続く。


🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。


☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

☆★ZOOM巫女ンサルテーション
申込・詳細⇒コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。



WAW・アフターサービスー7「巫女大結集」続き





ブログを書くことを止められておりました。

やっと、再開できます。

なぜ、止められていたのかは、

土台を固めないで進めようとしていたから。

それをこれから書いていきます。

夏至までまだ時間があるから間に合う。



皆さん、前回の内容を忘れていらっしゃると思うので、

よかったら戻って読み直してみてください。

それが礎を築くことに繋がっているので。



WAW・アフターサービスー7「巫女大結集」をアップした翌日、

朝、パソコンを開いたら、早速、この記事が飛び込んできました。



え、動物?【猋】読めたら凄い!一度は見た事あるあの現象



あまりにタイムリーなのでfacebookにアップしておきました。











犬が三つで「つむじかぜ」と読むのだそうです。



これを観た瞬間に心の中で「ヨッシャー!」のポーズを取っていました。



この「つむじかぜ」こそが、

人間は
ですよって話を示してるから。

私がここのところずっと書いていることですよね。

それとシンクロしていることだったので。



五芒星である人間は、1:1.6182の黄金比で回転しています。







人間の
DNAのらせん構造もこの黄金比です。







かたつむりも台風も、自然に渦を巻くものは、

この黄金比で構成されています。



Infinity ~無限大∞の可能性~さんのブログをリブログさせていただきました。





人間は、回転して螺旋状に成長していきます。



以前書いた、このことです。







つむじかぜって、渦を巻きながら、

はげしく吹き上がる風。つじかぜ。つむじ。



という意味です。



人間の頭のてっぺんに「つむじ」がありますよね。

人間の手には「指紋」があります。

その渦はいずれも、この黄金比が絡んでいます。



だから、人間の進化・成長を示していることは間違いないのです。



今の私は、シンクロ率70%だから、

宇宙と魂のタイムラインに乗っているのは間違いない。



このことと、犬が三つって何の繋がりがあるのか。

猫が三つではないワケですよね。



そこに何かあるのだけど、点と天を繋ぐ糸(意図)が見つからない。



ハイ。

その直後から、WiFiがブチブチ途切れるようになりました。

ストップの合図ですね。

なぜ繋がらないか。

私からどこかへアクセスして情報収集しなくてもいいということです。

また、私から皆さんへ対して情報提供もしなくていいということです。

それは、本による知識を得ることも同様です。

私が動かず待てということです。

ひたすらに来たものを受け取れということです。

と、感じたのでその通りにしました。

そしたら、面白いですね。

六感開華塾の塾生やその他皆さんからの情報がバシバシ入ってくる。

その間何してたかというと、ひたすら、のんびり過ごしてました。



これで、無理矢理繋ごうとしたり、

焦って動き出すと、宇宙と魂のシンクロ率が下がり、

タイムラインからドンドンずれていきます。



これで、何が起こるかというと、タイミングが悪くなります。

間が悪い人間になっているということです。



宇宙って、タイミングとか、タイムラインとか、

絶妙な調和とバランスで流れていて、

それをどうやって合わすかというのは、

目の前にあることに対処するだけなんです。



タダでさえ、関みゆ紀ワールドで動いているワケですから、

周囲の流れとズレが出る可能性って大なんです。

だから一旦「間を取る」「間を空ける」をやること、

周囲の流れと合わせていくことも大切なのです。



高速道路で走っていて、

周囲のスピードに合わせて走った方が危険が少ないのと似てます。

また、逆に、皆がノロノロ走っている時に、

独りだけアクセル全開でスピード出して走ると、

覆面パトカーが見張ってる場所だったりなんかして、

ああ、だから、皆、ノロノロ走ってたのかと分かったりする。

それと同じで、時の流れに合わせるとか、感じるとか、

そういうことがとても大切なのです。



急いでいる。

でも、目の前の信号が赤になってる。

それは、止まる流れだから。

そこで止まったことによって、

調整される何かがあるかも知れないということです。



目的地に遅刻したとしても、

事故が起きる可能性を回避することに繋がってたとか。

そういうことですね。



だから、自分の回りに流れている時間と、

自分が何を感じたかの擦り合わせをしておくことがとても大切なのです。



果報は寝て待てということです。



それこそが、ケはとからかるの世界でWAWワールドのことだから。



そして、やっと、何を伝えてきてたのかわかったんですよ。

宇宙と魂のタイムラインに乗っかる秘訣。

それが、なぜ犬が三つなのかに繋がっていたのです。



WAW・アフターサービスー9「三つ巴」へ続く。



🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。


☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

☆★ZOOM巫女ンサルテーション
申込・詳細⇒コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

人生の彩どり師・関みゆ紀です。



画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。




6月に入りましたね。

今、ストップを掛けられている状態で、

なるほど、そういうワケねというのを、

噛み締めている状態でございます。



噛めは、ってことよね。






今、冥王星、土星、金星、木星の四惑星が逆行しており、

特に冥王星は、「破壊と再生」を意図してるものだから、

夏至までの間にちょっとシンドイ思いをする方もおられるものと思われます。

生みの苦しみとは、膿みを出すことですので。

でもその生みと膿みは、海という生命力・活力の源となっていきます。

どうかご自愛くださいませ。

星を憎んで人を憎まずですよ。







6/21(日)夏至の日公開六感開華塾 ~お題は未定~無料ZOOMライブをやります。

ご興味ある方は、お申し込みください。





🌟当ブログのアメンバー申請は「六感開華塾の塾生のみ」にて、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。




☟この画像をクリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。

画像を☟クリックすると申込サイトに跳びます。


☆★2020年5月より個人授業にて随時開始
【六感開華塾】
申込・詳細⇒コチラ

☆★ZOOM巫女ンサルテーション
申込・詳細⇒コチラ