『源氏物語』第五帖「若紫」~第3章~ | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

『源氏物語』第五帖「若紫」~第3章~

若紫①【北山へ加持祈祷】

これより以前の「夕顔」第9章はこちら

はじめから読む場合はこちら

「若紫」第2章はこちら

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 明けゆく空は、いといたう霞みて、山の鳥どもそこはかとなうさへづりあひたり。名も知らぬ木草の花どもも、いろいろに散りまじり、錦を敷けると見ゆるに、鹿のたたずみ歩くも、めづらしく見たまふに、悩ましさも紛れ果てぬ。

 聖、動きもえせねど、とかうして護身参らせたまふ。かれたる声の、いといたうすきひがめるも、あはれに功づきて、陀羅尼誦みたり。

 御迎への人びと参りて、おこたりたまへる喜び聞こえ、内裏よりも御とぶらひあり。僧都、世に見えぬさまの御くだもの、何くれと、谷の底まで堀り出で、いとなみきこえたまふ。

「今年ばかりの誓ひ深うはべりて、御送りにもえ参りはべるまじきこと。なかなかにも思ひたまへらるべきかな」

など聞こえたまひて、大御酒参りたまふ。

・・・・・・・・・・・・・・・

若紫139-1】明けゆく空は

若紫139-2

若紫139-3

 

若紫140-1】錦を敷ける

若紫140-2

若紫140-3

 

若紫141-1】聖、動きも

若紫141-2

若紫141-3

 

若紫142-1】御迎への人

若紫142-2

若紫142-3

 

若紫143-1】僧都、世に

若紫143-2

若紫143-3

 

若紫144-1】今年ばかりの

若紫144-2

若紫144-3

・・・・・・・・・・・・・・・

「山水に心とまりはべりぬれど、内裏よりもおぼつかながらせたまへるも、かしこければなむ。今、この花の折過ぐさず参り来む。

 宮人に行きて語らむ山桜
 風よりさきに来ても見るべく」

とのたまふ御もてなし、声づかひさへ、目もあやなるに、

「優曇華の花待ち得たる心地して
 深山桜に目こそ移らね」

と聞こえたまへば、ほほゑみて、「時ありて、一度開くなるは、かたかなるものを」とのたまふ。

・・・・・・・・・・・・・・・

若紫145-1】山水に

若紫145-2

若紫145-3

 

若紫146-1】今、この花の

若紫146-2

若紫146-3

 

若紫147-1】とのたまふ御もてなし

若紫147-2

若紫147-3

 

若紫148-1】ほほゑみて

【若紫148-2】

【若紫148-3】

 

・・・・・・・・・・・・・・・

聖、御土器賜はりて、

「奥山の松のとぼそをまれに開けて
 まだ見ぬ花の顔を見るかな」

と、うち泣きて見たてまつる。聖、御まもりに、独鈷たてまつる。見たまひて、僧都、聖徳太子の百済より得たまへりける金剛子の数珠の、玉の装束したる、やがてその国より入れたる筥の、唐めいたるを、透きたる袋に入れて、五葉の枝に付けて、紺瑠璃の壺どもに、御薬ども入れて、藤、桜などに付けて、所につけたる御贈物ども、ささげたてまつりたまふ。

 君、聖よりはじめ、読経しつる法師の布施ども、まうけの物ども、さまざまに取りにつかはしたりければ、そのわたりの山がつまで、さるべき物ども賜ひ、御誦経などして出でたまふ。

・・・・・・・・・・・・・・・

【若紫149-1】聖、御土器

【若紫149-2】

【若紫149-3】

 

【若紫150-1】

【若紫150-2】

【若紫150-3】

 

【若紫151-1】

【若紫151-2】

【若紫151-3】

 

【若紫152-1】

【若紫152-2】

【若紫152-3】

 

【若紫153-1】

【若紫153-2】

【若紫153-3】

 

【若紫154-1】

【若紫154-2】

【若紫154-3】

 

【若紫155-1】

【若紫155-2】

【若紫155-3】

 

【若紫156-1】

【若紫156-2】

【若紫156-3】

 

【若紫157-1】

【若紫157-2】

【若紫157-3】

 

【若紫158-1】

【若紫158-2】

【若紫158-3】

 

 

 

 

 

 

 

次(【若紫】④)へ⇒

 

 

 

登場人物一覧

 

◆目次一覧に戻る◆