源氏物語イラスト訳【若紫156-1】ともかくも | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

源氏物語イラスト訳【若紫156-1】ともかくも

「ともかくも、ただ今は、聞こえむかたなし。もし、御志あらば、いま四、五年を過ぐしてこそは、ともかくも」とのたまへば、

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【源氏物語イラスト訳】

 

 

ともかくもただ今聞こえかたなし

訳)とにかく今すぐお返事申し上げるような状況でもない

 

 

もしあら

訳)もし源氏の君にお気持ちあるならば

 

 

いま四、五年過ぐしこそともかくものたまへ

訳)もう四、五年過ごしから、どのようにでも…」おっしゃるので

 

 

【古文】

ともかくもただ今聞こえかたなしもしあらいま四、五年過ぐしこそともかくものたまへ

 

【訳】

とにかく今すぐお返事申し上げるような状況でもないもし源氏の君にお気持ちあるならばもう四、五年過ごしから、どのようにでも…」おっしゃるので

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

■【ともかくも】

■【ただ今】

■【は】

■【聞こえ】

※【聞こえゆ】

■【む】

■【かた】

■【なし】

■【もし】

■【御―】

■【志(こころざし)】

■【あら】

■【ば】

■【いま】

■【を】

■【過ぐし】

※【過ぐす】

■【て】

■【こそ】

■【は】

■【ともかくも】

■【と】

■【のたまへ】

※【のたまふ】

■【ば】

 

重要古語一覧はこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

☆本日の『源氏物語』☆

 

光源氏の想いを

僧都が最後に尼君に伝えて

確認を促してる場面ですね。

笑い泣き

 

今後の大学入試共通テストでは

このように、ビジュアルにイメージする問題も

頻出すると思われます。

 

源氏物語で、古文のイメージを

確立していってくださいね♪

ウインク

 

 

 →今回のイラスト解釈はこちら

 →今回の重要古語はこちら

 

 

 


 

>>次へ

 

>>初めから読む