【桐壺1-①】(源氏物語・冒頭)いづれの御時にか… | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)
2009年08月03日

【桐壺1-①】(源氏物語・冒頭)いづれの御時にか…

テーマ:┗【桐壺】イラスト訳

初めまして!

『源氏物語』イラスト訳あいです。

 

【源氏物語イラスト訳】では、

 

黒文字で『源氏物語』の古文、

その下に赤文字直訳(逐語訳)

さらにその下にイラスト(意訳)を載せています。

 

 

太字アンダーラインで照らし合わせやすいようにしてあります。

そして、記事の最後に、>>次へのリンクがあります。

 

 

お時間のある時に、どんどん読み進めていってくださいね♪

(o^-')b

 

 

【源氏物語冒頭】

いづれの御時にか、女御・更衣あまた さぶらひたまひけるなかに、いとやむごとなき 際にはあらぬが、すぐれてときめきたまふありけり。

 

【源氏物語イラスト訳】

 

いづれ御時

訳)いつ天皇の御代(みよ)であろう

源氏物語【イラスト訳】で古文・国語の偏差値20UPし大学受験に合格する勉強法

 

 

女御・更衣 あまた さぶらひ たまひけるなかに、

訳)女御や更衣というお妃たちが、たくさん お仕え なさって中に、

源氏物語【イラスト訳】で古文・国語の偏差値20UPし大学受験に合格する勉強法

 

 

いと やむごとなき にはあら

訳)それほど 高貴な 身分ではない

源氏物語【イラスト訳】で古文・国語の偏差値20UPし大学受験に合格する勉強法

 

 

すぐれて ときめき たまふありけり

訳)ものすごく 帝のご寵愛を受けいらっしゃる女性がい

源氏物語【イラスト訳】で古文・国語の偏差値20UPし大学受験に合格する勉強法

 

 

【原文】

いづれ御時、女御・更衣 あまた さぶらひ たまひける中に、いと やむごとなき にはあらぬ、すぐれてときめき たまふありけり

 

【口語訳】

いつ天皇の御代だった女御や更衣というお妃たちが、たくさんお仕え なさっている中に、それほど 高貴な 身分ではない方ものすごく 帝のご寵愛を受けいらっしゃる女性がい

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【今日の重要古語】

「御代(みよ)」

■ 「女御(にょうご)」

■ 「更衣(こうい)」

■ 「際(きわ)」

「たまひ(たまい)」

■ 「やむごと(やんごと)」

■ 「たまふ(たもう)」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

政略結婚がはびこる宮廷…

にもかかわらず、時の桐壺帝は、

一人の妃を、盲目的に愛してしまいます。

 

それが、光源氏の母、桐壺更衣。

さあ、『源氏物語』の はじまりはじまり~♪

ヘ(゚∀゚*)ノ

 

 

合格を勝ち取る言霊

■原文は、渋谷栄一先生の「源氏物語の世界」 から引用させていただいております。
 

 

イラスト訳内覧ツアーはこちらから

  ダウン

>>次へ

あい【源氏物語イラスト訳】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス