【若紫156-3】古文単語「志」☆ | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

【若紫156-3】古文単語「志」☆

右矢印イラスト訳を初めから読む

古文単語には、

チェックボックス1.とにかく丸暗記して覚える

チェックボックス2.漢字イメージで覚える

チェックボックス3.文脈判断で決める

などの覚え方があります。

 

今回は、現代語にもあるプラスαの幅広古語☆

 

【今回の源氏物語】

ともかくもただ今聞こえかたなしもしあらいま四、五年過ぐしこそともかくものたまへ

   サゲサゲ↓

今回のイラスト訳はこちら

 

――――――――――――
今回出てきた古文単語
――――――――――――

■【ともかくも】…ともかく

■【ただ今】…今すぐ

■【は】…区別の係助詞

■【聞こえ】…ヤ行下二段動詞「聞こゆ」未然形

※【聞こえゆ】…「言ふ」の謙譲(尼君⇒光源氏)

■【む】…婉曲の助動詞「む」連体形

■【かた】…方法。状況

■【なし】…ク活用形容詞「なし」終止形

■【もし】…もしも

■【御―】…尊敬の接頭語

■【志(こころざし)】…愛情(若紫に対する想い)

■【あら】…ラ変動詞「あり」未然形

■【ば】…順接仮定条件の接続助詞

■【いま】…現在

■【を】…対象の格助詞

■【過ぐし】…サ行四段動詞「過ぐす」連用形

※【過ぐす】…やり過ごす

■【て】…単純接続の接続助詞

■【こそ】…強意の係助詞

■【は】…区別も係助詞

■【ともかくも】…あれこれと

■【と】…引用の格助詞

■【のたまへ】…ハ行四段動詞「のたまふ」已然形

※【のたまふ】…「言ふ」の尊敬((作者⇒尼君)

■【ば】…順接確定条件の接続助詞

 

今回は「たまへにも注意しましょ♪

「重要古語一覧」もご参照ください。
 

 

―――――――――――――――
☆ 本日の古文単語「志」

―――――――――――――――

「ともかくも、ただ今は、聞こえむかたなし。もし、御志あらば、いま四、五年を過ぐしてこそは、ともかくも」とのたまへば、

 

問)傍線部の意味として最も適当なものを1つ選べ。

 

1.御礼してくださるならば

 

2.教えてくださるならば

 

3.ご供養をしてくださるならば

 

4.まだ愛情がおありならば
 

5.ご趣味がおありならば

 

 

古文読解のためには

次の3つの知識が必要です。

   下矢印

古文単語をきっちり覚える

古典文法を押さえる

古文常識を理解する

 

 

この【重要古語】カテゴリでは

今回出て来た『源氏物語』の一語一語を

詳しく解説しつつ、

 

特に今回注目したい古語をピックアップして

詳しく解説しています。

おねがいおねがいおねがい

 

 

 

今回の古語はこれ☆

ニコニコ下矢印

【こころざし(心ざし・志)

【名詞】

①ある事をする心の動き。意志。意向

②相手に寄せる心の動き。誠意。好意。愛情

③相手に対するお礼の気持ち。また、それを表すために贈る金品

④使者の冥福を祈る気持ち。またそのための行い。追善供養

   

 

 

 

 

【答え】…

   

【若紫(第3章)】の一気読みはこちら⇒

 

 

【今回の源氏物語】

ともかくもただ今聞こえかたなしもしあらいま四、五年過ぐしこそともかくものたまへ

 

過去記事リンク

ともかくも

ただ今

は(係助詞)

きこゆ

む(助動詞)  

かた(方)

もし(は)

おほん(御)

心ざし

あり(ラ変)

ば(接続助詞)

いま(今)

過ぐす

こそ

て(接続助詞)

と(格助詞)

のたまふ

 

重要古語【あ】【い】【う】【え】【お】

重要古語【か】【き】【く】【け】【こ】

重要古語【さ】  ■【し】【す】【せ】【そ】

重要古語【た】【ち】【つ】【て】【と】

重要古語【な】  ■【に】【ぬ】【ね】【の】

重要古語【は】  ■【ひ】【ふ】【へ】【ほ】

重要古語【ま】【み】【む】【め】【も】

重要古語【や】【ゆ】【よ】【ら】~【を】

【文法・識別】  ■【勉強法・過去問】 ■【古文常識

 

ーーーーーーーーーーー

→今回のイラスト訳はこちら

→今回のイラスト解釈はこちら