【若紫155-3】古文単語「まねぶ」☆ | 源氏物語イラスト訳(受験古文無料学習ツール)

【若紫155-3】古文単語「まねぶ」☆

右矢印イラスト訳を初めから読む

古文単語には、

チェックボックス1.とにかく丸暗記して覚える

チェックボックス2.漢字イメージで覚える

チェックボックス3.文脈判断で決める

などの覚え方があります。

 

今回は、プラスαで広く覚えておくべき古語☆

 

【今回の源氏物語】

僧都入りたまひかの聞こえたまひことまねびきこえたまへ

   サゲサゲ↓

今回のイラスト訳はこちら

 

――――――――――――
今回出てきた古文単語
――――――――――――

■【内(うち)】…奥の間。母屋

■【に】…場所の格助詞

■【僧都(そうづ)】…尼君の兄の高僧

■【入(い)り】…ラ行四段動詞「入る」連用形

■【たまひ】…ハ行四段動詞「たまふ」連用形

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(作者⇒僧都)

■【て】…単純接続の接続助詞

■【かの】…あの。例の

■【聞こえ】…ヤ行下二段動詞「聞こゆ」連用形

※【聞こゆ】…「言ふ」の謙譲(作者⇒僧都)

■【たまひ】…ハ行四段動詞「たまふ」連用形

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(作者⇒光源氏)

■【し】…過去の助動詞「き」連体形

■【こと】…事。話

■【まねび】…バ行四段動詞「まねぶ」連用形

※【まねぶ】…事実の通りに伝える

■【聞こえ】…ヤ行下二段動詞「聞こゆ」連用形

※【聞こゆ】…「言ふ」の謙譲(作者⇒光源氏)

■【たまへ】…ハ行四段動詞「たまふ」已然形

※【たまふ】…尊敬の補助動詞(作者⇒僧都)

■【ど】…逆接の接続助詞

 

今回は「たまへにも注意しましょ♪

「重要古語一覧」もご参照ください。
 

 

―――――――――――――――
☆ 本日の古文単語「まねぶ」

―――――――――――――――

内に僧都入りたまひて、かの聞こえたまひしこと、まねびきこえたまへど

 

問)傍線部の意味として最も適当なものを1つ選べ。

 

1.習いなさるけれど

 

2.教えて差し上げるけれど

 

3.お読み申し上げなさるけれど

 

4.事実の通りに申しなさるが
 

5.手招きをして差し上げなさるが

 

 

古文読解のためには

次の3つの知識が必要です。

   下矢印

古文単語をきっちり覚える

古典文法を押さえる

古文常識を理解する

 

 

この【重要古語】カテゴリでは

今回出て来た『源氏物語』の一語一語を

詳しく解説しつつ、

 

特に今回注目したい古語をピックアップして

詳しく解説しています。

おねがいおねがいおねがい

 

 

 

今回の古語はこれ☆

ニコニコ下矢印

【まねぶ(学ぶ・真似ぶ)

【他動詞:バ行四段活用】

①まねて言う。まねをする

②事実や体験などをその通りに話す。事実の通りに語り伝える

③勉強する。学問をする。教えを授ける

   

 

この古語からもお分かりのように

現在使われている「まなぶ学ぶ)」という言葉は、

もとは、「まねる(真似る)」と同じ語源でした。

びっくり

 

 

 

つまり、「学問」というのは

自分が真似したいと思う人のやり方を「まねぶ

ことから始めることが、基本なのです!

チュー

 

 

 

 

 

ただし、ここでは

「学ぶ」と訳したら、

文脈上、つながりませんよね;;

ゲロー

 

 

光源氏の言った内容を

僧都が「まねぶ」という文脈☆

 

みなさん、分かったかな??

 

 

 

【答え】…

   

【若紫(第3章)】の一気読みはこちら⇒

 

 

【今回の源氏物語】

僧都入りたまひかの聞こえたまひことまねびきこえたまへ

 

過去記事リンク

うち(内)

に(助詞)

僧都(そうづ)

入る(いる)

たまふ

て(接続助詞)

かの(彼の)

きこゆ

し(識別)

き(助動詞)

こと(言・事)

ど・ども(接続助詞)
 

重要古語【あ】【い】【う】【え】【お】

重要古語【か】【き】【く】【け】【こ】

重要古語【さ】  ■【し】【す】【せ】【そ】

重要古語【た】【ち】【つ】【て】【と】

重要古語【な】  ■【に】【ぬ】【ね】【の】

重要古語【は】  ■【ひ】【ふ】【へ】【ほ】

重要古語【ま】【み】【む】【め】【も】

重要古語【や】【ゆ】【よ】【ら】~【を】

【文法・識別】  ■【勉強法・過去問】 ■【古文常識

 

ーーーーーーーーーーー

→今回のイラスト訳はこちら

→今回のイラスト解釈はこちら