アフリカ人と日本人の国際恋愛・国際離婚解毒ブロガー / HIPHOP×アフリカ布のハンドメイド・インポート通販

アフリカ人と日本人の国際恋愛・国際離婚解毒ブロガー / HIPHOP×アフリカ布のハンドメイド・インポート通販

アフリカ人男性との国際恋愛、結婚、離婚について自身の経験と日本人女性のインタビューより様々な角度から研究し、
素直に感じたこと学んだことを発信しています。
2015年よりショップは趣味として運営しており、今後もゆるく続けていくつもりです。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

当ブログにお越しいただきありがとうございますm(__)m

事情によりメッセージ欄が使えず、コメント欄も閉じて更新しております。

商品へのお問合せやブログへのご感想等ございましたら、こちらよりご連絡下さい。

誹謗中傷に関しましては、ご返信をしない場合もございますので、予めご了承ください。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
こんにちは。

国際離婚解毒カウンセラー兼、アフリカとHIPHOPのセレクトショップ、『Crazy Funky Cool』店長の野地 麻理子(ノヂ マリコ)です。

予想通りの感無量拍手100点🦁


都内某駅構内には特大サイズのポスターが爆笑


劇場に向かう途中で、石田◯一さんを目撃しました。
あんまり凝視するのも失礼なので、さっと目撃だけしておきました(笑)


前回の記事、翌日だったかな。


#ケニア 公式ハッシュタグ
ランキング1位 🙌🏾


25年分の思いがだだ漏れしていて、

何から書いて良いかわからん笑い泣き


VSでは争えない両方の良さを何と説明したらよかろう。

とにかく1994の映画に限りなく沿った超実写でした。


1994 当時10歳

25年の時を経て改めて感動したのは、

シンバの父ムファサの哲学でした。



You must remember “Who you are”

シンバ、お前が
“何者かを忘れるな”

下差し

自分と向き合うことから
逃げるな

と言われているようで。

子どもの頃の傷を抱えたまま、

ハクナ・マタタをネガティブに捉えていたシンバが、

心の中に生きていた父と再会を果たしRISE UPする姿に、

自分の過去と、25年分の思いが爆発しているのだと思われます。


最もシンプルな話。

今私が再三発信していることは、

他人のせいにせず、
自分が気付き、学び、
変化していきましょう。

という事。


自分の人生のタイミングが

この実写版によって更にクリアになりました。


そして改めて、ストーリーと哲学、

音楽に惚れ直したのでした。

ちょうど今エルトンジョン様の映画の宣伝をしていますが、


彼の手がけるライオンキングのサウンドトラックは、全て記憶に残っています。


小学生の頃に買ったサントラ

久しぶりに見たらボロボロなんですけど、

これまた25年ぶりに感じるものがありました。


このボロボロサントラの冊子の前置きの文章を読んだのですが、そこには

アフリカン・ジャングルのサウンド

と、書かれていました。

今日は時間がないので、音楽の話はまた後日。



最後までお読みいただきありがとうございます。

お問合せ等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

◆アフリカ×HIPHOPの融合◆

ハンドメイドアクセサリー インポート通販

~CrazyFunkyCool~

野地 麻理子(ノヂ マリコ)でした^^

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
【CrazyFunkyCool HP】
【instagram】
【facebookページ】
【Art of Africa アフリカンカート美術館】
【twitter】
【お客様紹介】

【解毒オンラインサロン】
【お問合せ先】
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
こんばんは。

国際離婚解毒カウンセラー兼、アフリカとHIPHOPのセレクトショップ、『Crazy Funky Cool』店長の野地 麻理子(ノヂ マリコ)です。


あれから1年。

今年も訪問させて頂くことになりました。

🇯🇵✈️🇪🇹

今回は去年よりも短く、滞在日数は5日間。

でもそのくらいがちょうどいい。

やりたいことが常にあるし、

目的は孤児院だけなので^ ^



去年の活動報告↓


3ヶ月という長期の船旅から戻り、

あれよあれよと4ヶ月が経ちます。

早いなしかし恐竜くん


4月にバトンタッチでBOSSが2ヶ月海外のはずだったところ、

あまりの忙しさにひとりで店を回せず1ヶ月で帰国させただけに、

今回もまた休暇を取ることを伝えるのが流石に気まずかったのですがチーン


今回はあっけなく承諾してくれた。


ほんとこういうときに思います。

フリーランス最高。

社会人を経験したからこそ、

有り難みが身に沁みます。



先に言っておきます。

この活動は、


NGOではなく、

宗教的なものでもなく、

いい人キャンペーンでもありません。


縁があったからであり、

完全個人活動であり、

子供たちに「また来るね」と約束したので行くのです。


私にとって、

解毒インタビューも、
国際離婚取材も、
このボランティア活動も、

底辺にあるものは全て同じです。

REALを伝えるということゆめみる宝石

と、自分自身の成長の為です。


しかしです。

去年と今年で、私の想いにも変化があります。

なんというか…

去年は勢いだけでしたが、

今年は、継続していくことへの責任。

内に秘めている諸々は、追い追い言葉にしていこうかなと思います。


因みに日本では西アフリカ人との接点が多いのですが、何故か現地への訪問は東アフリカばかり。

今後行く予定の西アフリカも事情により延期になってしまいぐすん

当面エチオピア以外に行けそうなチャンスがありません。


まぁ人生、

良くも悪くも何が起こるかわかりません。

明日死ぬかもしれないし。

そう思っているから、

できるときに、やりたいことをやります。


現地の人ですら孤児院の存在を知らないのと同じで、

日本人の私も、日本の孤児のことを何も知りませんでした。




やりたいセンサーが働いている人のところに、

必要な縁は舞い込んでくるのだなぁと思っています。

そのご縁が、私の場合はエチオピアだったのです。


ということで、

今年も募金活動させていただきます。

募金のみと、当店との商品セットでの特典募金の2種類ございます。

各リンクの商品説明を既読の上、

ご協力いただけますと幸いです。








最後までお読みいただきありがとうございます。

お問合せ等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

◆アフリカ×HIPHOPの融合◆

ハンドメイドアクセサリー インポート通販

~CrazyFunkyCool~

野地 麻理子(ノヂ マリコ)でした^^

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
【CrazyFunkyCool HP】
【instagram】
【facebookページ】
【Art of Africa アフリカンカート美術館】
【twitter】
【お客様紹介】

【解毒オンラインサロン】
【お問合せ先】
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
こんにちは。

国際離婚解毒カウンセラー兼、アフリカとHIPHOPのセレクトショップ、『Crazy Funky Cool』店長の野地 麻理子(ノヂ マリコ)です。 

最近友人からここだけの話ということで話した内容が、

絶対に同じ境地の人いる‼️

と思ったので共有します。

(因みに国際恋愛・国際結婚には縁のない友人です。)


ざっくりその内容というのが、

まさかのタイミングで男に利用されたことにその時は気付かず、後からモヤモヤしてしまう…

というものでした。


以下友人のやり取り


ふむふむ。
なるほどね。
貴女はきっと話しやすいんだろうし、
しかしどこかで相手から
(この人ならイケるだろう)
と、ナメられている可能性が高い。

やはり、
貴女の中の自己肯定感問題かと思う。
引き寄せてしまうんだよね、自覚無くして。
自覚がないのが最大の問題かもしれん。


そうね…
そう思われてるんだろうなってのは分かる。

根が深いな〜

自己肯定感か〜〜



そうだね、奥深いよ。
自分とも過去とも
縁を切れないからね。

どんなにいい人でも、
相手を疑う必要があることを
に入れておくことが、
自分を大切にすること、
自分で自分を守ることに
繋がると思うな〜


うん。
油断しまくっていた。
猜疑心は強いと思ってたんだけどさ。。


私もこう見えて昔は
流されるタイプだったんだよね。

何故うまくいかないか、
他人の話を含めてわかったのが、

気付かないところで
自分が我慢してる
自分が気付いてないから、
相手に利用されていること
にも気付かない

ことに気付いた(笑)

今これだけ自分の意見を
綴れるようになったのも
気付けたおかげなんだよね。

自己肯定感の低い人は、
されて嫌なことのハードルが
かなり低いんだよね。

無意識に、
このくらいなら私なんてことないわ、
とか思ってる人もズバリそれなんだよ。


嫌なことのハードルね
その時はまぁいっかで
あとで気付いたりするから
困ったもんだよ💀


そうだね。

何でも信じやすく
忍耐力に強い人こそ
自己肯定感が低い

ということに結びつくよね。

でも貴女の過去を聞いている身としては、
全部理解できるので。

見方を変えれば、
こういう状況になってみて
変わらなければいけない部分がある
自分に気付かされる。

相手は自分を映す鏡って、
こういうことを言うと思うんだ 。



こういうことか。



最近ツイッターで
自己肯定感がトレンドになったらしくて。

自己肯定感の低さに
苦しんでる人は多いんだなぁ。










“それな”すぎてニヤニヤニヒヒ真顔


で、前回の記事にこんなことを書きましたが

器が広いというのも一見聞こえがいいけれど、

いやいやその器の広さが案外問題かもしれないよ滝汗

(広けりゃいいってモンじゃないみたいよ。)

ということにも直結するのです。


最近別の人とも自己肯定感の話をしたのですが、

その人は自分の中にあるネガティブさに気付いていて、

「だから私は自己肯定感が低いことはわかってる」

と言っていましたが、

その方がまだ、解決への道が早い。

むしろ私は、

これまでの自分の選択は正しかったパー

と、10年以上思い込んで来たのですが、

冷静に考えたらはよ気付けと思う(笑)

ならば何故出会う男出会う男
馬鹿ばっかりなのか?

ということに笑い泣き

ぼんやりと、

なんでいつもこうなんだろうか…と、

その原因がずっとわからなかったのですが、

今になって思うこと。

過去の勘違いだらけの自分、



自分の歩いてきた道、

選んできた過去を、

他人はジャッジできないし、

される筋合いもありません。

しかし同時に自分の生きづらさの原因は、

学校でも社会でも、誰も教えてくれません。

私は自己肯定感が相当低い人間でしたが、

気付けたことを受け入れ、

感謝し、

意識改革の道を進んでいます。




その生きづらさの原因って、

ほぼこういうことだったなぁと

↓↓↓↓↓


2年前からブログ上で知り合ったゆうちゃんの言う通り、

真面目であることを手放してみたら、

少しずつ楽になっていくよ。


お問合せ等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

◆アフリカ×HIPHOPの融合◆

ハンドメイドアクセサリー インポート通販

~CrazyFunkyCool~

野地 麻理子(ノヂ マリコ)でした^^

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
【CrazyFunkyCool HP】
【instagram】
【facebookページ】
【Art of Africa アフリカンカート美術館】
【twitter】
【お客様紹介】

【解毒オンラインサロン】
【お問合せ先】
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

こんばんは。

国際離婚解毒カウンセラー兼、アフリカとHIPHOPのセレクトショップ、『Crazy Funky Cool』店長の野地 麻理子(ノヂ マリコ)です。

 

【Tさん国際離婚調停取材④】離婚調停3・4回目

【Tさん国際離婚調停取材⑤】離婚調停5・6回目



国際離婚取材、如何でしたでしょうか。




渦中の方の参考になれば幸いですが、

何より私が知らないことばかりで都度調べながら書いたので、

初心者にもわかりやすい内容だったのではないかなぁと思いつつ、

日本人同士だって同じパターンはない夫婦問題の調停、裁判。

毒アフリカ人が相手となると、

まずはビザ問題から、

予想外の出来事が起こる可能性が大きいことを頭に入れておけば、


Aaaaaaand


相手との戦いは自分との戦いであることも見据えておけば、

困難が降りかかっても冷静に慎重に耐えることが出来るのかもしれません。


最近日本人同士のこのようなケースのサレ妻さんたちの心の葛藤の記事を読ませてもらって思うこと。

(旦那が悪いことは承知だけど)
相手の女が許せない
何が何でも慰謝料請求する。


というパターンが多いように見受けられます。

Tさんと私は以前そんな話をしたことがありますが、

彼女も私も、

まず男に冷める
の後とことん冷めていくタイプ

なので、



浮気不倫相手の女性を恨むところまでに至らないのです。


で、やはり日本人同士のそれらを見ていて、

それなりに葛藤があったとしても、

私が知る国際結婚・離婚組の妻たちは

器が広い。

で、日本人男性も、

バレたら妻の尻に敷かれている人も多い。

対する毒アフリカ人は、

尻に敷かれるどころか、

開き直って堂々とやり続けますから笑い泣き


そらぁ、日本人感覚の器のままだと自分の労力・エネルギーの無駄であることに気付く筈である(笑)

そのような中、Tさんからもうひとつアドバイス頂いたので、こちらもシェアしておきます。

国際離婚における慰謝料請求の場合、このようなリスクも生じるらしいです。
下差し

相手の女から慰謝料請求などという高望みはしないほうがいいですよ^ ^


ということです。

養育費も払わないような男がそれ以外の罰金を律儀に支払うとも考えにくければ、

その程度の男が浮気不倫した女も、その程度のことしかしませんよ。

と、ある程度先を見据えていれば想像がつくことかなと思います。

その代わりTさんの場合、晴れて離婚が成立した後に、

こんなに素晴らしい出来事が次々と起こったそうですよ^ ^


Tさんの県営住宅に先日初めてお邪魔してこの取材をしましたが、

なかなか広い間取りで、お子さんと2人では十分すぎるスペースに住んでおられました^ ^

しかし思うんですよね。

これも因果応報なのではないかなぁと。

諦めず、

高望みせず、

ブレない目標を達成したからこその報酬。

無理矢理相手側から金銭を要求しなくても、

いずれ形を変えて戻ってくるのだと思います^ ^

そして、

相手の不幸を願うよりも、

自分がどこに向かうのかに意識を集中する。

そのほうがよっぽど省エネでw

合理的ではと思います。


そんな彼女は現在非公開サロンの国際離婚調停中の方々へも、

惜しみなく情報発信してくださっています。

私はやっぱりわからないので、

都度、あぁなるほどなと学ぶのです。


そんなTさんに改めて最期の質問をしました。

🙋🏽‍♀️乗り越えたことで得られたものを教えてください。


私もそうなんですけども。

今まで1階で見えていた世界が、

2階、3階と登っていったことで、

その上から過去の自分を見つめることが出来たのです。

その階段を登るかは、あなたの自由です。

1階だけで満足ならば、それ以上やることも伝えることもないので^ ^

しかし同じ1階の景色が居心地の悪いものなら、

なんとかして違う景色を見たいと思うのが、

人間に備えられた欲求だと思います。

何度も言いますが、

やるかやらんかはあなた次第。




私の周りに生きる、

“乗り越えてきた女性たち”とは、

事情は異なりますが、

ここの部分において、底辺で分かり合える人ばかりなので絆が深いのだと思っています。


最後になりますが、

名古屋在住、フランス語圏の毒アフリカ人にはくれぐれもご注意くださいニヤニヤ


最後までお読みいただきありがとうございます。

お問合せ等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

◆アフリカ×HIPHOPの融合◆

ハンドメイドアクセサリー インポート通販

~CrazyFunkyCool~

野地 麻理子(ノヂ マリコ)でした^^

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
【CrazyFunkyCool HP】
【instagram】
【facebookページ】
【Art of Africa アフリカンカート美術館】
【twitter】
【お客様紹介】

【解毒オンラインサロン】
【お問合せ先】
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

こんばんは。

国際離婚解毒カウンセラー兼、アフリカとHIPHOPのセレクトショップ、『Crazy Funky Cool』店長の野地 麻理子(ノヂ マリコ)です。

 

【Tさん国際離婚調停取材④】離婚調停3・4回目

【Tさん国際離婚調停取材⑤】離婚調停5・6回目

 
 
グダグダの離婚調停が終了し、
 
いよいよラチがあかないんで離婚裁判の準備…
 
ということで、法テラスの3人の弁護士さんに相談をしたTさん。
 
 
 
若そうな見た目チャラ男の弁護士さんのアドバイスが一番良かったらしい(笑)
 
 
そしていざ、在留資格更新時。
 
PENは得意の嘘を重ね、Tさんに黙って
 
(Tさんとの)配偶者ビザで更新しようと企むが、見事に失敗笑い泣き
 
 
 
 
 
 
見た目チャラ男弁護士さんの思惑通りアップ拍手
 
その時、
 
「すぐに離婚したい!」
 
とメッセージをよこしたのが、
 
PENの当時の不倫相手、現在の妻である
 
パクさん(仮名・在日韓国人)
 
文章や使う単語でPENではないことがすぐにわかったそうですニヤニヤ
 
PENの携帯を使い、PENに見せかけて旦那役を演じ離婚を迫ってきた在日韓国人。
 
何が凄いって、
 
全員同じ(元)職場だってことwww
 
 
信じられんチーン
 
 
以下、PEN(パクさん)Tさんのメッセージのやり取り↓
 
「離婚届にサインして送って下さい。」
 
「信用ないので無理です。
そっちから送って下さい。
こちらで出すので。」
 
 
(勝手に子どもの親権を書き換えられたりでもしたらたまったもんじゃないわと思ったTさん。)
 
 
しかし。
 
PENは誰かからのアドバイスで、役所に不受理申立の申請をしていたのです。
 
 
これを取り消さなければ離婚届を受理できないのに、
 
パクさんはおろか、PENも何のことだかよくわかっていなかったそうなのです。
 
離婚したいのに自ら阻止しているアホ夫婦笑い泣き
 
 
 
で、話が通じないので遂にTさんは、
 
あんたがPENでないことはわかってるよという意味を込めて、
 
「市役所行ってくれる?
パクさん^ ^
不受理申立を取り消さないと、
離婚届が受理されないんだよ!!」
 
〜数日後〜
 
「取り消してきたわ。」
 
という流れのもと、
 
 
全力で市役所に駆け込み、離婚届を提出
無事に受理されたのだそうです‼️
 
 
 
※こういうポジティブさも、人生には必要(笑)
 
 
しかしあれだけのドラマを繰り広げながら、あくまで不倫は否定していたらしい、パクさん。
 
 
本当の意味での
バカップル😂
 
しかもこのパクさんという方はマジで頭のネジが外れているそうで、
 
アフリカはひとつの国名だと思っていたのだそうです。
 
旦那の国のこともよく知らずに結婚て、無知・無計画すぎて呆れます(笑)
 
ついでになるほど〜という余談も教えてくれたので、参考までに下差し
 

永住権なんか
ダメ、絶対👎🏾
 
 
こんなクズに与えられる資格ではない。
 
 
未だTさんへの養育費も支払っていないPENに、父親を名乗る資格も日本に住む権利もないと私は思います。
 
 
まぁどーでもいいですが、
 
こんなに嘘を塗り重ねて生きていたら、それなりの結果が後からやって来るでしょう。
 
 
次回、最終回です。
 
 
続く。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。

お問合せ等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

◆アフリカ×HIPHOPの融合◆

ハンドメイドアクセサリー インポート通販

~CrazyFunkyCool~

野地 麻理子(ノヂ マリコ)でした^^

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
【CrazyFunkyCool HP】
【instagram】
【facebookページ】
【Art of Africa アフリカンカート美術館】
【twitter】
【お客様紹介】

【解毒オンラインサロン】
【お問合せ先】
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲