堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705

給食の“白玉団子”で窒息死、父思い語る
NNN

 栃木県真岡市で給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子。遺族側は、市に対して損害賠償を求めて提訴し、2日判決が出た。男の子の父親がその思いを語った。

■7年前の冬、当時7歳だった息子の晃太くんは作った雪だるまの前で笑顔をみせていた。しかしその数日後、晃太くんは学校給食が原因で脳死状態になった。

■晃太くんは、真岡市の給食センターで作られた白玉汁の白玉団子をのどにつまらせた。父親の飯沼健一さんは3年間、自宅で介護にあたったが、晃太くんは意識が戻ることなく亡くなった。

■「お昼頃、学校から電話があり、晃太が心肺停止と聞いて、何が何だか理解できませんでした」「晃太の部屋にはランドセルも机のも当時のままにしています。ご飯の時は晃太の茶碗にご飯を盛り、家族5人で食べています」(2日の飯沼さん)

■飯沼さんは、真岡市に対して約8390万円の損害賠償を求めて提訴。飯沼さん側は、真岡市が白玉団子による窒息事故の危険性を予測できたのに、配慮をおこたったため、事故を招いたと主張した。

■一方、市側はこれまでにも白玉団子を給食に出していたが、窒息事故はなく、危険性を予測できないと主張していた。

■提訴から4年、迎えた判決の日。宇都宮地裁は、飯沼さんの訴えを棄却した。白玉団子に食品としての危険性はないと判断した。判決後、飯沼さんは―

■「こういう結果になったのは現実あると思うんですけど。多分このままだと、また変わらないっていう」「行政の中で変わっていかないと、事故が起きそうという気が自分はあるので、それを防ぐには行政がちゃんと色々なことに取り組んでやってもらいたいというのが一番」

■消費者庁によると、食べ物をのどに詰まらせたことによる9歳以下の子どもの死亡事故は、2015年は19件起きている。こどもの窒息事故を防ぐにはどうしたら良いのだろうか。専門家は―

■「小さい子どもがなぜ窒息しやすいかというと、1つはのみ込む機能がまだ未熟である。小さい子供の場合、歯が十分に生えていないため、十分かみ切ることができなくて、そのままのみ込んでしまう、こういうことが窒息を引き起こす原因と考えられる」

■みたらし団子やミニトマトなど弾力があって丸いモノに注意が必要で、小さい子どもには細かく切ってあげることが大事だという。

■そしてこの時期に注意したいのが節分の豆。歯が生えきっていない小さい子どもは、豆を完全にかみ砕くことができないため、破片が気管に入ることが多いという。

■消費者庁は、3歳頃までは豆類を食べさせないよう注意喚起している。

詳しくは動画で。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
剣道部員死亡、元顧問にも賠償責任 大分地裁判決「重過失あった」
西日本新聞
 大分県立竹田高で2009年、剣道部の練習中に熱射病で倒れ、死亡した工藤剣太さん=当時(17)=の両親が、県を相手取り、当時の顧問と副顧問の教諭に賠償責任を負わせるよう求めた訴訟の判決が22日、大分地裁であった。竹内浩史裁判長は、元顧問に「重過失があった」として、県が元顧問に100万円を請求するよう命じた。

 弁護団によると、体罰による業務上過失致死罪など、刑事事件にならなかった部活動の指導で、教諭の賠償責任が認められるのは異例。部活指導の在り方に一石を投じそうだ。

 判決によると、09年8月22日、元顧問は工藤さんに他の部員より多く打ち込み稽古をさせた。工藤さんは「もう無理です」と訴え、竹刀を落としても気付かないまま構えのしぐさを続けた。元顧問は、工藤さんが倒れると横腹を蹴り、再び倒れると体の上にまたがり、「演技じゃろうが」と言いながら10回程度、頬を平手打ちした。元顧問は「気持ちを奮い立たせるためだった」などと主張した。

 だが、竹内裁判長は元顧問が保健体育の教諭として熱中症対策を教えていたことなどから、「竹刀を落とした段階で熱射病による意識障害が出ており、放置すれば死亡の危険が高いと容易に認識できた」と認定。その後の平手打ちなどは「状態を悪化させる不適切な行為で、重過失があった」と結論付けた。

 裁判は、賠償責任を負った国や地方公共団体は、公務員個人に故意または重大な過失があった場合、賠償の負担を求める権利(求償権)を持つとする国家賠償法の規定に基づき起こされた。

 竹内裁判長は、両親が起こした別の損害賠償請求訴訟で県に支払いが命じられた2755万円のうち、保険でカバーされた分を除く県の実質負担200万円の半分を元顧問に請求するよう命じた。元副顧問への請求は退けた。

 父親の英士さん(51)は記者会見で「一矢報いることができ、やっと剣太に顔向けができる。今後、部活動で教師の指導による事故が減ると思う」と語った。

 県教育委員会の工藤利明教育長は「重い判決と受け止めている。今後の対応は判決の内容を十分検討して考えたい」としている。

=2016/12/23付 西日本新聞朝刊=




元顧問の重過失認定 剣道部員死亡で大分地裁

竹田高校剣道部の事故を巡る訴訟で判決が言い渡された大分地裁=大分市
 竹田市の竹田高校剣道部で練習中に重い熱中症(熱射病)で倒れ死亡した工藤剣太さん=当時(17)=の両親が、当時の顧問らに賠償責任を負わせるため、県に求償権を行使するよう求めた訴訟の判決で、大分地裁は22日、「元顧問に重過失があった」とする両親の主張を認め、元顧問に100万円の支払いを請求するよう県に命じた。

 両親の代理人弁護士は「学校事故における過失の程度を争った訴訟で、公務員の重過失を認めた判決は全国でも初めてとみられる。画期的な判決」と評価。両親は「公務員であっても個人として責任を問われることを示した判決。学校での子どもの安全を守ることにつながる」と述べた。

 事故があったのは2009年8月。事故の賠償責任が問われた別の民事訴訟の判決は、県などに賠償金の支払いを命じた。両親は今回の訴訟で、県の賠償金について「元顧問らが負担するべきだ」と主張。国家賠償法は、公務員に重過失があった場合は、県が公務員に賠償金を負担させる「求償権」を持つと定めており、訴訟では元顧問らの重過失を認定するかが最大の焦点となった。

 竹内浩史裁判長は「事故当時、剣太さんは竹刀を落としたのに、気付かず竹刀を構えるしぐさを取った。熱射病による異常行動と容易に認識できたのに、元顧問は何ら合理的な理由もなく演技をしていると決めつけ、練習を継続させた」と指摘。「元顧問は『演技するな』と言い、剣太さんを前蹴りし、倒れた剣太さんにまたがって10回ほど頬を平手打ちした。適切な措置を取らなかったばかりか、状態を悪化させるような不適切な行為にまで及んだ。注意義務違反の程度は重大であり、その注意を甚だしく欠いた」として重過失があったと認定した。

 その上で、別の訴訟に基づく賠償額のうち、保険で賄うことができずに県が負担した200万円が「求償権の上限」と認定。事故時の施設の状況や勤務条件などを考慮し、求償上限の半分に当たる100万円を元顧問に求償できると結論づけた。

 両親は当時の副顧問にも賠償金を負担させるよう求めていたが、竹内裁判長は「元副顧問は注意義務に違反した過失はあるが、元顧問を補佐する立場であり、状態を悪化させるような不適切な行為はしていない」として、元副顧問に重過失があったとは認めなかった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
中学部活、教員の負担減…手当増額・休日見直し
 政府は2018年1月から、公立中学校の教員が休日に部活動を指導した際の手当を1日3600円に600円引き上げることを決めた。

 手当引き上げは14年10月以来、約3年ぶりとなる。休日の部活指導は教員の負担が重いため、負担に見合う手当に引き上げると同時に、休日の部活動の実施状況も見直し、教員の労働環境の改善を図りたい考えだ。

 部活動指導手当は原則として1日4時間程度の指導で支給される。具体的な支給額や条件は都道府県が設定し、16年度は34道府県が国の基準の「4時間で3000円」と同等程度の額を支給した。1時間ごとに額を設定して最高4500円(6時間以上)を支給した鳥取県など、8都府県が自治体の負担で国の基準以上に手厚くする一方、国の基準より低額の自治体も5県あった。

以上引用

堺市はどれくらいなん?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。