堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
内申点“学校間格差”補正目的 大阪独自のテスト実施

 高校入試の内申点評価で学校間のばらつきをなくすことを目的とした独自のテストが、大阪府で始まりました。

 チャレンジテストを受けているのは大阪府内の中学3年生約7万4000人で、試験科目は国語や社会など5教科です。

 結果は、高校入試の内申点をつける際に学校間のばらつきをなくすための基準として初めて活用されます。

 府教委では去年、内申点評価を相対評価から絶対評価に切り替えるにあたり、学校間のばらつきを補正する基準として、文部科学省が実施する全国学力テストを活用しました。

 しかし、今年度は文科省から学力テストの趣旨に反するとして活用が認められず、独自にチャレンジテストを導入して、内申点に反映させることにしました。

 結果は、8月中旬に学校側に伝えられるということです。






大阪府 中学3年生対象 独自の「チャレンジテスト」


大阪府では、公立中学校に通う3年生を対象に独自の統一テスト・「チャレンジテスト」が実施されました。

府内では公立中学校の3年生・約7万4000人が、国語、数学、社会、理科、英語の5教科のテストに臨みました。

大阪府では昨年度、学校や教員の間で生徒の評価基準にばらつきが出ないよう、「全国学力テスト」の結果を内申点の基準作りに活用しました。

しかし、文部科学省が「テストの趣旨に反する」として今年度から活用を禁止したため、大阪府は独自で「チャレンジテスト」を実施することになりました。

1年生と2年生の時のチャレンジテストの結果も内申点に反映されるため、「入学早々から入試のための勉強を強いられる」と懸念する声も聞かれます。

チャレンジテストの結果は、8月に各学校に通知されます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

文科省、学力テストの指標導入へ…18年度から

読売新聞 5月10日(火)10時14分配信



 文部科学省は、学校や教育委員会が全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を分析する際の目安になる全国統一の学力指標を2018年度から導入する方針を決めた。

 10日の同省の専門家会議で方針を示し、今後、具体的な検討を進める。学力テストでは都道府県別順位などを上げるための過度なテスト対策が懸念されており、文科省は統一指標で重視すべき学力を示し、順位にとらわれない指導の広まりを期待している。

 07年度に始まった学力テストは、国公私立の小中学校計約3万校の小6と中3の200万人以上を対象に、国語、算数・数学は毎年、理科は原則3年に1回、4月に行われている。


以上引用


学力テストの本当の意味・・・

堺市長は、順位にこだわっている・・。ばかだなぁ~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

学テ英語3年に1回=19年度から、面接も―文科省

時事通信 5月10日(火)19時33分配信



 文部科学省は10日、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)に関する専門家会議を開き、2019年度から中学3年全員を対象に始める英語のテストについて、3年に1回程度実施するとした中間まとめ案を提示した。

 「聞く・読む・書く・話す」の4技能の力を試し、「話す」は教員が10分程度の面接試験を行う。

 全国学力テストは例年4月、小学6年と中3を対象に、国語と算数・数学は毎年、理科は3年に1回実施している。中3の英語も「話す」以外は同じ日に行う方針。開始前年の18年度には、試行的に抽出式の予備テストを実施する。 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。