堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705

教員採用、不正頼んだ覚えない…取り消しの男性が提訴へ

1月31日22時0分配信 読売新聞


 大分県教員汚職事件で、「点数改ざんによって採用試験に不正合格した」として県教委から採用を取り消された秦(しん)聖一郎さん(23)(大分市)が31日、「不正を依頼した覚えはない」と、県教委を相手取り、処分取り消しと損害賠償を求める訴訟を3月初めにも大分地裁に起こすことを明らかにした。

 秦さんは2007年、小学校教員採用試験に合格した。08年4月から大分市内の小学校に勤務したが、教員汚職事件発覚後の同年9月、不正合格した21人のうちの一人と判断され、県教委から採用を取り消された。

 現在は同じ小学校で臨時講師をしているが、任期は今年3月末で切れる。 

最終更新:1月31日22時0分

以上ヤフーニュースより引用

1人の教員の人生を狂わせてしまった大分県・・。

放任は不正を行っていないのに・・・勝手に実績を作るために不正を行った教育委員会・・。

ああ・・・やりきれない・・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 01

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 02

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 03

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 04

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 05
特報 大分県教員採用汚職事件を追う 06

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 07

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 08

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 09

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 10 

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 11
特報 大分県教員採用汚職事件を追う 12
特報 大分県教員採用汚職事件を追う 13

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 14

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 15

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 16

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 17

の続報


以下毎日新聞より引用



 大分県の08年度教員試験にからむ不正合格者の採用取り消しで、県教委は4日、20人の対象者のうち12人が臨時講師としての採用を望んでいることを明らかにした。現在の学校で勤務を続けるか、別の学校で働くかは分かれているという。


 県教委のまとめでは、4日夕までに各学校長に退職願を出したのは、3日から2人増えて14人。このうち12人が臨時講師を希望している。別に6人が自主退職か取り消し処分を受けるかを決めかねているという。このため採用取り消し処分のめどとしていた5日を延期し、7日の県教育委員会臨時会で採用取り消し処分を決める予定。不正に不合格となり、10月以降に救済採用される21人は8日以降に連絡を取るという。

 

県教委関係者によると、臨時講師希望者の中には「途中で去るのは今まで教えた子どもに対し責任を果たしていない」などと話す人がいる。また、別の学校を希望する対象者の中には「環境を変えたい」という声もある。一方、意思表示を保留している対象者は「自主退職すれば不正を認めたことになる」などと話しているという。【小畑英介】

毎日新聞 2008年9月5日 西部朝刊

教委の教員採用汚職:採用取り消し 半数以上「不正知らず」--教育長謝罪 /大分

 ◇晴れて結婚、暗転

 小矢文則・県教育長は4日の県議会で、教員採用を取り消す21人の半数以上が「寝耳に水」だったことを明らかにし、「教諭になれたのを機に結婚した人もいる。本人も不正を知らず、申し訳なかった」と対象者に向け謝罪した。


 平岩純子県議(県民クラブ)の一般質問に答えた。平岩県議は「口利き者とそれを受けた県教委職員が責任を取らず、本人だけが退職に追い込まれるのは理不尽だ」と疑問を提起。小矢教育長は「本来不合格だった以上、取り消すしかなかった。必要があればもう一度会う用意はある」と説明した。

 県教委プロジェクトチーム(PT)の調査で口利きした者の解明が不十分だった点は、伊藤敏幸議員(公明)も追及した。しかし、小矢教育長は「単なる事前通知はあっても、結果への影響は確認できなかった」と説明。平岩県議は「県議の口利きを指摘しながら、我々への聞き取りもなかった。一番大切な部分が未解明」と批判した。

 PTが担ったのは現職・OB職員への調査。外部聴取の法的根拠がなく、事実を確認していないため、取り消し対象者に「誰の口利きか」は伝えられないという。

 平岩議員は教育行政改革の具体策について「現場と県教委事務局を頻繁に異動する体制が必要」と提案した。小矢教育長は「事務局を経験しても基本は現場。事務局在籍者に免除されている教頭、校長昇任の筆記試験も、平等に受験するよう見直す」と約束。「地域が違えば雰囲気も考え方も違うし、多くの教員とも交流できる」と全県規模の人事交流方針も示した。【梅山崇】

毎日新聞 2008年9月5日 地方版

県教委の教員採用汚職:新たな合格依頼判明--初公判 /大分

 ◇県教委PT提言「改革のスタートに」

 4日開かれた小学校教員採用汚職事件の初公判。県教委はこの日、職員2人が法廷に入り、4被告の発言などをメモにとっていたが、佐伯市立中の男性教頭が知人らの合格依頼をしていたことも明らかになった。県教委は事件を受け改革に取り組んでいるが、ある職員は「裁判でどんな新事実が出るのか」と戦々恐々の様子だった。【小畑英介】

 初公判の証拠調べの中で、佐伯市立中の男性教頭が、収賄罪で起訴された元教育審議監、二宮政人被告(61)に知人らの合格依頼を2回していたことも明らかになった。このとき、1万5000~2万円のシャツ仕立券を二宮被告に渡したという。この教頭は先月、元参事、矢野哲郎被告(52)が長女の合格を依頼することを知りながら、二宮被告に引き会わせたとして減給3カ月(10分の1)の処分を受けた。

 小矢文則・県教育長は「本日、教員採用にかかる贈収賄事件について初公判が開かれましたが、教育委員会としても裁判の推移を見守っていきたい」とするコメントを出した。

 一方、教員採用や管理職昇任の汚職事件を受け、試験の不正の実態などを調査した県教委の改革担当プロジェクトチーム(PT)は、採用や昇任を公正に行うための試験制度の見直しや、人事の適正化に向けた評価システムの確立などを提言した。提言は、1日に発足した教育行政改革推進室に受け継がれ、改善・改革スケジュールなどの検討が進んでいる。

 人事を一元管理する教職員人事課(仮称)の創設といった組織の見直しなど、示された改善点や提言は多岐にわたる。PT関係者は「長年続いた組織を変えるのは大変な労力が必要。報告書を結果でなく、スタート地点にしないといけない」と語る。

 08年度採用の教員21人(既に1人退職)が採用取り消し対象になるなど、教育現場への影響は小さくない。08年度採用の教員が勤務する学校長は「事件関係の話題は口にしないよう、周囲も気を使っている。一部の人の不正で、現場がほんろうされ続けている」と話した。

 不正合格者のあおりで08年度試験を不合格になった本来の合格者に対して県教委は近く、採用通知を出し、希望すれば10月以降に採用される。07年度試験での同様の救済対象者には今後、特別試験を実施する。

毎日新聞 2008年9月5日 地方版

県教委の教員採用汚職:採用取り消し 大分市、保護者児童に説明へ /大分

 ◇臨床心理士派遣

 教員採用試験にからむ不正合格者の採用取り消しで、大分市は5日、取り消し対象教員がいる学校では児童・保護者に経緯などを説明することを市議会一般質問の答弁で明らかにした。市教委は「いつまでも隠しているわけにもいかず、保護者・児童にはきちんと説明する必要がある」と判断したという。

 市教委によると、市内の小中学校に数人対象者がいるが、学校の事情に応じて説明したり、臨床心理士を派遣するなどして子どもの心をケアするという。

 市教委は「年度途中に担任が変わることもあり得、子どもらの心のケアが必要。スクールカウンセラーを派遣するなどして対応したい」と話している。【中島京】

毎日新聞 2008年9月6日 地方版

県教委の教員採用汚職:採用取り消し 日田で保護者に説明へ /大分

 教員試験に絡む不正合格者の採用取り消しで、該当者がそれぞれ1人いる日田市内の2小学校は6日午後7時から、学級保護者説明会を開催する。本人出席の有無、既に退職願を出しているのか、臨時講師を希望しているのかなどは公表していない。県教委関係者や校長が経過説明し、理解を求める。

毎日新聞 2008年9月6日 地方版



教員採用試験:効率化、人事委が改善案提示 1次教養に限定し機械処理 /大分

 7月実施の県教委教員採用1次試験業務を手伝った県人事委員会事務局が「20日以上かかる1次試験の業務は非効率」として、県教委に改善案を提示したことが、5日の県議会総務企画委員会で明らかになった。

 (1)1次試験から集団討論や作文を外し、人数を絞り込んだ2次に移す(2)1次の教養試験はコンピューター処理できるマークシート式に変える--が柱。来年度からの変更につなげてほしいという。

 1次試験は7月19、20日で、合格発表は8月11日。一方、改善実施済みの知事部局の採用1次試験(上級)は、6月29日に試験、7月8日発表で採点などの業務は10日間。人事委の江藤敏博事務局長は「うまく省力化すれば、不正が介在し得る期間も短くなるし、受験生の精神的不安も軽減できる」と効用を指摘している。

 人事委は教員採用2次試験でも、9月16~19日の面接に面接委員6人(他に知事部局34人)を派遣。入力、集計は人事委のみで実施し、10月21日に成績一覧表を県教委に引き渡し、同日最終合格者が発表される。【梅山崇】

毎日新聞 2008年9月6日 地方版






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

444

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 01

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 02

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 03

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 04

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 05
特報 大分県教員採用汚職事件を追う 06

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 07

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 08

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 09

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 10 

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 11
特報 大分県教員採用汚職事件を追う 12
特報 大分県教員採用汚職事件を追う 13

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 14

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 15

特報 大分県教員採用汚職事件を追う 16 の続報


以下毎日新聞より引用


大分県教委の教員採用汚職:「贈賄」2教頭、懲戒免 渦中の富松審議監は入院

 汚職事件捜査の渦中にある大分県教育委員会は1日、混乱の中で2学期を迎える。同県警は現職の県教委ナンバー2、富松哲博・教育審議監(60)を昇任人事を巡る収賄容疑で逮捕する方針を固めたが、本人が8月31日に入院したため当面見送った。県教委は同日、管理職昇任試験を巡る汚職事件で贈賄罪で起訴された小学校教頭2人を懲戒免職処分にした。


 富松審議監は、元県教委参事、矢野哲郎被告(52)=別の贈賄罪で起訴=から参事昇進に便宜を図った謝礼として、20万円分の商品券を受け取った疑いが持たれている。県警が逮捕予定だった31日、肺炎で高熱があるとして入院した。


 懲戒免職になったのは元県教委参事、江藤勝由被告(52)=収賄罪で起訴、懲戒免職=に「金券を贈った」と出頭した3人のうち、50万円分を贈って在宅起訴された佐伯市立小学校教頭、渡辺洋一(50)▽同、広瀬忍(49)の両被告。10万円分を贈ったが起訴猶予になった佐伯市立小学校長の女性(53)の処分は結論が出なかった。

 県教委は、贈賄罪で起訴され既に懲戒免職にした元同市立小学校教頭、矢野かおる被告(51)を含め、教頭3人の後任人事も決めた。1日に着任させ、教頭不在の学校は解消する。ただ、採用を取り消す新任教員21人の後任人事などについては、講師として残るかの意向確認を終える3日まで着手できず、担任不在の学級が出る恐れがある。【小畑英介】

毎日新聞 2008年9月1日 西部朝刊


大分教員汚職:不在2カ月、教頭やっと赴任…新学期始まる

 大分県教委の採用汚職事件による不正合格者の採用取り消しなど、教育現場の混乱が続く中、大分県内のほとんどの小中学校、高校で1日、2学期がスタートした。教員採用と管理職任用に絡んだ汚職事件で、約2カ月間にわたり教頭の不在が続いていた同県佐伯市内の3小学校では同日付で後任人事が発令され、正常化に向けて動き出した。【古田健治、小畑英介、中島京】

 ◇児童に校長わびる

 同市立重岡(しげおか)小(児童70人)では、教員採用汚職に絡んで元女性教頭(51)が逮捕、起訴された6月中旬以降、最も長く不在状態が続いた。1日午前8時前、児童らは日焼けした顔で登校。始業式では、山城豊校長(56)が「教頭先生が代わりました」と事情を説明し、教頭の長期不在をわびた。


 また、事件について「前の教頭が自分の娘のために(不正を)お願いした。それによって多くの人が非常に困った。教頭は大切な職を失った」と説明。「人間には間違いがある。間違いを挽回(ばんかい)し、より良い方向に努力することが大切」と児童に話した。

 新しく着任した奥田悦生教頭(52)は会見で「今回の異動にはびっくりしている。ここで教育活動をしっかりやっていきたい」と話した。

 ◇採用取り消しの20人…出勤状況を調査

 県教委義務教育課は同日午前、採用取り消しを通知した20人の出勤状況や、現場への影響などの情報収集を始めた。新学期スタートから、クラス担任不在の状況になることも予想されており、同課の担当者は「本人のケアも含め、学校に混乱がないような措置を取りたい」と話した。


 不正合格したとされる元小学校校長、浅利幾美被告(52)=贈賄罪で起訴、懲戒免職=の長男が先月退職した大分市内の小学校では、長男が担任したクラスの後任となった男性教諭(27)が、校長から「皆さんのクラスの新しい歴史が始まります」とクラスの児童らに紹介された。

毎日新聞 2008年9月1日 12時11分(最終更新 9月1日 14時48分)

大分県教委の教員採用汚職:21人採用取り消し 休み明け、先生来るの?

 ◇きょうから新学期

 大分県の教員採用汚職事件にからみ県教委は、新学期スタート前日の31日までに、不正が確認された21人に「採用取り消し」を通知した。元小学校長、浅利幾美被告(52)=贈賄罪で起訴、懲戒免職=の長男を除く20人に、面談して伝えた。長男は既に自主退職している。ただ、本人は点数かさ上げなどを頼んだ心当たりがなく、皆、事実を受け入れられない様子で、涙を流す教員もいた。県教委によると、約1週間で採用取り消しになり、対象者には自主退職を促し、希望すれば臨時講師として同じ学校で雇用する。3日までに学校長に意思を伝えるよう頼んだという。


 1日の始業式から休む対象者が出ても、すぐには後任は決まらない。担任を持っていても、当面は管理職などが対応する。保護者からは「担任がいなくなったらどうするのか」という不安の声が上がっている。

毎日新聞 2008年9月1日 東京朝刊

大分県教委の教員採用汚職:「もし担任が代わったら…」 混乱の中、きょう新学期

 ◇対象20人、採用取り消し通知

 今日から2学期。しかし大分県内の小中学校では、不正合格者の採用取り消しとその後任人事が決着せず、汚職事件の余波を引きずったままの新学期となる。「もし担任が急に代わったら……」。父母らは、取り消し者が分からない不安の中で、始業式を迎える。【古田健治、小畑英介】


 同県教委は31日までに採用取り消し者への通知を終えた。対象者は小学16人▽中学4人▽養護教諭1人。既に退職した元小学校長、浅利幾美被告(52)=贈賄罪で起訴、懲戒免職=の長男を除く20人に、面談して伝えた。


 義務教育課によると、本人には点数かさ上げなどを頼んだ心当たりはなく、皆、事実をすぐには受け入れられない様子だった。中には涙を流す教員もいたという。


 対象者には自主退職を促し、希望すれば臨時講師として同じ学校で雇用する。9月3日までに、校長に意思を伝えるよう頼んだという。全員の意思を確認できれば、5日にも取り消し処分を決定する。


 このうち佐伯市は、08年度採用の小学校教員41人のうち8人がおり、対象者が含まれる可能性がある。同市は汚職事件による起訴などで、4小学校の校長、教頭の不在が続いただけに、父母からは「今度は担任がいなくなったらどうするのか」という新たな不安の声が上がっている。


 うち3校は8月31日、懲戒処分とともに後任人事が決まり、ようやく教頭不在が解消された。6月の事件発覚後、最も長い約2カ月半、教頭が不在だった市立重岡小(70人)の山城豊校長は「児童らは落ち着いて休みを過ごしているようだったが、保護者からは『後任はまだ決まらないのか』と心配する声もあった」と安堵(あんど)する。

 ただ、採用取り消しに伴う人事は新学期にずれ込んだ。1日の始業式から休む対象者が出ても、すぐには後任は決まらない。担任を持っていても、当面は管理職などが対応することになる。


 今春採用者がいる小学校に2児が通う父親(40)は「不正採用を知らなかったのなら本人もかわいそうだが、担任が急に代わったら、子どもがその現実に対応できるかどうか」と影響を心配している。

 一方、県警は富松哲博・教育審議監(60)の逮捕方針を固めており、捜査はまだ続く。ある県教委職員は「この緊迫感がいつまで続くのか」と疲れた声で語った。

 ◇佐伯市の男性教頭、間接関与で減給処分

 大分県教委は31日、教員採用試験に絡む汚職事件に間接的に関与したとして、佐伯市立中の男性教頭(51)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にした。


 県教委によると、この教頭は教員採用試験で長女の合格に便宜を図ってもらおうとした元県教委参事、矢野哲郎被告(52)=贈賄罪で起訴、懲戒免職=を、元県教委教育審議監の二宮政人被告(61)=収賄罪で起訴=に、2次試験前後に2回引き合わせるなどした。


 一方、佐伯市教委も同日、一連の汚職事件の監督責任で、武田隆博教育長を減給5カ月(同)の処分とした。教育委員4人は2カ月分の報酬を自主返納する。

毎日新聞 2008年9月1日 西部朝刊

大分県教委の教員採用汚職:始業式の朝、突然の先生交代 児童に苦しい説明

 ◇人間には間違いがある。挽回し…

 大分県教委の汚職事件で不安や不信が渦巻く中、2学期が1日、始まった大分県の小中高校。真っ黒に日焼けした児童らが帰ってきた学校の中には、校長が始業式などで、懲戒免職になった教頭らの後任人事の説明に追われる学校も。一方、県教委は採用取り消し対象者の通知を31日までにすべて終え、5日にも処分を決定する。再生に向け新学期のスタートを切った教育現場は--。【古田健治、小畑英介、中島京】


 県教委義務教育課は1日午前、採用取り消しを通知した20人の出勤状況や、現場への影響などの情報収集を始めた。新学期スタートから、クラス担任不在の状況になることも予想されており、同課の担当者は「本人のケアも含め、学校に混乱がないような措置を取りたい」と話した。


 不正合格したとされる元小学校校長、浅利幾美被告(52)=贈賄罪で起訴、懲戒免職=の長男が先月退職した大分市内の小学校では、長男が担任したクラスの後任となった男性教諭(27)が、校長から「皆さんのクラスの新しい歴史が始まります」とクラスの児童らに紹介された。教諭は「心を一つに先生と一緒に頑張りましょう」と呼びかけた。


 新規採用者2人が勤務している大分県内の小学校の校長は「万が一取り消しになった場合を想定して対策を考えていたが、該当者がいないことを知って安心した」と話した。


 一方、元女性教頭の逮捕により教頭不在が2カ月半続いた佐伯市立重岡(しげおか)小では始業式で、山城豊校長(56)が事件について「前の教頭が自分の娘のために(不正を)お願いした。それによって多くの人が非常に困った。教頭は大切な職を失った」と説明。「人間には間違いがある。間違いを挽回(ばんかい)し、より良い方向に努力することが大切」と児童に話した。新任の奥田悦生教頭(52)が「一生懸命遊んで、勉強し、いろんな人に思いやりを持ってください」と話しかけると、児童たちは素直に聴いている様子だったという。


 同市では、同小のほかに管理職昇任試験に絡んで元県教委参事に金券を渡したとして書類送検された女性校長(53)と元男性教頭(50)=8月31日付で懲戒免職、元女性教頭(49)=同=が7月上旬以降、年休を取り続け、不在が続いていた。


 男女の元教頭の後任人事は1日付で発令されたが、女性校長は県教委の処分が決まっていない。始業式には校長職務代理の市教委課長が出席し、学校の様子について「子どもたちは大きな事故もなく夏休みを過ごせたことにほっとしている」と話した。

毎日新聞 2008年9月1日 西部夕刊

大分県教委の教員採用汚職:「先生が代わりました」 始業式で子供に謝罪

 大分県教委の採用汚職事件による不正合格者の採用取り消しなど教育現場の混乱が続く中、大分県内のほとんどの小中高校で1日、2学期がスタートした。


 教員採用と管理職任用に絡んだ汚職事件で、約2カ月間にわたり教頭の不在が続いていた同県佐伯市内の3小学校では同日付で後任人事が発令され、正常化に向けて動き出した。一方、校長昇任を巡る贈賄容疑で書類送検され、起訴猶予になった同市立小の女性校長(53)は年休を取り、始業式に姿はなかった。


 同市立重岡小(児童70人)では、教員採用汚職に絡んで元女性教頭(51)が逮捕、起訴された6月中旬以降、最も長く不在状態が続いた。1日午前8時前、児童らは日焼けした顔で登校。始業式では、山城豊校長(56)が「教頭先生が代わりました」と事情を説明し、教頭の長期不在をわびた。

 新しく着任した奥田悦生教頭(52)は会見で「今回の異動にはびっくりしている。ここで教育活動をしっかりやっていきたい」と話した。【古田健治】

毎日新聞 2008年9月1日 西部夕刊

大分県教委の教員採用汚職:「贈賄」2教頭、懲戒免 渦中の富松審議監は入院

 汚職事件捜査の渦中にある大分県教育委員会は1日、混乱の中で2学期を迎える。同県警は現職の県教委ナンバー2、富松哲博・教育審議監(60)を昇任人事を巡る収賄容疑で逮捕する方針を固めたが、本人が8月31日に入院したため当面見送った。県教委は同日、管理職昇任試験を巡る汚職事件で贈賄罪で起訴された小学校教頭2人を懲戒免職処分にした。


 富松審議監は、元県教委参事、矢野哲郎被告(52)=別の贈賄罪で起訴=から参事昇進に便宜を図った謝礼として、20万円分の商品券を受け取った疑いが持たれている。県警が逮捕予定だった31日、肺炎で高熱があるとして入院した。


 懲戒免職になったのは元県教委参事、江藤勝由被告(52)=収賄罪で起訴、懲戒免職=に「金券を贈った」と出頭した3人のうち、50万円分を贈って在宅起訴された佐伯市立小学校教頭、渡辺洋一(50)▽同、広瀬忍(49)の両被告。10万円分を贈ったが起訴猶予になった佐伯市立小学校長の女性(53)の処分は結論が出なかった。


 県教委は、贈賄罪で起訴され既に懲戒免職にした元同市立小学校教頭、矢野かおる被告(51)を含め、教頭3人の後任人事も決めた。1日に着任させ、教頭不在の学校は解消する。ただ、採用を取り消す新任教員21人の後任人事などについては、講師として残るかの意向確認を終える3日まで着手できず、担任不在の学級が出る恐れがある。【小畑英介】

毎日新聞 2008年9月1日 西部朝刊

大分県教委の教員採用汚職:起訴猶予の校長降格、停職4カ月 同じ学校で教頭に

 大分県教委の管理職昇任試験にからむ汚職事件で、県教委は1日、商品券10万円分を元県教委参事、江藤勝由被告(52)=収賄罪で起訴、懲戒免職=に贈り、起訴猶予となった佐伯市立小学校の宮川聖子校長(53)を、停職4カ月の懲戒処分と、教頭へ降格させる分限処分にした。


 宮川元校長は3月23日ごろ、江藤被告の自宅を訪れ、昇任祝いの趣旨で商品券を渡した。宮川元校長は、江藤被告に50万円分の商品券を渡したとして在宅起訴された元小学校教頭2人=懲戒免職=とともに書類送検されたが、起訴猶予になった。【小畑英介】

毎日新聞 2008年9月2日 西部朝刊


大分県教委の教員採用汚職:21人採用取り消し 苦渋の決断、現場は困惑

 教員採用汚職事件で揺れる大分県の小中学校、高校でも1日新学期がスタートし、教頭不在が続いていた佐伯市の3小学校でやっと後任が着任した。しかし、不正合格として採用取り消しを通知された今年度採用の21人の中には、「不正と知らなかった」として反発する声も多く出ている。「苦渋の決断」(大分県教委)に、識者からは「地位保全の訴訟覚悟の決断では」との声も出ており、混乱は学期をまたいで続きそうだ。


 不正合格が確認された今年度採用の21人(小学教諭16人、中学教諭4人、養護教諭1人)は、教壇に立って5カ月で採用が取り消されることになる。うち、1人は贈賄容疑で逮捕、起訴された元小学校校長、浅利幾美被告(52)の長男で、既に先月退職している。


 県教委義務教育課によると、20人中18人がクラス担任をしており「年度途中で担任が代わるなど、子どもへの影響も考えられる」と不安視する小中学校もあるという。


 取り消し対象の教員が勤務する県西部の小学校の教頭は1日、「青天のへきれきの思いだ。県教委は3日までに、本人に対して臨時講師になるか、教員をやめるかの選択を求めているようだ。後任をどうするか考えなければ……」と戸惑っていた。対象教員は、始業式のこの日も出勤し、校長と今後についての相談をしていたという。


 浅利被告の長男が勤務していた大分市内の小学校では、後任の男性教諭(27)が、校長から「クラスの新しい歴史が始まります」と紹介された。担任の不正は児童に暗い影を落としている。


 小矢文則・県教育長は「(取り消し対象者は)本来、合格すべき者ではなかった。その原因が(試験結果の)改ざんであったということが判明した以上、つらい判断だが、正さないといけない。まさに断腸の思い」と強調している。

 取り消し対象20人は、県教委の決定を受けて「取り消し」になるか、「自主退職」とするか3日までに学校長が意思を確認する。【小畑英介、深津誠】

 ◇県教委、訴訟覚悟か

 「納得できない。人生が狂うことになる」。県教委から採用取り消しの通知を受けた教諭からは、反発の声が相次いだ。「事実を受け入れることができず、中には涙を流したりする人もいた」(県教委の担当者)という。

 

県教委改革プロジェクトチーム(PT)の調査報告書によると、元県教委参事の江藤勝由被告(52)=収賄罪で起訴=は、元参事の矢野哲郎(52)▽元校長の浅利幾美(52)両被告=贈賄罪で起訴=の依頼で便宜を図った以外に、頼まれたものはないと話している。


 それ以外の20人については、富松哲博・県教委審議監(60)がPTに、「立場上、(第三者から)メモをもらったり、それを江藤(元参事)に『頼む』と言って渡した」と話しており、金銭などを使ってやったのかはっきりしていない。現段階では、親や知人が富松審議監にお願いしていたとしても、金銭の授受がなかったり、本人が全く知らない状況で合格になっていた可能性もある。


 本人に全く瑕疵(かし)がない場合でも、自主退職しなければならないのか。若井彌一(やいち)・上越教育大教授(教育法学)は「教員の地位を失ったうえ世間のさらし者となり、県教委のせいで被害者となった気の毒な側面がある」と指摘。「公務員には一定の身分保障があり、採用取り消し者の一部には、県教委相手に訴訟を考える人もいるだろう」とみる。【山本紀子】

 ◇「事実解明を」 文科省が指示

 文部科学省は1日、大分県教委の報告を受け、「採用取り消しとなる教員には丁寧な説明をすべきだ」などと指示。後任選定などに伴う学校現場の混乱を防ぐことも求めた。銭谷真美事務次官は大分県教委に必要な指導をしていく姿勢を示した。【加藤隆寛】

==============

 ■ことば

 ◇大分教員採用汚職事件

 大分県警は6月、元佐伯市立小校長、浅利幾美(52)と元県教委義務教育課参事、矢野哲郎(52)の両被告=いずれも贈賄罪で起訴=らが、浅利被告の長男、長女の教員採用を巡り現金や金券400万円相当のわいろを、元県教委義務教育課参事、江藤勝由被告(52)=収賄罪で起訴=に贈ったとして逮捕した。さらに、7月、県教委ナンバー2だった元審議監、二宮政人被告(61)が矢野被告らから矢野被告の長女の採用を巡って金券100万円分を受け取ったとして収賄容疑で逮捕。富松哲博・県教委審議監(60)=退職願を提出し、入院中=についても、矢野被告の参事昇任を巡って20万円分の商品券を受け取った収賄容疑で逮捕する方針を固めている。

毎日新聞 2008年9月2日 東京朝刊

大分教育汚職:12人が退職願提出 8人は意思示さず

 大分県の教員汚職事件に絡む不正合格者の採用取り消しで、20人の対象者のうち、12人が3日までに退職願を学校長に提出した。8人はまだ意思表示をしていない。県教委は「いろいろ迷った末に結論を出したようだ。意思表示をしていない8人については、求められればまた丁寧に説明したい」と話している。

 県教委によると、既に退職した1人を除く対象者は、小学13人▽中学6人▽養護学校1人--の20人。自主退職するか取り消しを受け入れるかを3日までに上司の校長に伝えることになっていた。

 県教委は、自主退職を受け入れて、臨時講師として学校に残ることも可能としている。「必ず3日までに結論を出すようには言っていない」(県教委)ため、4日に結論を持ち越す教員が出るという。

毎日新聞 2008年9月3日 22時03分(最終更新 9月3日 22時39分)

県教委の教員採用汚職:県議会、汚職に質疑集中 不正操作者の責任追及も /大分

 県議会一般質問が2日始まり、質問者全員が教員採用汚職に触れた。「不正操作をした者の責任」を厳しく問う場面もあった。


 玉田輝義議員(県民クラブ)は「21人の採用取り消しに比べ、成績を改ざんした側の責任が軽すぎる」と追及した。小矢文則教育長は「重大事態を招いた責任は私にあり、全部終わってから処分も決まる」と回答した。


 しかし、玉田議員は「取り消し通告時に『どういう経緯で改ざんされたのか』と当該教員が説明を求めても、説明がないのはおかしい」と再質問。奈良県で05年に起きた消防採用汚職で口利きした者も処分されたことを例に挙げ、「当事者の『なぜ』に答える必要がある」と続けた。小矢教育長は「可能な調査を尽くした結果」と答えるにとどまった。


 末宗秀雄議員(自民)は07年度試験で不正合格者が特定できなかった問題に言及。「取り消しと復活採用は裏腹だ。取り消しができないのに(復活採用の)特別試験を受けさせるのは矛盾ではないか」と詰め寄った。小矢教育長は「取り消しには高い信ぴょう性が必要だが、救済はそこまで高くなくても構わないと判断した」と説明した。


 田中利明、浜田洋両議員(同)は1年と短い教育委員長の任期や、教育委員の機能不全を指摘した。広瀬勝貞知事は「複数年になると負担が重く、協力していただきにくくなる」と事情を説明。



麻生益直教育委員長は「今後は教委事務局任せにせず、主体的にかかわる」と述べ、改革案として

(1)事務局との情報共有

(2)市町村教育委員と連携した教育体制推進

(3)教育委員自ら学校現場に出向いての実情把握--を約束した。【梅山崇】

毎日新聞 2008年9月3日 地方版

大分県教委の教員採用汚職:二宮被告の刑確定なら、退職金返還請求へ--県教育長

 大分県教委教育審議監だった06年9~10月、同県の小学校教員採用試験で便宜を図った見返りに計100万円分の金券を受け取ったとして収賄罪で起訴された二宮政人被告(61)に対し、同県の小矢文則教育長は3日の県議会で、退職金全額を返還請求する方針を示した。


 二宮被告は06年11月に教育審議監から由布市教育長に就任。既に県教委から退職金が支払われている。額は明らかにされていないが、3000万円余りとみられる。


 県条例は「支給後、在職中の行為で禁固以上の刑に処せられた時は、退職手当を返納させることができる」と定めている。3日の県議会一般質問で、対応を問われた小矢教育長は「(禁固刑以上が)確定すれば返還請求を検討する」と答えた。【梅山崇】

毎日新聞 2008年9月4日 西部朝刊

大分県教委の教員採用汚職:不正合格者の採用取り消し 教員12人退職願

 ◇8人意思表示なし

 大分県の教員汚職事件に絡む不正合格者の採用取り消しで、20人の対象者のうち、12人が3日までに退職願を学校長に提出した。8人はまだ意思表示をしていない。県教委は「8人については、求められればまた丁寧に説明したい」と話している。


 県教委によると、既に退職した1人を除く対象者は、小学13人▽中学6人▽養護教員1人--の20人。自主退職するか取り消しを受け入れるかを3日までに上司の校長に伝えることになっていた。


 県教委は、自主退職と取り消し処分のいずれの場合でも、臨時講師として学校に残ることは可能としている。「必ず3日までに結論を出すようには言っていない」(県教委)ため、4日に結論を持ち越す教員も出そうだという。

 県教委によると、取り消しの場合、教員採用自体がなかったことになり、今年4~8月の勤務実績が消滅する一方、自主退職すれば教員としての勤務実績は残り、将来の年金の受給権利も残されるという。【小畑英介】

毎日新聞 2008年9月4日 西部朝刊

大分県教委の教員採用汚職:2学期スタート直後、退職願「最悪の日程」

 ◇児童への影響、日増しに

 大分県の08年度教員採用試験で、不正合格だったと指摘された20人のうち、12人が3日夜までに退職願を提出した。対象者がいた学校の中には、同日夜に急きょ保護者への説明会を開き、対象の教員本人が涙ながらに思いを伝えた学校もあった。「2学期が始まった直後で、最悪の日程になった」。そうこぼす校長もおり、学校運営や児童への影響を心配する声が日増しに強まっている。【小畑英介、中島京】

 ◇保護者に対象教員、「不正知らず」説明

 既に退職した1人を除く対象者は、小学13人▽中学6人▽養護教員1人--の20人。

 対象となった教員のいる県中部の小学校では「県教委は採用取り消し者の名前を保護者にも公開しないという方針だが、いずれ分かる。学校として説明しないわけにはいかない」(同校長)として、3日夜に保護者向けの説明会を開いた。


 説明会には、対象教員が担任をしている学年の保護者が出席し、校長とこの教員らが経過を説明した。校長によると、教員は涙を流しながら保護者に「不正はまったく知らず、通知を受けた時はショックだった」と説明。「3月までは臨時講師として担任を続けたい」と願い出たという。


 保護者からは「先生を信頼しているので、子どもたちのために3月まで頑張って」「正規採用されるまであきらめないで」などと励ましの声が相次いだ。中には涙を流したり、教員の肩をたたいて「こんなことに負けるな」と励ましたりする人もいたという。


 校長は「熱心な先生で、子どもからよく慕われている。それだけに余計つらい。県教委の通知後も休まずに明るく振る舞っていた」と話した。今後、子どもたちの様子を見て、児童に説明するかどうかを判断するという。


 また、対象教員がいる県南部の小学校では、校長が「2学期に向けていろいろ考えていただろうに……。夏休みの最後に取り消しの電話を受けて、ショックはすごいですよ」と憔悴(しょうすい)しきった様子。「1学期に、子どもたちと良い関係を作ったのに、児童もどんなショックを受けることか」と語った。

 ◇     ◇

 一方、同県内の公立校長でつくる県小中学校長会協議会と県高校長協会は3日、「県教育の信頼回復に資する基金にしたい」と管理職手当の一部で基金を創設することを明らかにした。約3000万円の規模になる見通しで今後、教職員の資質向上や教育活動の充実などに使うという。


 今回の事件を受けた県教委の調査報告書では、校長・教頭昇任試験の際に、校長会などが教育事務所などに「候補者リスト」を持参したことも明らかにされた。

毎日新聞 2008年9月4日 西部朝刊



以上引用


不正の事実をしてきた報道は、やがて、教育現場へと場所を移すことになるのだろう・・・・・。そして、法定へと・・・。


理不尽な仕打ちを受けた教師の思い・・。そして、教育への情熱・・・混乱した現場・・・


ここからが、本当の意味での正念場になっていくのであろう・・。


そして、これからが、今回の事件の持つ真の意味が問われるのであろう・・。


一連の事実は、事実経過でしかない・・・。


これから始まる各学校園での出来事、保護者の反応・・。そんな部分が、今回の事件の最も重要なことになってくるのであろうと思う・・・。


つまり、教師としての立ち位置・・・「先生もお金払って先生になったんだろう・・。」ということが言われる教育不信・・。 これからが大分の教育の真価が問われていくのであろう・・・。


そういう意味では、これからが、今回の事件のもつ意味を示していくことになるんであろうと・・。


そして、教育とは、教師とは・・・問われてくるのであろう・・・。


続く


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。