堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
満点の答案用紙 (支援キャンペーン)

親の交通事故で経済的な理由から進学を断念せざるを得ない学生に、交通遺児育英会が経済的な支援をしていること、そして「成績が良くても進学できない」など交通遺児が直面しているリアルな実情を、互いを思いやる親子のやさしい会話で前向きに伝えています。



{476ED7BB-4BD5-4C6A-B9F8-1457CED06D68}

{BCBA7739-4D35-40D6-A8E9-F653105E71B1}

{FE9DD43A-0329-4A67-87FF-FE68477695FD}

{806D28F9-54F3-4EBC-B6EE-0C251460F332}

{B05CC4F3-B2A3-4869-B5F0-9B827B08F531}

{047F491F-1FE1-4922-8563-F9C9A60F6474}

{644A017F-B3AB-4499-9684-C838F04E1BA8}

{5EB2F39E-FBF7-4F63-A866-478039BA24A3}

{43B062CF-AC53-4A93-A51C-20B1AB81A002}

{820507E7-ABAE-46F6-922F-423836F1E153}

{BD3CDE21-4F4A-4A9C-A386-5943D6BBA2C4}

{C8B2300B-1F8A-4992-8C5F-8BB2F83AC74D}

{0D874AEA-E840-49FF-A9E3-7E73D8DB903A}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高齢者の交通事故で運転させない手段に脚光! 「バッテリーを外す」「メインヒューズを抜く」

ふじいりょう 

2018年1月9日に群馬県前橋市で85歳男性が運転する乗用車が対向車線にはみ出して自転車2台に衝突し、高校生2人が重体となっている事故。この運転手はこれまでにも何度も事故を起こしていると報じられています。この事故で、改めて高齢者の自動車の運転の是非がクローズアップされていますが、ある『Twitter』ユーザーが運転をやめさせる対策をツイートしています。


「群馬で85歳男性が事故、始業式に向かっていた女子高生2人が重体」と言う事故に関して「鍵を隠す」というアドバイスがあります。

私の亡父の場合、スペアキーを隠し持っている可能性が高かったので、「そっとバッテリーを外す」という対策をとりました。このユーザーは続けてツイート。バッテリーを外す→エンジンかからない→周囲が「車が壊れた」「買い替えるしかない」「次の車を買うのは高額だし、運転は止めよう」と説得して成功しましたので、ご参考まで。

これに対しては「すごい運転の辞めさせ方」「バッテリーの外側の箱を入れておけば完璧」といった反応があったほか、「鍵を隠すと家族に攻撃的になったりするので良い」といった声も見られ、ほかにも「うちはメインヒューズを抜いた」といった対策を講じている人もいました。

一方で、別のユーザーからはこのようなツイートも。対策としては良いアイディアですね。ただ今時の車はコンピューターを使っている為、後々使用する予定がある車はあまりお奨め出来ません。1度バッテリーがあがってしまい充電しエンジンはかかったのですが、コンピュータ制御されていたドアミラーの設定が狂った経験あり。今は手動で合わせてます。

「免許差し込まないと動かない車とかあるべき」「国としてオート運転の導入は進めてほしい」といった意見もあった高齢者の運転問題。今後高齢者が増えていくことが予想される以上、何らかの抜本的な対策を講じる必要があるのではないでしょうか。※画像は『Twitter』よりhttps://twitter.com/ootoriraku/status/951479778762137600 [リンク]
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
認知症恐れ指摘後の受診3割 運転免許取り消し避ける? 

75歳以上の高齢ドライバーが運転免許更新時などに受ける認知機能検査で、医師の診断が必要とされた京都府民のうち、実際に医療機関を受診した人は約3割にとどまることが、府警への取材で分かった。昨年3月施行の改正道交法は、同検査で「認知症の恐れがある(第1分類)」と判定された人については医師の診察を義務化。認知症と診断されると免許取り消しとなり、身分証明に使える「運転経歴証明書」の交付が受けられなくなることなどから、診察を避けて自主返納する人が増えているとみられる。 府警によると、改正法が施行された昨年3月12日~10月31日の間、府内で認知機能検査を受けたのは計2万2564人。このうち507人が第1分類と判定されたが、医師の診察を受けたのは157人にとどまっている。 未受診者350人のうち、免許を自主返納したのは123人に上った。更新期限までに診察を受けずに失効したのは22人、再受検による判定変更は7人だった。残る未受診者198人の中には、受診待ちの人のほか、法改正の中身が理解できず、手続きを進められない人もいるとみられる。府警は「未受診者は今後、ますます増えるのではないか」とみる。 一方、自主返納者が多数を占める背景には、タクシーやバスの割引サービスなど府内自治体による返納者向け施策の充実がある。また、府警が一部返納者から返納理由を聴いたところ、家族や知人から促されるケースが目立った。運転経歴証明書を受け取れなくなることを恐れ、医師の診断を避けて自主返納する人もいたという。 府警の説明では、受診者157人のうち126人は認知症と診断されず、免許の継続が認められている。

 ■認知機能検査 75歳以上のドライバーの運転免許更新時に記憶力や判断力を確認する検査。認知症の恐れ(第1分類)、認知機能低下の恐れ(第2分類)、認知機能低下の恐れなし(第3分類)のいずれかに判定される。更新時以外にも、信号無視や逆走など18項目の違反をすれば臨時検査を受ける必要がある。2017年3月施行の改正道交法で、第1分類と判定された人には医師の診察が義務付けられ、認知症と診断された場合は、原則として免許取り消しとなる。

{76C8B0CA-0260-4C90-A615-4AE9C44A4C8A}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。