堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
【特集】一方通行を逆走するバイク? 京都の危険な道路
毎日放送

(C)毎日放送
 京都を代表する観光地、伏見稲荷大社。鮮やかな朱色のトンネル、千本鳥居は見る人を魅了します。この日も快晴に恵まれ大勢の人が訪れていました。

 Q.伏見稲荷はどうですか?

 「すばらしいね。山頂は特にすごいよ!」

 伏見稲荷といえばMBSでは去年、こんな憤懣スポットを取り上げました。

 参道の途中にあるJR奈良線の踏切。あっちでも…こっちでも…。外国人観光客がこぞって踏切の線路内で写真撮影をしていました。これは危ない!

 そして、今回は踏切よりさらに伏見稲荷に近い道路が憤懣の舞台です。交通量の多いこの通り、北向きの一方通行なんですが…自動車とは反対の南方向にも、たくさんのバイクが走っていきます。なぜなのでしょうか?

 「こちらにある標識、よく見てみると『二輪を除く』と書かれています」(古平健太記者リポート)

 実はこの道路、一方通行なのは自動車だけで、バイクや自転車は除外。バイクの逆走は問題ないのです。京都市内の東側を南北に通る本町通。この特殊な一方通行は、北は七条通りから南は国道24号まで約5キロ続いています。しかし、狭い京都の道、自動車と反対方向にバイクが走っても安全なのでしょうか?取材班、しばらく様子を見てみることに。

 「バイクが観光客と近いですね。ミラーがあたりそうです」

 「バイクとバイクが双方向で向き合ってしまいました」

 自動車やバイクだけでなく、伏見稲荷へ向かう観光客も多いため、道路はいつも混雑、いつ事故が起きてもおかしくない状況です。

 「後ろからバイクにクラクション鳴らされてやっと気づいたので。危ないなと思いました」(兵庫から来た観光客)

 外国人観光客にはこう見えるようです。

 Q.危なくないですか?

 「いいえ。ニューヨークの方がもっとバイクが走っているから、危険だとは思わないわ」

 とはいえ、この本町通りでは去年だけで14件の交通事故が起きていて、そのうち6件がバイクによる事故。6年前には2件の死亡事故まで起きています。実際に自転車で車と反対方向に走るとどんな感じなのか?取材班が実際に自転車で車と反対方向に走ってみると…

 「ギリギリのところを車が通っています。圧迫感を感じます。危ないですね」(松本陸記者リポート)

 車が横をスレスレに通るので、少しでもハンドル操作を誤ればぶつかってしまいそうです。確かに危険な感じが…バイクの利用者はどう感じているのでしょうか。

 「逆の方向によく通るので、怖いから、ほとんどスピード出さずによけてよけて」

 「危ないと思うのですけど、やっぱり便利ですよね」

 どうしてこんな道路があるのか?実は、京都市内には同じような一方通行が他にも40か所以上あるのです。交通政策の専門家は、京都特有の事情があるといいます。

 「京都のように格子状にできている街というのは交通の処理をするときに、一方通行を導入しているところというのは洋の東西を問わずあるので、(本町通りの)利便性確保のために二輪車の通行は認めてもらいたいという陳情があった」(龍谷大学政策学部 阿部大輔准教授)

 地域の要望に合わせて特殊な一方通行になっているというのです。下京区の道路ではバイクのほかに小型特殊車両も逆走OK。市場が近くにあるためで、モートラと呼ばれる車両も逆走が認められているのです。

 伏見稲荷近くの本町通も一方通行の区間が長く、バイクや自転車を規制の対象とすると南方向に行くのに大幅な迂回が必要なため対象から除外されました。バイクの逆走が禁止になると、近くの商店街では営業に支障が出るとの声も上がっています。

 Q.出前の影響は?

 「もうかなり…できなくなりますね。遠回りしていたらお客さんに出せるような品物にならないのでね」(うどん店)

 様々な意見がありますが、特殊な一方通行になったのは約50年前。当時より交通量が格段に増え、時代に合わなくなってきているのも事実です。通学路になっている場所では、事故を未然に防ごうと毎朝、警察やボランティアが子どもたちの安全を見守っています。

 「安全のために一方通行化のお願いを長年やっています。一番の願いは子どもたちの安心安全です」(ボランティア)

 地元では本町通のバイクの一方通行化について、約20年間議論を続け、3年前、警察に陳情書を提出しました。この状態は改善されるのか?取材班、京都府警に状況を聞くと。

 「地元の要望を受け協議を重ねた結果、3月1日に本町通りは二輪車も一方通行とします」

 バイクの一方通行化に舵をきった本町通。その他の道路もそろそろ見直しのときがきているのかもしれません。

以上引用
番組見てたけど、奈良、京都、和歌山、兵庫等
各府県にあるようで、珍しくはないようである。

ちなみに、大阪府には、さすがにないようである。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
娘奪った事故二度と…見守り男性がはねられ死亡

 島根県益田市の国道191号で30日、小学生の集団登校の列に飲酒運転の軽トラックが突っ込み、小学3年の男児(9)と、付き添っていた男性(73)がはねられた。

 男児は軽傷だったが、男性は31日未明、搬送先の病院で死亡した。男性は33年前、現場近くで下校中の次女(当時7歳)を交通事故で失っており、再発防止のために集団登校の見守り活動をしていた。

 県警益田署の発表では、死亡したのは、近くの元洋装店経営・三原董充(ただみつ)さん。30日午前7時15分頃、市立豊川小学校の児童9人が現場交差点の横断歩道を渡るのを見守っていたところ、突っ込んできた車にはねられた。

 車を運転していた同市の木材会社社員の男(62)の呼気から基準値を超えるアルコール分が検出されたため、同署は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。



<3>神楽の迫力 18か国魅了

2014年01月04日 21時25分
◇久々茂保存会長三原董充さん70

 太鼓と笛、鉦(かね)の音に合わせ、繰り広げられる激しい立ち回り。表現される<神話の世界>が、夜の練習場を熱くする。

 「急がずに間をとって。しっかり腕を振る!」

 石見神楽久々茂(くくも)保存会の会長、三原董充(ただみつ)さん(70)の声が飛ぶ。高校生から70歳代までの会員は23人。毎週木曜の夜、主なメンバーが益田市郊外にあるプレハブの練習場に集まり、普段着のまま稽古に汗を流す。

 祭りやイベントに合わせて行う公演は、年間40回近く。絢爛(けんらん)豪華な衣装をまとい、ダイナミックに演じるその舞台は、多くの観客を魅了してきた。

 保存会は、市内13社中でつくる連合組織「神和会」の一員で、三原さんは2007年からその会長も務める。会は地元だけにとどまらず、1986年からはドイツや韓国、サウジアラビアなど18か国でも公演。2012年には米国南部の5都市を巡り、代表的な演目「恵比須(えびす)」や「大蛇(おろち)」を披露した。終演後、観客は総立ちになり、拍手が鳴りやまなかった。

 「感動は万国共通。海外でも十分、通用する」

 石見神楽のパワーに、改めて手応えを感じた三原さん。ただ、悩みもあった。各社中の公演は時期も場所もばらばらで、それなりに客は集まるが、観光資源としてより広くアピールするには常設会場の確保が必要だった。

 そんな中で昨年、県西部の市町や商工・観光団体でつくる石見観光振興協議会が一つの「事業」に乗り出した。益田、浜田、大田の各市に2か所ずつ定期公演の場を設け、週末にどこかで上演する試みだ。4~9月に実施され、1公演あたりの観客数は1・3倍に。益田市では市民学習センターとJR益田駅前ビルが会場になり、訪れた外国人旅行客の評判も上々だった。

 そして11月。久々茂保存会に、うれしい仲間が加わった。ブラジル・サンパウロ市に住み、現地の神楽社中に所属していた古田川猛さん(45)だ。08年に神和会が同社中を出張指導したのを機に、交流が続いていたが、「本場の舞を会得し、伝える側に立ちたい」と益田市に移住、保存会に入った。

 10日には、大阪府高槻市での公演が控える。「求められればどんな遠方でも行く。もちろん、海外も。見て楽しんでもらえれば、神様も喜んでくれます」。厳しい稽古を通じ、若い世代へと受け継がれる舞と精神。130を超える社中が活動する石見神楽の“舞台”は、強く、華やかに広がり続ける。(小林隼)

2014年01月04日 21時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高速道:車の逆走「不注意」8割 認知症は1割未満
毎日新聞
 全国各地の高速道路で車の逆走による事故が相次いでいる問題で、逆走したドライバーが認知症や飲酒などで特異な状態だったケースは2割に満たないことが国土交通省の調べで分かった。8割のドライバーは、判断能力に問題がなかったとみられ、何らかの不注意などで事故を起こした可能性が高い。

 ■過去6年間、ドライバー年齢や別で65歳以上が67%

 国土交通省などによると、全国の高速道で確認された逆走事案は2013年が143件▽14年が212件▽15年が259件--と増加傾向。今年も6月末までの半年間で119件あり、うち28件が事故につながった。

 過去6年間(2011年~16年6月)の逆走事案は1153件で、ドライバーの年齢別では、65歳以上が67%▽30~64歳が25%▽30歳未満が8%だった。

 一方、ドライバーが認知症とみられるのは8%で、精神障害(5%)や飲酒(2%)を合わせても2割以下。8割は、警察官らと正常な意思疎通ができたという。

 発生場所はインターチェンジ(IC)・ジャンクション(JCT)が53%で最多。次いで本線上が20%▽サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)は7%だった。

 逆走のパターンは、一般道から出口側に進入▽誘導路から合流地点で反対方向に走行▽SA・PAで入り口から出て逆走--など。目的のICを誤って通過し、引き返すためにUターンするケースもある。

 ■国交省は「20年までに事故ゼロ」掲げて対策

 逆走は死亡や多重衝突など重大事故につながりかねず、国交省は「2020年までに逆走事故ゼロ」を掲げて対策を進めている。カーナビや車載カメラで逆走を知らせるシステムなどの開発を検討。11月から対策技術を公募しており、18年度からの実用化を目指している。高速道の各管理会社も、誘導の標識を大きく表示したり、逆走を防ぐポールを設置したりするなどの対応を進めている。国交省の担当者は「逆走は高齢者や認知症の人に限った問題ではない。誰もが細心の注意を払ってほしい」と呼び掛けている。【原田悠自】

事故を起こした63歳男性「なぜ、まさか自分が…」

 今年8月に兵庫県・淡路島で逆走事故を起こした男性(63)が毎日新聞の取材に応じ、「なぜ走り慣れた道で逆走したのか、今も分からない」と苦悩する心境を語った。

 事故は8月25日午後7時40分ごろ発生。兵庫県洲本市の神戸淡路鳴門自動車道・下り線で、逆走した男性の軽乗用車が乗用車と正面衝突して横転。乗用車の後続のトラックなど計5台が絡む事故で、男性を含む5人が重軽傷を負った。

 男性は肋骨(ろっこつ)が20本近く折れ、意識が戻ったのは数日後。逆走したことを看護師に聞かされたが、事故直前の記憶がなく「まさか自分が」と信じられなかったという。

 当日は趣味のスキューバダイビングのため、奈良県の自宅から香川県に移動中。認知症の症状はなく、元建設業で運転歴は40年以上。洲本市内で働いた経験もあり、何度も通った道だった。事故につながったとみられるのが、現場から約5キロ南にあるパーキングエリア(PA)。休憩した記憶があり、入り口から出て逆走した可能性があるという。

 それまで逆走事故のニュースを見ても「自分には関係ない」と思っていた。「何も思い出せず、被害者に申し訳ない」。男性は、後遺症で箸も持てない右手をさすった。【原田悠自】

今年起きた高速道路での主な逆走事故

 4月28日 富山県南砺市で逆走した軽トラックと乗用車が正面衝突。軽トラックの男性(90)が死亡、乗用車の運転手が軽傷

 7月 7日 岡山県倉敷市で逆走した乗用車と大型トラックが正面衝突し、乗用車の女性(69)が死亡

 7月19日 愛知県小牧市で逆走した乗用車が大型トラックと正面衝突。乗用車の男性(46)が死亡、同乗の家族が軽傷

10月21日 秋田県由利本荘市で逆走した軽乗用車と大型トラックが衝突。軽乗用車に乗っていた男女3人(76~82歳)が死亡

11月29日 兵庫県淡路市で逆走した軽乗用車が大型トラックと正面衝突するなど計3台が絡む事故。軽乗用車の男性(22)が死亡、トラックの男性ら2人が軽傷

(当時の警察発表などによる)

以上引用

まあ。ふつうなかなか考えられないことから、認知症と思われがちなんだが、実は、不注意から、

きをつけたいもんである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。