堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
「宗教的理由」 子への虐待を正当化する母(米)
わが子に暴力を加え続けて起訴されていた米インディアナ州のアジア系の母親が、法廷で聖書を冒涜するような弁明を繰り広げてクリスチャンや聖職者を激怒させている。どうやらこの母親は昨年誕生した新しい州法を盾にとり、自らを正当化しようと試みているようだ。
政治的亡命という名目でミャンマーからインディアナポリスに移り住んでいたキン・パー・タイング(Khin Par Thaing)という30歳の母親が、 わが子にたびたび暴行を加えていたとして逮捕・起訴されたことを『The Indianapolis Star』紙が伝えた。キンの息子を診察した医師が「体の36か所に不自然なアザや赤いみみず腫れがある」と警察に通報し、キンがコートハンガーで叩いたり傷つけたりしていたことが明るみに出たという。 幼児虐待、家庭内暴力など罪は重いものの、有罪答弁を行い司法取引にも応じたことから1年の保護観察処分で済んだというキン。その法廷で彼女は「これは文化の違い。わが子に地獄に落ちるような人間に育ってほしくなければ 親は子供を叩いて叱るもの。親にはその権利もある」と主張し、福音派クリスチャンの信者として聖書にある文章もいくつか引用。その上で「宗教上の理由で子を叩いた」と述べた。 詭弁のように思われるが、キンとその弁護士はこの州で昨年誕生していた「宗教の自由回復法(Indiana’s Religious Freedom Restoration Act)」を盾にとっていたのだ。この新法は拡大解釈が可能なため、早い話が被告は裁判で“宗教上の理由でそれを行った”と正義感たっぷりに弁明することが可能になる。利用範囲が非常に広く、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)への社会的差別にも言い訳として適用されるとして、米国市民の間に大きな波紋を広げている。 出典:http://953mnc.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手) 海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースなら

以上引用

宗教、思想信条というのは、時として、難しい問題を提起してくる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

電車に折り畳み椅子持ち込み座る これってアリ?
先日、記者は電車内であまり見慣れない場面に遭遇した。とある駅から乗ってきた老人がドア付近で折り畳み式の椅子を広げ、おもむろに腰を下ろしたのだ。

そこでツイッター等で調べてみると、持ち込んだ椅子に座る乗客を見たという投稿がいくつも見つかった。こうしたケースはけっこうあるようだ。椅子を持っていること自体に問題はなさそうだが、車内で座るのは「アリ」なのか「ナシ」なのか。

パイプ椅子、丸椅子の目撃情報も...
記者が老人を目撃したのは、通勤ラッシュを少し過ぎた関東地方のJR某線。車内は立っている乗客がチラホラいる程度で、通路やドア付近にはゆとりがあった。老人はドア付近に折り畳み式で高さ30センチほどの椅子を置き、杖で体を支えながらゆっくりと腰かけた。

周囲の乗客はそちらを一瞥するも、席を譲る者はない。老人も優先席の方へ行くことはしなかった。十数分後、ようやく近くの席が空くと、老人は「臨時」の椅子を畳んでそちらへ移動した。慣れた様子から、今回が初めてでないことがうかがえた。

リュックやスーツケースに腰かける人はしばしば見かけるが、「マイチェア」を持ち込む乗客というのはどれくらいいるのだろう。ツイッター等には、

「折り畳み式の椅子を持ち込み、入り口前を陣取り座っている強者がおった」
「東上線で折りたたみの椅子でふんぞり返って邪魔なおじさんがいる...」
「電車で、丸椅子あるんだって思ってたら、使っている人の持ち込みだった」
「丸ノ内線、超混雑してる車両の端っこにパイプ椅子配置して涼しい顔で座ってる訓練されたOLがいる」
といった目撃情報が何個も投稿されている。それによれば、アウトドア用からパイプ椅子、丸椅子までさまざまなバリエーションがあるようだ。

JR東もメトロも「規定内なら持ち込み可能」
椅子の持ち込みについて鉄道会社はどのように考えているのだろうか。

JR東日本に話を聞いてみると「規定されている手回り品の範囲であれば、持ち込むことに問題はありません」(広報担当者)とのこと。

同社では「携帯できる荷物で、タテ・ヨコ・高さの合計が250センチ(長さは2メートルまで)以内で、重さが30キロ以内のものを2個まで持ち込むことができる」としている。ただし、危険品や臭気を発するものなどは持ち込み禁止だ。この規定をクリアしていれば、椅子も問題なく持ち込めるということになる。

さらに、車内で椅子に座ることについて聞いてみると、「ホーム上を含め、危険が認められる場合は駅員や車掌からお声がけさせてもらいます」とした。

東京メトロも、持ち込みに関しては「規定内であれば、持ち込みは可能です」(広報担当者)と説明した。その上で車内での使用については、「椅子の使用についての取り決めはありませんが、他のお客様のご迷惑にならないようにしていただきたいです」と話した。

記者が見かけた老人は周囲に迷惑をかけている事はなかったが、目撃ツイートを見る限りは、混雑時に使用しているような例もあるようだ。また、カーブに差し掛かった場合や電車が急停止した場合などは、座っている本人が危ない目に遭う可能性もある。

 

以上引用

 

びっくり・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新幹線にて家族連れが「席替わってください」→どの席と?と聞くと…マジかよ

BUZZmag_K





新幹線のなかで、非常に不可解な出来事に遭遇したという 椹野道流 ( @MichiruF)さん。その一連のツイートが話題になっています。 「席を替わってもらえませんか?」とお願いされたものの・・・



{9A78AA24-2AFD-47C7-A7AC-76F13E304180}


{77F8C142-3D4A-4277-805A-D3C1A96949F6}




指定席を取ってもいないのに「席を替わってほしい」とは、なんとも奇妙な話ですね。しかしTwitterでは、最近そのような人が増えてきているといいます。 今回は丁寧な言葉使いだったということですが、断ったことで暴言を浴びせかけられた人もいたのだとか…。いずれにせよ、このようなことに遭遇した際には、毅然とした態度で立ち向かいたいですね。
Twitterの反応


以上引用

信じられない出来事。
マジ、不可解…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。