堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705

南極、地球温暖化で「緑化」が進行中 英研究

南極のマクマード基地近くで観測されたペンギン(2016年11月11日撮影、資料写真)。
【AFP=時事】南極大陸では地球温暖化の影響で、現代でこれまでにないほど植物が生育しているとの研究論文が18日、発表された。温暖化によって氷の融解が進み、南極の景色が白から緑に変わっているという。

 米科学誌カレント・バイオロジーに掲載された論文によると、南極の約640キロに及ぶ地域でコケを調査している英エクセター大学などの科学者チームは、コケの群生地が過去50年間で急増していることを発見したという。

 植物は、南極大陸全体の約0.3%にしか存在していない。

 論文の共同執筆者で、エクセター大のマット・エイムズベリー氏は「南極半島での過去約50年にわたる気温上昇は、この地域に生育するコケ群に劇的な影響を及ぼしている」と話す。

 南極半島で採取されたコケのコア(地中から採取した柱状の土壌サンプル)5個には、科学者らが「変化点」と呼ぶ、生物活動が明らかに増加した時期の痕跡が残されていた。

 論文によると、サンプルを採取した地域には、南極半島沖にあるエレファント島、アードリー島、グリーン島の3島が含まれていたが、ここでは最も深くて古いコケの群生が確認されたという。

 エイムズベリー氏は「今回の調査により、こうした変化が起きている規模をはるかに明確に把握できる」と説明する。

「これまでは、地球温暖化へのこのような反応は南極半島のはるか南方の1か所でのみ確認されていたにすぎなかったが、今回の研究で、コケ群が最近の気候変動に半島全体で反応していることが分かった」

 北極では地球の中で最も速いペースで温暖化が進んでいるが、南極もそれに引けを取っておらず、1950年代以降、10年ごとに気温が約0.5度上昇している。

 研究チームの一人、エクセター大のダン・チャーマン教授は「コケの生育にみられる過去の気温上昇への感受性は、未来の温暖化の下で生態系が急速に変化し、それによってこの象徴的な地域の動植物相と地勢に大きな変化がもたらされることを示唆している」と指摘する。

「つまり、北極圏の揺るぎない観測データに匹敵する緑化が南極で確認される可能性があるということだ」【翻訳編集】AFPBB News
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い
若松 真平

エゾヒグマ「とんこ」と飼育員の大西敏文さん=2015年5月
出典:朝日新聞
【ネットの話題、ファクトチェック】

 「人間に母親を殺されたとんこが来園者の人気を集めているのは皮肉なことでもあります。とんこが動物園で暮らしている意味とは、なんでしょう?」――。旭山動物園(北海道旭川市)の「もうじゅう館」に貼り出されている、エゾヒグマ「とんこ」に関する手書き看板がネット上で話題になっています。どんな思いでこの文章を書いたのでしょうか? 担当飼育員に話を聞きました。



とんこが飼育されている「もうじゅう館」
出典:旭山動物園提供
「とんこ」とは?


 今年7月1日で開園50年を迎える旭山動物園。正門から入り、しばらく歩くと右手に「もうじゅう館」が見えてきます。

 アムールトラ、ライオン、ユキヒョウなどが飼育されており、動物と同じ高さから観察したり、上から観察したりできる施設です。

 そこで飼育されているのがエゾヒグマのメス「とんこ」(18歳)です。

 がっしりとした四肢に長い爪、がんじょうなアゴと歯をもつエゾヒグマ。とんこは、柵に登ったり、プールに入って窓の所に体当たりしたり、やんちゃな行動で来園者を驚かせる人気者です。

{87C336EC-7874-4274-8C10-741F9C5D1062}



エゾヒグマの「とんこ」
出典:旭山動物園提供
手書きの看板、内容は


 今月1日、「このパネルを見ただけでも、旭山動物園に来て良かったと思う」という文言とともに、1枚の画像がツイッター投稿されました。

 画像には「とんこはなぜ動物園にいるの?」という問いかけから始まる、手書きの文章が写されていました。



とんこがいる「もうじゅう館」に貼り出されている手書き看板
出典:旭山動物園提供
書いた飼育員に聞きました


 この投稿に対して、「多くの人にみてほしい」「最後の一文がとても重たい」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万を超えています。

 どのような思いで、この文章を書いたのか? もうじゅう館を担当している大西敏文さんに話を聞きました。

 ――いつから貼り出したのですか

 「夏季営業が始まった4月29日からです」

 ――きっかけは

 「以前から、来園された方に口頭で同じような説明はしていました。そのときの反応から『ヒグマに対する印象が変わった』という手応えがあったので、文章にして貼り出したんです」

 ――心がけた点は

 「『母親を殺されたとんこが可哀想だ』といった一方的なとらえ方をされないように心がけました。自然と人の関わり方や、どうやったら共存していけるのかという点について考えてもらうきっかけになれば、という思いを込めています」

 ――話題になったことについては

 「来園した方に読んでいただければという思いで書いたものですが、ネットを通じてこんなに多くの人に広がったことに驚いていますし、とてもありがたいと思っています。とんこは魅力的で可愛らしくもありますが、人にとって危険な生き物でもあります。いろいろな角度から感じてもらえたらと思います」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

波の力をエネルギーに変える次世代のエコ発電


{E250F498-F679-4904-9DF8-772B905B3216}

{9D6CA4F5-F714-4C31-BF81-E846EB54C4C0}

{C1C78281-961D-404E-9781-447219FE542B}

{466C982B-F1F2-4DA8-95DE-1D1C4D8DA6D2}

{B0400115-AE65-4A10-A907-9060A3DCA0D8}

{853CA423-8CB0-4CF3-9944-EEEF37F46B82}

{464FBD20-B6F9-47BF-8EC0-8054E3D50A6E}

{D46BF08F-3870-43FA-A1E3-F9B8EC2294CD}

{C83DE499-8C45-4555-BC4E-AFB1A26D5CB9}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。