堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

釧路市と弟子屈町、外国人のソーシャル・メディア分析でニーズ把握へ
インバウンドBIZ

 北海道の釧路市と弟子屈町(てしかがちょう)はこのほど、「観光客おもてなし能力向上プロジェクト」の一環として、外国人観光客の評判やニーズを把握するため、英語圏、中国語繁体字圏、中国語簡体字圏でのツイートやブログなどを分析する「ソーシャル・メディア分析」を開始した。また、観光情報の入手や発信を支援するスマートフォンアプリの「おもてなしパスポート(仮)」も作成する。

 このプロジェクトをシステム構築などの面から支援するのは日本IBM。ソーシャル・メディア分析は、日本IBMの「IBM Social Media Analytics」を利用して行い、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のデータに加え、ブログ、ニュース、動画共有サイト内のコメントなど、多数のサイトのデータを活用。地域やテーマなどに基づいて情報を抽出し、認知度分析、好意的か批判的かを判断する評判分析、話題の移り変わりを調べる話題分析、影響力のある口コミを調べる影響力分析などを行う。影響力分析は、個性、欲求、価値観といった心理的属性を文章から分析し、発言者に対して効果的にアプローチする。

 「おもてなしパスポート(仮)」は、北海道のような広大な地域を周遊する場合に問題となる、携帯電話の電波が届かないエリアでの利用に向け、端末上に必要な情報をコピーし、位置に応じてタイムリーに情報を提示できるアプリ。今年12月からの利用開始を目指して準備を進める。

 国が「水のカムイ観光圏」と名付けた釧路湿原国立公園や阿寒国立公園といった世界的に希少な自然環境を観光する際の拠点となる釧路市と弟子屈町は、国内外からの観光客誘致を積極的に推進している。釧路市については、外国人観光客を地方へ誘致するモデルケースである「観光立国ショーケース」にも認定されており、外国人観光客のニーズをこれまで以上に的確に把握して観光資源の拡充につなげたい考えだ。

阿寒・摩周湖とともに「水のカムイ観光圏」に認定されている釧路湿原国立公園
(文=REGION)

訪日ビジネスを成功へ導く
最新記事とマッチングサービス
詳しくはこちらのページへ

以上引用
魅力ある北海道。
如何に外国に向けて情報発信するのか?
リスクはあるが、たぶん、リターンも多いかも。
戦略的情報発信。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【群馬】手話通訳者を来月から無料派遣 富岡製糸場で聴覚障害者の見学に
 世界文化遺産・富岡製糸場を見学する聴覚障害者が手話で解説を受けられるように、富岡市は9月1日から、手話通訳者の派遣事業を始める。

 市は「障害を理由に見学を諦めている人を減らし、富岡製糸場の価値をより多くの人に知ってもらいたい」としている。

 手話通訳を希望する場合は解説員1人に対し、県聴覚障害者連盟から手話通訳者1、2人を派遣する。派遣費用は、市などが出資する株式会社「まちづくり富岡」が負担するため無料。ただし、解説員1人に対し、ガイド料金3500円が必要となる。障害者の見学料は無料。

 手話通訳の派遣を希望する場合は1カ月前までに申し込む。問い合わせは、富岡製糸場団体予約センター=電0274(67)0088=へ。 (大沢令)

以上引用
バリアフリー観光が、これからのおもてなしになる。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
北九州市の「本気過ぎるコスプレ」観光課職員、PR活動開始
小倉経済新聞
 北九州市観光課は7月21日、課内の職員の1人を「本気過ぎるコスプレ職員」として任命し、イベントなどでのPR活動を始めた。
{AF96B511-43D1-4A7F-8A54-30B02145F668}


 本気過ぎる職員は同課に配属されて2年目の井上純子さんで、「以前からコスプレが趣味」といい、毎年10月開催される「小倉ハロウィーン」にも3年連続の出場。昨年、念願の「グランプリ」を獲得した。市では、小倉駅北口の「あるあるCity」や「北九州市漫画ミュージアム」など、サブカルチャー拠点が多く存在することや、今年3回目を予定する「北九州ポップカルチャーフェス」開催などを踏まえ、サブカル層の誘客に力を入れている。

 この日、門司港に新しく開設された「門司港バナナ資料室」(門司区西海岸)の開館記念イベントに「バナナ姫ルナ」の衣装で現れた井上さん。「観光課の職員として、各地で(北九州市を)PRしてきたが、どこの地域も着ている法被姿では差別化できない。市職員が自らコスプレすることで新しい発信の仕方をしていきたい」と意気込みを見せる。

 衣装をデザインしたのは、地元でイラストレーターとして活動する「しいたけ」さんで、「頭の髪飾りやスカートの柄、ベルトにはバナナの断面をモチーフにするなど、各所にバナナのイメージを盛り込んだ」という。井上さんは「約3週間かけて、しいたけさんが起こしたデザインそのまま手作りした」という。

 今後、8月名古屋で開催される「世界コスプレサミット」や各地の観光展などでPR活動を続ける予定。

以上引用
似てねぇ〜(−_−;)

//
「観光課の職員として、各地で(北九州市を)PRしてきたが、どこの地域も着ている法被姿では差別化できない。市職員が自らコスプレすることで新しい発信の仕方をしていきたい」と意気込みを見せる。//

まあ、堺市のハナワ課長と、発想の根は同じ?
要は、差別化→目立つ

新しい発信の仕方が、コスプレ?

どこも似たような発想だな…(−_−;)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。