堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
強制わいせつ致傷、被害者匿名の一審破棄 「法令違反」
 女性に路上でわいせつな行為をしたとして、鹿児島市の無職の男(73)が強制わいせつ致傷罪で起訴された事件の控訴審で、福岡高裁宮崎支部(岡田信裁判長)が6月、「起訴状で被害者を特定しておらず、一審の訴訟手続きに法令違反があった」として一審・鹿児島地裁判決を破棄していたことがわかった。
 高裁支部判決によると、男は昨年7月7日午後9時45分ごろ、同市の路上で当時18歳だった女性の下半身を触り、その際にけがを負わせたとして起訴された。
 一審で検察側は、女性の実名を記載すると被告が女性の自宅を突き止める恐れがあり、女性の母親が二次被害を心配しているなどと、起訴状に女性の名前を記載しなかった理由を説明した。鹿児島地裁は昨年12月、男に懲役4年を言い渡した。
 これに対し、岡田裁判長は判決で「実名を記載することで具体的な支障は生じないのに、服装などの情報しか記載せず、検察側は特定性に乏しい方法をあえて選択した」と指摘。「訴因を明示して記載しなければならない」とする刑事訴訟法に反しているとして、「訴因不特定のまま漫然と判決を出しているので、原判決の破棄は免れない」と結論づけた。その上で、検察側が被害者の記載を実名に改めると口頭で説明したことを受け、一審の事実認定を踏まえて改めて男に懲役4年を言い渡した。

以上引用
被害者擁護、プライバシー、、微妙なかじとり

けど、事件を特定しないということ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

<ファウルボール訴訟>20日判決 管理責任か、観客責任か

毎日新聞 5月19日(木)9時0分配信



 ◇札幌高裁 札幌ドームで失明女性 日本ハムなどに賠償提訴

 札幌ドーム(札幌市)でプロ野球の観戦中、ファウルボールが当たって右目を失明した女性が、北海道日本ハムファイターズなどに計約4660万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、札幌高裁(佐藤道明裁判長)で言い渡される。危険な打球を防ぐ責任は誰にあるのか。1審判決は「安全管理に欠陥があった」との原告側主張を全面的に認めており、控訴審の判断は今後のプロ野球観戦の在り方に影響を与えそうだ。【安達恒太郎】

 訴訟では、球場の安全管理に問題はなかったか▽危険な打球を防ぐ責任は観客にもあるのか--などが主な争点となった。高裁は昨年10月に和解勧告したが、今年2月に協議が決裂。原告側は責任の所在を明らかにすることや安全対策の改善を求めたが、球団側と折り合わなかった。

 原告は、球団側が臨場感確保のため内野席フェンス上の防球ネットを2006年に取り外し、ファウルボール直撃事故が年間約100件発生していたとして、安全管理に欠陥があったと主張。球団側は「観客が臨場感を求めている」と、ネットの取り外しは十分な理由があるとした上で、「場内アナウンスや大型ビジョンで注意喚起していた。女性は打球を見ておらず、危険回避行動を取らなかった」と反論していた。

 原告の女性は30代で、10年8月に夫や子供と一塁側内野席で観戦中、ライナー性のファウルボールが直撃して顔面を骨折し、右目の視力を失った。昨年3月の札幌地裁判決は、安全性が不十分として球団側に約4200万円の支払いを命じ、「安全対策と臨場感の確保を同列に論じるのは適切ではない。初めての観戦客や幼児、高齢者も楽しめる対策を取るべきだ」と厳しく指摘、球団側が控訴していた。原告側代理人によると、同様の訴訟で球団側に賠償を命じた判決は初めてだった。

ファウルボール控訴審、日本ハムに賠償命令 札幌高裁

朝日新聞デジタル 5月20日(金)13時35分配信



 札幌ドームでプロ野球の試合を観戦中、ファウルボールが当たって右目を失明した札幌市の30代女性が、主催者の北海道日本ハムファイターズなどに約4700万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、札幌高裁であった。佐藤道明裁判長は、ドームの設備が観客の安全確保に不十分だったと認めた一審・札幌地裁判決を変更し、日本ハムに約3360万円の支払いを命じた。札幌ドームなどへの請求は棄却した。

 判決によると、女性は2010年8月、一塁側内野席の前から10列目で日本ハム―西武戦を家族と観戦中、ファウルボールが右目を直撃し、失明した。

 昨年3月の一審判決は、ドームの管理は内野席の防球ネットを取り外すなど臨場感の確保に偏っていたと指摘。日本ハムや札幌ドームなどに治療費や慰謝料など約4200万円の支払いを命じた。

 控訴審で、日本ハムなどは「『通常の観客』への安全性を確保し、注意喚起をしていた」と主張。一方、女性は「初めて観戦する人にも留意した安全対策をとるべきだった」と訴えた。今年2月に和解協議がもたれたが、安全対策の改善や責任の所在などをめぐり双方の主張が折り合わなかった。(森本未紀)

ファウルボールで失明、高裁は球団のみ賠償命令

読売新聞 5月20日(金)16時1分配信



 札幌ドームでプロ野球日本ハムの試合を観戦中、ファウルボールが顔を直撃して右目を失明したとして、30歳代の女性が球団とドーム、札幌市の3者に計約4650万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、札幌高裁(佐藤道明裁判長)は20日、3者に計約4190万円の支払いを命じた1審・札幌地裁判決を変更し、球団にのみ約3350万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 ドームと市への賠償は棄却した。

 佐藤裁判長は判決で「ドームの安全対策を総合すると、設備が安全性を欠いていたとは言えない」と認定。一方、女性は、球団がファン拡大のため招待した小学生の保護者で、ファウルボールの危険性の認識は低かったとして、「球団はより一層配慮した安全対策を講じるべきだったが、十分ではなかった」と判断した。

 原告女性は2010年8月、一塁側内野席で家族と試合を観戦中、試合から目を離した際に打球が顔面を直撃。1審・札幌地裁は15年3月、「野球のルールを知らない観客にも配慮した安全対策を行うべきで、場内アナウンスなど打球への注意喚起を踏まえても対策は不十分」と判断した。

<ファウルボール訴訟>日本ハムの賠償減額 札幌高裁

毎日新聞 5月20日(金)14時18分配信



 札幌ドームでプロ野球観戦中、ファウルボールの直撃で右目を失明した30代女性が、北海道日本ハムファイターズなどに計約4660万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、札幌高裁(佐藤道明裁判長)は20日、1審判決から減額し、球団に約3357万円の支払いを命じた。球場運営会社と、施設を所有する札幌市への請求は棄却した。

【原告が座っていた場所からグランドを見る】

 佐藤裁判長は「球場設備が通常備えるべき安全性を欠いていたとは言えない」とする一方、日ハムについては「女性は球団に招待された子供の保護者として観戦していた。危険性を認識していないのは十分予見できたはずで、具体的に注意を促すべきだった」と安全配慮が不十分だったと認定した。ただ、女性も打球の行方を見ていないなどの過失があったとした。【安達恒太郎】

ファウルボール控訴審、日本ハムに賠償命令 札幌高裁

朝日新聞デジタル 5月20日(金)13時35分配信



 札幌ドームでプロ野球の試合を観戦中、ファウルボールが当たって右目を失明した札幌市の30代女性が、主催者の北海道日本ハムファイターズなどに約4700万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、札幌高裁であった。佐藤道明裁判長は、ドームの設備が観客の安全確保に不十分だったと認めた一審・札幌地裁判決を変更し、日本ハムに約3360万円の支払いを命じた。札幌ドームなどへの請求は棄却した。

 判決によると、女性は2010年8月、一塁側内野席の前から10列目で日本ハム―西武戦を家族と観戦中、ファウルボールが右目を直撃し、失明した。

 昨年3月の一審判決は、ドームの管理は内野席の防球ネットを取り外すなど臨場感の確保に偏っていたと指摘。日本ハムや札幌ドームなどに治療費や慰謝料など約4200万円の支払いを命じた。

 控訴審で、日本ハムなどは「『通常の観客』への安全性を確保し、注意喚起をしていた」と主張。一方、女性は「初めて観戦する人にも留意した安全対策をとるべきだった」と訴えた。今年2月に和解協議がもたれたが、安全対策の改善や責任の所在などをめぐり双方の主張が折り合わなかった。(森本未紀)

<ファウル球失明>2審も球団に賠償命令 札幌高裁

毎日新聞 5月20日(金)20時54分配信



 札幌ドームでプロ野球の観戦中、ファウルボールの直撃で右目を失明した女性が、北海道日本ハムファイターズなどに計約4660万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、札幌高裁は20日、1審札幌地裁判決を変更し、賠償額を約3357万円に減額する判決を言い渡した。賠償を命じたのは球団側のみで、球場を運営する札幌ドームと所有する札幌市への請求は棄却した。

 佐藤道明裁判長は「札幌ドームの設備が安全性を欠いていたとは言えない」と指摘。「打球の行方を見ていなかった」として、女性にも2割の過失があったと認定したが「野球の知識がほとんどない女性への球団の安全配慮は十分でなかった」として、球団側の安全配慮義務違反を認めた。

 訴訟では▽日ハムの試合では臨場感を出すため防球ネットを外しており、球場の安全管理に問題はなかったか▽危険な打球を防ぐ責任は観客にもあるのか--などが主な争点だった。

 佐藤裁判長は判決で、防球ネットは取り外されていたが「内野フェンスの高さは他球場と比較して特に低かったわけではない」と指摘。注意喚起の放送や警笛などスタッフらの安全対策を考慮すると「通常の観客を前提とすれば、安全性を欠いたとは言えない」とした。

 一方、観客もボールをよく見て自ら危険を回避する必要があると言及したが「注意力には限度があり、全ての観客ができたわけではない」とした。

 その上で▽女性は、日ハムが招待した小学生の保護者で、ファウルボールへの危険性をほとんど理解していなかった▽女性の席は相対的に危険度が高い席だった--ことなどから「安全配慮の義務を球団が負っていたが、十分ではなかった」と判断した。

 原告の女性は30代で、2010年8月に夫や子どもと一塁側内野席で観戦中、ライナー性のファウルボールが直撃して顔面を骨折し、失明した。昨年3月の1審判決は、球場の安全性が不十分として、球団と札幌ドーム、札幌市に計約4200万円の支払いを命じ、3者とも控訴していた。【安達恒太郎】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「無事故で賞金」廃止は違法 運送会社に支払い命令判決
 長期間にわたって無事故で運転した場合に支払われてきた賞金が一方的に廃止されたのは労働契約法に違反するとして、トラック運転手2人が勤務先の運送会社「川崎陸送」(東京都)に支払いを求めた訴訟で、東京地裁(知野明裁判官)は26日、「労働条件の不利益変更にあたる」として、計85万円の支払いを同社に命じる判決を言い渡した。

 判決によると、同社は「25年無事故なら最大50万円」などと、無事故の年数に応じて運転手に賞金を支払う制度を設けていたが、2013年7月の取締役会でこの制度を廃止した。判決は「表彰制度は計算方法や副賞の金額など詳細な規定があり、賃金やそれに準じる労働条件にあたる」と指摘。「労働者と合意なく不利益に労働条件を変更できない」とする労働契約法が適用されると判断した。(塩入彩)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。