堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
RSウイルス、特別養護老人ホームで集団発生 宮崎
 宮崎市の二つの特別養護老人ホームで、入所者計81人が発熱やせきなどの症状を訴えた。市などが両施設の患者計10人の鼻の粘膜を調べたところ、せきや鼻水、発熱など軽い風邪のような症状が出る「RSウイルス」が4人から検出された。市が25日、発表した。

 市によると、一つの施設では7日に70代の男女3人が肺炎で市内の病院に入院したが退院。もう一つでは、70~90代の男女6人が肺炎で入院している。RSウイルスはウイルスのついた手などから感染し、2~8日の潜伏期間がある。乳幼児や高齢者は細気管支炎や肺炎などに重症化しやすいという。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どんな抗生物質も効かないスーパー耐性菌、米で2人目の感染者

仏南西部リブルヌの研究室で、顕微鏡をのぞく研究者(2014年7月24日撮影、資料写真)。
【AFP】「最後の切り札」となるはずの抗生物質に対し、高い耐性を持つスーパー耐性菌への2人目の感染者が米国内で確認された。研究者らが27日、発表した。
 専門誌「抗菌薬と化学療法」に掲載された論文によると、抗生物質への耐性を引き起こす特異な遺伝子「MCR-1」が、米ニューヨークの患者の大腸菌株から発見されたという。
 米ジョージ・ワシントン大学のランス・プライス教授は「われわれは抗生物質による治療が効かない腸内細菌の出現を目にしようとしている」と述べた。
 MCR-1遺伝子を含む大腸菌感染が米国内で初めて確認されたのは今年5月で、尿路感染症で入院したペンシルベニア州の女性患者だったが、現在回復中だという。
 MCR-1遺伝子は、こうした感染症治療における最終選択薬とされている抗生物質「コリスチン」に対する耐性を細菌に獲得させるため、特に恐れられている。
 米疾病対策センターは先月、国内でスーパー耐性菌に迅速に対応するための医療機関ネットワークを構築する計画を発表した。同ネットワークは今秋、始動する見込み。【翻訳編集】AFPBB News

以上引用

ヤバイ(; ̄O ̄)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
薬が効かない?「結核」が猛威 インド、中国、ロシアで感染拡大…日本にも
 既存の抗結核薬を駆使してもなかなか治療が難しい「多剤耐性結核」が世界で拡大している。インド、中国、ロシアを中心に患者数が増加しており、WHO(世界保健機関)は2014年の感染者数を推定48万人と公表。耐性菌出現の背景には、投薬の中断など不適切な結核治療があるとみられるが、満足な治療を受けられない“感染予備軍”の存在も深刻だ。日本でも毎年2万人程度の結核患者が発生しており、感染拡大の脅威は対岸の火事ではない。
 多剤耐性結核とは、結核治療に用いられる抗生剤で最も強い効果を持つ「イソニアジド」と「リファンピシン」の両方に耐性を持つ結核と定義される。
 治療にはフルオロキノロンなど5種類以上の薬が用いられるが、化学療法による「治癒」は非常に困難になるとされ、患部切除などの外科的治療を含めても治癒率は50%程度になるとの報告もある。
 有効な薬剤数の不足から、新たな耐性が誘導されるなどのリスクが伴うとも言われる。
 日本の患者数は近年50人程度で推移しているが、世界の感染者は48万人(14年推定)に上り、死者数は年間19万人(推定)に達している。インド、中国、ロシアで患者数が増加しているのも特徴だ。
 感染拡大の背景について国立国際医療研究センター呼吸器内科の高崎仁医師は「薬の中断など不適切な結核治療が行われることで、体内で生き残った菌が遺伝子変異を起こし、耐性化するケースが増えている」と語る。
 近年はフルオロキノロンなども効かない「超多剤耐性結核菌」の存在も問題となりつつあるという。
 では、多剤耐性結核への感染を防ぐためにはどうすればいいのか。
 1つは結核の早期発見・早期治療だ。
 「結核は、発症患者のせきやくしゃみに含まれる結核菌が空気中に飛び散り、それを他の人が吸い込むことにより感染する。ただ、初期症状は軽いことが多いため、結核とは気がつかず、症状を悪化させてしまうケースも少なくない。(せきや微熱が2週間以上続いた場合は医療機関を受診するなど)早い段階で耐性菌増殖の芽を摘むことを徹底してもらいたい」と高崎氏。
 2つ目は治療の完遂で「耐性菌を生み出さないためには、専門医の指示の下、処方された薬は中断せず、飲み続けることが重要」(高崎氏)になるという。
 ただ、世界の結核罹患者は約960万人(14年推定)に上るが、年間新規患者の37%に当たる約360万人は治療を受けられずにいるとみられる。医療費の高額化などを嫌い、自己判断で治療を中断するケースも各国で相次いでおり、「正しい知識をいかに普及、浸透させていけるかは、世界的な課題といえるだろう」とも高崎氏は語っている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。