堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
利晶の杜、なんか新しいものが、百舌鳥古墳のアピール。
{99A9C10A-8EE1-46FB-8026-5EF81B4F47D8}



{06A36FCB-6B98-4CD3-A4F5-2E454DF8542E}





{C43FD18C-4492-404C-AF70-13425424A9DB}

{03989E14-F672-4E71-AAE3-9E7A0C8F711C}

{FE380767-0FB4-4B50-916D-3849604847B0}

{45AFF4A8-AF81-4224-B766-6109FB81B7B9}

{6E83A299-E60F-4FF3-82CB-A7A541206D3B}

まあ、色々と…

苦労しているね…(−_−;)






ちなみに覗いている人は見なかったが、

覗いている本人はわからないだろうが、はたから見ていると滑稽だろうな、

{3978CC8F-7AD6-402E-8E67-3FCD6B22B3B7}

苦笑

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「きょうは私が先生」 学童保育で児童の体験会。3年後導入のアクティブ・ラーニングを視野に

2017年03月17日 16時00分
株式会社CLC(大阪府堺市北区長曽根町3077-1、砂田千秋代表)は3月19日(日)と26日(日)、運営する民間学童保育「キッズプラネット」で、児童の一日先生体験を行います。

株式会社CLC(大阪府堺市北区長曽根町3077-1、砂田千秋代表)は3月19日(日)と26日(日)、運営する民間学童保育「キッズプラネット」で、児童の一日先生体験を行います。
キッズプラネットは、2016年12月に開校した、大阪府堺市中百舌鳥駅の住宅街にある民間学童保育で、オーストラリア出身者が指導する英語教育などに力を入れてきました。
新年度は、絵本の読み聞かせを児童自身が行う「児童の一日先生」を月1回、取り入れます。19日の体験会はその形を初めて示す場になります。
体験会で「一日先生」を務めるのは4月から2年生になる児童のA子さん。入学を控えた新1年生を前に、絵本「わがままろぼっと」(和歌山静子作)を読み聞かせ、感じたことを子どもたち同士で話し合う流れです。A子さんは普段から絵本を読むのがとても上手で、今回の「一日先生」も喜んで引き受けてくれました。
新年度に選んだ12冊は低学年でも読みやすく、集中できる絵本ばかり。新1年生は生活が一変し、出来ることが増えていく時。1学年上の子の発表が自立心を育むきっかけになると期待しています。
2020年度から学習指導要綱の改定で、小学校に「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」が導入されます。キッズプラネットの「一日先生」はアクティブ・ラーニングを視野に入れたもので、子どもたちの発言力や共感力を高める狙いです。

【キッズプラネット無料体験】
日程:3月19日(日)、3月26日(日)
時間:11時~12時
プログラム:
ネイティブ講師によるバイリンガル教育体験(11時~11時30分)
子どもたちの大好きな絵本で読み聞かせタイム(11時30分~11時40分)
レゴブロック、ボードゲームで遊びながらヒラメキ力UP体験(11時40分~12時)

キッズプラネットのホームページ
http://kidsplanet.co.jp/

<お問い合わせ>
社名:株式会社CLC
代表:砂田 千秋
住所:大阪府堺市北区長曽根町3077-1 なかもずクリエイティブセンター103
電話:072-256-0987
HP:http://clcjapan.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おぼろ昆布の技を知る

2017年03月20日

{5C494F26-A051-4480-BE74-32CBE4EAA73E}


おぼろ昆布作りに挑む参加者(堺市堺区で)
おぼろ昆布作りに挑む参加者(堺市堺区で)

 ◇堺の伝統産業、家族連れら体験

 堺市の伝統産業を体験するイベントが19日、同市堺区の堺地方合同庁舎前広場などで開かれ、家族連れらがもの作りを通して、地場産業の歴史を学んだ。

 地元で地域おこしに取り組むグループ「つくるさ会」が主催。会場では線香や包丁などの組合や製造会社がブースを構えた。参加者は粘土状のお香の原料を動物や人気キャラクターの型でくりぬいたり、砥石といしの粉で包丁に刃紋をつけたりした。

 おぼろ昆布作りのブースでは、堺昆布加工業協同組合のメンバーが、北前船で堺に昆布が運び込まれ、優れた包丁の製造技術によっておぼろ昆布の製造が盛んになったいきさつを説明。その後、参加者は特殊な包丁で昆布の表面を薄く削る作業に挑んだ。

 大阪市中央区から訪れた谷口愛美さん(27)は「昆布を帯状に切るのは難しかった。流れるような職人さんの動作を見て、改めてその技のすごさがわかった」と話していた。

2017年03月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。