堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
昆虫食のはじめの一歩。コオロギでできた「栄養価抜群のおやつ」
池田明季哉
コロコロと可愛らしく、シュガーフリー・グルテンフリー。天然素材を使っていて、おいしくて健康にもいいこのお菓子。

でもじつは、ある秘密があるんです。それは、小麦粉の代わりに「コオロギ」の粉末でできているということ。

タンパク質は牛肉の2倍
高栄養食品「コオロギ」

昆虫食の文化は世界中にありますが、中でもコオロギは一般的なもののひとつです。じつはとっても栄養価が高く、同重量の牛肉に比べてタンパク質は2倍、カルシウムやアミノ酸は牛乳以上とも言われています。また鉄分やオメガ3脂肪酸も豊富。

さらに、コオロギの飼育にもポイントがあります。1kgのタンパク質を作るために、牛肉の場合は10kgの餌が必要になりますが、コオロギならたったの1.5kg。さらに、牛を育てるためには22tもの水が必要ですが、コオロギの場合はほとんど必要ないそうです。


でも、実際は
抵抗があるのも事実…
さらにナッツのような香ばしい香りで味も良いということで、本来はもっと普及すべきなのかもしれませんが、食べ慣れない人にとっては、さすがに虫はちょっと…というのも頷ける話です。

そこで作られたのが、アメリカ発の「Seek Food」。パッケージにコオロギの姿はなく、見た目の抵抗感はなくなりました。それでも「コオロギ」と聞いてしまったら躊躇してしまう人が大半かも。ただ、食料問題の救世主になりうる存在でもあるのです。

チョコレートやハチミツなど
7種類ものフレーバー

お値段は1ビン120g入りで9ドル(約1,000円)。約6ヶ月の保存が可能で、ココナッツ味やチョコレート味、ハチミツ味にバナナ味と、フレーバーが豊富なのも特徴的。

お昼時のエナジースナックとして、または罪悪感のないデザートとして愛用する人も増えてきているのだそう。

現在、世界中では2,000種以上の昆虫が食べられるとも推定されています。かつてのネイティブ・アメリカンがそうしていたように、また未来の食糧源として、これを機に「昆虫食」についてもっと身近に考えてみるべきなのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Seek Food


以上引用
虫を食う時代になるんだろうか?



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国から密輸の「プラスチック米」102袋押収、ナイジェリア

ナイジェリアとの国境付近にあるチャド・バガソラの難民キャンプで米を炊くナイジェリアの難民(2015年1月26日撮影)。
【AFP】クリスマスから新年にかけての大型連休を前に主食のコメの価格が急騰しているナイジェリアの当局は21日、中国から密輸されたプラスチック製の偽米、計102袋を押収し、容疑者1人を逮捕したと発表した。問題の「プラスチック米」を食べるのは人体に有害だと警鐘を鳴らしている。

 匿名でAFPの取材に応じた同国最大都市ラゴスの税関幹部によると、この「プラスチック米」は19日にラゴス州イケジャで押収された。中国から海路でラゴスに密輸されたとみられるという。

 プラスチック米が50キロ入った袋には「ベスト・トマト・ライス」との商品名が記載されていたが、製造年月日は明記されていなかった。

 イケジャ地区の税関責任者モハメド・ハルナ氏は、押収したプラスチック米を分析した結果について「炊くと、のり状になった。人が食べたらどうなるのかは、神のみぞ知ることだ」と話したという。

 ナイジェリアは主食であるコメの生産増をかかげ、外国産米の輸入を禁じている。しかし、国内では急速に進むインフレの影響でコメ価格が急騰。コメ50キロの店頭価格は約2万ナイラ(約7500円)と、1年前の2倍以上に跳ね上がった。11月のインフレ率は、高騰する食料価格に押し上げられて18.5%に達し、13か月連続で上昇している。【翻訳編集】AFPBB News


偽物の輸入米2.5トン押収、健康被害を懸念 ナイジェリア
ラゴス(CNN) ナイジェリアでこのほど、偽物の米2.5キロが押収された。密輸されたうちの半分以上は出回っている恐れがあり、健康被害が懸念されている。

ナイジェリアの税関当局は20日、市民からの通報を受けて偽物の米102袋を押収したと発表した。当局者は22日の記者会見で「プラスチックの米」を分析した初期結果を発表し、人体への影響に懸念を示した。どこから密輸されたのかは不明だという。

一方、保健当局は23日の声明で「プラスチックや有害物質が原料だという証拠は見つかっていない」と強調し、消費者に平静を呼び掛けた。

先月小さな商店で安売りの米2キロを買ったという女性は、「30分炊いても柔らかくならないので水を加えてみたが、化学物質のにおいがしてきたので捨てることにした」と話した。

別の女性は贈り物としてもらった米を炊いて異常に気付き、夫が当局に通報したという。

税関当局の報道担当者によると、25キロ入りの米221袋が流入し、押収されなかった119袋はすでに出回っているとみられる。同当局者は「プラスチックというより小麦粉をゴムの膜で覆ったような感じ」と話した。

米はナイジェリアの食卓に欠かせない穀物で、クリスマス・シーズンには特に需要が増える。近年は生産が追い付かず輸入に頼っているが、通貨安の影響で1年前の2倍以上に値上がりした。偽物の米は半値に近い価格で手に入るため、買ってしまう消費者が多いという。

同国オグン州にあるバブコック大学のビクトリア・フェイケミ博士は、偽物の米には合成樹脂が入っていると指摘。「3杯でビニール袋を1枚食べたことになる」と警告している。

以上引用

なんで、そんなものが…


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
姫路に芦屋、西宮でも…ノロウイルスが兵庫で猛威 感染性胃腸炎の患者数、過去5年で最大

 兵庫県は15日、ノロウイルスなどを原因とする感染性胃腸炎の平成28年49週(5~11日)の県内患者報告者数(1医療機関あたり)が23・51人と、過去5年で最大になったと発表した。1医療機関あたり20人を超える警報レベルは48週に続いて2週連続。保健所別では姫路市や西宮市、洲本、豊岡、神戸市と県内全域に広がり、学校などでの集団感染の報告も相次いでおり、県は手洗いの徹底など注意を呼びかけている。

 県によると、11月に入って患者が増え始めた。49週の患者報告者数は48週の20・12人から増加。平成24年11月以来4年ぶりの「警報レベル」が続いている。

 警報レベルに達しているのは県内17保健所のうち11保健所で、姫路市が37・46人でトップ。芦屋28・50人▽加東28・38人▽西宮市27・44人▽洲本26・60人▽中播磨26・00人▽伊丹25・63人▽宝塚23・17人▽豊岡22・80人▽龍野22・00人▽神戸市21・94人-の順となっている。

 集団感染の報告は8件あり、内訳は保育所など4件、学校1件、高齢者施設など3件。

 ノロウイルスをはじめとする感染性胃腸炎は冬場に発生しやすいという。感染経路は食べ物などからで、感染すると、2~3日間ほど嘔吐や下痢などの症状が続く傾向がある。特にノロウイルスは感染力が非常に強く、1人でも感染していると、学校や福祉施設で一気に広がる可能性がある。

 県は「手洗いの徹底や貝類などは十分加熱して食べるなど注意してほしい」と呼びかけている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。