堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

東日本大震災「がれき処理」交付金150億円 使用の7割100億円超“がれき以外”

産経新聞 5月9日(月)14時50分配信



 ■環境省の通知あいまい

 東日本大震災で発生したがれきの「広域処理」を進めるため、復興予算から自治体などに支出された環境省の交付金計約150億円のうち、実際にがれき処理 に充てられたのは約3割にとどまり、100億円超が別事業に使われていたことが9日、会計検査院や環境省への取材で分かった予算枠を使い切りたい同省 と、財源がほしい自治体側の思惑が一致し、“目的外使用”が相次いだとの指摘がある。本来の被災地支援にどこまで役に立ったのか、巨額交付金の是非が裁判 でも争われている。(西岡瑞穂)

 ◆返還求め住民訴訟

 「被災者の生活支援は不十分。堺市に出された交付金を被災地に回すべきだ」

 堺市の自営業、本多真紀子さん(57)は4月、記者会見でそう憤った。

 環境省が自治体のごみ処理施設整備を後押しする「循環型社会形成推進交付金」。堺市は平成25年3月、この交付金の「復旧・復興枠」から約40億円の支出を受けた。

 市はこの交付金と震災復興特別交付税を、ごみ処理施設の新設と既存施設の改修に充てた。だが、震災がれきの広域処理は一度も行っていない。同市の竹山修 身市長は、かつて市議会で、処理を引き受けずに交付金などを受け取ることの是非を問われ、「財源確保は首長の責務。ありがたくいただきたい」と答弁し、批 判を浴びた。

 本多さんは、市を相手取り交付金などの国庫返納を求める住民訴訟の原告となったが、先月の大阪地裁判決では、「交付決定は適法で返還義務はない」として請求を退けられた。本多さんらは判決を不服として控訴している。

 ◆受け入れは5団体

 同交付金の復興枠は震災後の23年度に新たに設けられた。会計検査院や環境省によると、被災地外でのがれきの広域処理を推進するという名目で23~25年度、この枠から計約150億円が15自治体・団体に支出された。

 大阪市などのように交付金を受けずに処理を引き受けた自治体もあるが、交付団体のうち、実際にがれきを受け入れたのは秋田、静岡両市など5自治体・団体(交付金額は計約42億円)にとどまった。

 会計検査院も「広域処理の推進に十分な効果を発揮したのか確認できない」と疑問を呈している。

 ◆政府も不備認める

 なぜ、こうした事態が生じたのか。その大きな要因とされるのが24年3月に環境省が出した通知だ。そこでは実際にがれきを処理しなくても、自治体が受け入れ条件を「検討」しさえすれば、「返還の必要はない」という曖昧な基準が示された。

 放射能汚染への懸念から広域処理が進まない中、堺市への交付金についても、環境省側の判断で復興枠での支出が決まったという。

 「環境省に金が集まりすぎたのでどうにかしなきゃと、『振り込む詐欺』という事態になったのでは」

 25年6月、同交付金について野党議員から参議院環境委員会でこう追及された当時の石原伸晃環境相は、「今後は(がれきの)量がどれだけで、どれだけの 自治体が引き受けるのかを見積もってやるよう指示をしており、このようなことはないと思う」と事実上不備を認める答弁をしている。

 交付金をめぐる同様の訴訟は、富山県の「高岡地区広域圏事務組合」への支出をめぐっても起こされている。

 堺市の訴訟では「震災がれきの処理が進まない中、環境省の通知には合理性があった」と地裁に判断されたが、控訴審では同省の通知の是非が争点の一つになりそうだ

 震災がれきはその後、当初予測よりも処理の必要量が大幅に減り、被災地以外を対象にした交付金の復興枠は25年度をもって終了している。


以上引用


結果論としては、///予算枠を使い切りたい同省 と、財源がほしい自治体側の思惑が一致し、“目的外使用////


経緯については、拒否すれば、0査定となる オールorナッシングの状況ではあるが、市民感情としては、到底納得できない状況にもあるのは事実である。


さて、どんな判断になるのか・・・

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コンビニでは性表現が氾濫」? “目隠し”成人向け雑誌めぐり議論沸騰…堺市vs雑誌協会の行方は


 コンビニエンスストアに並ぶ成人向け雑誌を子供が目にする機会を減らすため、堺市とファミリーマートが始めたビニールカバーで表紙の写真などを隠 す取り組みをめぐり、論争が起きている。「いい取り組み」と評価する声がある一方、「強制的に見せなくするのはどうか」「やり過ぎだ」などの声も聞かれ る。法律の専門家は「行政の判断で行うことは、『表現の自由』侵害につながる」と懸念日本雑誌協会と日本書籍出版協会は「過剰な規制」などとして、中止 を求めて声明を発表した。「子供の健全育成」と「表現の自由」の間で不協和音が響いている。(張英壽)

市の予算で完全に見えなくなったが…

  3月16日、市とファミリーマートは市役所で協定締結式を開催し、竹山修身市長とファミリーマートの岩切公愛(きみちか)上席執行役員が出席した。竹山市 長は「子供が安心して買い物できる」などと歓迎。岩切上席執行役員は「女性のお客さまが増え、子供連れのお母さんもいる。そういう点を考慮し、第一歩を進 めることになった」としたが、「賛否両論はあろうと思う」とも述べていた。

 今回の試みは、主要コンビニ各社が加入する「日本フランチャイズチェーン協会」(東京)も「聞いたことがない」と言い、全国的にも珍しい。きっかけは、平成26年度に6回にわたり行われた市と有識者との研究会のリポートで、「コンビニでは、野放図に性表現が氾濫し、子供も容易に目にす ることができる」と指摘されたことだ。竹山市長の肝いりで進められ、地域の安全・安心などで市と相互連携する包括連携協定を26年12月に締結していた ファミリーマートと協議。昨年12月には大筋で合意していたという。コンビニを対象にしたのは、さまざまな年齢層、男女の不特定多数が訪れるからだとい う。

 締結式の日、まず直営の「なかもず駅北口店」(堺市北区)で取り組みを開始。翌17日に10店舗に拡大した。

 協定に よると、対象は、大阪府青少年健全育成条例で有害図書類に指定され、区分陳列された雑誌。高さ12センチの濃い緑色のカバーで雑誌中央を腹巻きのように覆 い、上部のタイトルや下部のバーコード部分以外を隠す。後ろの粘着部分で止めている。カバーの購入代金は市の予算でまかなっている。

 コン ビニに置かれている性的な描写がある雑誌は、業界で「成人向け雑誌」と呼ばれ、大阪府内では一般の雑誌とは別のコーナーに置かれている。出版社側が、雑誌 の上下2カ所をシールで止め、本を開くことができないようにしているが、今回の取り組みは、さらに一歩進めたことになる。

 カバーは当初、半透明の色が検討されていたが、完成したのは濃い緑色で、覆うと、写真や文字などは完全に見えなくなった。ある日、「なかもず駅北口店」に入ると、雑誌売り場端っこの「成人向け雑誌」と記されたコーナーに、このビニールカバーで覆われた雑誌が並んでい た。15種類ある。だれかが触ったのか、カバーが上方にずれ、タイトルのほうまで隠されている雑誌もあった。また小さな雑誌は、本の大部分が覆われてい た。

 同店は直営店だが、同じ取り組みを始めた残る市内10店舗はフランチャイズ店で、ファミリーマートは店舗名を公開していない。

「見たい人はカバー外す」の声も

 人通りが多い南海難波駅前(大阪市中央区)で今回の取り組みについて聞いてみると、賛否が分かれた。

  「いい取り組み」というのは、大阪府河内長野市の主婦(49)。「私の子供が小さかったときは、成人向け雑誌のコーナーには連れて行かないようにしてい た」と思い出す。8歳男児と6歳女児を連れ、福岡県柳川市から旅行に来たという別の主婦(36)も評価し、成人向け雑誌のコーナーについて同様に「子供に は見させないようにしている」と話した。女性からはほかにも好意的な声があった。

 一方、同じ女性でも、大阪市港区の医療事務の女性 (38)は「強制的に見せなくするというのはどうか」と疑問を投げかける。「そこに成人向け雑誌があるということは事実。もし子供にその雑誌について聞か れた場合、『あなたにはまだ早い』と説明すべきだ。ダブーのようにして隠すのはよくない

 また大阪市此花区に住む会社員の40代男性は「やり過ぎだ。行政の領域を超えている」と話す。大阪府富田林市の会社員の男性(50)は「見たい人がカバーをはがすのではないか。(現在、成人向け雑誌を開けられなくしている)2カ所止めを外して見る人もいる」と指摘した。

 インターネット上でも、同様に賛否両論が起きている。「全国に広めてほしい」「インターネットがこんな状況(性的な画像があふれていることを指すとみられる)で隠して意味があるのか」などの意見があった。


「条例趣旨を逸脱」と専門家

 そんな中、ネットの「ヤフーニュース」の個人コーナーで、問題点を指摘するのは、大阪弁護士会所属の弁護士で、有害図書規制に詳しい園田寿・甲南大法科大学院教授だ。

  堺市の取り組みで対象となる雑誌は大阪府条例で、ビニール包装やひもがけなど、「閲覧できない状態」にし、区分陳列することが義務づけられている。出版業 界は雑誌2カ所をシール止めして本を開けられないようにしており、府はこれで「閲覧できない状態にあたる」としている。

 園田教授は、取材 に「条例で、表紙まで隠すことは求められていない以上、条例の趣旨を逸脱している」と断言。「同じことを、コンビニ側の自主的な判断で実施するのなら、問 題はないが、行政側の判断で行うと、公権力の濫用になり、『表現の自由』の侵害につながる」と指摘する。さらに園田教授は「子供や女性が利用するコンビニに成人向け雑誌があふれていること自体は問題だろうが、行政側の判断でやっていいというわけではな い。今回は協定という形だが、ビニールカバーは市の費用から出ており、公的規制になっている」という。そのうえで「市が成人向け雑誌を規制したいのならば 市民が納得できるよう、新たに条例案を議会提出して制定すべきだ。きちんとした手続きをとる必要があるのではないか」と提言する。


条例指定の雑誌以外も?

 一方、堺市が、カバーで覆う対象としている有害図書類。府条例で定めているが、実はどの雑誌が該当するのかはっきりしないという問題がある。

  有害図書類は、大阪府知事が、有識者らによる審議会部会の答申を受けて告示していたが、平成23年度以降審議会部会は開かれていない。23年度以降は知事 が個別に雑誌を指定する代わりに、規定された性的な描写が「総ページの10分の1以上または10ページ以上」であれば、自動的に指定されるようになった。 これを「包括指定」と呼ぶ。

 包括指定に切り替わったのは、全国で大阪府と同様の条例が広がり、出版社側が自主規制で、成人向け雑誌の上下 2カ所をシールで止め、納品するようになったためだ。府青少年課は「どの雑誌が有害図書類に該当するかは『店側の判断』」というが、実際は難しい。ただ自 主規制の「網がけ」の範囲は条例より広く、コンビニでは条例をクリアしているとみられるが、指定された有害図書類以外が含まれている可能性がある。園田教授はこの点について「有害図書類ではない雑誌に、行政が表紙を隠すことを要求するのは問題」と疑問を呈している。


雑誌協会に市長は「失当」と反論

 出版社側からは、反対の動きも出ている。

  日本雑誌協会(88社加入)と日本書籍出版協会(423社加入)は3月18日、竹山修身市長への公開質問状を発送。「表紙は購入するか否かを決める重要な 手がかり」「図書類への規制強化につながる」とし、「憲法で保障されている『表現の自由』に抵触するのではないか」など8項目を質問した。園田教授と同様 に、条例に表紙を見えなくする規定はないことから「条例を逸脱する行為ではないか」と指摘した。

 これに対し、竹山市長は3月30日、回答を発送し、「合意に基づく協定という性質上、府条例を逸脱しない」と主張。「すべての店舗に網羅的な規制を敷くものではない」とし、「表現の自由に対する違反にはあたらない」と結論づけた

 両協会は「ビニールカバーは公費で支出されており、過剰な規制。条例逸脱は明らか」などとして納得せず4月4日、市にファミリーマートとの協定を即刻解除するよう求める声明を発表したが、市は応じない方針だ。

  竹山市長は3月25日、自身のツイッターで、日本雑誌協会などが指摘した「表現の自由」への抵触について「自主協定であり失当(的を射ていない)」と投 稿。同日の記者会見でも、「子供やお母さんが気軽に入れるコンビニで有害図書類が置かれていいのだろうかと思い、自主協定をさせていただいた」と説明。 「表現の自由への抵触」や「公権力の行使」を否定した。ただ竹山市長は4月6日の記者会見で、「日本雑誌協会や日本書籍出版協会にケンカをうっているわけではない。ご理解願いたい」とややトーンダウン。 担当課の市市民協働課は当初市内のファミリーマート全店舗(3月末84店)での導入を目指していたが、「全店に広げているわけではない。理解が深まったと ころからやっていけばいい」と述べた。

 一方、ファミリーマートは「お客さまの反響を見つつ、市と相談しながら展開を進めたい」としており、取り組みを拡大するか明言していない。


以上引用


やろうとしていることは、賛同を得やすいとは思うが、少し中途半端な取り組みになっている。

問題が現場で精査されているのかというと少し疑問に思うことが多い。

生煮えな政策に思う。


BL本の中途半端な対応がまたしても出ているような気がする。


以前と認識やレベルが変わっていないのは残念である。


AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

成人向け雑誌に全面ビニール 堺市の理不尽な隠し潰し

2016年04月15日 05時00分
提供:デイリー新潮

 大阪・堺といえばいわずもがな、中世、日明貿易で世界に名を馳せた商人の街である。そんな由緒ある街のコンビニで今、理不尽な商品陳列が行われ、物議を醸しているという。

「市からの協力要請を受け、3月16日からファミリーマートの堺市内11店舗では、成人向け雑誌に縦12センチの深緑色をしたビニールカバーが巻かれ、表紙の大半部分が見えない状態で陳列棚に並べられています」(在阪記者)

“塗り潰し”ならぬ“隠し潰し”。表紙が見えないのに、どうやって雑誌を選べというんだ――。買い手は当然怒る。一体何故、商売の邪魔としか思えないビニール巻きを行政が呼びかけているのか。

「堺市では平成26年から、公的空間における女性や女児に対する性暴力やセクハラを防止するプログラムに取り組んでいます。そうした観点で有識者らが検証 した結果、コンビニの店頭に並んでいる成人図書の表紙の過激な写真や文字が、女性や子供の目に触れるのは問題だと指摘されたのです」(堺市役所担当者)

 そこで、市とファミリーマートの間で「有害図書類を青少年に見せない環境づくりに関する協定」が取り交わされ、“隠し潰し”が始まったという次第。今後は市内全84店舗まで拡大していく予定だという。

 こうした堺市の動きに真っ先に疑問の声を上げたのが、一般社団法人・日本雑誌協会だ。

「各版元は、小口にシールを貼るなど、青少年が閲覧できないよう工夫している。にもかかわらず雑誌の顔である表紙を隠すのは横暴で、憲法が規定する表現の自由に抵触しかねない」(雑誌協会担当者)

 一方の市は「条例ではなく協定であり、拘束力はないので問題はない」と、両者物別れ。協会は今月4日、協定の解除を求める声明文を発表した。

 弊誌のような表紙もあれば、かの成人誌のような表紙もある。それが雑誌である。「見せたくないから隠せ」は、言語道断――。

「週刊新潮」2016年4月14日号 掲載

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

堺市のコンビニ成人雑誌「目隠し」は憲法違反? 「表現の自由」の観点から考える



コンビニの成人向け雑誌の表紙を「目隠し」する大阪府堺市の取り組みをめぐって、市と出版業界の意見が対立している。この取り組みは、堺市とファミリーマートが協定を結び、3月16日に始まったもので、カバーを装着すると、表紙の半分程度が見えなくなる。


この取り組み対して、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は、「成人に対する図書選択の自由を阻害する」などとして、憲法で保障された「表現の自由」に触れる可能性があると主張している。


一方の堺市は、協定が企業との自主的な取り決めであることを理由に、違憲にはならないとしている。しかし、協会側はこれについても、堺市がカバーの費用などで95万円を計上していることから、「公権力が介入した事実上の規制だ」と反発している。


今回の対立をどうみればいいのか。作花知志弁護士に聞いた。

●「過度に広範な規制として許されない」とされる可能性


「本件は『青少年の健全育成』を目的としている点が、通常の表現の自由の問題と異なります。


『青少年の健全育成』自体は、社会が実現を希望する合理的な目的であり、その目的のためであれば、出版業者の表現の自由は一定限度制約を受けてもやむを得ない、とする解釈が最高裁判決(1989年9月19日)などによって採用されています」


ということは、今回の目隠しカバーも仕方がないのか。

「ただし、最高裁で争われたのは、自動販売機での成人向け雑誌の販売禁止についてでした。


自販機では青少年が人目を気にせずに成人向け雑誌を買えます。そこでの販売を禁止することは青少年の健全な育成という社会的目的に合致しますし、自販機で売れなくても、出版業者は書店など、ほかの販売方法を有していることが合憲の理由とされています。

最高裁判例と本件とを比較すると、本件ではコンビニという対面販売を行う場での『規制』であり、自販機の場合と比べ、表現の自由への制限を認める必要性はそう高くないはずです。


さらに言うと、成人向け雑誌は厳密な定義が難しく、本来目隠しが不要な雑誌にまで目隠しがされる危険もあると思います。


また、今回の『目隠し』については、大阪府青少年健全育成条例に規定がないということですので、通常の憲法解釈により、過度に広範な規制として許されない、とされる可能性があります」

●「堺市側がかなり苦しい立場」


堺市は、自主的な協定であることを理由に、条例や憲法の逸脱にはならないと主張している。この点についてはどうだろうか。


「『協定』であっても、仮に出版業者が国家賠償法を根拠として、堺市とコンビニの共同不法行為であるという主張を行えば、両者が協定を結んで権利侵害を行ったという理由で違法とされる可能性があります。


また、堺市が公金でつくったカバーを無償提供しているということですので、住民訴訟によって、その公金の支出が憲法違反で違法であるとされる可能性も生じます。


このように、これまでの憲法判例の立場などからすると、今回の件では堺市側がかなり苦しい立場にあるのではないかと考えています」

対象が成人向け雑誌ということで、子育て世代などからは堺市を支持する声もあるが。


「『良くない表現があるのだから隠せばよい』という考えに対し、『良くない表現だと考える理由を表現することで、その表現は自然に消えるはずである』とするのが、アメリカの著名なホームズ裁判官が唱えた『思想の自由市場論』です。表現の自由に対する問題は、本来そのような観点から解決が図られるべきだと私は考えています」


作花弁護士はこのように述べていた。
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

/////人事部長

 いろいろご提言いただいてどうもありがとうございます。人事部長の土生でございます。
 1点、ちょっとすみません、こういう場で先生方と いうか、委員の皆さんにお聞きするようなお話になって申しわけないんですが、今後の再発防止に向けて、今回の我々の作業の中でご指摘いただいた中に、ログ を押さえるタイミング、それからサーバーの中身を押さえるというようなお話がございましたが、特に今回のケースは、いずれも職員が個人で使用しておった サーバーであったという、それからパソコンもそうですね。業務上で使用していたものに関しては、私どもの権限の範囲で動けると思うんですけれども、個人持 ちのサーバー、それからそのサーバーのログといったものを比較的早いタイミングで、例えば本人がその事実を否認しているような段階でこれを押さえるという ことが、法律的に可能なのかなというのが1つ。
 今回、少し出足が鈍ったといいますか、少し躊躇したというのも、そういう所有権といいますか、本 人が所有しているデータといったものを、私どもの権限の範囲で調査であったりとか、押さえに行くと。物理的に例えば、パソコンとかハードディスクは、最終 的にはいろんな個人情報の漏れということがはっきりした段階で、そのときにはもう既に削除はされておったわけですけれど、こちらで本人から提出をさせたと いうようなことがございましたが、その点のタイミングの問題と、それから、通報者の方に対するアクセスのところですけれども、これも匿名性というのを我々 もやはり大事だろうと思っていますし、今回の通報者の方ともその匿名性のところで、フリーメール、フリーアドレスを使われているというようなところもあっ て、これはなかなか申し上げにくいんですが、真正性というんですか、通報者に対しての通報の真実性というか、そういうところとの部分。それから、先ほど赤 津先生でしたか、おっしゃっていた、嶋倉先生でしたかね、2次被害になる、そこは我々である程度マニュアルをつくっていくときに検討すべきことの範囲に 入ってくるのかもしれないんですが、言葉は難しいですけど、鎌かけてくるというんですかね、本人がつかまれている情報が真実であるかどうかを確かめるため にわざわざ送ってくるというようなケースもどうもあるように思っておりまして、結果的に通報者が疑っていることを、市としてアクセスすることで裏づけてし まうんではないかという、そこら辺のおそれというのも、なかなか一歩を踏み出しにくい、それをどう判断するかというのが一つ大きな材料になってくるのかな と思っておりまして、今申し上げた2点、今日の時点で何かお話しいただけるようなところがあれば、お願いできたらなと思います。

中野座長

 非常に大きな話ですね。

嶋倉委員

 法律の話は赤津委員。

赤津委員

 1点目は、むしろ顧問弁護士さんに聞いていただくべき話だと思うんですけれども、個人の情報も含めて資産に関しての強制捜査というのは、もちろん 警察しかできませんので、本人の同意なしに勝手に、事実上も無理だと思いますし、サーバー管理者との関係で。なので、そこはその時点で明らかになっている 事実をもとに、強制捜査に委ねるべきなのか、それとも、強制捜査に委ねるぞという話をしながら本人同意を取るという交渉をすべきか、そういう話だろうなと は思います。
 あと、通報に対して真実性であるとか、あるいは鎌をかけられるとか、それに答えることによって、向こうが何か別の狙いに対してある 別の情報を開示してしまうんではないかという、そういうおそれに関してなんですけれども、まず、真実性に関していうと、これは公益通報として見た場合には 真実性は必要がないので、仮にうそだったとしても、それは多分堺市もお持ちのコンプライアンス条例か規則にあると思いますが、結果としてオオカミ少年に なったとしても責任は問いませんというような条項が多分あると思いますので、それは公益通報や外部通報であっても、それは一緒だと思います。
 そ れから、鎌をかけたのに対して別の情報を開示してしまうんじゃないかというのは、これはまさに個人情報開示が来たときに存否応答拒否をするとか、情報公開 請求が来たときに存否応答拒否をするのと同じ判断になるだろうと思いますので、こういうフリーのメールアドレスで来た場合に、リアクションした場合に技術 的にどういうリスクがあるか、これはITの専門家にご相談されたほうがいいと思いますので、先ほど申し上げたみたいに、情報が足りないときは、通報者に何 らかのさらなる情報提供を求めるのももちろん必要だと思いますけど、それをどのように、どのような手段でやるかというのは、ITの専門家とかにも十分相談 をされて、現場の判断でまちまちになったり、現場の判断でリスクを冒したりしないように事前に準備をしておかれるほうがいいと思います。/////



以上引用

//それから、通報者の方に対するアクセスのところですけれども、これも匿名性というのを我々 もやはり大事だろうと思っていますし、今回の通報者の方ともその匿名性のところで、フリーメール、フリーアドレスを使われているというようなところもあっ て、これはなかなか申し上げにくいんですが、真正性というんですか、通報者に対しての通報の真実性というか、そういうところとの部分。///



という部分とかまかけは別の問題。


////それから、先ほど赤 津先生でしたか、おっしゃっていた、嶋倉先生でしたかね、2次被害になる、そこは我々である程度マニュアルをつくっていくときに検討すべきことの範囲に 入ってくるのかもしれないんですが、言葉は難しいですけど、鎌かけてくるというんですかね、本人がつかまれている情報が真実であるかどうかを確かめるため にわざわざ送ってくるというようなケースもどうもあるように思っておりまして、結果的に通報者が疑っていることを、市としてアクセスすることで裏づけてし まうんではないかという、そこら辺のおそれというのも、なかなか一歩を踏み出しにくい、それをどう判断するかというのが一つ大きな材料になってくるのかな と思っておりまして、今申し上げた2点、今日の時点で何かお話しいただけるようなところがあれば、お願いできたらなと思います。///


人事部長の問題意識が如実に出ている。

かまをかけられるという組織防衛の不安が先立っている。

今回、かまをかけるということとフリーメールとは別の問題であり、さらに言うと、今回の事案とかまをかけるというのは何ら関連性がみうけられないとおもう。


不用意にかまをかけるという意識が問題の本質の理解を混乱させることになったわけであり、今回の根本は人事部長のこの意識が混乱を招いたんではないかと感じてしまう。


だから不安だから質問したんだろうな・・いや言い訳なんかも・・・


どんな内容のメールなのかは知らないがたぶん個人情報の指摘のメール?? (内容が公開されていないからよくわからないが。。。たぶん公開しないだろうね・・ばれるのが嫌だから・匿名性を盾にするだろうからね・・・苦笑・・・

人事なら絶対隠すだろう・・・)がなぜかまかけるのか理解不能。



通報者は何の利益があってかまをかけるのか・・・どんな理解をしていたのか具体的に聞いてみたいと思う・100条委妥当かどうかはわからないが。。、聞いてみたいと思う・・・。


公開質問状????


返事しないだろうなぁ・・じんじだもんな・・・






内部に関しては根拠のない性善説、組織外、市民に対しては性悪説か・・。

人事部長の考えていることがよくわかる 苦笑


改めて読んで思い当たることが多い。


なぜ、人事に直接情報を流さなかったか・・。正解だった。

情報公開室を通して、情報を流していて、情報公開室からはなんも無しは覚悟していたが・・。

人事は信用できないからな・・・

だから接点は持たなかった。


さらに人事は、犯人にしようと画策して、わざわざある人物を介して、接触して、かまをかけてきたりもした。


人事は信用できないということが改めてわかる。


人事と話しても、かまかけるとか、情報流出を疑われて、今回の犯人の共犯とか、悪意の通報者されてしまう。

通報者もそう感じたんだろう。




過去も、今も、これからも人事のスタンスは変わらないんだろう。



今回だけなんでというのも不思議である。言い訳にしか聞こえない。


人事で処分される案件の少なからずは、通報でばれるている。

それは人事が一番ご存じである。

しかも、ほとんどは内部通報で職員の通報である。

しかもほとんどは匿名である。いや、匿名を装っているだけなのかもしれない。

がせの情報も通報制度の中で多いのも事実である。特に職員の内部通報制度では、その意図が陥れるため、嵌めるためという要素も少なくない中で通報制度が別の意味で利用されている側面も否定できないわけである。

しかし、通報の真正な意図は別として客観的事実がコンプライアンス等に関することであればその通報は客観的な意味があるわけである。


つまり、堺市は客観的事実よりもその意図や真意を重視して、処分するのかというおもってしまう。



しかし、市民の通報に関しては、異様に組織を守ろうとする。


情報公開のスタンスを見れば、その対応は明らかである。

そして、ここでしてきされているように、公益通報制度や情報公開制度を理解していない、いや理解しようとしていない人事部の体質、人事のレベルがここで垣間見られるというものである




しょせんは・・・・人事部は・・・「ひとごとぶ」

今回の事件は・・・ひとえに・・・。「ひとごとぶ」というキーワードに尽きるんだろうなぁ・・・

人事部になれない・・・・「ひとごとぶ」





ちなみに・・・・

/// 本当に悩ましい話だとは思うんですけど、特に通報者に対するやつですけど、法律はわかりませんので。それでも、何らかのアクションは要ると思うんです ね。例えば、まず、「通報してくださってありがとうございます。それと、ほかに何かご存じのことがあればお教えいただけませんか。」みたいなことですね。 何のアクションもなかったら、無視されたなと思うわけじゃないですか。今回の方は善意で一生懸命言っているのに、最初は全然アクションされなかったんです ね。だから、ちょっとそこがまず、はっきり言って感情のもつれもあると思うんです、どっちかというと、今回の件では。せっかく通報したのに何もやってくれ なかったという、向こうはわからないわけなので、堺市が何をやっているかというのは。
 だから、まずはありがとうございますという話と、もし何か あればプラスアルファで情報をくださいという話で、そのやりとりの中でにおいってあるんですよね、何となくの。そこをちょっとかぎ取っていくしかないのか なと思います。ただ、何もないと、本当に誰も言ってくれなくなってしまう。先ほど職員の方が何か見つけたらという話があったんですけど、赤津委員がおっ しゃるように、しょうもないことでも挙がってきたものに対して通報してくれてありがとうという感謝を示さないと、誰も言わなくなります。
 これは ある会社がやってたんですけど、変なメールが来て、これはサイバー攻撃の対策ですけれども、メールをあけちゃったと、ファイルをあけちゃったと。それで、 これはおかしいと思ったら何でも通報してくれという話をしている会社がありました、大企業なんですけど。それで、その情報システム部門のほうにどんどん来 るんですよ。中には本当に危ないやつもあるんですけど、本当に大したことのないやつもあるんですね。でも、それ通報あるんですけど、そこでありがとうござ いましたという話と、「何でこれあけたんや。」と言ったら誰も通報してくれなくなるので、常に感謝の言葉をしゃべると。これ、情報システム部門からすると すごくストレスらしいです。
 でも、それをしないと本当に誰も言ってくれなくなるので、ありがとうございましたという感謝の気持ちをまず示す。相 手が本当に悪意のある人かもしれないし、わかんないですよね。でも、そこからスタートしないと、まずは先に進まないと思いますね。本当に難しいとは思って います。////

だから・・・人事には何も言わなかったのよ・・・

ツイターも、発見して、ある人を関して副市長に伝えて、さらに念押しで、情報公開室に伝えたんよ・・。
人事には情報流さなかったんよ・・・


しょせんは・・・・人事部は・・・「ひとごとぶ」

今回の事件は・・・ひとえに・・・。「ひとごとぶ」というキーワードに尽きるんだろうなぁ・・・

人事部になれない・・・・「ひとごとぶ」

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。