堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
虚偽報告の疑い、巡査部長を書類送検へ パトカーに追跡された車の死亡事故で神奈川県警
 伊勢原市伊勢原3丁目の市道で昨年7月、パトカーに追跡された乗用車が住宅のブロック塀に衝突し、運転していた同市の自営業の男性=当時(27)=が死亡した事故で、虚偽の報告書を作成したとして、県警が虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、パトカーに乗車していた第2交通機動隊の男性巡査部長(35)を書類送検する方針を固めたことが12日、分かった。

 捜査関係者によると、巡査部長は乗用車を途中で見失ったなどと報告していたが、その後、事故直前まで追跡していたことが判明した。巡査部長は「大きな事故になったので大変だと思った。怒られたり処分されたりするのが嫌だった」などと説明しているという。

 県警交通捜査課や交通指導課によると、パトカーは同隊の男性巡査長(28)が運転し、巡査部長が助手席に乗車していた。事故は昨年7月9日午前1時55分ごろに発生。パトカーは事故の約2分前、交差点で信号待ちしていた男性に職務質問をしようとしたところ、信号を無視して発進したため追跡を開始。1度見失ったが追跡を続け、その後事故が起きた。

 捜査関係者によると、巡査部長は当初、「不審車を追跡していたが、(途中で)失尾したため(追跡を)打ち切った」などと説明し、報告書を作成した。だが、事故現場の約250メートル手前に設置された防犯カメラに乗用車と、少し遅れてパトカーが通過する様子が映っていたことが判明。曲がり角で見失ったが、その後もテールランプなどを目印に事故直前まで追跡を継続していたとして、県警は巡査部長が虚偽の報告書を作成したと判断した。

 一方、県警は「運転手が特定できず、ナンバーも全てを把握できていないなど追尾以外に手段がなかった。乗用車とパトカーは約30〜50メートル離れており、あおったり追い詰めたりという状況ではなかった」とし、追跡に問題はなかったとしている。

 男性の血中から基準値を超えるアルコールが検出されたことなどから、県警は男性を被疑者死亡のまま道交法違反容疑で書類送検する方針。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
既婚隠し女性と披露宴 “不倫警察官”の処分なぜ甘いのか?
日刊ゲンダイDIGITAL

真面目な警察官が割を食う(写真はイメージ)(C)日刊ゲンダイ
 開いた口がふさがらない。福岡県警小倉北署交通課所属の既婚の40代男性巡査部長が、未婚の女性と結婚披露宴を開こうとしたとして、9日付で減給の懲戒処分を受けていた問題。今は勤務に復帰しているというから、「警察は身内に甘い」のそしりは免れまい。

警察庁キャリア不倫疑惑 税金を相手女性への“お手当”に?

 関係者などによると、巡査部長は既婚であることを隠し、数年前からずるずると“不倫関係”を続けていたという。

「のっぴきならなくなっていたのでしょう。昨年11月に北九州市若松区の式場で結婚披露宴を開くことに。双方の親族、友人が数十人ずつ集まる予定でしたが、当日現れたのは巡査部長1人だけ。開宴直前に“新婦側”から『どういうことだ』と詰め寄られ、観念した巡査部長は『実は結婚している』と白状したそうです」(県警事情通)

 当然、披露宴は中止で式場はパニックに。

「針のむしろの巡査部長は自分の親族に電話をかけ、『監禁されている』などと助けを求めた。親族は犯罪に巻き込まれていると勘違い。警察に通報し、問題が発覚したというお粗末ぶりです」(前出の県警事情通)

 こんな“反則警官”に交通違反で反則キップを切られたくない。

「巡査部長は、披露宴を開こうとしただけ。婚姻届は出していないから、重婚や詐欺などの罪には当たらない。単なる不倫事案だから、処分の詳細をいちいち発表する必要はない、というのが県警の言い分です」(地元マスコミ関係者)

 警察官の懲戒処分は地方公務員法に基づいて決定され、重い順に、免職→停職→減給→戒告だ。巡査部長は軽い方から2番目というわけ。

■懲戒理由は「異性関係」が最多

 警察庁によると、昨年に懲戒処分を受けた警察官、職員は266人。免職39人、停職60人、減給118人、戒告49人で、理由別では「異性関係」の94人が最多だ。そういえば、先日、警察庁キャリアの40代男性警視長の不倫醜聞が発覚したばかり。元兵庫県警刑事の飛松五男氏がこう言う。

「警察幹部の不倫が多いから、上から下まで異性関係の処分が甘くなりがちなんです。刑法に触れるような事案でない限り、免職や停職はまずありませんが、巡査部長のケースは明らかに女性をだまし、(祝儀などお金が絡む)披露宴も開こうとした。“結婚詐欺”でしょう。もっと厳しく処分しなければ、多くの真面目な警察官まで世間から白い目で見られてしまう」

 まったくだ。

 一昨年、交際相手を殺害し、懲役18年が確定した大阪府警の20代元巡査長も、複数の女性と不倫関係にあった。甘い処分が“罪”を生む。

以上引用
今回は、福岡県警、少し前は、大阪府警の殺害事件と、不倫が犯罪に直結している事実がある。

さらに、不祥事の処分で、異性関係が多い。

そこには、不倫文化が、存在し、さらに、幅広く、ストカーや、セクハラ文化が、あるんだろうね。


警察の不倫文化が、さらなる犯罪を産み、組織の膿を加速していくんだろう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
万引の巡査長、県警処分減給3カ月、依願退職
佐賀県警は22日、釣り具を万引した容疑で逮捕され、起訴猶予になっていた交通機動隊の巡査長(27)を減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。巡査長は同日付で依願退職した。

県警の調査に対し、巡査長は「財布の金を使いたくなかったので万引した。被害者にわびたい。同僚に迷惑をかけて申し訳ない」と話したという。監察課の野口一幸次席は「再発防止、信頼回復に努めたい」とコメントを出した。巡査長は9日夜、佐賀市の釣具店でルアー1個を盗んだ疑いで逮捕され、佐賀区検が21日に起訴猶予とした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。