堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
女性巡査、ホストクラブはまる=費用捻出で着服、停職処分―神奈川県警
時事通信 4/28(金) 16:50配信

 ホストクラブに通うため旅行積立金154万円を着服したとして、神奈川県警は28日、県警南署生活安全課の女性巡査(24)を停職3月の処分とした。

 同日付で退職した。親が全額弁済したことなどから、立件は見送る方針。巡査は「みんなのお金に手を付け、本当に申し訳ない」と話しているという。

 県警監察官室によると、巡査は同課15人分の旅行積立金を管理していたが、昨年10月ごろから今年2月までの間、6回にわたり口座から計90万円を勝手に引き出したほか、預かった現金を入金しないなど計約154万円を着服。「返金すれば大丈夫」とホストクラブ代に充てたという。

 巡査は2015年11月に高校の同級生に誘われたのを機に、東京都新宿区内の4~5店を月2~3回、多い月は十数回訪れた。特定のホストに入れ込み、これまで計60回ほど通ったといい、カードローン約500万円、ホストクラブの売掛金50万円の借金があった。 


女性巡査、ホスト通いで154万円着服 「楽しかった」
 神奈川県警は28日、南署生活安全課の女性巡査(24)を停職3カ月の懲戒処分とし、発表した。課内の旅行積立金約154万円を着服した。ホストクラブに通い、積立金に手を付けたという。巡査は同日付で依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査は同課で会計担当だった昨年10月~今年2月、積立金口座から現金を引き出した。2015年11月から1年3カ月の間、東京・新宿のホストクラブ4、5店に計60回ほど通い、1回あたり約10万円を支払っていた。「楽しかった。積立金は返せば大丈夫だと思った」と話しているという。

 着服した全額が返済されたなどの理由で、巡査の立件は見送られた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
警官6人、高校野球賭博の疑い 福岡県警が書類送検
 勤務の休憩時間に高校野球賭博を繰り返したとして、福岡県警は20日、県警留置管理課に所属していた男性警察官6人を単純賭博の疑いで書類送検した。県警への取材でわかった。いずれも容疑を認めている。

 監察官室によると、警部補や巡査部長ら6人は、2014年夏の甲子園大会、翌年春の選抜大会、同年夏の甲子園大会の期間に、容疑者の護送のために訪れた福岡地検内の待機室で休憩中、優勝チームを当てる賭けをした疑いがある。

 1口千円で、警察官らは「勝ち分は賭博参加者らとの飲み会代に使った」などと説明しているという。

 監察官室は、この6人や上司を含む計8人を本部長注意などの処分にした。

 留置管理課では、同僚の女性警察官にわいせつな行為をしたとして警部補の男2人が3月に在宅起訴された。この捜査の過程で課内の賭博が判明したという。


警察官、地検庁舎で野球賭博容疑…6人書類送検
 福岡県警留置管理課の警察官が2014年から15年にかけ、福岡地検の庁舎内で野球賭博を繰り返していたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は20日、賭博に関わった男性警察官8人を本部長注意や所属長注意などの処分にし、うち6人を単純賭博容疑で同地検へ書類送検した。

 捜査関係者によると、8人のうち賭博をしていたのは、監督責任を問われた上司1人を除く、警部補や巡査部長、巡査長の計7人。警部補ら7人は14年春以降、検察官の取り調べを受ける容疑者を地検に護送した際、庁舎内の控室で高校野球の全国大会や地方大会の優勝校を予想する賭けを複数回行っていた。

 賭け金は1口1000円で、1大会当たりの取り分は最大4000円だった。受け取った金は、賭けに参加した警察官たちの飲食代に充てたという。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
虚偽報告の疑い、巡査部長を書類送検へ パトカーに追跡された車の死亡事故で神奈川県警
 伊勢原市伊勢原3丁目の市道で昨年7月、パトカーに追跡された乗用車が住宅のブロック塀に衝突し、運転していた同市の自営業の男性=当時(27)=が死亡した事故で、虚偽の報告書を作成したとして、県警が虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、パトカーに乗車していた第2交通機動隊の男性巡査部長(35)を書類送検する方針を固めたことが12日、分かった。

 捜査関係者によると、巡査部長は乗用車を途中で見失ったなどと報告していたが、その後、事故直前まで追跡していたことが判明した。巡査部長は「大きな事故になったので大変だと思った。怒られたり処分されたりするのが嫌だった」などと説明しているという。

 県警交通捜査課や交通指導課によると、パトカーは同隊の男性巡査長(28)が運転し、巡査部長が助手席に乗車していた。事故は昨年7月9日午前1時55分ごろに発生。パトカーは事故の約2分前、交差点で信号待ちしていた男性に職務質問をしようとしたところ、信号を無視して発進したため追跡を開始。1度見失ったが追跡を続け、その後事故が起きた。

 捜査関係者によると、巡査部長は当初、「不審車を追跡していたが、(途中で)失尾したため(追跡を)打ち切った」などと説明し、報告書を作成した。だが、事故現場の約250メートル手前に設置された防犯カメラに乗用車と、少し遅れてパトカーが通過する様子が映っていたことが判明。曲がり角で見失ったが、その後もテールランプなどを目印に事故直前まで追跡を継続していたとして、県警は巡査部長が虚偽の報告書を作成したと判断した。

 一方、県警は「運転手が特定できず、ナンバーも全てを把握できていないなど追尾以外に手段がなかった。乗用車とパトカーは約30〜50メートル離れており、あおったり追い詰めたりという状況ではなかった」とし、追跡に問題はなかったとしている。

 男性の血中から基準値を超えるアルコールが検出されたことなどから、県警は男性を被疑者死亡のまま道交法違反容疑で書類送検する方針。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。