堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

<振り込め詐欺>小学生が注意呼び掛け DVDを山口県制作

毎日新聞 5月17日(火)18時32分配信



 山口県は、小学生が振り込め詐欺などの特殊詐欺に注意を呼び掛けるDVDを制作した。約3000枚を病院や金融機関に配布したほか、県ホームページでも公開している。

 9~12歳の小学生が犯人と、だまされるおじいさん、おばあさんを演じた。最後に「電話でお金の話はすべて詐欺。ダマされないでね!」と笑顔で声を合わせる。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

特殊詐欺「だまされんこん」、巡査長が4コマ漫画 岐阜

朝日新聞デジタル 5月14日(土)16時45分配信



 岐阜羽島署は特殊詐欺の被害を防ごうと、詐欺被害の現状や容疑者の手口を描いた4コマ漫画の冊子を発行し、住民らに配っている。漫画の作者は地域課上中(かみなか)駐在所勤務の近藤秀哉巡査長(25)。署の独自キャラクター「だまされんこん」が登場する。

【写真】4コマ漫画「だまされんこん」

 署は、注意喚起の文章だけで特殊詐欺に用心してもらうのは難しいと考え、漫画の力を借りることにした。「だまされんこん」と題した冊子はA5判、4ページ。4コマ漫画6話が掲載されている。だまされんこんは管内の羽島市特産のレンコンに「だまされない」を掛けた。

 近藤さんは名古屋芸術大学に入学。在学中は建築デザインを学び、遊びで友人と一緒に漫画を描いた。大学卒業後、親類が県警に勤めていた縁で2013年に警察官に。犯罪被害者に事件当時の様子を聞き、容疑者の顔を上手に描くことで捜査に貢献してきた。

 その画才に、田代成樹署長が目をつけ、昨年末、近藤さんに、だまされんこんのイラストを描くように依頼した。かわいらしく、魅力的なキャラクターに仕上がったことから、田代署長が4コマ漫画化を発案した。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

還付金詐欺で99万円だまし取られる…4月から不審電話急増 大阪・河内長野

産経新聞 4月28日(木)8時48分配信



 大阪府河内長野市は27日、市内の女性が市役所の関係者を名乗る人物らに現金99万円をだまし取られたと発表した。市内では4月に入ってから詐欺とみられる不審電話が相次いでおり、市は注意を呼びかけている。

 市や河内長野署によると、27日午後、市内の70代の女性方に市役所職員を名乗る人物から「高額医療費の払い戻しの申請書を送っているが申請がない。(方法は)銀行の職員から連絡させる」と電話があった。女性はその後、連絡してきた銀行員を名乗る男の指示に従い、市内のコンビニエンスストアにあるATM(現金自動預払機)から計99万円を相手の指定する口座に振り込んだ。

 女性の家族が市に連絡したことから発覚した。市に寄せられた不審電話に関する通報は1~3月は月に2~4件だったが、4月は27日現在で32件と急増している。

AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

<防犯ポスター>こわもて署員「にらみをきかす」 愛知県警

毎日新聞 4月28日(木)10時9分配信



 眼光鋭い警察官の目の写真を大きくあしらった防犯ポスターを愛知県警中署が作製し、27日、発表した。マンションや民家の出入り口などに張ることを想定し、5月から1200枚を配布する。

 大きな目を張り出すことに一定の防犯効果があるとされ、これまでは絵を使ってきた。写真ならより強力だろうと、こわもての署員が多い中、最も目が鋭い生活安全課員の赤尾晃嗣巡査長(35)を抜てきした。

 中署管内では自転車盗や侵入盗などが増えており、署員の目で地域を守るとの意味合いも込めたという。赤尾巡査長は「にらみをきかせ、悪者は決して逃さない」と力強く宣言した。【加藤沙波】

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

RBB TODAY

盗難防止から盗難車両のエンジンストップも可能にする遠隔制御デバイス

防犯システム取材班/小菅篤
 東京ビッグサイトで20日まで開催されていた「第4回コネクティッド・カーEXPO」に出展したGMS(Global Mobility Service)は、クルマの遠隔制御デバイス「MCCS(Mobility-Cloud Connecting System)」および24hセンシングデバイス「MCSS mini」の活用事例を含めた展示を行った。

 「MCCS」は、クルマの遠隔制御を可能にするIoTデバイスで、セキュリティ用途で見ていくと、盗難の発生を自動で検知&通知を行い、GPSによる現在地の把握、さらに遠隔制御により盗難された車両を停止させるといったことが可能になる。

 従来のカーセキュリティグッズの多くは、後付けタイプのものが主流で、一定のセキュリティ知識を持つ犯罪者などなら機器を取り外してしまうという課題があったが、同デバイスなら内部に組むこむ形になるので取り外しが困難で、車両自体の走行も制御することができる。

 また、従来から一歩進んだカーセキュリティを実現することで、カーリース業界などに向けては、借り倒しにあった際の車両回収や利用制限も行えるため、これまで支払い能力はあるのに与信審査が通らなかった利用者に対してもサービスの提供が可能になり、頭打ちになりつつあるカーリース業界の新たな市場開拓も実現できるという。

 ちなみに同デバイスを活用されたサービスは、フィリピン、インドネシア、ベトナム、タイ、インドなどですでに導入されているとのこと。一方、「MCSS mini」は、遠隔制御機能は持たないが24時間の常時センシングを可能として、業務車両の管理として、現在地の把握や危険運転の検知、指定エリアへの侵入&逸脱検知、盗難検知などを可能にする。

 いずれのデバイスも今回の展示会のテーマが「クルマ」だったため、車両に搭載した際の活用事例となっていたが、バイク、農機・建機、工作機械、医療・事務機器、ドローンなど、さまざまな機器での利用もできるという。

 GMSでは今後、同デバイスを活用したサービスを提供を考えるパートナー企業(ファイナンスやセキュリティ企業)や業務支援するデバイスメーカー、アプリケーション企業、通信キャリアと連携し、モビリティIoTを実現するサービスやプラットフォームを構築していくとのこと
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。