堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
そいつぁ詐欺だよ!おっかさん!
{F3DCCF1D-3465-4688-81D6-E901A18F42C1}


 ◇…「俺だよ、俺だよ、おっかさん」。秋田県小坂町の芝居小屋「康楽館」は息子を装う「おれおれ詐欺」をテーマにした時代劇を11月2~27日に上演する。

 ◇…舞台は江戸時代。息子と連絡が取れない親の元に、「けんか相手に大けがをさせ、示談金がいる」と差出人不明の手紙が届くところから始まる。

 ◇…現金をだまし取ろうと息子や弁護士になり済まして芝居を打つ悪者がいる中、人情味あふれる本物の芝居でほろりとしてもらい、被害防止を呼び掛ける。 (秋田)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「効果の科学的証拠なし」、抗菌せっけんの販売禁止 米国

フランス北西部カンで、抗菌せっけんを使って手を洗う方法を子どもに教える女性(2009年8月28日撮影、資料写真)。
【AFP】米食品医薬品局は2日、19種類の殺菌剤を含有する抗菌せっけんなどの販売を禁止すると発表した。通常のせっけんと比べて優れた殺菌効果があるとは言えず、健康に悪影響を及ぼすリスクがあると警告している。

 19種類の殺菌剤のうちトリクロサンとトリクロカルバンは抗菌効果をうたう固形せっけんや液体せっけんに広く使用されているが、免疫系に打撃を与える恐れがあるという。

 FDA医薬品部のジャネット・ウッドコック氏は、「抗菌せっけんには細菌増殖を防ぐ効果があると消費者は考えているかも知れないが、通常のせっけんと水で洗うよりも有効であることを裏付ける科学的根拠はない」と明言した。その上で「殺菌剤が長期的には益より害になる可能性を示したデータもある」と説明した。

 今回の販売禁止対象には、病院などの医療機関で使用されている手の消毒薬などは含まれていない。抗菌せっけんのメーカーには1年以内の対応が義務付けられるが、問題となった殺菌剤の使用をやめる動きも既に始まっている。

 FDAは「通常の石鹸と流水で洗うことは疾病を予防し、感染拡大を防ぐ上で最も効果的な方法の一つだ」と述べた。また、石鹸と水がない場合には、アルコール濃度が60%以上の消毒薬を使ってもよいと付け加えた。【翻訳編集】AFPBB News
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
抗菌石けんは「効果に科学的根拠がない」として販売禁止に

By Sheila Sund

薬用石けんや化粧品に使用される殺菌剤の「 トリクロサン」など、19種類の化学薬品を含む抗菌石けんやボディーソープの販売を アメリカ食品医薬品局(FDA)が禁止すると発表しました。

FDA bans antibacterial soaps; “No scientific evidence” they’re safe, effective | Ars Technica
http://arstechnica.com/science/2016/09/fda-bans-antibacterial-soaps-no-scientific-evidence-theyre-safe-effective/


2016年9月2日、FDAは抗菌石けんが通常の石けんと比べて安全性や効果において優れているという科学的根拠が存在しないとして、これらの販売禁止を発表しました。FDAの決定により、トリクロサンやトリクロカルバンといった化学物質・19種類のいずれかを含む石けんやボディーソープなどの販売が禁止となります。メーカーには抗菌作用の効果をあらためて明確に示すか、抗菌石けんの販売から手を引くための期間として、1年間の猶予が与えられます。

抗菌石けんの販売禁止が決定する以前から、これらに含まれるトリクロサンやトリクロカルバンといった化学物質が感染症の危険を増加させたり耐性菌の増殖や環境汚染につながるという研究結果は複数発表されていました。

抗菌・殺菌成分が入った「薬用石けん」は益どころか害になるおそれ - GIGAZINE


FDAの医薬品評価センターでセンター長を務めるジャネット・ウッドコック氏は、「消費者は抗菌石けんが細菌の増殖を防ぐのにより効果があると考えがちですが、通常の石けんと水を使った殺菌よりも有効という科学的根拠はありません。実際、いくつかのデータは抗菌成分には長期的な視点でみると利点よりも欠点の方が多い、と指摘しています」と語っています。なお、FDAは消費者に通常の石けんと水を使った手洗いを推奨しています。

FDAが抗菌石けんの規制に取りかかったのは2013年のことで、この時、抗菌石けんを製造するメーカーに対してそれらの有効性と安全性を示すデータを提出するように要請しました。しかし、メーカー側はデータを提出しないか、根拠のないデータを提出するかで、トリクロサンなどの殺菌成分の有効性および安全性は証明されないままとなっていました。

アメリカでは既に多くのメーカーがトリクロサンなどの化学物質を含む抗菌剤の取り扱いを段階的に中止しています。なお、アメリカで販売禁止となったトリクロサンですが、これらの抗菌成分は日本でも広く使用されています。


以上引用

日本じゃどうなってるのかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。