堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
JAL、伊丹発着で季節運航 夏繁忙期4路線、隠岐は機材大型化
Yusuke KOHASE
 日本航空(JAL/JL、9201)グループは、夏の繁忙期に伊丹発着の北海道や信州など、4路線を季節運航する。運航期間は路線により異なる。また、隠岐線の機材を大型化し、運航会社を変更する。


伊丹発着4路線を季節運航するJALグループ=15年9月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 運航するのは女満別線と旭川線、松本線、種子島線の4路線で、1日1往復ずつを運航する。運航会社は路線により異なる。

 女満別線は、7月22日から8月29日までジェイエア(JAR/XM)が運航し、エンブラエル170(E170)型機(1クラス76席)を投入する。女満別行きJL2101便は午前10時55分に伊丹を出発し、午後0時55分に到着する。伊丹行きJL2102便は午後1時30分に女満別を出発し、午後3時40分に到着する。

 旭川線は、8月1日から29日までJALが運航し、ボーイング737-800型機(165席:クラスJ20席、普通席145席)を投入する。旭川行きJL2111便は伊丹を午前7時10分に出発し、午前9時5分に到着する。伊丹行きJL2112便は旭川を午前9時40分に出発し、午前11時35分に到着する。

 松本線は、8月1日から31日までジェイエアが運航し、E170を投入する。松本行きJL2271便は午前8時40分に伊丹を出発し、午前9時30分に到着する。伊丹行きJL2270便は松本を午前10時10分に出発し、午前11時に到着する。

 種子島線は、8月1日から31日まで日本エアコミューター(JAC/JC)が運航し、ボンバルディアDHC-8-Q400型機(1クラス74席)を投入する。種子島行きJC2457便は午前11時25分に出発し、午後0時55分に到着する。伊丹行きJC2456便は種子島を午後1時20分に出発し、午後2時40分に到着する。

 現在、JACがQ400で運航している隠岐線は、8月1日から31日までは737-800に大型化し、JALが運航する。隠岐行きJL2331便は伊丹を午後0時55分に出発し、午後1時50分に到着する。伊丹行きJL2332便は隠岐を午後2時35分に出発し、午後3時20分に到着する。

 ジェイエアは2005年4月から、JALとの共同引受を開始。JALの便名に統一している。

季節便の運航スケジュール
伊丹-女満別(7月22日から8月29日、ジェイエア運航)
JL2101 伊丹(10:55)→女満別(12:55)
JL2102 女満別(13:30)→伊丹(15:40)

伊丹-旭川(8月1日から29日、JAL運航)
JL2111 伊丹(07:10)→旭川(09:05)
JL2112 旭川(09:40)→伊丹(11:35)

伊丹-松本(8月1日から31日、ジェイエア運航)
JL2271 伊丹(08:40)→松本(09:30)
JL2270 松本(10:10)→伊丹(11:00)

伊丹-種子島(8月1日から31日、JAC運航)
JC2457 伊丹(11:25)→種子島(12:55)
JC2456 種子島(13:20)→伊丹(14:40)

機材変更便の運航スケジュール
伊丹-隠岐(8月1日から31日、737-800)
JL2331 伊丹(12:55)→隠岐(13:50)
JL2332 隠岐(14:35)→伊丹(15:20)

関連リンク
日本航空
ジェイエア
日本エアコミューター

・JAC、機材半減9機に ジェイエアへ路線移管も(17年5月18日)
・ジェイエアのE190、鹿児島就航 JAL植木社長、ビジネス客利用に期待(16年5月10日)
・ジェイエアのE170、黒い本革シート 機内Wi-Fi導入(16年4月14日)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
佐賀空港:利用者数が4年連続過去最高 利便性の高さ浸透
毎日新聞

「利用者70万人以上」達成に向け一致団結する県各課の「セールスプロモーション100人チーム」のメンバー=佐賀市で2017年4月21日、石井尚撮影
 佐賀空港(佐賀市)の2016年度の利用者数は66万2472人を記録し、4年連続で過去最高を更新した。熊本地震の影響で一時減少したが、成田便の便数増などで持ち直したとみられる。県空港課は「利便性の高さが浸透してきた」と分析。今後はターミナルビルや駐機場の増設を予定しており、17年度は70万人を目標に掲げている。【石井尚】

 佐賀県空港課によると、16年度の利用者数の内訳は、東京便42万9047人▽成田便13万1311人▽上海便4万8145人▽ソウル便5万2572人▽チャーター便1397人--で、東京、成田、ソウルの各便で過去最高だった。

 佐賀空港の利用者数は開港した1998年度から2013年度までは約27万から約37万の間で推移していたが、東京便が1日5便になった14年度、55万96人に急増。15年度は63万3758人だった。

 成田便は3月下旬から1日2往復の運航が始まっており、今月11日からソウル便の毎日1往復の運航が始まる。県は、17年度の利用者増加も見込める態勢になりつつあるとしている。

 航空会社への働きかけだけではなく、今まで使ったことのない人に佐賀空港を利用してもらおうという試みもある。県は2005年に仕事での利用者を増やそうと庁内全課横断の「セールスプロモーション100人チーム」を発足。各課が日ごろ付き合いのある事業者などに利用を提案している。

 17年度の100人チームの辞令交付と出陣式が4月21日に県自治会館(佐賀市)であった。各課の職員が今年度の目標「利用者70万人以上」達成に向け、副島良彦副知事の掛け声でガンバロー三唱すると、会場の会議室は熱気に包まれた。

 航空会社以外の一般事業所に対しては、佐賀空港利用に関する目標を掲げてもらうことで社員らの積極利用につなげる「マイエアポート宣言」も行っている。宣言した事業所は4月末時点で1863社に上る。

 県空港課の野田信二課長は佐賀空港の利点について「駐車場も無料で、リムジンタクシーを使えば他空港に行くより安く済む。空港までも渋滞もなく、移動時間を読みやすい」とアピールしている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ロシアS7航空、関空就航
毎日放送

(C)毎日放送
 ロシアの大手航空会社「S7航空」は28日、関西空港とロシアのウラジオストクを結ぶ路線の運航を始めました。

 28日、初めて関西空港に到着したロシアの航空会社「S7航空」。28日から平日2往復で関空とウラジオストクを約2時間で運航します。関西エアポートによりますと、関空―ウラジオストク便の再開は2008年のウラジオストク航空の運休以来、実に9年ぶりです。

 Q.ロシアは何回目?

 「初めてです。景色を見たり、ロシアの雑貨とかマトリョーシカ人形を買いたい」(山口県から)

 Q.就航をどう思う?

 「(関空とつながることで)京都や奈良、関西の他の地域に行きやすくなった」(ウラジオストク在住)

 S7航空によると、今年1月に日本とロシア双方のビザの発行要件が緩和され、日本にも来やすくなったことで、ロシア国内でも関心が高まっていて、旅行客の拡大が期待できそうです。


以上引用
寒いは、嫌いだが…
ロシアも行って見たいな…



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。