堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

上峰町の課題、真剣に「追及」 中学生が質問

中学生が一日議員となって町の抱える課題に向き合う「子ども議会」が4日、上峰町議場であった。3年生8人が登壇し、国際交流の充実や防災対策などについて質問。執行部から満足のいく答弁を引き出そうと奮闘した。

子ども議会は総合的な学習の一環で2006年から実施。生徒たちは約1カ月かけて身近にある課題を掘り起こし、問題点を理論的に指摘すべく準備した。

「昨年の子ども議会で町のハザードマップの新規作製が求められたが、どうなっているか」との質問に執行部は「本年度見直しを進めている」と答弁。「なぜ昨年度できなかったのか」という“追及”には「作製の見積もりをしたところ、約500万円かかることが分かり、昨年度の予算で足りなかったため今年にずれた」と釈明した。

ふるさと納税について質問した原徹也さん(15)は「ニュースで町が全国的にも寄付額が多いと聞いたので使い道が気になった。詳しく聞くことができてすっきりした」と感想を述べた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
益城の小中学生 町の復興策提案 町長「取り入れたい」
西日本新聞
 熊本地震で大きな被害を受けた益城町の小中学生が、町の復興策を考えた「夢のまちプラン」を発表する催しが27日、同町であった。小学5年から中学3年の18人が、防災や住民参加などをテーマに、西村博則町長に直接伝えた。

 国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」(東京)の被災地支援活動の一環。18人は10、11日に同NGOが南関町で開いた「子どもまちづくりリーダーツアー」に参加し、6グループに分かれてプランを練った。

 この日、各グループはプランを書き込んだ模造紙を使って次々に紹介。防災がテーマのグループは、地域住民が全員参加する避難訓練などを提案。仮設住宅建設で遊び場が減ったと訴えるグループや、子どもを対象に復興に関するアンケートを求めるグループもあった。

 熱心に聞き入った西村町長は「子どもたちの声も取り入れて復興を進めるため、特に子どもたちを対象にしたアンケートはぜひ実施したい」と話した。

=2016/08/28付 西日本新聞朝刊=
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
30日に飯塚市で中学生議会 市政について市長、執行部と議論 [福岡県]
西日本新聞
 飯塚市の中学生が「議員」となり、斉藤守史市長ら市執行部と市政について議論する「飯塚中学生議会2016」が30日午後2時から、市議会本会議場で開かれる。市の将来を担う中学生の視点を今後のまちづくりに生かし、若い世代が市政について考えるきっかけにしようと市立中校長会が企画した。

 7月から市の現状や施策を学び、質問や提案事項を考えてきた、市立中全10校の3年生計30人が議員席に座る。スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を生かした市のPR方法を提案したり、地域の不審者対策やコミュニティーバスの充実について質問したりする予定。

 市議会のホームページでインターネット中継を行う。一般傍聴も可能で先着約50人。市教育委員会学校教育課=0948(22)0380。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。