堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
県議会、フェイスブックに情報 10日からページ開設

 稗苗清吉県議会議長は4日、県議事堂で会見し、会員制交流サイト(SNS)の「フェイスブック」で10日から県議会のページを設けると明らかにした。県民に議会活動を広く知ってもらうことを目的で、今後は「ツイッター」も導入する。議会の傍聴日程などに加え、議長や副議長の活動も紹介していく。県議会によると、都道府県でSNSを活用するのは26議会目となる。

 稗苗議長は、昨年の参院選から導入された「18歳選挙権」に触れた上で「タイムリーに出来事を発信したい。若者も対象にアプローチしたい」と述べた。同席した渡辺守人副議長も「県議会が何をやっているのかを分かるようにしていきたい」と述べた。

 稗苗議長は、6月定例会から本格的な議会基本条例の制定に向けた作業に入るのを前に、全議員を対象とした勉強会を26日に開催するとした。山梨学院大の江藤俊昭法学部教授が講師を務める。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
児童施設退所後調査を 県議会特別委、知事に提言書
 県議会が設置する「サミットを契機とした地域の総合力向上調査特別委員会」(中嶋年規委員長、九人)と、「子どもの貧困対策調査特別委」(藤根正典委員長、九人)は二十四日、一年間にわたる議論を提言書にまとめ、鈴木英敬知事に提出した。伊勢志摩サミットの開催をきっかけに生まれた商品などに与える公式マーク」を作ることや、児童養護施設に入所していた子どもが退所した後の実態を調査することなどを提案している。

 サミット特別委の提言書は、観光誘客や産業振興、次世代の育成など五項目で構成。サミットの外国語案内ボランティアが学校教育に携わる機会を設けることや、サミットを契機に生まれた商品に「ポストサミット公式マーク」を与えることなどを提案した。

 子どもの貧困対策調査特別委は、児童養護施設を退所した子どもたちの実態を、聞き取り調査などを通じて把握するよう要請。国の補助制度を活用して子どもの貧困対策に必要な予算を確保することや、市町などと意識共有を図ることも求めている。

 中嶋、藤根両委員長が鈴木知事に報告書を手渡した。中嶋委員長は「県産食材だけでなく、三重ならではの料理を売り出すべき」と指摘。藤根委員長は、支援が必要な家庭への積極的な情報提供や、シンポジウムなどを通じて支援の輪を広げることも求めた。

 鈴木知事は中嶋委員長の提案に対し「伊勢志摩サミット県民会議のシンボルマークをポストサミット用に使えないか検討したい」と説明。児童養護施設退所後の実態調査については「児童養護施設協会などと連携して取り組みたいと思う」などと返答した。


【鈴木知事(左)に提言書を手渡す(右から)藤根委員長と中嶋委員長=県庁で】


以上引用

一年かけて提言書を作成、
議会の政策能力向上に資することになるんだろう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
富山市議会開会 ネット中継スタート

 富山市議会3月定例会は2日開会し、市は2017年度一般会計予算案など70議案、報告2件を上程した。市議会は、インターネットによる本会議の生中継を開始した。

 森雅志市長は提案理由説明で、「4月に市長選を控えているため、17年度一般会計予算案は、骨格予算として編成した」と説明。路面電車の南北接続事業費や、こども医療費無料化のための助成事業費などを盛り込んだとした。

 会期は22日までの21日間。

以上引用

政務調査費で、すったもんだした結果勝ち取れたネット中継

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。