堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

団地にかつての活力を取り戻す!~堺市泉北ニュータウンの茶山台団地再生プロジェクト~11月19日・20日“茶山台としょかん1周年「ご近所フェスティバル」”開催

大阪府住宅供給公社
2016年11月17日 11時
応援する 応援するとは?

大阪府住宅供給公社のプレスリリーストップ画像
■プロジェクトの背景
西日本最大級の泉北ニュータウンは、経済の高度成長による都市への人口集中や住宅需要に対応するため、1965年の都市計画事業決定をもとに整備され、緑豊かな住環境を有するまちとして成長してきました。一方、1967年のまちびらきから50年近くが経過し、人口減少・少子高齢化の進展や建物の老朽化、コミュニティ活力の低下など、ニュータウン特有のさまざまな問題が顕在化しています。
公社では公的指針を踏まえ、団地再生の取り組みを通じてニュータウン再生へ貢献するとともに、さらに茶山台団地を「リーディングプロジェクト団地」として位置づけ、今後の郊外型団地再生のモデルとなれるよう、様々な角度から再生に向けての取り組みをおこなっています。

■プロジェクトのコンセプト
「響き合うダンチ・ライフ」
1.住民同士のコミュニケーション促進
2.豊かな自然環境を活かした魅力ある屋外空間の整備
3.地域への貢献

<茶山台団地再生プロジェクトの特設サイト「響き合うダンチ・ライフ」>
http://danchi-renovation.com/

■茶山台としょかん1周年「ご近所フェスティバル」 プログラム
茶山台団地に住む子供たちが自ら企画したイベントなど、盛りだくさんの内容です。
開催日 :2016年11月19日(土)・20日(日)
スケジュール:
●19日(1日目)
11:00〜16:55  たこ焼き、ちらし寿司他ふるまいフード、お笑い、好きな物を持ってきて絵を描く、
         琴演奏、スティールパンとギター演奏(団地バンド)、ドッジボール大会
●20日(2日目)
9:00〜15:55  0円マーケット・古本マーケット、キッズ・ファッションショー
        東さん夫妻と住民さんによるトークショー、茶山台としょかん報告会

以下、「茶山台としょかん」東 善仁さんのコメント
「団地コミュニティの広がりがわかる2日間のお祭り」
大阪府住宅供給公社の委託事業として泉北ニュータウン公社茶山台団地の団地滞在生活型コミュニティ支援をスタートしたのが1年前。梅田から築45年の団地に転居して活動してまいりました。
「団地としょかん」、「こども会議」を中心にサービス提供型でなく、場と機会の提供型として住みよい団地を現在も模索中です。誰も使っていなかった集会所を団地の図書館「茶山台としょかん」としてからこの1年間の歩みを振り返るトークイベントとともに住民や子どもたちと一緒にお祭りを企画しました。ぜひ、遊びに来てください。

■茶山台団地の概要
公社は泉北ニュータウン内に、これまで18団地5,385戸の賃貸住宅を建設しており、茶山台団地はその第1号として、1971年(昭和46年)4月に入居開始されました。
現在公社が所有している大阪府内の賃貸住宅団地で、最も規模の大きい団地です。
・所在地 :大阪府堺市南区茶山台2丁
・交通 :泉北高速鉄道「泉ヶ丘」駅より徒歩約10分(団地入口)
・敷地面積 :8.26ヘクタール(甲子園球場総面積の2.1個分)
・棟数・総戸数:29棟・987戸
・住戸専有面積:44.98㎡~89.6㎡
・入居開始 :1971年(昭和46年)4月

■会社概要
商号 : 大阪府住宅供給公社
所在地 : 〒541-0042 大阪市中央区今橋2丁目3番21号
代表者 : 理事長 佐野 裕俊
設立 : 1965年(昭和40年)11月
事業内容: 賃貸住宅の管理事業、宅地管理事業、府営住宅の指定管理業務等
基本金 : 3,100万円(全額大阪府出資)
URL : http://www.osaka-kousha.or.jp/



記者の方はこちら新規記者会員登録はこちら記者専用ログインはこちら
リリース添付資料
大阪府住宅供給公社のプレスリリース画像1
応援する 応援するとは?

この企業のプレスリリース一覧・企業情報
プレスリリースを配信したい方へプレスリリースを受け取りたい方へ
こちらもおすすめ!


旅する仏壇プロジェクトのご案内
STUDIO SURUME 2016年11月17日 10時

【EDO VR】米クラウドファンディングサイトのKICKSTARTERで募集開始!!
AVATRA Inc. 2016年11月16日 19時

株式会社サーチフィールド、地域×クラウドファンディング FAAVO(ファーボ)で60エリア目となる「...
株式会社サーチフィールド 2016年11月16日 12時

クラウドファンディング特化型ふるさと納税サイト「F×G(エフバイジー)」、宮崎県都農町と提携し...
株式会社サーチフィールド 2016年11月15日 10時
トップページ サービス紹介 無料会員登録
会社概要 メディア登録 PCページ
©ValuePress!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「都市農業」を促進 29年度税制改正で生産緑地の要件緩和へ 500平方m超→300平方m超


 政府は3日、平成29年度税制改正で、市街化区域内の農地で税制優遇を受けられる「生産緑地」について、現行の面積「500平方メートル以上」の指定要件を「300平方メートル以上」に引き下げる方針を決めた。小規模でも生産緑地に認定することで、都市農地の減少を食い止める狙い。また、生産緑地内にレストランや販売所を設置できるよう法制度の改正を進め、都市農業の発展を促したい考えだ。

 農林水産省などの統計によると、26年の市街化区域内の農地面積は7万7072ヘクタール(1ヘクタールは1万平方メートル)。宅地並みの重い税負担などが響き、5年の14万3258ヘクタールから半減している。一方、26年の市街化区域内の農地に占める生産緑地の面積は17・7%と、5年の10・5%に比べ増加。少子高齢化で農地を宅地へ転用する動きが鈍化し、税制優遇される生産緑地を利用する例が増えている。

 政府は生産緑地の指定条件を緩和すれば、「東京23区内の市街化区域の農地のうち約7~8割が生産緑地の対象になる」(政府関係者)と試算する。

 生産緑地法では、生産緑地に指定されれば、宅地並みの固定資産税(10アール当たり数十万円)が一般農地並み(10アール当たり千円)に軽減され、相続税の納税猶予も受けられる。

 後継者不足などで営農継続が厳しくなった所有者を考慮し、29年度税制改正では、農業への従事を希望する人に生産緑地を貸す場合の相続税の納税猶予の適用なども検討する。

以上引用

堺市の都市農業の方向性はどうなっているのだろうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
古都で国際映画祭=奈良市〔地域〕
時事通信社
 「第4回なら国際映画祭2016」が奈良市で開催され、春日野園地で行われた17日の開会式ではレッドカーペットをエグゼクティブプロデューサーで映画監督の河瀬直美さん、俳優の藤竜也さんらに加え、奈良県の荒井正吾知事や映画をサポートした市民ら約1000人が歩き、鏡開きをして成功を祈った。

 開会式の後、野外スクリーンを使い、藤さんが同県東吉野村でニホンオオカミを追う孤独な猟師を演じたオープニング作品「東の狼」のプレミア上映会を開催。22日まで、奈良市内のならまちセンター市民ホールなどで期待の若手監督の作品やコンペティション作品など、計95本が上映される。

 開会式で河瀬監督は「表現や芸術は目に見えないもので、ご飯のように体を直接的に満たしてくれるものではないかもしれないが、人の心を豊かにし、豊かになった心が誰かを優しく包んでくれると感じています」と、映画祭にかける思いを語った。

 荒井知事は「河瀬さんの作品は大変スピリチュアルで、見えないものを映画を通じて人に伝えるものです。強く生きようとする人の気持ち、くじけたところから立ち直ろうとする気持ち、人を慰める優しい気持ちを形に表されます。とてもスピリチュアルな奈良にふさわしい芸術のように思えます」と、映画祭の開幕を祝った。

 なら国際映画祭は奈良市在住の河瀬監督が提唱し、第1回の2010年から隔年で開催。今年で4回目となる。(2016/09/21-10:48)

以上引用
河瀬さん、彼女の感性好きだなぁ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。