堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
ITmedia ビジネスオンライン
日本の人口、7年連続で減少 減少幅は過去最大
[ITmedia]
 総務省が発表した住民基本台帳に基づく今年1月1日時点の人口動態調査によると、国内に住む日本人の人口は1億2589万1742人(前年比27万1834人減)で、2009年をピークに7年連続の減少となった。減少幅は調査を始めた1968年以降で過去最大。
 都道府県別で人口が最も少ないのは、鳥取県(57万5418人)。次いで島根県(69万5113人)、高知県(73万6391人)。
 前年比で人口減少数が最も多かったのは、北海道(3万2545人減)だった。次いで兵庫県(1万9128減)、新潟県(1万8690減)と続き、減少率では、秋田県(1.2%減)、青森県(1.1%減)、山形県(0.9%減)の順だった。

人口の推移
【都道府県別の人口】
{D2663F2F-0CC8-4B2C-AC49-1ECDA1B6DE64}

{03568E9A-0964-43EC-9643-045E3E60B178}


都道府県別の人口
 一方、最も人口が多い都市は東京都(1296万6307人)で、神奈川県(896万1724人)、大阪府(865万8164人)が続く。人口の増加数でも1位が東京都(8万6164人増)、2位が神奈川県(1万1064人増)だった。
 人口上位の9都道府県(東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、埼玉県、千葉県、兵庫県、北海道、福岡県)が、全国人口の53.6%を占めており、大都市圏への人口集中が続いている。
 また、外国人住民(217万4469人)は、東京都、大阪府などを中心に、11万1562人増加(5.41%増)し、高い伸びを示している。
IT関連の最新ニュースを読むならITmediaアプリが便利!ダウンロードはこちら
iOS版をダウンロード
Android版をダウンロード
関連リンク
人口動態調査

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【首都圏】移住PR ユニーク動画 「スミマセン」と栃木自慢
{03F0E6C8-2BFF-4A5A-A124-4DE031BD0758}


PR動画の一場面。日光東照宮のみこの左後方には、後ろ姿のガッツ石松さんもいる(栃木県提供)
 「東京から意外と近くてスミマセン」「ギョーザが有名すぎちゃってスミマセン」-。栃木県は、県内への移住や定住を促進するため、ユニークな動画を制作した。「スミマセン」をキーワードに、おわびと見せかけて県内の「自慢」を紹介し、全国の移住希望者にPRしている。 (藤原哲也)
 動画サイト「ユーチューブ」で公開している「スミマセンとちぎ」では、観光地の日光東照宮やイチゴ、かんぴょうなどの県産品の映像とともに、小気味よいテンポのナレーションが一分十九秒にわたり流れる。この中で「スミマセン」というせりふは計十一回使われる。
 移住、定住の促進を目指す全国の自治体が趣向を凝らした動画を作る中、栃木県は謙虚で控えめな県民性に着目。動画にも「人なつっこい栃木人 最初はちょっと人見知り」というフレーズを盛り込んだ。
 県の担当者は「何回でも見てもらって、さらなるPR効果を期待したい」と語る。
 県出身のタレント、ガッツ石松さんが出演し、PRに一役買った。場面ごとに観光客や温泉、カフェの利用客を熱演。最後はガッツさんと県民がVサインをしながら笑顔を見せ、「VERYな街(マッチ)に住みません?」と締めくくられる。
 動画のほか、県は専用ホームページ「ベリーマッチとちぎ」も開設し、具体的に移住を考える人のための情報を掲載している。県内移住者の声を紹介し、相談会や市町ごとの空き家情報なども発信している。
 動画は「ベリーマッチとちぎ」からも閲覧できる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

和歌山県の人口が1年間で9千人減少

紀伊民報 4月27日(水)16時31分配信



 4月1日時点の和歌山県推計人口は、95万8018人(男性45万408人、女性50万7610人)で、1997年以降、20年連続の減少となった。1年間の減少数は9347人。減少幅は拡大傾向で、調査開始の1967年以降最多となった。

 対前年減少数は、拡大傾向にある。2010年5676人、11年6923人、12年6745人、13年7080人、14年7749人、15年8378人。16年は、人口が減少に転じた1997年の796人と比較すると、その10倍以上になった。

 自然動態(出生数と死亡数の差)は5572人の減となった。19年連続の減少で、減少幅は拡大している。死亡数は1万2525人で、近年は大きな増減はない。一方、出生数は調査開始以降最少の6953人となり、初めて7千人を割った。

 社会動態(転入数と転出数の差)は21年連続の減少で、ここ8年で最も多い3775人の減。転入数は近年大きな増減はないが、転出数は前年より約千人多い1万7309人になった。

 このままでは2060年時点の人口が50万人程度まで減ると予想されている。しかし、県は昨年6月策定の総合戦略で、自然増、社会増の両面で対策を講じ、70万人程度を確保するとしている。

 世帯数は13年から4年連続の減少で、39万1760戸。1世帯当たり人数は過去最少の2・45人。

■上富田が最多 市町村別の人口増加 

市町村別の人口増加 

 市町村別では上富田町の人口が最も増えた。87人の増。2番目は30人増の日高町で、ほかの28市町村では減少した。最も減ったのは和歌山市の1608人で、2番目は田辺市の1172人。

 社会動態で最も増えたのは、上富田町の124人で、次いで日高町の47人。両町とも近隣市町からの転入が多いという。

 ほかに社会動態では有田川町(12人)、古座川町(9人)でも増えた。古座川町の増加は2013年以来。最も減ったのは田辺市の690人だった。

 自然動態では、岩出市が67人増え、それ以外では減少した。最も減ったのは和歌山市の1330人、次いで田辺市の482人。


以上引用

和歌山県が、堺市並みになるという時代がやってくる?



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。