堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

和歌山県の人口が1年間で9千人減少

紀伊民報 4月27日(水)16時31分配信



 4月1日時点の和歌山県推計人口は、95万8018人(男性45万408人、女性50万7610人)で、1997年以降、20年連続の減少となった。1年間の減少数は9347人。減少幅は拡大傾向で、調査開始の1967年以降最多となった。

 対前年減少数は、拡大傾向にある。2010年5676人、11年6923人、12年6745人、13年7080人、14年7749人、15年8378人。16年は、人口が減少に転じた1997年の796人と比較すると、その10倍以上になった。

 自然動態(出生数と死亡数の差)は5572人の減となった。19年連続の減少で、減少幅は拡大している。死亡数は1万2525人で、近年は大きな増減はない。一方、出生数は調査開始以降最少の6953人となり、初めて7千人を割った。

 社会動態(転入数と転出数の差)は21年連続の減少で、ここ8年で最も多い3775人の減。転入数は近年大きな増減はないが、転出数は前年より約千人多い1万7309人になった。

 このままでは2060年時点の人口が50万人程度まで減ると予想されている。しかし、県は昨年6月策定の総合戦略で、自然増、社会増の両面で対策を講じ、70万人程度を確保するとしている。

 世帯数は13年から4年連続の減少で、39万1760戸。1世帯当たり人数は過去最少の2・45人。

■上富田が最多 市町村別の人口増加 

市町村別の人口増加 

 市町村別では上富田町の人口が最も増えた。87人の増。2番目は30人増の日高町で、ほかの28市町村では減少した。最も減ったのは和歌山市の1608人で、2番目は田辺市の1172人。

 社会動態で最も増えたのは、上富田町の124人で、次いで日高町の47人。両町とも近隣市町からの転入が多いという。

 ほかに社会動態では有田川町(12人)、古座川町(9人)でも増えた。古座川町の増加は2013年以来。最も減ったのは田辺市の690人だった。

 自然動態では、岩出市が67人増え、それ以外では減少した。最も減ったのは和歌山市の1330人、次いで田辺市の482人。


以上引用

和歌山県が、堺市並みになるという時代がやってくる?



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

近くに病院や診療所がない「無医地区」、全国で637か所

読売新聞(ヨミドクター) 4月21日(木)12時11分配信



 近くに病院や診療所がないなどの「無医地区」が全国に637か所あるという調査結果を厚生労働省がまとめた。

 無医地区は高齢化が進んだ山間地や離島に多い。厚労省は自治体と連携しながら医師確保を進めていきたいとしている。

 厚労省は、中心地から半径4キロ以内に50人以上が住んでいるものの病院や診療所がない地域などを無医地区として、地区数と人口を調べた。

 その結果、無医地区は39道府県に計637か所あり、計12万4122人が住んでいた。5年前の前回調査からは68か所減り、人口も計1万2150人減少した。

 都道府県別では、北海道の89か所・1万1389人が最多で、ほかに広島県の54か所・7485人、大分県の38か所・7839人が多かった。


以上引用

ますます過疎化が進んでいるとも思える。

医療の地域格差が、生まれている。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

県内への移住・就職 県庁で無料相談会 1月2、3日 [佐賀県]

西日本新聞

 県内への移住や就職を考えている県外在住者に求人や住宅情報を提供する新春就職相談会が来年1月2、3両日の午前10時~午後4時。佐賀市城内1丁目の県庁本館2階「さが移住サポートデスク」で開かれる。無料。学生は対象外。事前申し込み不要。

 県側のアドバイザー7人が1人につき約30分間、個別相談に応じる。希望に合わせて県内の企業を紹介し、各市町の自然や特徴も説明する。さが移住サポートデスク(31日、来年1月1日は休み)=0952(25)7066。

以上引用

役所も変わったなぁ~
1月2.・3日に相談会……
帰省のタイミングを狙って……
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


高校生、センスありすぎ。宮崎県小林市の話題CMの続編もオチがいい!!

ViRATES

美しい情景にのせたフランス語・・・じゃなかったオチで全国にその名を轟かせた宮崎県小林市のPRムービー

その第2弾が公開された。舞台は山奥。登場するのは行き倒れた青年と、神様!?

 

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

西日本新聞

帰省客に「久留米移住を」 市職員がチラシ配布 [福岡県]

西日本新聞
駅でPRする久留米市職員

 久留米市は29日、JR久留米駅で市内への移住を呼びかけるPR活動を行った。帰省客らに職員5人が「お帰りなさい」と声を掛けてチラシを手渡した。

 市が取り組む移住促進策の一環で、市内に住宅を取得した人向けの「市転入ファミリー定住奨励補助金」などを紹介。イメージキャラクター「くるっぱ」も登場し、家族連れなどが記念撮影を楽しんでいた。

 市くるめの魅力向上推進室の名嶋治室長は「帰省をきっかけに、住みやすい街だと知ってほしい」と話した。

=2015/12/30付 西日本新聞朝刊=

以上引用

年末にチラシまき……(^_^;)

大変だ




いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。