堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705

不祥事防止、意識高揚を 静岡県監査委員が初の白書

@S[アットエス] by 静岡新聞 4月5日(火)8時14分配信



 県監査委員は知事部局、県教委、県警本部を対象とした「コンプライアンス(法令順守)監査白書」を初めてまとめ、概要版を公表した。「コンプライアンス 強化年度」と定めた2015年度の定期監査で確認した不祥事の分析と、12~14年度の3年間分の監査結果を基にした傾向と対策を記した。

 情報管理や文書管理など公務上の不適切処理に加え、公務外の不祥事も目立ち、白書は「引き続き、コンプライアンス意識高揚のための取り組みが必要」と指摘した。

 15年度定期監査の分析をみると、情報管理については各組織とも個人情報漏えい防止策を講じていながら、依然として発生している状況を示した。白書はマイナンバー制度の導入を踏まえ、「県民の行政の情報管理への関心が高まっており、引き続き発生防止策が必要」と記した。

 会計処理の誤りについては、会計制度の周知徹底・チェック体制の強化の必要性を指摘し、「出納局の指導検査などの結果を組織的に活用する体制が求められる」と対策を示した。

 公務外の不祥事は、県職員の窃盗未遂事件や教員の盗撮事件、警察官の大麻所持事件が発生したことを挙げて「依然として多発している。職員の意識を高める取り組みが必要」と求めた。


以上引用


参考


静岡県

http://www.pref.shizuoka.jp/kansa/houkoku/documents/27konpuraiansu.pd


大阪市

http://www.city.osaka.lg.jp/somu/cmsfiles/contents/0000011/11518/compliance-hakusyo-h18-1.pdf



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

【横須賀市】平成27年度包括外部監査の結果報告書が提出されました

プレスリリース発表元企業:横須賀市
横須賀市イメージキャラクター「スカリン」

 包括外部監査人佐久間清光公認会計士から平成27年度包括外部監査の結果報告書が提出されました。

 監査対象において、事務目的に応じて、効果的かつ効率的な作業が実施されているか、行政目的等に応じて、支出の経済性、有効活用が図られているか、公益性と収益性の追求バランスが適切であるか等について監査を行い、監査の結果及び意見が付されましたのでお知らせします。

【監査のテーマ】
 「教育委員会の事業に関する事務の執行について」

【監査の実施期間】
 平成27年7月1日から平成28年3月31日まで

【監査の結果及び意見】
 関連URLの「包括外部監査の結果報告書及び概要版」をご覧ください。

http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8810/nagekomi/h27houkatugaibukansa.html


▼お問い合わせ
 横須賀市監査委員事務局監査課
   電話番号:046-822-8504
   ファクス:046-824-8369

平成27年度包括外部監査の結果報告書が提出されました(2016年3月28日)

包括外部監査人佐久間清光公認会計士から平成27年度包括外部監査の結果報告書が提出されました。

監査対象において、事務目的に応じて、効果的かつ効率的な作業が実施されているか、行政目的等に応じて、支出の経済性、有効活用が図られているか、公益性と収益性の追求バランスが適切であるか等について監査を行い、監査の結果及び意見が付されましたのでお知らせします。

  • 監査のテーマ

「教育委員会の事業に関する事務の執行について」

  • 監査の実施期間

平成27年7月1日から平成28年3月31日まで

  • 監査の結果及び意見

別添の包括外部監査の結果報告書及び概要版をご覧ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ロイター

自民、会計監査の質向上で提言 「監査法人の統治指針策定を」

ロイター

[東京 8日 ロイター] - 自民党の金融調査会(会長:根本匠衆院議員)と企業会計に関する小委員会(小委員長:吉野正芳衆院議員)は8日、合同会議を開き、質の高い会計監査の確立に向けた提言をまとめた。監査法人のガバナンスコード(統治指針)の策定を求めたことが柱。今後、政府の成長戦略に盛り込むよう求めていく方針。

東芝(6502.T: 株価ニュースレポート)の不正会計で、同社と同社の監査を長年担当してきた新日本監査法人が行政処分を受けたことを受け、自民党は会計監査の質的向上のために何が必要か、当局や専門家へのヒアリングを行い、議論してきた。

提言には、監査法人の文化・風土、組織、トップのリーダーシップのあり方などについて監査法人のガバナンスを強化するため、監査法人のガバナンス・コードを策定すべきだと明記。

一方、企業が不正会計を隠ぺいすれば監査法人が見抜くのは非常に難しいとの問題意識から、企業の監査役会・監査委員会の役割の重要性に触れ、外部の会計監査人との連携確保も求めた。また、「企業は適切な監査時間の確保の重要性をよく認識すべき」「不正会計の抑止力としての罰則の役割を再認識すべき」といった指摘も盛り込まれた。

ただ、監査を受けている上場企業が一定期間ごとに監査法人を交替することを義務づける「ローテーション制」についてはメリット、デメリットを併記。「当局がしっかり調査・分析を行い、判断することが重要」とするにとどめた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。