堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705

子どものスマホに保存されたいかがわしい画像を検出、即座に親に通知するアプリ「Gallery Guardian」


子どもたちがスマートフォンでどんな画像を共有しているのかを親は知るよしもありません。わいせつ画像やセクスティングなどで子どもが被害を受けるのを防ごうという目的で、子どもが保存した画像をすべてチェックして「いかがわしい画像」「不適切な画像」を検出すると、即座に親のスマートフォンに通知するというアプリ「 Gallery Guardian」が開発されています。

Gallery Guardian Child Protection App
https://www.galleryguardian.co.uk/

Gallery Guardianの仕組みは以下のムービーを見ればよくわかります。

Gallery Guardian on Vimeo


スマートフォンひとつで世界中の人とつながることができる時代。


写真や情報はシェアすることで簡単に子どもの間で拡散します。


子どもがどんな情報に触れているのかを親が知る術はありません。


ポルノなどのわいせつな画像から一体どうやって子どもを守ればいいのか?


そんな心配を持つ親のためにアプリ「Gallery Guardian」は開発されました。


子どものスマートフォンに、いかがわしい画像など不適切な画像が保存されたのを検出すると……


保護者のスマートフォンに警告が通知されます。


使い方は、保護者と子どものスマートフォンにGallery Guardianをインストールして……


ペアリング作業をするだけ。


Gallery Guardianは子どものスマートフォンに保存される全ての画像をチェックします。アプリが機械学習によって「いかがわしい画像」「不適切な画像」を検出すると……


保護者のスマートフォンに通知が届く仕組みです。


スマートフォンやGallery Guardianの使い方がイマイチわからないという人のために……


専用のサポートダイヤルも用意される予定です。


Gallery Guardianを開発したのはロンドンのスタートアップYipo Technologiesです。12歳の娘を含む4人の父親であるダニエル・スコワロスキー氏は、子どもたちが不適切な画像を共有していることを知り、 セクスティングなどの被害に遭っている現状を憂いてアプリを開発したとのこと。

Gallery Guardianは画像認識アルゴリズムによって子どものスマートフォンに含まれる画像をチェックして、肌の露出、乳房、性器などからいかがわしい不適切な画像を検出します。なお、画像自体を親の端末に転送する行為は児童ポルノの共有として犯罪行為になる可能性を考慮して行わず、単にアラートを送信するのみだとのこと。アラートが届いた親は、子どもと話し合って画像を削除させることが推奨されています。

BBCはスコワロスキー氏にインタビューしてアプリ開発状況などを尋ねています。

Naked selfie-detecting app Gallery Guardian tested - BBC News
http://www.bbc.com/news/av/technology-39716860/naked-selfie-spotting-app-put-to-the-test

画像右の男性がGallery Guardian開発者のスコワロスキー氏。


BBCが独自にGallery Guardianを試したところ、検出すべきわいせつ画像をスルーしたり、単なる自撮り画像をいかがわしいものと判断したりと誤検出が見られたそうです。


「画像認識アルゴリズムをトレーニングするのは難しいのです」と答えるスコワルスキー氏に対して、BBCのインタビュワーは「どうやってトレーニングするのですか?」と突っ込んでいます。


「形や大きさなどはさまざまなので難しくて……」と、たじたじのスコワルスキー氏。ただし、アルゴリズムは日々進化しており精度は高まっていると答えています。


一定時間で画像が消えるSnapchatやInstagramなどのアプリへの対応は技術的に難しいとのこと。ただし、このようなアプリでもスクリーンショットによって保存されて共有されるという行為がよくあることから、対応できると考えているそうです。


Gallery Guardianは近く公開予定で、アプリ公開を待望する人は、以下の公式ページに登録するとリリースを通知してくれるそうです。

Gallery Guardian Child Protection App
https://www.galleryguardian.co.uk/



以上引用
プライバシーの問題が小さくないが、

結構有効なんではないかな?


ちなみに、夫の浮気対策にも…(−_−;)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
新たな社会的養育の在り方に関する検討会

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
厚生労働省
平成29年度児童福祉週間について
厚生労働省では、子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を児童福祉週間と定めています。
 児童福祉週間の標語は毎年募集しており、元気で頑張る子どもたちへの応援や、子どもたちからの未来へのメッセージをテーマとしています。選定された標語は、児童福祉週間の象徴として広報・啓発ポスターをはじめ、中央や全国各地で実施される事業や行事などで幅広く活用しています。

平成29年度「児童福祉週間」の標語が決定しました
児童福祉週間について
趣旨
 子どもたちが健やかに育つこと、これは社会の宝である子どもたちに対する国民全体の願いであり、すべての子どもが家庭や地域において、豊かな愛情に包まれながら、夢と希望をもって未来の担い手として、個性豊かに、たくましく育っていけるような環境・社会をつくっていくことが重要です。
 このため、政府では、すべての子どもと子育てを大切にする取り組みを進めています。
 また、こうした社会づくりを大人任せにするのではなく、どのような社会が理想なのか、子どもたちの一人一人がそれぞれの意志で新しい未来を築いて行こうとする取り組みを進めていくこと、そして、それを応援する環境を整備していくことも求められています。
 こうした中、子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間(5月5日〜5月11日)」と定めて、児童福祉の理念の普及・啓発のための各種行事を行っております。

実施要領 [262KB]
ポスター [3,168KB]
期間
 毎年5月5日〜5月11日までの1週間
※ただし、地域の実情による期間の延長等(5月末日までに限る)は差し支えない。
{DFC29E52-2797-4676-BCE5-4784DDE9D9F9}



主唱
 厚生労働省、(社福)全国社会福祉協議会、(公財)児童育成協会

標語
平成29年度「児童福祉週間」標語 最優秀作品 
 できること たくさんあるよ きみのてに
      (三谷 蕗唯さん 8歳 香川県 の作品)

平成29年度の標語募集では全国から9,930作品の応募がありました。有識者などから構成された標語選定委員会で選考した結果、増戸さんの作品が最優秀作品に選ばれました。
{267962BB-5644-4725-8F17-D8594A4FA2F9}


地方公共団体における取組
地方公共団体における取組 [3,037KB]
PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。